×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【ムービック】まよチキ! 抱き枕カバー 涼月奏

SuzutsukiKanade.jpg


ムービック製作
2011年9月発売/定価9,240円
生地:ポリエステルスエード
サイズ:150×50

ムービック通信販売 9,240円(送料:注文時に算出)※完売(2011/12/16)






「敷居が高い」




一般ショップでも予約が始まるかと待っていましたが、どうやらその可能性は完全になくなったようです。
ムービック通販とアニメイトだけのいわゆるムービック流通限定。
それならTBSiショップで近衛スバルの販売が始まったらいっしょに紹介しようと思ってましたが、なかなか来ず。
そのうちに今度はキャラハイからも涼月奏が出てきたので、
今度はそっちが一般ショップに出てきたらいっしょに紹介しようと思ったらやはりなかなか来ず。
そのうちにこっちが発売してしまいそうなので、紹介することにしました。



しかし、スバルじゃなくてなぜ奏が2種も来るのでしょう。
しかもスバルは原作絵だし。
なんで?










実は私、このアニメは3話までしか見てないのですが、
そこまで見た限りでは作者はやたらとスバル押しだなーと感じました。
なんですかね、奏はスバルと主人公を無理矢理くっつけようとしてるように見えるし、
スバルはそのとおり簡単に主人公にデレていくし、なんか、全然トキメキがない。
視聴者はスバルを好きになるのが当然みたいな流れっていうんでしょうか。
しかも、お兄ちゃん大好きだったはずの妹がスバルを好きになっちゃうって……どんな仕打ち?



んー。
ハーレム萌えアニメに慣れた人間には非常に敷居の高い作品です、これ。
とりあえずスバルを好きになれればいいんでしょうけど、奏のロボットみたいに見えて好きになれませんでした。
そういう状態を打破してスバルを人間らしくしていきたいっていうのが奏の狙いっぽいですが、
そんな奏の手のひらで踊らされているような感じは見てて面白くない。
もちろん、回を追ううちに奏も主人公にデレていったりするんでしょうけど、
もう少し最初からそういうのを見せられなかったのかなーと。
少なくとも3話まででは奏にも全く魅力を感じませんでした。



あと、キャラデザがいまいちに感じます、原作絵に比べると。
R-15くらいのクオリティなら、それだけで頑張って見続けられたかもしれませんが。
この抱き枕絵自体は、迫力があってとてもいいと思いますけどねー。
キャラとしてこの娘を好きになれていたら、絶対に欲しくなっていたことでしょう。



まあ私自身が、サディスティックな女の子や男装の麗人なんかが苦手なので、そもそも合わないんでしょうけどねー。

<2011年9月4日>


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.