×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【Lose】ものべの 抱き枕カバー

SawaiNatsuha.jpgSumi.jpg
ArishimaArisu.jpgTakijorou.jpg
ArishimaArisuLoliM.jpgSawaiNatsuha2M.jpg
Sumi2M.jpgSawaiNatsuhaWedding.jpg
SawaiNatsuhaSofmap.jpgSawaiNatsuhaCharaani.jpg


Lose制作
生地:2wayトリコット
サイズ:160×50
沢井夏葉すみ
AJライクラAJライクラ
第3回アニメコミュニケーション(2011年12月28日)にて販売/定価10,000円(各種グッズ付)DreamParty東京2012春(2012年5月6日)にて販売/定価10,000円(各種グッズ付)
Lose抱き枕カバー通販 10,000円(送料:500円/2点以上で無料)※受注販売(2012年1月18日正午締切)→受注販売(2012年6月10日24時締切)→受注販売(2012年11月25日24時締切)→受注販売(2013年1月14日24時締切)
Amazon 10,000円(送料:500円)※入荷(2012/9/8)→完売(2012/9/8)→復活(9/28)→完売(10/2)→復活(10/20)→完売(10/27)
Lose抱き枕カバー通販 10,000円(送料:500円/2点以上で無料)※受注販売(2012年6月10日24時締切)→受注販売(2012年11月25日24時締切)→受注販売(2013年1月14日24時締切)
Amazon 10,000円(送料:500円)※入荷(2012/9/8)→完売(9/9)→復活(9/28)→完売(9/29)→復活(10/20)→完売(11/1)
有島ありす滝女郎分身
AJライクラ2wayトリコット(製造元不明)
DreamParty東京2012春(2012年5月6日)にて販売/定価10,000円(各種グッズ付)第4回アニメコミュニケーション(2011年8月9日)にて販売/定価10,000円(各種グッズ付)
Lose抱き枕カバー通販 10,000円(送料:500円/2点以上で無料)※受注販売(2012年6月10日24時締切)→受注販売(2012年11月25日24時締切)→受注販売(2013年1月14日24時締切)
Amazon 10,000円(送料:500円)※入荷(2012/9/8)→完売(9/11)→復活(9/28)→完売(9/29)→復活(10/20)→完売(10/29)
Lose抱き枕カバー通販 10,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※先行予約(2012年8月1日24時締切)→受注販売(2012年11月25日24時締切)→受注販売(2013年1月14日24時締切)→受注販売(2013年2月26日午前9時締切)→受注販売(2013年4月15日午前10時締切)
Amazon 10,000円(送料:500円)※入荷(2012/9/8)
縮んだありす
AJライクラライクトロン
Lose抱き枕カバー通販にて受注販売(2013年5月18日~6月3日)桜嫁祭2013(2013年3月20日)にて販売/定価12,000円(各種グッズ付)
各種グッズ付
Lose抱き枕カバー通販 11,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)

単品
Lose抱き枕カバー通販 10,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)
各種グッズ付
Lose抱き枕カバー通販 12,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※先行予約(2013年2月26日午前9時締切)→受注販売(2013年4月15日午前10時締切)→受注販売(2013年6月3日正午締切)
Amazon 12,000円(送料込)※在庫(2013/3/21)→完売→復活(3/30)→完売

単品
Lose抱き枕カバー通販 11,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)
沢井夏葉(ver.2)
AJライクラライクトロン
Lose抱き枕カバー通販にて受注販売(2013年5月18日~6月3日)桜嫁祭2013(2013年3月20日)にて販売/定価12,000円(各種グッズ付)
各種グッズ付
Lose抱き枕カバー通販 11,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)

単品
Lose抱き枕カバー通販 10,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)
各種グッズ付
Lose抱き枕カバー通販 12,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※先行予約(2013年2月26日午前9時締切)→受注販売(2013年4月15日午前10時締切)→受注販売(2013年6月3日正午締切)

単品
Lose抱き枕カバー通販 11,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)
すみ(ver.2)
AJライクラライクトロン
Lose抱き枕カバー通販にて受注販売(2013年5月18日~6月3日)DreamParty東京2013春(2013年5月5日)にて販売/定価12,000円(各種グッズ付)
各種グッズ付
Lose抱き枕カバー通販 11,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)

単品
Lose抱き枕カバー通販 10,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)
各種グッズ付
Lose抱き枕カバー通販 12,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※先行予約(2013年4月15日午前10時締切)→受注販売(2013年6月3日正午締切)

単品
Lose抱き枕カバー通販 11,000円(送料込/複数購入時2点目以降各500円割引)※受注販売(2013年6月3日正午締切)
夏葉のウェディング
ライクトロン
「ものべの-happy end-」豪華版(2013年9月27日発売)特典/定価18,800円


ソフマップ制作
PCゲーム「ものべの」初回版(2012年3月30日→4月27日発売)ソフマップ特典/設定価格8,780円
生地:スムースニット
サイズ:160×50
沢井夏葉
アキバ☆ソフマップドットコム 8,780円(送料込)※特典付完売


キャラアニ製作
2012年10月発売/定価10,500円(ビジュアルファンブック付)
生地:2wayトリコット
サイズ:160×50
沢井夏葉パンツぬぎぬぎ
あみあみ本店 9,429円(送料:500円)※予約開始8,780円(2012/8/16)→予約終了(9/6)→予約復活(9/8)→予約終了(9/18)→予約復活(9/25)→予約終了(9/28)→11月再販予約(10/25)→予約終了(10/30)→予約復活(11/7)→取り寄せ(11/9)→9,429円(11/10)→在庫(11/12)→完売(12/20)
キャラアニ.com 10,500円(送料:500円)※A柄テレカ付
キャラアニ.com 10,500円(送料:500円)※B柄テレカ付















「今回限りの仕様になるかもしれませんが……」






えー、もはや何がなんだかわけがわからなくなってきましたが、
とにかくライクトロンで発売された縮んだありす・夏葉ver.2・すみver.2がAJライクラでも買えるようになり、
さらにグッズを付けない単品買いが出来るようになりました。

ライクトロン→AJライクラ及びグッズセット→単品は、どちらも1,000円安くなります。
つまりAJライクラの単品にすれば、当初のライクトロン販売よりも2,000円安くなるということです。



そしてなんと9月のhappy end発売まで抱き枕のオフィシャル通販はやらないということなので、
ありすver.2はそれまでお預けということになりそうです。
もちろん新作抱き枕もなし。
Amazonマケプレへの補充はあるかもしれませんが、販売形態が複雑になってしまったのでないかもしれません……。



ちなみにAJライクラとライクトロンのどちらを選んだらいいかという話は恋騎士のほうでやったばかりなので、
気になる方はそちらを参照ください。

<2013年5月19日>










「ねえ、笑って?」




すみのライクトロン版、出てきました。
あと、まだ予約開始前ですが、新作ゲーム「ものべの-happy end-」の豪華版特典夏葉もいっしょに御紹介したいと思います。
それではどぞー。











Sumi2M.jpg


前回のライクトロン夏葉は個人的に夏葉改と命名しましたが、

今回のライクトロンすみはそのまますみでいいだろうというレベルの修正でございます。
でもこうやって比べちゃうと、元の色味は随分くすんでたんだなーと思ってしまいますねー。
や、実際にこのものべのシリーズ抱き枕は、これ本当にAJライクラ? と思ってしまうほど発色が悪いというか、
くすんで見える色使いでしたので。
もちろん和風伝奇ものですからそれで良かったんだと思いますが。



しかしまあ、現実に目の前に存在しているような感覚を持ちたいのが抱き枕でございますから、
やはり鮮やかな色味のほうが嬉しいわけです。
ライクトロン夏葉の現物写真を見ましたが、あれはいいですねぇ。
買い換えたくなります。
さすがにもう、夏葉はお腹いっぱいですけどねー。











SawaiNatsuhaWedding.jpg


と言ったそばからこれですが……。



んー。
これは正直、厳しいことを言わせてもらわなければならないでしょう。

左の夏葉の顔は可愛くない。
そもそも無表情は駄目なんです、抱き枕には。

そしてなぜ夏葉は私に微笑んでくれないのか。 ←知らんがな。











SawaiNatsuha2M.jpgSawaiNatsuhaSofmap.jpg
SawaiNatsuhaCharaani.jpgSawaiNatsuhaWedding.jpg


これだけの夏葉がいて、なぜどれも私に微笑みかけてくれないのか。
私は夏葉の笑顔が好きなんだよ。



「困ったお兄ちゃんですねー」っていう夏葉のドヤ笑顔が見たい。
「夏葉もお兄ちゃんのこと好きー」って恥ずかしそうに目を細めて微笑む夏葉が見たいのよ。



なぜそれがわからない?



Curaさん、頼みますよ……。

<2013年4月6日>


↑ページの一番上へ










「ろりす爆誕」



絵師任せにしない抱き枕製作に定評のあるスタイラスさんがこの度、桜嫁祭(おうかさい)なるイベントを立ち上げました。
ものすごい語呂のいいイベント名ですが、なるほど、「桜花祭」の花の部分が嫁に変換されてるわけですねー。
これはいい変換。



というわけで、基本的には2次元嫁を愛でるイベントとなるわけですが、そこはスタイラスさんなので抱き枕がメインでございます。
しかも18禁。
まあ、嫁を迎えられるのは18歳からですから、それは当然のこと。

そしてそんな大人なイベントでありながら入場料は500円でございます。
うむ、リーズナブル。
入場料が高いとわざわざ行く意味ないじゃんって思っちゃうので、これは精神的にありがたいですねー。










……宣伝ここまで。 ←ステマ乙。
そしてそんな抱き枕erなイベントにLoseさんも参加することが決定いたしまして、今回の縮んだありす&夏葉改でございます。











ArishimaArisu.jpgArishimaArisuLoliM.jpg


これはまた、縮みましたねぇ。
FDのありすアフターで縮むようですが、夏葉のように体だけが退行するわけではなく、
完全に子供の頃の状態に戻るそうです。
要するに、主人公とお医者さんごっこをしていた頃のありすが見たいけれどただの回想ではエッチシーンまでは見られないので、

今ここに幼い頃のありすを召喚してエッチしちゃおう、なんでもありゲーだし、みたいなことでしょう。



個人的には、主人公がタイムマシーンで当時に戻って幼い自分とありすのお医者さんごっこの様子をのぞき、
幼い自分がいなくなったところでありすの前に現れていたずら。
最終的には我慢できずにそのまま……的な、
鬼畜眼鏡展開が見たかったんですけどねー。 ←主人公はのび太じゃないんで。



まあ、すでに透は十分鬼畜眼鏡ですけど……。











Sumi.jpgArishimaArisuLoliM.jpg


しかし確かに私もロリありすが抱きたいって言いましたけど、そっかー、お医者さんごっこの頃っていうと、

すみレベルになっちゃうんですかぁ。
正直、夏葉レベルが私の限界なんですけど……。 ←仮性ロリコンの限界。
まあ、A&Jで作れる限界はすみレベルってことなんでしょうけどねー。



もちろん、ゲームで実際にロリありすを体感すれば、欲しくなるかもしれません。
感情移入次第。
でも、本音を言えばありす(中)くらいが一番欲しいです。
ありす(人妻)も……。



菜穂子さん(人妻)も……。 ←わざわざ括弧つけなくても知ってるから。











SawaiNatsuha2M.jpg


そして夏葉改ですが、こうすると前バージョンとの違いがわかりやすいですねぇ。

ありがとうHTML。 ←HTMLに感謝する人、初めて見た。



肌の色を変えたって言われてもほとんど違わないじゃんって感じでしたが、こうやって画像切り替えをするとはっきりとわかりますねー。
黄色っぽい肌に少し赤みが差しました。
前画像と比較しちゃうとちょっと日焼けしたの? ってくらい。



オモテ面の変更はパンツを脱がしただけで、あとは全体的に夏葉が少し小さくなるようにトリミングし直してるようですねー。
しかしこれで晴れて、Loseさんの言うところの、両面スジ完備の豪華仕様!! となったわけです。

うむ、めでたい。 ←そう?



一方、ウラ面はシャレにならないくらい描き直されてます。
それこそ修正している途中でうわぁーってなって、首から下を全部消して描き直したんじゃないかってレベル。
FDで忙しいというのに何やってんの、Curaさん……。



やはりウラ面も全体的に小さくなってると思いますが、目立った大きな違いは、

1.脱いだ衣装が背景に。
2.髪のボリュームが減った。
3.より腕が上がった。
4.乳首位置が下がった。
5.影が自然な感じに。

といったところですか。



1に関しては、最初の夏葉だけ背景に脱いだ服を描いてなかったので、当然気になっていたと思われます。

2は、比べてしまうと髪の量が減ったほうがちょっと貧相に見えてしまいますが、比べなければ何も気にならないでしょう。
じゃあなんで減らしたのかと言えば、ツインテール(ツーサイドアップ)を強調したかった、からでしょうか。

3はおそらく、鎖骨がちょっと中途半端というか浮いて見えてしまっていたので、
せっかくだからしっかりと肩に繋がるラインが出るようにぐっと腕を持ち上げたって感じかなーと。
これにより肩のぷにっとした丸みも現れて、見ごたえのある首まわりになりました。

4に関しては、元の絵では完全なぺったんだった夏葉に今回は少し盛ったので、その分、
乳首位置が下がったと考えられるでしょう。
なぜ盛ったかは不明。

5は、個人的に気になるところだったのでナイス修正でございます。
特にお股まわりはすっきり美しくなりましたねー。



まあ、今回はとりあえず夏葉で様子見ってところでしょう。
それなりに需要があればすみとありすも修正版がライクトロンで出てくるかと。
や、ここまでやるなら表情も変えてよ、と思ってしまう人もいるでしょうが、
そこまでやっちゃうと買わずにいられなくなる人が多数出てきてしまうので、
新生地買い直し需要に対してのサービスとして許されるギリギリのレベルの改変で止めたということでしょう。

豪華仕様にしてしまったことに関しては、若干レベルを逸脱してしまった感はありますが……。

<2013年2月17日>


↑ページの一番上へ










「沢井夏葉レビュー2」





PantsNatsuhaReview01.jpg


やっと夏葉ルートをクリア……というか、ゲームの全てを終了いたしましたので、今更ですがレビューをしたいと思います。
写真は基本的にパンツ夏葉のレビューのためのものとなっておりますが、
レビューそのものは前回の箇条書きでほぼ網羅しておりますので、
パンツ夏葉のレビューとしては今回は補足的なものとお考えください。



また、写真そのものも公式&特典夏葉のレビュー時のような煮え切らないものとなっておりまして、
局部を写した写真は基本的にございませんので、純粋に商品を買う参考にしたいとお考えの方は、
過大な期待はいたしませぬよう。











PantsNatsuhaReview15.jpg


うむ。
AJライクラは少し光ボケするなどと私はよく申しますが、それはあくまでハイクオリティなレベルでの微妙な差でありまして、
本当の光ボケとはこのパンツ夏葉みたいなのを言います。
フラッシュ焚いてるせいもありますが、この差は歴然ですねー。
比較対象は公式夏葉です。



あ、ちゃんとクリックして拡大した状態で比べてくださいね?
この縮小状態だと、パンツ夏葉のほうにノイズが出ちゃってるので。











PantsNatsuhaReview1516Eye.jpg


発色はいいんですけどまあ、スムースレベルと言わざるをえません。
抱き心地はやはり2wayなので気持ちいいですけどねー。











PantsNatsuhaReview04.jpg


さて、ではゲームの話をしましょう。
最初のすみルートとありすルートは、正直言ってしょっぱい出来でした。
ですがそれはきっと後付けのルート分岐だからであって、
本編であるところの夏葉ルートは共通ルートのクオリティそのままで進行しているに違いないと思ったわけです。



でまあ、結論から言いますと、しょっぱい出来でした。 ←オワタ。











PantsNatsuhaReview02.jpg


結局、夏葉ルートはすみルートとありすルートを混ぜたようなストーリーでした。
や、普通に考えればそうなるんでしょうけど、
すみルートの上位互換みたいな話になってくれたらいいなぁと思ってたので、残念無念でした……。











PantsNatsuhaReview03.jpg


ものべのという作品は、夏葉が大きくなっちゃうっていうのがストーリーの根幹です。
で、それを妖怪や神様の仕業と考えるのがすみルート、病気と考えるのがありすルート。
当然、正解は前者であって、後者は思い違いでバッドエンドとなってしかるべき。
そりゃ前者じゃ普通すぎてつまらないかもしれませんが、
エロを見せるために大人にしたかったんだから別にそんなところは普通でもいいじゃん、と思うじゃないですか。
しかしそこがそもそも大きな思い違いでした。











PantsNatsuhaReview06.jpg


私はこの作品、夏葉というロリ少女をエロの道に誘うために、
大人にするというギミックを考えたんだとばかり思っていました。
しかし驚いたことに、大人になった夏葉(大)とのエロシーンは1回だけ。
しかも本番じゃないんですよ。
てっきり大人の段階でまず処女を散らすのだと思っていたのに、違うんです。
実際に処女を失うのは、おそらく小学6年中学1年くらいと思われる夏葉(中)なんですよねー。











PantsNatsuhaReview05.jpg


や、もはやなんで夏葉を大人にしたのか、意味がわからない。
まあ、元々はそのつもりだったんだけど途中で、
ロリゲーとしてしっかりと特化すべきではないかという話になって、
大人夏葉枠が減ったのかもしれませんけどねー。



ただ、個人的には最初のHは夏葉(大)から順番に始めていたほうが興奮度は高かったと思います。
プレーした人なら言ってる意味がわかるはず。











PantsNatsuhaReview10.jpg


ここからは特典夏葉との比較です。



ちなみに夏葉(大)のHなシーンについては、本編ではなく追加シーンでならいくつかあります。
ですが、本番はやはりなし。
不思議です。



ロリキャラが魔法とかで大きくなっちゃってHしちゃうっていうお話は何度か見たことある気がしますが、
個人的にはそういうの好きです。
心が体についていかない感覚っていうのが、倒錯的でよろしい。
もちろん、夏葉のように幼い体でも感じちゃうびくんびくんっていうのも悪くはないんですけど、
心と体が明確に乖離しているほうが肉欲に溺れている感があって私は好きかも。











PantsNatsuhaReview12.jpg


ソフマップの特典スムースとどっちが綺麗に見えますか?
実物はソフマップのほうが表面がざらついて見えますが、印刷そのものは綺麗です。
一方、パンツ夏葉のほうは編み目のデコボコで線がガタガタしてますので、どちらが上とは言い難い感じ。
抱き心地はもちろんパンツ夏葉のほうが上ですけどねー。











PantsNatsuhaReview1112Eye.jpg


抱き心地について、公式夏葉と特典夏葉を比べたときに特典のほうが抱き心地がいいという話をしました。
それはつまり、私の真・マジカルスウィート本体が増量したとは言えボリュームに欠けるために、
2way生地だと抱いたときにつぶれすぎてしまうからです。
しかし、ボリュームのある本体だとロリっぽくない……。



でもこの考えは私がちょっと頭でっかちだったかもしれません。
やはりボリューミーな本体を入れたときの2way生地のぷにぷに感や、足で挟んでもがっちり支えてくれる安定感は、
何ものにも代え難いなーと最近思い直しました。
ロリ感を出そうとなるべく細くなるようにぎゅっと抱き締めると腕は確かに疲れますが、
足で挟んだところはちょうどいい具合です。
私のなぜか初期状態からボリューム少なめなプレミアムソフトでは、という話ですが。



なので今後はロリとかグラマーとかに関わらず、
2wayはプレミアムソフト、1way以下は真・マジカルスウィートで抱いていこうかなーと。
私事ですが……。











PantsNatsuhaReview07.jpg


話を戻しますが、そもそもあんな幼い小学生の実の妹と、
どうやってそんな関係になるのか不思議でならなかったんですよ。
ゲームを始める前は、Hなことをすると成長を止められる、みたいな設定だろうと思ってましたし、
実際ゲームの中でもそういう側面はあったのですが、
それがHなことをする動機にはなってませんでした。



じゃあ、なんで急に幼い実妹とそんな関係になったのか。

その一番大事な部分が実は曖昧なんですよねー。











PantsNatsuhaReview09.jpg


夏葉ルートって、夏葉視点で最初からプレーさせるという仰天ルートだったのですが、
ほかのシーンで視点が入れ替わったときと同じように画面の上下に黒帯を入れてしまったので、
せっかくの素晴らしいグラフィックが共通ルート部分の間ずっと切れて表示されちゃってました。
そこは変にこだわらず、普通に全画面でやってほしかったです。



あと、地の文も夏葉の声付きになってしまったのでテンポが悪くなってしまいましたねー。
個人的にはテキストオール音声化というのを夢見てはいましたが、
絵である程度状況を説明できなければ無理があるということがわかりました。
しかも透(主人公)視点のときのような普通の状況説明としての地の文ではなく、
夏葉のその瞬間の心の声みたいになっていたのでかなり違和感がありました。
こんな幼い女の子がそんなに色々なことを考えてるわけないだろう、と。



共通ルートのクオリティは圧倒的に高かったので、そこを読み直すこと自体は全く苦ではなかったし、
まして別視点で読めるというのは面白いなーと思ったのですが、
あまり効果的ではなかったというのが正直なところです……。











PantsNatsuhaReview08.jpg


あと、1巡目では見られなかったような読み間違いが多く見られました。
しかも1巡目と同じセリフなのに間違っていたりするので、
どうやら後で録音し直したデータを1巡目部分は差し替えたものの、夏葉ルートのほうには適用し忘れた……ということなのでしょう。
正直、かなり気になりました。
もちろん、修正パッチは当てたわけですが……。



厳じぃの詠唱なんか、すみルートのときは雰囲気あるなーと感心したのに、
夏葉ルートでは吹くレベル。
かなりマスターアップ直前は切羽詰まってたんでしょうねぇ……。











PantsNatsuhaReview14.jpg


そして何より夏葉視点なのをいいことに、
夏葉が何かにつけて透を性的な目で見るのが夏葉ルートの特徴です。
や、もはや小さな痴女と言っていいでしょう。
お兄ちゃんが自分のことを性的な目で見ているという妄想にとらわれてるんですよねー、なぜか。



あんな幼くて無垢な女の子が心の中ではそんなことを考えていたなんて……みたいな体になってるっぽいのですが、

や、無理があるだろう。
もう少し、そういう性への興味みたいなのが表に出ていれば良かったと思うのですが、
少なくとも共通ルート段階での夏葉はピュアすぎました。



舞……杏子御津さんの演技は素晴らしかったですねー。
夏葉(大)の演技には戸惑いが見られましたが、夏葉(小)の演技は完璧でした。
Hシーンに至るまで、全くぶれはなかったと思います。
ええ。
紛れもないロリでした。



グッジョブ!











PantsNatsuhaReview13.jpg


それはともかく、つまりこのライターさんの落とし所というのは、
まず夏葉に関してはちょうどHなことに興味が出てきたお年頃であり、
お兄ちゃんのことは普通に大好き(恋愛対象としてではなく)。
一方、透は性欲魔人なので、時々夏葉の体にむらっと来てはいたが、
基本的には普通に妹として見ていた。
しかし、大人になった夏葉の体を見て、むらむらが止まらなかった。
特に巨乳が大好き。
貧乳も好きだけど、生で見ない限りは興奮はしない。
そこで、性的なことには興味があるけど恋愛とは全く結びついていなかった夏葉が大人の体で透を惑わし、
本当は体にしか興味がないけど肉親の愛情を無理矢理恋愛に変換して夏葉を抱く透。
こうして、禁断の兄妹愛がここに花開いたのでありました、べべん。



……みたいなことなのでしょう。
まあ、あの可愛いありすのアプローチをかわし続けていた透ですから理性は相当なものだし、
それゆえに無理に抑え込まれた性欲が何かの拍子に暴発してしまうのでしょうけど、
それにしても実の妹……しかも幼い妹を平気で貫くその凶暴性には、
もう少し理由付けが欲しかったですねー。











Monobeno04.jpg


ところでこのゲームには、自分でグラフィックをいじって鑑賞するという、非常に面白いおまけが付いております。
まずこの立ち絵。
ものべのは一枚絵で進行することが多いので立ち絵は1種類ずつしかありませんが、衣装や髪形や表情など、
差分を自由に組み合わせることが出来、またキャラクターの配置や拡大縮小、背景の拡大縮小なども自由に出来ます。
キャラも背景も全て選択可能です。



とりあえずお気に入りの3人を浴衣姿で歩かせてみました。
ちなみに右の菜穂子さんの浴衣姿は上半身しかグラフィックがありませんが、夏葉とありすは全身存在します。











Monobeno05.jpg


菜穂子さんは残念ながら浴衣上半身とこちらの全身しか衣装は存在しません。
全裸もなし。
こちらの夏葉は夏葉(中)。
ちなみにこれは、誰といっしょに寝るかを選んでいる図。 ←3人いっしょでいいじゃない。











Monobeno06.jpg


拡大して画面の手前に持ってくれば、膝立ちしているような感じに。
菜穂子さんは正座しているイメージ。
ちなみにこれは、どっちを選ぶの透ちゃん? の図。











Monobeno07.jpg


こちらはありすのお部屋。
だらしなく床にねそべっていたありすとその横に座っていた夏葉(大)の前に突然透が現れた、という図です。
夏葉が思わず立ち上がりかけ、ありすも慌てて頭を起こしたところで、夏葉のお胸にありすの頭がぽよん。











Monobeno08.jpg


そしてなんとなく気まずい雰囲気のふたり……。



あ、なんとなく夏葉(大)のほうがありすより大きくなっちゃったようなイメージがあったのですが、
これは間違いましたね。
ありすのほうが本当は高いです。



と、それはともかく、こちらがありすの部屋の全景です。
最初のやつは左のほうを中心にクローズアップしてたのがおわかりかと思います。











Monobeno01.jpg


そして立ち絵だけでなく、一枚絵もいじれちゃいます。
こちらはHなシーンですが、顔アップにしちゃえばバレません。 ←バレます。











Monobeno02.jpg


こちらも、てへっと舌を出しているありすに見えるでしょう? ←見えません。
ものべのは一枚絵でもアニメーションしますので、表情差分もたくさんありますよー。











Monobeno03.jpg


文字どおり透を透明にしてしまえば、ほら、無邪気にあくびをしている可愛いメイド夏葉にしか見えません。



しかしこのメイド夏葉のHシーンのパフォーマンスはすごかったですねぇ。
メイド姿の幼い妹に口でさせて顔にかけてそのまま膝の上に抱いて読書数十ページ分の時間、放置。
それからおしっこを我慢させたまま嫌がる妹の後ろの初めてを奪い放出&お漏らし……。



ロリってだけでもあれなのに、
このパフォーマンスは常軌を逸してますわ。 ←もう無邪気に見えなくなっちゃったんですけど……。











PantsNatsuhaReview17.jpg


正直、このおまけだけでもこのゲームを買う価値はあるんじゃないかってくらいです。
とにかくグラフィックは素晴らしいので、かなり幸せな気持ちになれますよー。

個人的なお勧めは、町中に全裸で立たせるプレイ。



……や、ここには貼りませんけどね?
でもまあ確かに、こうやって誰かに披露するとかでないと、そういうことを自分でやるのはなかなか面倒かもしれません。
例えば公式で、シチュエーショングラフィックコンテストみたいなのをやったら面白いかもしれませんねー。











PantsNatsuhaReview18.jpg


まあ、色々と言いましたけど、ゲームに対しての大きな不満は、異常成長の原因を病気にしようとしたこと、それだけです。
それさえ普通に妖怪や神様の仕業ってことにしてくれていたら、紛れもない神ゲーとなったことでしょう。
最後も違和感なくハッピーエンドだったはず。
正直、あの状況でハッピーエンドみたいになってるのはおかしいですもんねぇ。



夏葉との関係についてももっと説得力のある展開にしてくれていたら、
ありすに対するのと同じくらい、夏葉を好きになれていたはず。
とにかく、夏葉ルートでの夏葉のグラフィックの数々は可愛すぎましたよ。
ため息ものでした。



私がありすというキャラクターに強く惹かれる理由は、可愛くておしゃれでおそらく村一番の美少女であるありすが、
6年も放置されてもそれでも変わらず透だけのことを想い続け積極的にアプローチする、その一途さと希少性です。
しかも放置され続けたことで鬱積した想いが彼女をエロくしてるわけです、胸熱。
まあ、そういうところは状態としては透に似ているのかもしれませんねー。



そんなありすとの関係に比べると、夏葉とすみとの関係は薄っぺらいなーと。
相手がロリと妖怪だからこそ、恋愛関係になるのが困難であればこそ、そこは頑張って煮詰めていただきたかった。
むしろ、そこがものべのという作品の一番の肝になるべき部分だったのではないでしょうか。

<2012年11月21日>


↑ページの一番上へ










「パンツ夏葉ぷちレビュー」





PantsNatsuhaPetitReview02.jpg


これ、今日届いたのですが、レビューをどういう形にしようかちょっと悩んでしまいました。
検証すべき点が多すぎて、また恐ろしく長いレビューになりそうなんですよねー。
そうなると書き上げるのに2~3日かかっちゃう場合もあるし、そもそも近頃、
文章を書きたくない病にかかっているので、正直めんどい。 ←こら。
あと、このパンツ夏葉到着を機に夏葉ルートをプレーしようと思っているので、
出来ればそれを終えてからいっしょにレビューしたいんですよねー。
とはいえ、ゲームのレビューまでいっしょにやっちゃったらおそらく、過去最長のレビューになるのは確実なので、
それはそれで困る。



というわけで、とりあえず要点だけ箇条書きでまとめることにしました。
基本的には最低ひと晩抱いて寝ないことにはレビューはしない主義ですが、まあ、
現時点でわかることだけまとめちゃいたいと思います。
あんたのレビューは長すぎて嫌いだよって人も、今回は気持ちよく見ていただけるはず。



写真もないのですっきりですよー。 ←写真は付けようよ。











PantsNatsuhaPetitReview03.jpg


・パッケージは本といっしょにOPP袋

・さらにその中の抱き枕カバーもOPP袋

・本はやはりカバーなし

・MADE IN TAIWAN

・編み目が縦線状にデコボコに見える2wayトリコット











PantsNatsuhaPetitReview02UP.jpg


・編み目の影響で横に引いた線は綺麗に見えるが、縦に引いた線はガタガタ

・光沢を抑えたマットな質感

・スベスベではなくもっさりしたタイプの感触

・2wayトリコットにしては薄手

・総じてAJフィールスムースに似ている(フィールスムースは編み目が同じように目立つが線に影響はない)

・やはりストライクウィッチーズの新生地と同じものと思われる

・色味や発色は問題なし(公式&特典の黄色い肌より自然)

・ファスナーは'Z'ひと文字(初めて見るが台湾製がそもそも初体験なので当たり前か)



・パンツは縫い付けてある(キャラアニさんGJ!)

・パンツ自体は非伸縮の綿

・オモテ面のパンツの中身は公式のような汁と赤っぽい線がお肉の先端に少しだけ

・ウラ面はぱっくりいってるが汁まみれ

・いざ顔を突き合わして抱いてみるとパンツの位置が想像以上に上で戸惑う(ロリぱねぇ)

・正面絵を抱いてお尻に手を回してもパンツがゆるゆるでお尻っぽくない

・パンパンに膨らんだ本体ならパンツもぴんと張り詰めるかもしれないがそれじゃロリっぽくない

・通常の抱き枕絵ならば太もも部分を足で挟み腰部分を腕で抱きしめることによってお尻部分が膨らむが、ロリサイズだとそういうプレイも困難

・おっぱい抱き枕用のシリコンおっぱいをお尻に入れたらはかどったが、ずっと両手で持ち続けてないと落ちる

・背面絵を抱いてお股に手を回すのはあり(はかどる)

・結論、パンツは前だけでよかった(後ろはむしろ邪魔)

・とはいえ、前だけのパンツというのも奇妙なのでやはりこのままでよし

・大人パンツも商品化希望



以上……。

<2012年10月27日>


↑ページの一番上へ










「Lose公式アカウント@Amazon.co.jp」




ちょ。
滝女郎分身のアフター通販来ないなーと思ってたら、Amazonマーケットプレイス?



や、だからこんなのをAmazonで売っちゃ駄目だってば……って、
どっちにしてもぼったくり価格ですでにマーケットプレイスに出ちゃってますから、
公式から出てきたところでプラスに働くことはあってももはやマイナスになることはないですか。



じゃ、いいか。 ←良くない。










んー。
……って、この流れ、なんか既視感がありますな。 ←わざとらしい。



どうなんでしょう。
Amazon委託なら通販やってる余裕ないからとも考えられますけど、単なるマーケットプレイスということは、
あくまで集客力を期待してのことでしょう。

ということはやっぱり……滝女郎分身のニーズを見誤った?



いつもならイベントアフターでさらに受注生産をするところなのに、それすら必要ないほど初動の分が余ったってことでしょう?
それとも印刷会社変わってロット数で単価が大きく違うのを見て、ゲーム売れてお金もあるし、

いいや作っちゃえってなっちゃった?



んー。
まだ夏葉ルートをやってない私がとやかく言えることでもありませんが、
やはりメインヒロインとサブでは全然違うと思うのですよ。
あるいはロリコンなら無条件にロリ抱き枕は買うだろうと思われたのかもしれませんが、
そういうのはヘビーロリコンだけであって、

例えば私のようなライトロリコンは、あくまで作中で感情移入して初めて欲しいと思うはずです。
まあ、絵柄そのものがあまり美少女って感じでもないというのも関係あると思いますが。










ものべのの2chスレをちらっと見てみたのですが、どうもありすは不人気娘みたいな扱いになってるようです。
ネタバレが怖いのでちゃんとは見てませんが、どうもそんな感じ。
あれほど魅力的なヒロインが不人気の烙印を押されるほど、

ものべのユーザーはロリコンなのか、と誰しも思ってしまうでしょうが、
多分そんなことはないんです。



おそらくものべのユーザーの7割は、ありす6:夏葉5:すみ3くらいの人気配分になっていると思います。
そしてそのほとんどはライトロリコンと言っていいでしょう。
しかし残りの3割、いわゆるヘビーロリコンのユーザーは、ありす0:夏葉3:すみ3となるわけです。
つまり合計すると結局、ありす3:夏葉4:すみ3くらいのちょうどいい人気配分になっているはずですが、
こと抱き枕の売れ行きに関しては、ゲームをプレーしてない層というのがあります。
ありすは絵的にも十分可愛いとは思いますが、やはりそれほど突き抜けたものがあるわけではない。
それに対して、夏葉とすみはロリという意味で突き抜けている。
なので、ものべのユーザーではない人たちが買っていく抱き枕のほとんどは夏葉かすみになると思われますので、
結果、抱き枕の売上はありすが一番落ちるかもしれません。
2chスレ的には、ヒロイン全員に興味のあるライトロリコンに対して、
ロリにしか興味のないヘビーロリコンの声が大きくなるという現象が起きているのでしょう。



ロリコンホイホイと言っても過言ではないものべのですが、
それでもそのユーザーの多くはありすかわえーと思っているわりと普通の人です。
突き抜けた人なんてそんなに多くはいないものですよ。
ですから、突き抜けた人もそうでない人も、その両者の意見を尊重して、

ロリありすを抱き枕化すればいいのよ。 ←それが言いたいだけか。










さて、今回のAmazonマケプレ分ですが、この記事を書いてる間に夏葉とすみが売り切れてしまいました。
……と思ったら、あれ、すみ復活。
夏葉だけはとりあえず確定かな?
ありすも時間の問題でしょう。
本来なら、滝女郎分身の受注生産時にほかのも受注再販するところですが……って、そうか。
考えてみたら印刷所が別でしたねぇ。
印刷所っていうか製造メーカーが。
となると、そもそも今回は安易に受注販売は出来なかったというわけですか、なるほど。



逆に言えば、
滝女郎分身は始めにたくさん作っておいて売り切っておしまいっていう流れだったのかもしれませんね。
なるほど、たくさん余っちゃっているように見えましたが、ある程度は計算ずくですか。

失礼しました。 ←ここまでの文章はなんだったの。



ちなみにAmazonに手数料を取られる分……には全然足りないようですが、
今回は一律340円の送料がかかりますよー。 ←一律500円に変更されました。(9/10追記)
まあ、このことだけ考えても、予想以上に余ってしまったのは間違いないのでしょう。

<2012年9月9日>


↑ページの一番上へ










「パンツは縫い付けるべき」




ちょ。
この御時世に天下のキャラアニがガチロリ抱き枕とか。
しかもお胸は余裕で出てるし、やっぱりお股はスジ完備なの?



いやいやいや。
こんなのを一般流通に乗せちゃ駄目でしょ。
Amazonで売っちゃ駄目でしょ……って、
どっちにしてもマーケットプレイスで公式のやつが出ちゃってますか。



じゃ、いいか。 ←良くない。










んー。
ものべのは一部を除けば素晴らしいクオリティの作品ですから、
そのグッズを作ってくださるのは大いに結構だと思います。
しかしそれをガチロリな夏葉で、しかもネタ抱き枕という形で販売するのはいかがなものかと。
完全にネット上で話題になることを狙ってるでしょう?
や、だから、話題になっちゃまずいんだって。
自主規制とかあまり言いたくないですけど、調子に乗りすぎるのはやめてほしいところです。



せめてガチロリじゃなく、膨らみかけの夏葉でやるべき。 ←充分ガチです。



……って、え?
そんなに気になるならあんたこそブログで紹介するのをやめればいいじゃないかって?
うむ、ごもっとも。
とはいえ、このブログで触れようがスルーしようが大勢に影響はありませんので、
ものべのを応援したいという気持ちを優先します。
キャラアニさんには自重していただきたいところですが……。










しかしこの展開には本当に驚かされました。
まさかキャラアニからものべの抱き枕が出るとは。
キャラアニは時々エロゲ抱き枕を作りますが、なんなんでしょうね。
中の人の趣味?



とはいえ、今回はなぜネタ抱き枕なのかってことですよねぇ。
普通に考えれば、ものべの抱き枕最大の特徴? であるところの、
スジ完備を活かしたかったということになると思いますが、
これでパンツの中ツルツルだったら詐欺罪が適用されるでしょう。 ←適用されますかっ!



まあ、私はどっちでもいいんですが、さすがに何もないとめくる楽しみがありませんわなー。
しかしコミケでスジが問題になっていたというのに、
なんというタイミングで放り込んでくるんですか、キャラアニは。
専売ならともかく、Amazonにまでスジが流通しちゃうんですからねぇ。
色々な意味で、問題を起こしたがってるとしか思えません。











SawaiNatsuhaCharaani.jpg


あと、最初にこの写真と価格を見たとき、スムースニットかぁと思ったんですよ。
2wayカバーにネタを仕込んでさらにビジュアルブック付きで10,500円なんてありえないでしょ?



そしたら2wayトリコットだっていうんですもん。
……え、てことは、ストライクウィッチーズの新素材抱き枕カバーって本当は、

もっと安く売れたんじゃないの?



や、キャラアニのストライクウィッチーズ2way生地再販ですが、あれ、
キャラアニがいつも定価で専売してる2way生地は11,550円じゃないですか。
で、一般販売してるスムース生地が10,500円
以前発売されたウィッチーズ抱き枕は10,500円でしたので、
今回も2wayでありながらお値段据え置き10,500円ということで、
キャラアニすごいよく頑張ったーと思われたわけですが、

実際は台湾製の低品質2way。



キャラアニは角川のアニメBD付録抱き枕カバー戦略のために台湾の工場を開拓し、
安価なスムースニットを提供できるようになりました。
そして当然ウィッチーズの抱き枕は、そこの工場製でしょう。
おそらく、ウィッチーズ2way再販お値段据え置きという条件からこの工場の2wayを使うことにしたというより、
ここの2wayを使ってみたくてウィッチーズ再販を決定したのでしょう。

つまりウィッチーズ2way再販なんて、ただの実験だったんや。



……って、そういうことは早く言えよ、買っちゃったじゃないか
とお怒りの皆さん、心配しないでください。
そんな台湾製2wayでも以前のポリエステルスウェードよりははるかにマシのはずですから。
そもそもウィッチーズ抱き枕はスムースニット芳佳から始まったんですよ。
それが、次のペリーヌから不意にポリエステルスウェードに変わり、
さらにその後、新素材という触れ込みで芳佳がスウェード再販されました。
普通、新素材と言われれば改良と思うわけですが、実際は改悪でした。
お値段も据え置き。



つまり、今回のと似た状況なんですよねー、今思えば。
単純に儲けを増やしたくて生地の質を落としたというわけです。
や、そんなふうに思いたくはありませんが、状況だけ見ればそうとしか思えない。



とはいえ、少なくともキャラアニの台湾製2wayがあのスウェードよりマシなのは間違いないです。
肌触りはいいらしいですし、印刷も綺麗に出ているようです。
どうやらサーパラの2wayみたいな編み目による線状の凸凹があるようですが、それでもまあ、
スムースニット並みの見た目に2wayのやわらかい抱き心地が得られると考えればアニメ抱き枕としてはそれなりでしょう。











SawaiNatsuha.jpgSawaiNatsuhaCharaani.jpg


ただ、外国製の弱いところ……というか、国産でもありますが、色味の再現性はいまいちなことが多いです。
特に立体マウスパッドでよく見られた、肌が赤くなるという現象。
明らかに赤いですよねー、今回の夏葉。



ちなみにこの夏葉のサンプルは面白いことに実物サンプルでございます。
2wayのカバーをまっすぐ伸ばして写真を撮るっていうのは結構大変だったと思いますが、
画像を回転させる必要もなく、かなり綺麗に160×50でトリミングできました。
キャラアニさん、グッジョブです。











SawaiNatsuhaCharaaniUP.jpg


もちろん、元絵の色使いはこんな感じです。
こちらはキャラアニ特典のテレカ絵。
肌だけでなく、全体的に赤くなっているのがわかります。



や、でも、ウィッチーズのほうは色味も問題なかったみたいですから、発売までにちゃんと調整してくるのかもしれません。
あるいは、ウィッチーズのものよりさらに安価な生地なのかも?
おそらく同じものだと思うのですが……。



ビジュアルファンブック単体は2,940円で売られるので、単純に差し引き抱き枕カバーは7,500円……と言いたいところですが、
実際の計算はわかりません。
ビジュアルファンブックのほうはほとんど利益を載せずにおまけ扱いかもしれませんし、
あとなんと言っても、抱き枕カバーに同梱されるビジュアルファンブックはカバー&帯がない、ということなので、
単純に差し引きというわけにはいきません。
てか、カバーがないってどういうことだ……。



あと、肝心のパンツですが、普通に考えれば縫い付けてある。
ただ、パンツぬぎぬぎ抱き枕カバーと銘打ってる以上、
やはり脱着可能と見なければなりません。
となればやはりあれですか。
プラスチックのスナップボタン。
電撃付録の「フリフリブリム&エプロン付き 御坂美琴 抱き枕カバー」がそうでした。
カバーのほうにスナップのメス(凹)、ブリムとエプロンのほうにオス(凸)が縫い付けてあって、
パチンとはめればボタンは見えない、という仕様。
もちろん、体の線に沿ってボタンがいくつか縫い付けてありますので、カバーだけで見てしまうと萎えます。
エプロンならともかくパンツにボタンがあるのは変ですから、パンツの上から撫で回すときにボタンに手が触れてしまうと、
やはり萎えるでしょう。
外したときの見映えが悪いのなら外せる意味はないので、パンツは縫い付けるべきなんですけどねー。
そのほうがめくって眺める楽しみはより強くなりますし。



電撃付録のおっぱい(松永燕 もみもみ立体抱きマクラカバー)はキャラアニ製作でしたから、
美琴のやつもそうだったのかもしれません。
もちろん、今回は違う方法を模索してきた可能性もありますけどねー。











SawaiNatsuhaCharaani.jpg


スナップボタンだとすれば、
腰の左右部分に上下2個ずつと、お股のところに左右2個の計6個縫い付けられることになるでしょう。
まあ、色々エッチなことを考える人がいそうですが、私なんかは抱いたときの手のポジションにいつも悩むので、
このパンツはありがたい。
ええ。
所詮、抱き枕なんて平面的なものですから、抱いてるときに目視しなければ体のどの部位がどこにあるのかわからない。
しかし少なくともこの抱き枕は、胴体と足の境界を触覚で判断できるわけです。



正面絵の夏葉を抱くときは、後ろに回した手をパンツの中に突っ込めばそこはお尻ですし、
背面絵の夏葉を抱くときはお股です。
暗がりの布団の中で抱いて眠るときに、このパンツの存在は我々に非常に有利に働くことでしょう。 ←有利?



しかもそこでちゃんと正面背面仕様で体の位置も完全対応で作ってくださってますから、
もはやそこには全き夏葉が存在しているに等しい。
ええ。
これですよ、これ。
私が抱き枕に求めているのはこういうのなんです。
後ろに回した手がちゃんとその娘の反対側の面を抱いている、という感覚が欲しいんです、私は。
それなのに、
両面おっぱい両面おっぱいとデモンストレーションを行うおっぱい教信者のせいで、
我々全き女体教は弾圧の憂き目に会っているのですよ。



彼らは女の子が好きなの?
おっぱいが好きなの? ←どっちも同じくらい好きなんです。



もちろん、Curaさんほどの手練であればこそ全き女体を見事に描けるわけで、
基本的にはこの思想がハイリスクであるのは否めません。
簡単な気持ちで背面絵を描かれては、おっぱい教ならずともたまったものではない。
ですからまあ、おっぱい教の思想も理解できないわけではないんですけど、
是非、自信のある絵師さんは完全対応の正面背面仕様っていうのに挑戦していただきたいところです。











SawaiNatsuha.jpgSawaiNatsuhaSofmap.jpgSawaiNatsuhaCharaani.jpg


今回、なるべくパンツが大きくなるようにしたかったのでしょう、夏葉がこれまでよりも大きくトリミングされてます。
ですので、これまでの夏葉で頭が大きいと感じてしまっていた人はお気をつけください。
と言っても、頭のてっぺんからあごまでの長さはこれまでの夏葉で24.5cm程度、
今回の夏葉でも26cm程度だと思われますから、
29cmの智花を抱ける私に死角はなかった。 ←君にはロリコン抱き枕erの資格がある。



ってまあ、大事なのは頭の大きさよりも目の大きさや目と口の距離だと思いますので、
そういう意味では大きさはともかく目と口の距離は問題ないでしょう。
これまでの夏葉は目を細めてましたが今回のオモテ面はわりとがっちり開いてますので、
これはちょっと評価が分かれるかもしれません。
抱き枕の場合、目の大きなキャラは目を細めさせるべきなんだろうなーと最近思いますねー。



私はもうロリ夏葉はすでに2枚持ってるわけなので正直今回のはいらないんですけど、
しかしこれだけ見事な全き夏葉を見せられたら、

全き女体教信者としては買わないわけにはいかないでしょう。
パンツ二人羽織もやってみたいし……。 ←パンツ二人羽織?



や、夏葉のはいてるパンツをさらに上から私がはくというプレイなんですけど、無理ですかそうですか。
美琴のときはスク水が脱着仕様だったら中に入れるのに……とか言いましたけど、やっぱまあ、
現実的には無理でしょうね、大きさ的に。
そのまま密着固定して一晩中抱き枕から離れずに済むっていう案は素敵だと思うんですけどねぇ。



……って、あ!











YachihoAoiHasamaretai.jpg


これなら可能じゃね?
……って、あまり密着感は得られなさそうですけどねー。
単に縛り付けられるだけという気も……。



こちらはPCゲーム「恋妹SWEET☆DAYS」より、八千穂葵に挟まれたい抱き枕です。
そう言えばこれも全き女体仕様でしたか。
こちらはパンツがなくてもお股やお尻の位置が簡単にわかりますねー。
こんなの馬鹿らしいと思う人は多いでしょうが、実際に抱いて寝てみたら妄想がはかどりそうです。
まあ、あまりリアルにこの両足と格闘しようとすると、この足邪魔くさって思っちゃうような気はしますけど。

<2012年8月18日>


↑ページの一番上へ










「有島ありすレビュー」





12072903.jpg


えー、このありすは小悪魔ではなくマグロだなどと暴言を吐いたこと、ここに謝罪いたします。
ごめんなさい。
このありすは紛れもなく小悪魔でした。



マグロという名の。 ←何それ。











12072901.jpg


私がイメージしてたありすの小悪魔性っていうのは、もっと積極的に誘うような表情だったりポーズだったんですよ。
それこそ、エロ全開、みたいな。



でも抱き枕ってどこまで行っても結局受け身なんですよねー。
ですから、変に能動的な表情やポーズだと、そこで時間が止まってしまったようになってしまい、
違和感があるわけです。
なのでマグロのほうがいいなんてことを言う抱き枕erも多いわけですが、
それにしてももう少しありすには能動的であってほしいというような願望が私にはあったんです。










12072902.jpg


ですが、もうこの表情だけでやられてしまいましたねー。
恥ずかしがりながらも、慈愛に満ちた微笑と言うのでしょうか。
この顔と向き合ったときに、私の脳内で鼻にかかったありすの声がはっきりと響いたんです。











12072915.jpg


わたしの体、好きに使っていいですよ?











12072904.jpg


あ、ありすー! ←いやん。











12072905.jpg


……てな具合に、見事にありすの世界に引き込まれてしまいました。
さすが、ありすという名前は伊達ではありません。



何よりこの大きな線だけの口が等身大絵としては致命的に雑ではないかと思っていたわけですが、
実際に目の前にしてみると不思議と全く気になりませんでした。
や、もちろんもっと色っぽい唇であるに越したことはないのでしょうが、
なぜかこのはっきりとした微笑みが可愛くて仕方ありません。











12072906.jpg


一見雑な口に対して、恐るべき表現力で描かれているのがこの前髪です。
ものすごい細かくランダムに描かれてるんですよ。
これがリアルすぎて可愛すぎてやばいです。



髪の毛に関しては、夏葉の髪の描き方がまた素晴らしかったんですよねー。
夏葉のレビューのときには触れられませんでしたが、複雑に塗り分けられてて、とてもやわらかそうな髪に見えるんですよ。











12072918.jpg


この写真じゃ伝わらないかもしれませんが、尋常じゃないです。
毛束を細く見せれば見せるほど繊細な髪に見えると思いますが、
それを線で表現してしまってはふんわり感は出ません。
この微妙で微細な塗り分けがあってこそ、幼女のやわらかい髪質が表現できるわけです。



ええ。
正直、この夏葉の抱き枕カバーを見たときに、
Curaさんは真性……真のロリコンやわと実感いたしました。 ←言い直してもいっしょです。











12072920.jpg


や、Loseさんってグラフィッカー専門の人はいないみたいで、
原画のCuraさんが自分で描いたものを自分で塗ってるようなんですよねー。
なので、この恐るべき細かい線画も、この恐るべき複雑な塗りも、全てCuraさんによるものなんです。
すげぇ。











12072917.jpg


二人を並べるとこんな感じ。
可愛いですねー、二人とも。
パラダイスやわ。











12072909.jpg


Curaさんという方、絵はめちゃめちゃうまいしこだわりも素晴らしいんですけど、
さらにその上、手が早そうっていうのが何よりすごいですよねぇ。
作画枚数の多さや惜しみなく追加されるパッチ、一枚絵を多用した見せ方とか、とにかくすさまじい。
まあ、おそらく雇われ原画erではなくゲーム製作の中心になってやってるという意識が、
その比類なき仕事量に影響しているのでしょうが、それにしても尋常じゃないです。











12072907.jpg


あと、個人的に何よりも感動しているのが、夏葉やありすが普通に毎日着替えること。
これがすごいんですよねー。
特に今回プレーしたありすルートは、夏葉とありすといっしょに家で過ごすのがほとんどで時間の進行も早いので、
毎日着替えてくれるありがたみが身に染みました。











12072908.jpg


昨今、アニメでも普通に毎日着替えてくれるようになりましたが、エロゲはまだまだですよねー。
特にエロゲは立ち絵を使い回すだけなんだからそういうところは頑張ってほしいわけですが、
極力無駄を省いて少人数低予算で作れるのがエロゲのいいところなのであまり無茶は言えません。
ただ、だからこそLoseすげぇと言うほかはない。











12072910.jpg


や、この抱き枕カバーの展開の仕方にしたって、ものすごく研究してるし気を使ってくれてるじゃないですか。
ちょっと個人的には信じられないくらいスーパーなエンターテインメント集団だと思いますよ、
Loseさんは。



当然、今後もじゃんじゃん活躍してエロゲ業界のトップブランドにまで上り詰めるのは間違いないと思いますが、
願わくば彼らの性癖が足枷になりませんように。 ←LoseのLoはLoliのLoです。











12072911.jpg


さすがにこんなゲーム、アニメ化とか無理でしょう。
や、内容的には問題なくエロを省いてストーリーを作れるでしょうけど、
原作となるこのゲームが不特定多数の人間に知られるのはまずいでしょう。
ていうか最近の規制の流れからいったら、数年後にはLoseさん、loseしてるかも。 ←文法的にはlostな。











12072912.jpg


オモテ面はさっぱり口でしたが、こっちの面は歯が可愛いんですよねー。
奥歯まで描くところが素敵。
オモテ面は笑顔にきゅんきゅんしてしまいますが、こっちの表情はガチでございます。











12072916.jpg


もうね、ぎゅーってしたくなります。
こういう、感じちゃってるような表情のときって目線が外れてるケースが多いわけですよ。
しかもあごが上がってるでしょう?
多くの絵師さんはそのまま上を見させちゃうんです。



でもさすがはCuraさんですよ。
あごは上げつつ目線は下。
ばっちり目が合います。
感じてても自分の世界に行っちゃってるわけでなく、ちゃんと相手(私)を見てくれてる。
これが可愛すぎる。











12072913.jpg


もう一度謝ります。
ごめんなさい。



ええ。
両面とも完璧でした。











12072914.jpg


ランキング大好きな私が所有抱き枕カバーのランキングをやってない理由は、
ぶっちゃけどれが一番いいのかわからないからなんです。
以前にも話したかもしれませんが、さあ今日は誰を抱いて寝ようかなーと考えたときに、
誰も思いつかないんです。
つまりお気に入りっていうのがない。



それは単に私が抱き枕絵としていまいちなカバーしか持ってないからなのか、
あるいは絵は素晴らしいけどキャラに感情移入してないからなのかは、ちょっとわかりません。
でも少なくともこれだけは言えます。



ありすNo.1。











12072922.jpg


私にとってありすがこれまでの2次元女子の中でNo.1なのかはわかりません。
でもこの抱き枕カバーはNo.1です。
絵が圧倒的に好みなのか、キャラへの感情移入度との合計値が今までのものより圧倒的に高いのか、それもわかりませんけど、
これほど抱いてすぐに最高と思ったカバーはありませんでした。



ただ、ひとつ言っておかなければならないのは、私が極度の微笑み好きだってこと。











12072924.jpg


や、薄々気付いてはいましたが、今回のありすではっきりといたしました。
私は女の子の微笑みが最高に好きなんです。



私、アイドルのイメージビデオを時々見るんですけど、あれって大きく分けると大体、
笑顔で元気なチャプター無表情で色気なチャプターに分かれるんですよ。
で、私は後者が全然面白くない。
なんでかと思ったら、笑顔が好きなだけっていう。
笑顔じゃないと、ときめかないし可愛いとも思わないみたいなんです。



といっても笑顔以外がダメっていうことではなく、
まず笑顔から始めてくれないと感情移入できない、みたいなところがあるって話です。
実際、可愛い娘をリアルで見ても、無表情じゃそんなに可愛いとは思わないでしょう?
やっぱきゅんと来るきっかけは笑顔ですよ。
違いますか?



特に微笑み程度が最高に好きなんですが、抱き枕絵で微笑みって少ないし、なぜか目をそらしてることが多いっていう。











10050308.jpg10051806.jpg
10061912.jpg11050903.jpg
11020103.jpg11092706.jpg
11101204.jpg11102312.jpg


私の所有抱き枕カバーで、特典ものや低品質のもの、あと一応同人ものを除いた中で笑顔のものをピックアップしてみました。
写真ではわかりづらいでしょうが、上4つは目線が来てて、下4つは外れてます。
優希も微妙だったかも……。



自分ではそんなにアニメ抱き枕買ってないつもりでしたが、少なくとも笑顔のやつはアニメものばかりですねぇ。
これじゃあ、ありすが特別良かったのではなく、お前のこれまでのチョイスが悪いんだと言われてしまいそう。
否定は出来ませんが……。 ←弱気になっちゃダメよ!



ちなみにリーネちゃんことリネットとリコことリコッタも笑顔ですが、
写真のフォーマットが違ったので割愛させていただきました。
サイトヒメアのウラ面も笑顔なのですが、なぜかこのフォーマットで写真を撮ってませんでした……。
あと、上の写真のヒメアだけノイジーですが、











11092706.jpg


実際の写真はこうです。
なぜこの写真だけ縮小するとあんな画像になってしまうのか……不思議。



と、そんなことはどうでもいいのですが、目線が来てないやつは論外としても、
目線が来てる上の4つでも実際に抱いてきゅんとしたのは右下の児玉ひかるだけだった気がします。
てことは、やっはり絵の品質が大事ってこと?
左下の朝倉由夢はゲーム絵ですけど、コスパスムースのぼけぼけ線画でしたし……。
そう言えばアニメ絵だけどハイクオリティなリコッタ首席の笑顔にはきゅんと来た覚えが……。











11050903.jpg12072920.jpg


まあ、単なる笑顔ではなく、下がり眉毛で少し憂いを帯びた感じだからいいのかもしれませんけどねー。



アニメ抱き枕みたいな低品質じゃそもそも問題外に決まってるじゃんと一刀両断する人はたくさんおられるでしょうが、
私は疑り深いんですよ。
本当にそう?
暗がりで見たら関係ないんじゃない?
そう思わずにはいられないんです。
基本、大らかな人間でありたいと思ってるので。



でも、ちょっと考えを改めなければならないかもしれません。
だって私、予備が欲しいかもって思ったのはこのありすが初めてですもん。
今まで全くそういう発想はなかったんですけど。



まあ、今回のありす抱き枕が私にとって特別なのかそうではないのかまだちょっとわからないので、
今後はその辺を意識しながら買っていきたいと思います。
エロゲ抱き枕で笑顔のやつって、実はカミカゼの姫川風花も持ってるわけですが、
まだ一度も抱いてないんですよねー。 ←おい。
や、コミケアフター通販までにカミカゼ終わらせるって言いましたけど、暑くてもうしばらく抱き枕は無理なので、ゲームも無理です。
抱き枕抱けなきゃゲームやる意味ないですし、もはや。
カミカゼの前にShinyDaysもやるつもりでしたが、桂姉妹を抱きたいと思う最後のチャンスになるかもしれませんので、
やはり涼しくなってからプレーしようと思います。











12072921.jpg


というわけで、ものべのも一気に夏葉ルートまで終わらせてからこのレビューを書くつもりでしたが、もう無理。
やっぱり抱き枕抱かずにプレーするのはもったいないですもん。
夏葉ルートが気になって仕方がないってこともないですしねー。



や、ありすルートはそんなに悪くなかったです。
少なくともありすには充分萌えられました。
すみルートと違って夏葉もたくさん絡んでたので、夏葉ルートへの期待も少し高まりましたし。
まあ、ストーリーの本筋部分は想像以上にめちゃくちゃでしたけど、
全体の流れは綺麗にまとまってました。











Sumi.jpgTakijorou.jpg


ただ、残念ながら夏葉ルートをやらないと今回発売される滝女郎分身は出てこないんですよねー。
でもまあ、御覧のようにすみに似たキャラデザでなおかつ更なるロリですから、
ちょっと私の守備範囲外です。
キャラデザ的には私、夏葉やありすのようなぱっちりお目々の正統派美少女が好きなので。



しかしこのロリっぷりは常軌を逸してますな。
私の読みでは夏葉は小学4年生です。
2~3年生くらいかと思いましたけど、引っ越してから6年って言ってましたので、
遊んだ記憶とかが少しあるなら最低でも4歳くらいまでは茂伸(ものべの)にいたであろう、ということで。
そしてすみの体も小学校低学年程度に見えるわけですが、滝女郎分身に至ってはもはや3歳くらい?











MonobenoCharacters.jpg


オフィシャルページにこんな図があったんですね。
こういうのを惜しみなく見せてくれるところも本当に素晴らしいですよねー。
といっても、これは私が主要なメンバーだけトリミングしてさらにサイズを縮小したものなので、
ちゃんとしたのを見たい方はオフィシャルへどうぞ。



滝女郎分身は91cmですかー。 ←妖怪です。
で、すみが117cm。 ←妖怪です。
そしてオリジナルの夏葉は130cmなんですねー。 ←18歳以上です。 ←あんたさっき小学4年生って。



すみと夏葉のカップ数が計測不要っていうのが最高ですね。
ロリコンの合言葉にしたいくらい。



ロリコンA「バストは?」
ロリコンB「計測不要です」
ロリコンA「よし入れ」


みたいな。 ←どんなロリコン組織だ。










さて、私のこのトリミングは当然のことながら、菜穂子さんと大人夏葉を抱き枕化してほしいアピールなわけですが、
夏葉ルートをやってない現段階では、夏葉(中)だけでいいです。
私は膨らみかけの夏葉と呼んでますが、すでにBカップありますか、そうですか。
菜穂子さんはもちろん抱き枕化してほしいのですが、
実はそれ以上にロリありす人妻ありすを抱き枕化してほしい気持ちでいっぱいです。
ロリありすはもちろんお医者さんごっこシチュで。
人妻ありすは菜穂子さん超えのお胸と魅惑の背中ですかねー。



今回の滝女郎分身はさすがにニッチすぎてあまり売れないんじゃないかと予想しますが、
その辺はLoseさんもわかっててそれでもあえて極限のロリに挑戦したかったのでしょうから、
仮に売れなくても次はあると期待します。
次回作もものべの(FD?)で行くみたいですし、じゃんじゃん抱き枕化していってほしいですねー。

<2012年7月31日>


↑ページの一番上へ










「沢井夏葉レビュー」





12052803.jpg


すみとありすの受注通販が来ましたので、今更ですがオフィシャルとソフマップ特典の夏葉をレビューしたいと思います。



今回の写真ですが、反ロリコン活動家を刺激しないようになるべく性的に見えないような構成にしました。
物足りないとは思いますが、大きなサンプル絵が出てますし、すでにレビューされてる方もたくさんおられるので、
あくまで私の写真は公式と特典の比較程度にお考えください。



……って、え?
他人にロリコンの重責を押し付けて逃げる気かって?
や、だって私の守備範囲は小学校高学年以上だもの。 ←おまわりさーん!











12052820.jpg


夏葉は小学校3年生くらいでしょう?
もっと幼い感じもしますけど、それくらいじゃないとつじつまが合わなそう。



……って、え?
18歳以上?



はは。

御冗談を。 ←そういうこと言っちゃダメぇ!











12052804.jpg


まあ、冗談はともかく。 ←冗談じゃないんだってば!
私は先程も申しましたように小学校高学年……厳密に言うと5年生くらいからじゃないと、
あまり魅力は感じないんです。
夏葉はとてもお顔が好みだったので抱き枕買いましたけど、やはり抱いててもあまり感情移入できませんでした。



ですが、お兄ちゃんとすみちゃんのほにゃららを目撃してしまった夏葉がほにゃららした時点で、
私の中の夏葉がひと皮むけました。 ←なんかいやらしい表現ね。











12052801.jpg


つまりそのシーンに至るまでの夏葉は私にとって、ただの妹、ただの子供でしかなかったんです。
だから、裸になっていけない表情をしている抱き枕絵は全く私の中で意味を成してませんでした。



私、小学校5年生以上じゃないと魅力を感じないと言いましたが、
つまりは思春期を迎えてない少女には興味がないってことなんです。
だってそんなんじゃ、ラブは生まれないじゃない。











12052805.jpg


というわけで、私がまずプレーしたのはすみルートです。
ありすはすでに大好きだったので、とりあえず抱き枕カバーを買うべきか否か見極めるためにすみルートに入りました。











12052806.jpg


ところですみとありすの抱き枕カバーですが、ドリパの事前通販がすでにありましたよね?
ではなぜ私がその時、紹介記事を書かなかったかと言えば、どっちも微妙だったから。



や、すみのほうは単純に夏葉ほど可愛いと思わなかったし夏葉以上のロリボディだったので興味がわかなかったわけなんですが、
大好きなありすのほうがなんか想像していたのと全然違ったんですよねー。











ArishimaArisu.jpg


まず、私がありすの抱き枕に期待していたのは小悪魔です。
当然、小悪魔的なありすが見られると期待していました。
なのに小悪魔どころか、夏葉やすみと同じようなマグロ。
特に右の絵なんか、死体のように硬直してるじゃないですか。
小さい娘たちならまだいいですけど、この図体でこんなに硬直されちゃうと……。



まあ、多くの人が感じていたようですが、何よりも体つきがリアルすぎるんですよねー。
もっと2次元キャラらしい、ほっそりした綺麗な体を想像していたのに、ものすごくリアル少女な普通の体型。
肘や膝あたりの影のつけ方とかもすごいアクが強くて、とにかくあまり綺麗な体でないのは間違いない。
死体のようにって言いましたけど、そう感じるような重量感があるんですよね、この絵には。











12052809.jpg


ただ、そういうリアルな体っていうのは、実は抱き枕とは相性がいいんです。
こうやって縮小画像で見るといまいちですが、実際に等身大を目の前にすると、すごく存在感があってはまる可能性が高い。
なのでまあ、その辺は期待してはいるのですが、
やはり小悪魔的なありすの魅力が引き出されてないことには愕然としました。










Loseさーん!

ありすおかわりお願いしまーす! ←まだ1枚目食べてないじゃない、あんた。











12052807.jpg


や、ありすは本当に可愛いですよ。
ヒマリさんの演技、最高。
あの、勢い込んだ早口で語尾を短く切るようなしゃべり方がたまりません。
かと思うと、不意に鼻にかかった声でまったりとしゃべる小悪魔モードに突入するんですよねー。
とにかく抑揚豊かで魅力的な女の子です。











12052810.jpg


しかし、すみルートを終えた今の私は、ありすルートをプレーするのが正直面倒に感じてます。
ええ。
こんなこともあるんですねぇ。



このゲーム、途中までは完全に神ゲーでした。
ジブリもかくやというスーパーな出来だったと思います。
妖怪や民間信仰といった、ある意味ファンタジーな田舎の雰囲気を完璧なまでに描き出していました。
前回の体験版第1話をプレーした後の私は多少間延び感があったと評しましたが、改めて最初からプレーしたところ、
全くそんなふうには感じませんでした。
むしろ、思っていたよりテンポは早いくらいでした。
やはり、面白いかどうかを見極めようと気がはやっている状態と、しっかり腰を落ち着けて楽しもうと思っている状態では、
感じ方が違うんですねー。
とにかく、途中までは本当に無駄のない素晴らしいテキストでした。











12052808.jpg


このゲームをやり始めた当初は、
リアルで道端の道祖神かなんかの祠(ほこら)の前で思わず足を止めてわけもなく感慨にふけってしまうほど、
その雰囲気は私を虜(とりこ)にしました。
しかもそれがロリゲーって……。



もしかしてこのゲーム作ったのって、ダーク宮崎はや…… ←ストーップ!











12052818.jpg


しかし、同じ日に新旧を代表するロリゲーが発売されるってすごいですよねー。
もちろん新はものべの、旧はSummerDays改めShinyDaysです。



こどもの日が近いからって無茶しやがって。 ←余計なこと言うな。











12052819.jpg


正直、ものべのほどのクオリティ、Daysシリーズほどの話題性の作品でガチロリをやられてしまうと、

ハラハラしますな。 ←マジで。











12052816.jpg


もちろん、名作であればこそロリゲーとしても代表作たりえるわけでしょうが、
果たしてものべのが代表作として語り継がれる作品と言えるのかどうか……。
グラフィックは申し分ないですけどねー。











12052817.jpg


さて、ではもったいぶってないでそろそろダメ出ししていきましょうか。



明らかにこの作品が変調をきたし始めたのは、まさにストーリーが転がり始めてからです。
夏葉の体に異常が発生するところから。











12052812.jpg


夏葉が神楽舞を見た時から様子がおかしくなるのですが、明らかに異常なことを口走っている夏葉に対して、
疲れてるからだろうなどと結論づけようとする医者及び医者の卵(主人公)……。
そして目に見えて夏葉がおかしくなる、すなわち体が急激に成長したというのに、
それでも病気のせいかもなどと言っている医者及び医者の卵及びありす……。
ええ。
馬鹿らしくてついていけません。



百歩譲って、ファンタジーの一切ない世界観であれば、
当然わけのわからない状態ですから未知の病気かもと考えても責めることは出来ないでしょう。
しかし、普通に妖怪がいて
しかも神の御業(みわざ)というものがあると信じられている茂伸(ものべの)において、
病気の可能性を考える人なんていないってば。
そもそも病気すら祈祷で治しちゃうくせに、何言ってんだ。 ←御立腹。











12052813.jpg


で、すみルートとありすルートの分岐点がまさしく、どっちの線で追求していくかっていうことみたいなんですよ。
前者が非科学ルートで、後者が科学ルート。
すなわちありすルートっていうのは、夏葉の急激な成長を病気として処理するルートっぽいんです。
や、そんなのありえないんで、実際どういうストーリーになるのかはわかりませんが、
いずれにしてもそんな馬鹿げたストーリーを追っていく気には全然ならないというわけなんです。











12052814.jpg


すみルートも正直、面白くなかったですしねー。
とにかく夏葉がおかしくなって以降、主人公は馬鹿丸出しなので、行動がちぐはぐなんですよ。
何よりも一番偉い巫女さんにまず相談に行けばいいものを、
その巫女さんが犯人かもしれないみたいな疑念にとらわれてそれをしないんです。
でも、超自然的な力に対して主人公は何も出来ないわけなので、結局は巫女さんに話を聞くしかないんですよ。
なのに、グダグダ言ってそれをしない。



とにかく夏葉のことが心配というわりには危機感がないんですよねー、この主人公。
その最たる例は、すみとのほにゃらら。
おい、その状況下でよくそんなことやってられるな、と何度も心の中でつっこみました。



まあ結局、夏葉が大人になっちゃうというシナリオを思いついたのはいいものの、
それをほかのヒロインのルートを作りつつ展開させようとしたら、めちゃめちゃに破綻してしまったってことなんでしょう。
もちろんまだやってないのでわかりませんが、夏葉ルートだけだったらそんなことはなかったのかも。
それにしたって、事件が起こるまでのテキストの安定感からは想像できないような破綻ぶりでした。
もったいない……。











12052815.jpg


と、写真が終わっちゃいました。
まだつっこみたいことがあったんですが、この辺にしておきます。



とにかくありすは大好きなので、抱き枕を買ってその勢いでありすルートもやっちゃおうと思ってます。
そこまで行けば、多分その後に開放される夏葉ルートもやれるでしょう。
や、きっと夏葉ルートはいい出来のはず。
そう期待して、今はまだものべのの評価は保留しておくことにします。
すみには結局感情移入できなかったので、すみ抱き枕はスルー。










ちなみに夏葉抱き枕。
ソフマップ特典のスムースニットは初体験でしたが、げっちゅ屋特典や電撃雑誌付録の旧タイプとほとんどいっしょでした。
ただ、160サイズなので、150スムースでギリギリ気持ちよく抱けるくらいまで増量した私の真・マジカルスウィート本体だと、
かなり気持ちよく抱けます。
正直、純粋な抱き心地だけなら、同じ本体にかぶせた公式夏葉よりも上かも。
もちろん表面はザラザラしてますけどねー。



ロリ抱き枕として違和感ないくらいつぶれるような本体に2wayのカバーをかぶせると、
表面に張りがないので抱いた時に物足りません。
しかし、1wayのスムースならそんな本体でも充分張りが出るので、抱き心地は上、というわけです。
なので個人的には、グラマラスなキャラは2wayカバー、ロリキャラは1wayカバーで作るべきなんだろうなーと思います。
2way並みに編み目が細かい1way生地というものがあれば、ですが。

<2012年5月31日>


↑ページの一番上へ










「ソフマップは思わず二重に隠したくなるレベル」




公式のやつとソフマップ特典のやつをいっしょに記事にしてしまいました。
もちろん左が公式、右がソフマップです。
ソフマップは縦150cmがデフォだと思っていたのですが、同日発売予定の特典抱き枕カバーが160×50だそうなので、
こっちもその可能性が高いです。 ←160×50に確定しました。
あるいは、生地も最近はシーツで2wayを使っているそうなので、
2way160×50という本格仕様で行くことにしたのかもしれませんねー。 ←スムースニットでした……。











公式の夏葉はすでに一度通販をやりましたが、どんなに可愛い絵でもゲームをやらないことには私は買えません。
正直、ゲームのサンプルCGとか見ると、
どんなにつまらなくてもプレーしたいレベルですが、
私はシビアな性格をしていますので、実際にゲームをやってつまらないといらねってなります。
ので、なんとしても体験版をやらないことには抱き枕には手が出せないと思っておりました。
今回、2度目の通販は1月18日締切で、ゲームの発売予定日は3月30日です。
このタイミングで体験版が出てくる望みは薄い。
ゲームの発売以降も再販してくれそうなメーカーさんではありますが、
次に動くのは早くても5月以降と明言してらっしゃいますし、絵柄的に再販はもうないかもしれません。



なので、しばらく悩んでいたのですが、まあいいか、と。
私は1キャラ1抱き枕あればいいと思っているので、仮にゲームを買うことになってもソフマップがあるからいいやと、
そう思うことにしました。
そしたら。



なんと見事なタイミングで体験版キター!
ええ、もう、すぐにプレーしましたよ。
そしたらすごいクオリティ。
口パク嬉しー!



なるほど、立ち絵もあるにはありますが基本、一枚絵でキャラクターに演技をさせながら会話が進むわけです。
ワイド画面をいっぱいに使ってくるので、実に見ごたえがあります。
主人公もしゃべってくれるので、あまり目で文字を追わなくていいのも嬉しいところ。
そういうのが嫌いな人もいらっしゃるでしょうが、もちろんボイスオフで対応すればいいだけのことなので、
しゃべってくれるに越したことはありません。



ストーリー的には、子供の頃住んでいた田舎に里帰りして……というありがちなパターンですが、
ロケーションを高知県とはっきり設定していることからもわかるように、
土地柄の描写がとても丁寧で、冒頭は純粋に旅行気分でゲームをプレーできました。
妖怪が当たり前のように存在する土地とか、まあ、これもエロゲにはありがちな設定ではありますが、
笑わせよう笑わせようとするような会話の流れではないので、マンガ的エロゲ的というよりかは、ジブリ的。
自然にその世界観を受け入れちゃう感じ。



多少間延び感はありましたが、地に足がついている感じは個人的に好みでした。
それであの絵のクオリティならもう、問題なく合格。
とはいえ、今回の体験版はまだ冒頭部分だけで、ストーリー紹介に書かれているところすらまだ全然消化できてません。
あの冒頭をプレーした限りではそのまま、まったりとお話が進みそうな感じでしたが、
どうやらとんでもない方向に話が進むようで、今から楽しみです。
エロをしっかりとストーリーに組み込んだ展開になるのかなーと思っていますが、
まあ、そうでなくてはあんな幼い妹とほにゃららするなんて考えられないわけで。



……あ、私は確かにロリコンですが
今回の体験版をプレーした中で一番攻略したいのは人妻でしたねー。 ←最悪です。
でもどうやら、女性キャラの中でその人妻だけが攻略できないそうで。
攻略っていうか、ほにゃららな関係にはならないらしいです。
まあ、そういう匂いを感じるからこそ
攻略したくなるわけですけどねー。 ←生粋のハンターね。

<2012年1月16日>


↑ページの一番上へ







キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.