Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【フロンティアワークス】ましろ色シンフォニー 抱き枕カバー

UryuuSakunoAnime.jpgAngeAnime.jpg
InuiSanaAnimeG.jpgSenaAiriAnime.jpg
AmahaMiuAnime.jpg


フロンティアワークス制作/定価7,850円(送料込)
生地:2wayニット
サイズ:150×50



瓜生桜乃
BD/DVDましろ色シンフォニーVol.1(2012年1月25日発売/BD8,190円/DVD7,140円)購入者限定販売
<2012年3月30日17時受注締切/5月末発送>
Blu-ray

DVD





アンジェリーナ・菜夏・シーウェル
BD/DVDましろ色シンフォニーVol.2(2012年2月22日発売/BD8,190円/DVD7,140円)購入者限定販売
<2012年4月27日17時受注締切/6月末発送>
Blu-ray

DVD





乾紗凪
BD/DVDましろ色シンフォニーVol.3(2012年3月21日発売/BD8,190円/DVD7,140円)購入者限定販売
<2012年5月31日17時受注締切/7月末発送>
Blu-ray

DVD





瀬名愛理
BD/DVDましろ色シンフォニーVol.4(2012年4月25日発売/BD8,190円/DVD7,140円)購入者限定販売
<2012年6月29日17時受注締切/8月末発送>
Blu-ray

DVD




天羽みう
BD/DVDましろ色シンフォニーVol.5(2012年5月23日発売/BD8,190円/DVD7,140円)購入者限定販売
<2012年7月31日17時受注締切/9月末発送>
Blu-ray

DVD




※ページ内リンク
「みう先輩レビュー」(2012/10/17)
「抱き枕終了のお知らせ」(2012/6/15)
「みう先輩完全勝利」(2012/5/10)
「愛理再び撃沈」(2012/4/10)
「訂正」(2012/3/26)
「乾紗凪」(2012/3/20)
「フロンティアワークス覚醒」(2012/2/12)







「みう先輩レビュー」





AmahaMiuReview21.jpg


さて、いきなりですが、表裏完全差分絵かつ2wayトリコットという共通点を持つアスナと比較してみましょう。
上着のすそが3つに分かれているところや絶対領域持ちであるところも共通してますねー。











AmahaMiuReview22.jpg


頭の大きさは全然違いますが、みう先輩はちょっと大きめ、アスナはちょっと小さめという感じで、
どちらも許容範囲内だと思います。











AmahaMiuReview23.jpg


えー、この辺まで来ると両者の明らかな違いに気がつかれるかと思いますが、みう先輩、線薄っ!











AmahaMiuReview2324Eye.jpg


一見するとみう先輩、目にピントが合っていて周囲がボケているように見えますが、そんなことはもちろんなく、
ただ純粋に線が薄いんです。



ええ。
目を見ていただければ印刷そのものには問題がないと感じていただけるかと思いますが、
そもそも生地や印刷のレベルについて云々する余地もないほど、元絵がひどい。











AmahaMiuReview2728Eye.jpg


こちらはウラ面。
コスパスムースの湊智花との比較です。
ね?
目の印刷は2wayトリコットクオリティ……ですが、線が薄い。











AmahaMiuReview28.jpg


おお……。
印刷の薄いコスパスムースで線も汚い智花が、めちゃ綺麗に見える。



はっきり言って線のレベルは智花と同等クラス……まあ、アニメ抱き枕の最低レベルですが、
線の色を黒ではなく薄い色にしてしまったことでさらにひどいことになってます。
眉毛やまぶた線の智花との差を見るに、そもそも鉛筆線のタッチ自体が弱いことも影響しているかもしれません。











AmahaMiuReview32.jpg


同じような質の線であることは感じていただけると思います。
ベビードール(ネグリジェ)の線が黒になっているので、ほかの部分も黒にすればこんな感じになるというのがおわかりになるでしょうか。
やはりみう先輩の髪の毛なんかはふんわりしたイメージなので、線のタッチも弱くなってしまうのでしょう。











AmahaMiuReview26.jpg


アスナよりかなり頭が大きく感じたみう先輩ですが、智花と比べたらこんなんです。
うむ、上には上がいる。











AmahaMiuReview25.jpg


ちなみにどちらも縦150サイズです。
みう先輩が身長146cmで智花が142cmですから、こんなもんでしょう。
ええ。

別の生き物です。











AmahaMiuReview01.jpg


というわけで、このみう先輩抱き枕カバーは、アニメ抱き枕の中でも最低最悪レベルと言っていいでしょう。
もはや2wayトリコットのアドバンテージも、ここまで来ると意味を成しません。
ちなみに、生地自体は普通に高品質な肌触りですし、おそらく印刷も問題ないでしょう。
フロンティアワークスさんは2wayニットとか2wayスムースニットとかいう言い方をしてましたが、
普通に2wayトリコットだと思います。
ファスナーはCCZ。











AmahaMiuReview02.jpg


ですがまあ、絵そのものの完成度は高いですし、何より両面とも非常に情報量の多い絵柄となってますので、
線の薄さはある程度カバーできてると思います。
少なくとも私は全然問題なく幸せです。











AmahaMiuReview03.jpg


みう先輩ってちっちゃくてやわらかそうでいい匂いがしそうな、とにかくもう、
キュンキュンの塊じゃないですか。
個人的には、みう先輩ほど抱いたら気持ちよさそうな娘はほかにちょっと思いつきません。












AmahaMiuReview04.jpg


写真、ピンボケしているように見えるかもしれませんが、私の手が綺麗に写っているというのが現実でございます。



やはり抱きしめるならちっちゃい娘がいいんですけど、やわらかさも欲しいじゃないですか。
ロリというのは基本的にガリですから、ちょっと違う。
幼女はそりゃぷにっとしてるでしょうが、抱きしめるには小さすぎますし。
そうなると大人ロリ、しかも主にロリ巨乳でなければ私の理想の抱き枕たりえないわけです。











AmahaMiuReview05.jpg


そういう意味では、みくるちゃんとかもいい感じですねー、いい匂いしそうですし。
少し、私の理想よりは背が高いかもしれませんが。



あと、ロリ巨乳というと誰がいますかねぇ。
基本的にロリ巨乳という属性を付与されるのは、先輩とか先生が多いんですよ。
普通、ロリというとやはり胸も小さいイメージになるわけですが、
年上のロリとなると包容力=おっぱい的な作用が働くんですよねー。











AmahaMiuReview06.jpg


あ、でも誤解してほしくないのは、私が特別ロリ巨乳が好きってわけではなく、

あくまで抱いて寝るならロリ巨乳だよねって話です。



ええ。
私はTPOで美少女を使い分けるハーレムマスターですから。











AmahaMiuReview19.jpg


特にこのみう先輩、正面からだと若干目線が合いにくいのですが……。













AmahaMiuReview19.jpg


少し斜め上から見下ろしてあげるとぴったり目が合うので、
自分の頭の位置よりもみう先輩の頭の位置を少し下げて抱くことで、
ちっちゃい娘を抱きしめてる感を十分に堪能することが出来ます。











AmahaMiuReview07.jpg


原作ゲームをプレーしたときはみう先輩のことをめちゃめちゃ可愛いとは思いつつも、
それほど原作版抱き枕カバーを欲しいとは思いませんでした。
というのも、みう先輩という女の子があまりにも天使すぎて
どうしてもエロいイメージで見られなかったんですよ。
ゲームのHシーンも、なんか妙な居心地の悪さを感じながらプレーしたような記憶があります。
なので、エロ寄りの原作版抱き枕もなんか違うなーと感じてしまったのです。











AmahaMiu.jpgAmahaMiuAnime.jpg


まあ、ちょっと絵が小さすぎるかなーというのもありましたか。
ただ、ウラ面のみう先輩はつばす抱き枕絵の中でも最高傑作じゃないかなーと個人的には思います。
めちゃめちゃいい表情をしてますからねー。



でも私が抱きたかったのは、もっと穏やかな表情をしたみう先輩だったんです。
そういう意味では、このアニメ版の笑顔と少し恥ずかしげな表情という組み合わせは個人的には最高です。











AmahaMiuReview08.jpg


しかもこのベビードール姿でこんな表情をされたらもう、辛抱たまりませんわ。 ←全然穏やかじゃありません。











AmahaMiuReview10.jpg


ちなみにアニメのみう先輩が個人的に一番いいなーと思ったのは、
主人公と並んで立つことによってそのちっちゃ可愛さに実感が伴っていたってことです。
そういうのが、ゲームでは伝わりにくい存在感なんですよねー。











Mashiroiro07.jpg


主人公を見上げるみう先輩、可愛かったなー。











Mashiroiro09.jpg


ロッカーの上のダンボールを主人公に取ってもらうみう先輩、あざと可愛かったなー。 ←みう先輩を悪く言わないで!











Mashiroiro12.jpg


そして主人公に抱きしめられるみう先輩、やわらかそう……。 ←どこが。



や、ふんわりした髪の毛もみう先輩の魅力のひとつだと思います。
とにかくどこを取っても気持ち良さそうな体ですよ……ぐふふ。 ←本当に気持ち悪いです。











AmahaMiuReview12.jpg


ね?
こういうのを見ちゃうと、実際に抱きたいって思うでしょう?
エロゲではそういうリアルな欲求はそれほどわいてきません、少なくとも私は。











AmahaMiuReview13.jpg


……あ、閃いちゃった。
どうやら今ここに、新しい名言が生まれてしまったようです。











AmahaMiuReview14.jpg


エロゲ抱き枕は目で抱くものであり

アニメ抱き枕は心で抱くものである


                              Fos/抱き枕管理人












AmahaMiuReview15.jpg


まあ、エロゲ抱き枕のクオリティも捨てがたいですから、なかなかどちらがいいとは言いにくいですけどねー。
心で抱くとは言っても、絵に違和感があっては心が動きませんし。











AmahaMiuReview16.jpg


こちらの絵はもちろん、アニメ版キャラデザの川村敏江さん作画です。
ちなみに線がしょっぱいのは絵描きの能力がどうとかではなく、元絵の解像度が低いからです。
アニメの作画の多くはA4の紙を横にして描いているようですが、
そのA4の紙を縦に2枚繋げた大きさ、すなわちA3の紙を縦にして描くと、おそらくこの最低レベルの線になるのでしょう。
さすがにA4で作画することはないと思います。
もっと線が綺麗なアニメ抱き枕は、それより大きな紙(A2とかA1)を使って作画してると思われます。



単純に言って、A3の紙(縦42cm)に描いたものを150cmの大きさに拡大しているわけですから、
線がぼろぼろになるのは当たり前というわけです。
どの大きさの紙を使って作画するかは、おそらくアニメスタジオごとの方針。











AmahaMiuReview17.jpg


ところで川村敏江さんと言えばスマイルプリキュアですが、
残念ながらスマプリの公式抱き枕カバーは出ないことがほぼ確定いたしました。
子供向けの90cmに全身が詰まっているしょっぱいロング枕はすでに出ていますが、
性的なのは駄目とアニメの監督がつぶやいていたからです。











SakuraAkari.jpgMiria.jpgSara.jpg


や、別に性的じゃなくてもこのジュエルペットみたいなやつで十分なんですけど、
性的なの出したら監督降りるなどとかなり神経質な言い方をされていたので、多分、
大人向けは駄目ということでしょう。



もちろん、このジュエルペット抱き枕は子供向けに作られた抱きまくらカバーなんですけど、

まあ、どう考えてもカバーだけで1万円近くするものを子供に与える親はいませんわな。











AmahaMiuReview18.jpg


仕方ないので、このみう先輩を6人目のスマイルプリキュア……そうですね、

キュアオッパイとでも呼んで慈しむことにしましょう。

ちなみにキュアオッパイのパイはみう先輩の輩(ぱい)。 ←オッ、てなんだ。
変身コスチュームはすけすけの黒でございます。



……ってまあ、そろそろスマプリも飽きてきたので別にどうでもいいんですけどねー。 ←こら。

<2012年10月17日>


↑ページの一番上へ












「抱き枕終了のお知らせ」




えー。
最後の抱き枕は誰だろうドキドキワクワクだった皆さん、
残念ながら最後の購入者限定販売はテレカに決定いたしました。
ええ。
今時、テレカを買ってください。



えー。
この件に関して、フロンティアワークスに代わって私からお詫びしたいと思います。

ごめんなさい。

そして夢をありがとう、フロンティアワークス。

夢だけじゃ生きていけないけどね。 ←抱き枕があれば生きられるのか。

<2012年6月15日>


↑ページの一番上へ










「みう先輩完全勝利」




さあ、ついに勝者みう先輩の登場ですよー。



今回のサンプル絵も大きいですねー。
愛理と同じ大きさ。
ですが、もちろん愛理とは比較にならないお色気度です。
ええ。

これぞ勝者の証。











AmahaMiuAnime.jpg


や、実は前回の愛理からGetchu.comがサンプルを出してくれるようになったんですよ。
なので、実は愛理もみう先輩もほかのサイトでは小さい画像しか出てなかったんですが、
げっちゅさんの手にかかればほらこのとおり。



ええ。
げっちゅさんがサンプルを出してくださらなかったら、透けてるのも確認できないところでした。
まあ、この衣装で透けてないはずはないですけどねー。
ちなみにこの衣装、アニメではもちろん出てきませんでしたが、原作ゲームで着てました、みう先輩。



そして今回のみう先輩、お色気度だけでなく、絵の完成度も高いですね。

ほぼ完璧。











AmahaMiuAnimeUP.jpg


このオモテ面の口がちょっと大きすぎるなーっていうのがなければ完璧でした。
ウラ面の顔はかなり可愛く見えるので、差分絵ってこともありますし、実際に抱くのはウラ面のみになっちゃいそうですけどねー。



しかしまあ、アニメのみう先輩推しが今回の抱き枕プロジェクトにも如実に反映されてしまいましたね。
愛理推しの皆さん、御愁傷様です。 ←こら。
おそらく最後の抱き枕枠もティッシュ配りのみう先輩で確定でしょう。
アニメ絵か原作絵かはわかりませんが。
いずれにしてもこのみう先輩は購入確定ですね、私は。
そしておそらくこの調子なら次も確定ですかねー。



あのティッシュ服で差分となるとウラ面はただ脱がすだけになっちゃって面白くないですから、
個人的にはウラ面はキス顔がいいかなー。
印象的でしたもんねー、あの場面は。

<2012年5月10日>


↑ページの一番上へ










「愛理再び撃沈」




さて、Vol.4は愛理ですが、絵柄が非常に健康的なため
アンジェ以上に大きなサンプル画像が出てまいりました。
露出度的にはアンジェと大差ありませんが、アンジェはお胸の大きさが不健康ということでしょう。
うむ、フロンティアワークスさんの判断基準は実に明快ですな。 ←そうなんだ。



ですが今回の愛理の頭の大きさはいくらなんでも……。











UryuuSakunoAnime.jpgAngeAnime.jpgSenaAiriAnime.jpg


紗凪も身長が低いとはいえちょっと頭が大きすぎるのではと思いましたが、
今回の愛理はどう見ても頭身のバランスがおかしいですよねぇ。
長身ではないものの、すらっとした愛理のイメージとはかけ離れてます。
ちなみに設定身長は左から162cm、155cm、148cm、158cmです。
この愛理、どう見てもアンジェよりはるかに低い……。











AngeAnime.jpgSenaAiriAnime.jpg


アンジェと頭の大きさを合わせると、大体こんな感じになります。











SenaAiri.jpgSenaAiriAnime.jpg


そして原作絵と比較すると……って、ちょっと意地が悪いですか。
一応、いつものオモテ面の拡大絵も貼っておきます。








SenaAiriAnimeUP.jpg


んー。
ここまでコンプしようと意気込んでいた方々にはちょっと残念な愛理でした。
私もコンプしたかったのですが、最初の桜乃からどんどんトーンダウンしていくのにもうたえられませんでした。
ええ、すでに桜乃はスルーしてしまいました。
個人的に一番好きなみう先輩だけは、絵柄次第では突撃したいと思ってますが……。

<2012年4月10日>


↑ページの一番上へ










「訂正」




すみません、うっかりしてました。
前回アップした紗凪のサンプル画像は、私が勝手にトリミングしたものだったんですよ。
実際はもっと横幅のあるサンプル絵だったので、横だけ上下に合わせて適当にトリミングいたしました。
や、なんか上下のトリミングはネットにアップされていたもので合ってるだろうと思い込んじゃってたんですねー。
失礼しました。
実際のトリミングはこんな感じでした。











UryuuSakunoAnime.jpgAngeAnime.jpgInuiSanaAnimeG.jpg


ええと……大差ない?
一応、前回の紗凪よりも縮んでるんですが。
ちなみに前回私が勝手にトリミングしたものと比べますと……。











InuiSanaAnime.jpgInuiSanaAnimeG.jpg


ええと……謝る必要なかった? ←こら。
ま、一応訂正ということで、よろしくお願いします。

<2012年3月26日>


↑ページの一番上へ










「乾紗凪」




紗凪の大きな画像が出てくるのを待っていたのですが、ダメです、タイムリミット。
もう発売されちゃいます……ってまあ、これの場合はBD/DVDが発売されてから紹介しても全然構わないわけですが。
でもどうやら今回は上の画像のサイズで最大のようですねー。
さすがに前回のアンジェの画像は目立ちすぎたと反省して、また小さくしたのかもしれません。



……や、違いますか。
露出度の問題ですか。
なるほど。
アンジェはばっちり下着を着込んでいるのに対して、紗凪は下はいてないですもんね。
もちろん桜乃は一応はいてますが、半ケツはなおタチが悪いということで、最小画像なのでしょう。



うむ。
深遠なるフロンティアワークスさんの意図を理解せず、
抱き枕企画をおおっぴらにしたくないから画像を小さくしたんだなどとくだらない憶測をしてしまったこと、
深くお詫びいたします。
なので、みう先輩は桜乃より小さい画像でお願いします。 ←こら。











InuiSanaAnimeUP.jpg


抱き枕のサンプル絵では何もわからないので、またAmazonの大きい画像を貼っておきます。
といっても、今回はそれほどの大きさではありませんが、一応、クリックで別タブに出すようにしました。
どうでしょう。
ツンデレを表裏で表現したかったのかもしれませんが、もっとやわらかい表情のほうが私は好みですねぇ。
裏は申し分なさそうなんですが。
両手のハートマークも抱き枕絵としてはちょっと邪魔な感じ。
あと、両面ともハートのままではなんか芸がないですねぇ。
裏はバッテンとかにしてもらわないと。 ←や、それはどうでもいい。



んー。
桜乃とアンジェは両面とも良かったんですけどねー、個人的には。
……あ、一応、アンジェの大きい画像も貼っておきますね。











AngeAnimeUP.jpg


や、でも、こうして大きな画像で見ると目線はちょっと上に行ってるように見えるし、ほっぺのギザギザがくどいですか。
絵としてちょっと安っぽい感じ。
桜乃や紗凪はそんなことないのに。
んー。



あと、小さくなっちゃいますが桜乃に全員の画像の大きさを合わせてみますね?











UryuuSakunoAnime.jpgAngeAnime.jpgInuiSanaAnime.jpg


紗凪、頭でかっ!

や、わざわざ膝を曲げて下に余白作ってますけど、
そのバランスで足を伸ばして描けばいいのよ?
そうしたら、桜乃やアンジェとそれほど変わらない頭の大きさになったと思うのだけれど……。
んー。



というわけで、暗雲が漂ってきました。
とはいえ……。











MinatoTomokaCospa.jpgInuiSanaAnime.jpg


智花と比べれば若干小さいくらいじゃないですか? ←気休めにもなりません。



でもこの紗凪の右の絵は、実物を見たらかなり破壊力のありそうな匂いがしますよ?
悩ましいですなぁ。

<2012年3月20日>


↑ページの一番上へ










「フロンティアワークス覚醒」




これ、紹介すべきか迷ってたのですが、まあ、全巻購入特典なんかと比べればはるかに良心的だし、
仮にDVD版を買ったとすれば合計で15,000円ですから、
抱き枕カバーを含めた抱き合わせ商品と考えれば充分ありなお値段かなーと。
おそらくこのカバー、
フロンティアワークスが去年の夏コミで販売したひぐらしの梨花(魔法少女ver.)と同じ生地だと思われるわけですが、
あれは定価10,500円でしたからねー。
問題ないでしょう。



ちなみに梨花ちゃまの生地は2wayスムースニットと表記されてましたが、今回のは2wayニット。
2wayスムースニットという表現が間違っていたのか、単に今回は略したのだけなのかはわかりませんが、
同じ生地と見て間違いないでしょう。
サイズも150×50で同じですし。
ちなみにその2wayスムースニットという生地は、
ポリエステル85%/ポリウレタン15%日本製だそうです。










フロンティアワークスのBD/DVD特典抱き枕カバーと言いますと、過去にToHeart2 adnextがありました。
この時は、ファスナーなしの非伸縮生地カバーだけが付属してBD10,920円/DVD9,870円というお値段でした。
OVAなので少しお高いのかもしれませんが、
うみねこの抱き枕カバー付きDVDはさらに特製ブックレットが付いて9,975円でしたので、
まあ、そんなには変わらなそうですか。



で、このadnextのBlu-rayは抱き枕カバー付きの特装版しか存在しなかったので、
抱き枕カバーなんていらないって人にはかなりの負担でありました。
しかも最底辺のレベルの抱き枕カバー……。
しかし今回のましろ色BD/DVDは、布ポスターとトレカが付いてBD8,190円/DVD7,140円でございます。
まあ、一般的なアニメBD/DVDのお値段と言えるでしょう。



フロンティアワークスは円盤制作会社の中でもかなり抱き枕カバーに思い入れのあるメーカーです。
しかしながら、バックにムービックがついているせいか知りませんが、
一向に品質を上げる努力をしてきませんでした。
でももうやめよう、ムービックの呪縛から逃れるんだと、
前回の夏コミで2wayカバーの制作に踏み切ったわけです。 ←多分。
そして今回、ましろ色シンフォニーという可愛い娘ちゃん揃いのコンテンツを任され、
どうしても2wayのカバーを特典にしたい、全ヒロインコンプしたいと思ってしまいました。
ですが、普通に特典として封入してしまったらBD14,000円とかになっちゃう。
となればもはや、外付けしか選択肢はなかったというわけです。
まあ、スタチャは定価8,925円でBlu-rayに2wayカバーを封入しましたけどねー。 ←それは禁句。



でも実際、2wayカバーを特典にしちゃうっていうのはまずいんだと思いますよ。
アニメ版権商売っていうのは、ちゃんと役割分担があるわけですからねー。
円盤制作会社がグッズ制作会社のお株を奪ってはいけない。
だから円盤メーカーはイベントでしかグッズ販売はしないわけです。
今回のも、あくまで特典の延長線上という形にしているから販売できる。
しかしそれでもおそらく後ろめたいのでしょう。
抱き枕絵が差分なのも、ギャラをケチったからというよりは、特典臭を出すためと思われます。
そして何よりもこの購入者限定販売の文言を商品紹介の中に入れてないのは、まさに後ろめたさゆえでしょう。
まあ、後ろめたいというよりは気をつかっていると表現すべきでしょうか。



一応、公式ページで告知はしてますが、商品ページには書いてません、この話。
多くの人はBD/DVDを買って開けて初めて知るのでしょう。
しかもその告知にしたって、




UryuuSakunoAnime.jpg


サンプル絵はこんなに小さいし、しかも右の絵だけだったんです。
探したら左の絵も他のサイトにありましたけど。
ちなみに上半身だけならBD/DVDを買えばもっと大きな絵で確認できますし、
レビューで写真を貼ってくださってるブログさんもありますので、気になる人は検索してみてください。
とりあえず私に出来ることはこれくらいです。











UryuuSakunoAnimeUP.jpg


Amazonにどえらい大きさの画像がありました。
さすがにこの場で拡大するわけにはいかないので、別タブで開くようにしました。
画像をクリックしてみてください。



全く拡大によるジャギーなどが見られないので、これが元画像の大きさなんだと思われます。
私のモニター環境でほぼ抱き枕のサイズに映りますね。
実際のサイズより5%小さいくらいでしょうか。



どうでしょう。
アニメ絵にしては綺麗な作画だと思いますが。
主線の色を薄くしているのがいい感じですね。
これがこのまま印刷されるのかはよくわかりませんが、元絵のクオリティはこんな感じと御了解ください。



んー。
この抱き枕シリーズ……というか、
BD/DVDのパッケージ絵を描いているのはアニメのキャラデザ川村敏江さんです。
アニメましろ色の絵って正直、後半のみう先輩しか本当に可愛いとは感じなかったんですよ、私は。
まあ、感情移入のせいもあったにせよ、やはり他のキャラの作画は力が抜けているように感じました。
でも、キャラデザ御本人がマジで描いたらめちゃめちゃうまいっすね。
めちゃ可愛い。
裏面の桜乃のお尻とかやばいですよ。 ←お尻かよ。



や、背中のライン、肩や胸のライン、そしてなんといっても表情がめちゃ可愛いです、裏面の桜乃。
あれは欲しいわぁ。











AngeAnime.jpg


桜乃ほどやばくはないですが、このアンジェもめちゃめちゃ可愛いですし。
これはコンプ欲をそそりますなぁ。
川村敏江さんと言いますと、この間始まった新しいプリキュアのキャラデザもやっておられます。
スマイルプリキュア。
似てますがプリキュア5のキャラデザもこの方でした。
プリキュア5で私の心に残っていたのは、
黄色い娘のロリ可愛さと炎使いのボーイッシュな娘が変身するとめちゃ美しくなるギャップだったんですが、
この2つの要素がそのままスマイルにも受け継がれているようで、ちょっと嬉しくなっちゃいましたねー。



と、それはともかく、グッズメーカーに気をつかって桜乃のサンプル画像は小さかったんじゃないかと思うわけですが、
さすがに全然話題になってなくて気になったのか、アンジェはまともな大きさのサンプルが出てました。
この抱き枕シリーズを紹介する気になったのは、このまともなサンプルが出てきたことも大きいです。
公式のほうにはまだ発表がないんですけど……。



まあ、実際に2巻が発売されないことには詳細もわからないのですが、
とりあえず桜乃のほうは注文の締切が3月30日の17時までだそうです。
長いです、受注期間。
商品の性質上、仕方ないですけどねー。
そして発送は5月30日を予定しているそうです。
随分先ですねー。
まあ、BD/DVDが全巻発売し終わらないうちに1枚目が届くなら、なんとかテンションは保てるでしょうか。



BD/DVDは全6巻予定なので、抱き枕化枠がひとつ余ることになります。
もちろん、アニメましろ色ファンの総意は結子さん(みう先輩のお母さん)でしょうが、
まあ、今回のアニメの雰囲気から察するに、アンジェの次が制服みう先輩で、
ラストがティッシュ配りのみう先輩になるのではないかと。
しかもつばす絵ティッシュみうになるのではと、私は予想します。 ←ティッシュみうって。










特典抱き枕カバーは興味のない人には害になるだけですし、といって、低品質では抱き枕erにも喜ばれません。
せめて品質を上げて抱き枕erが喜ぶようにするのであれば、今回のような形を取るしかないでしょう。
まあ、ほとんどのメーカーさんは特典に抱き枕カバーを付けるのはやめてしまうかもしれません。
ですが、ある程度採算を度外視できる特典という形であればこそ、今回のようにヒロインコンプが可能なのであって、
グッズメーカーではなかなか出来ません。
ですから、今回のフロンティアワークスさんの試みは個人的には歓迎したい。
全巻購入特典厨の角川にも見習ってほしいですねー。



……って、角川はスムースニットの原作絵抱き枕カバーを封入することにしたはずなのに、
Anotherではまた全巻購入特典にしてるんですねー、応募者負担ありの。
角川はこれゾン1期で原作絵のユーを全巻購入特典にしたわけですが、あれ、応募者負担は2,800円だったそうで。
意外に良心的でしたね。
まあ、普通にファンでBD/DVD集めてもいいって思ってた人には嬉しい特典だったでしょう。
生地も2wayでしたしねー。
まあ、片面絵ということで相殺ですが。
でも、これゾン2期ではちゃんと2巻のBlu-rayに、
スムースニットの原作絵トモノリ抱き枕カバーを付けるそうですよ。 ←片面だけど。
じゃあ、なんでAnotherは……と思ったら、
Anotherの全巻購入特典抱き枕カバーはアニメ絵なんですって。
つまり、原作……というか、いとうのいぢさんに抱き枕絵の発注を蹴られたってことですか。
それは不思議な話ですねぇ。
のいぢさんは普通に抱き枕絵も描ける人なのに。
ともかく、原作絵の抱き枕カバーを封入特典にするという角川の方針からは逸脱するので、
全巻購入特典にしたってことなんでしょうか。
んー。



……って、話がめちゃめちゃ長くなってしまったので、そろそろ終わりにします。
特典抱き枕カバーの明日はどっちだ。 ←そんなまとめかよ。

<2012年2月12日>


↑ページの一番上へ



※ページ内リンク
「みう先輩レビュー」(2012/10/17)
「抱き枕終了のお知らせ」(2012/6/15)
「みう先輩完全勝利」(2012/5/10)
「愛理再び撃沈」(2012/4/10)
「訂正」(2012/3/26)
「乾紗凪」(2012/3/20)
「フロンティアワークス覚醒」(2012/2/12)



キーワード検索 ましろ色シンフォニー  フロンティアワークス  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.