×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
重大なお知らせ
この度、突然ではありますが、立体マウスパッドから足を洗うことにしました。
もうずっと前から考えていたことではありますが、今回の夏コミで予想外に数が少なかったことが直接のきっかけとなりました。
もちろん私のアンテナに引っかからなかっただけのものもいくつかありましょうが、それでも少ないのは間違いないと思います。



元々、立体マウスパッドという素晴らしいキャラクターグッズがあまり世の中に知られていない、
あるいはその素晴らしさを想像できない人たちがあまりにも多いことを残念に思い、
立体マウスパッドをメインに扱うブログを始めました。
私自身、立体マウスパッドに対して興味を持つ以前は、マウス置いたら顔見えないじゃん
などと思っておりましたし、2次元の胸を膨らませるという発想自体、幼稚だなぁくらいに思っておりました。
でもそれは、やはり見るからにいかがわしい商品で、
なおかつその頃はまだ自分が本気で欲しいと思うキャラのものがなかったということもあって、
興味を持とうとしてなかっただけなんです。
人間の心って、閉じていると判断力も想像力も感性も鈍るものなんですよねー。



ですが、人というのは欲深いもので、最初は感動するのですが、すぐに物足りなくなってしまう。
もっと大きいものを、もっとリアルにやわらかいものを、もっと手触りを、もっと印刷を……と。
だってその気になれば作れるはずって思ってしまうから。
で、確かに少しずつは進歩していきましたが、その遅々とした歩みに合わせてを買っていったらもう、
マウスパッド御殿に。 ←言いすぎです。



最近思うのは、気に入った立体マウスパッドをボロボロになるまで使って、そうしたらまた新しいのを買う、
というようなことが出来ていたら、とても幸せなマウスパッド生活を送れていたんだろうなーって。
でもそんなの無理ですよね。
だってオタだから。
確かに立体マウスパッドは実用性があるところがすごいんですけど、
ひとつで充分っていうジレンマを解消することが出来ない。
綺麗に飾ることが出来れば救われるのかもしれませんが、私の環境ではこんなもの飾れません。
おっぱいクッションも結局、エロいがゆえに普段使い出来なくて、しまっちゃいましたしねー。



その点、抱き枕カバーの商品としてのクオリティは異常。
立体マウスパッドはそもそも立体部分の好みが人それぞれ決まってきてしまいますし、
絵そのものには結局それほど目が行かないわけですから、いろんな立体マウスパッドを使い回すことにあまり意味がない。
ですが、抱き枕カバーは絵そのものが重要なので、それぞれのカバーに違った(おもむき)がある。
同じカバーを使い続けるのも愛着がわいていいですが、とっかえひっかえするのもかなり楽しい。
収納もめちゃめちゃ楽なのでたくさん買っても困らないし、高いからたくさん買えない。
や、金銭感覚のおかしい人は控えたほうがいい趣味かもしれませんけどねー。



もちろん実家住まいの人は基本NGっていうハードルがありますが、その気になればやってやれないことはないかと。
誰よりも遅く寝て誰よりも早く起きる。
カバーは必ずはいで収納。
部屋の掃除とか身の回りのことはちゃんと自分でやる。
……とか。



あと、今夜はなんかやばそう、と思ったら使わないとか、
緊張感を持って抱けば案外平気じゃないでしょうか。 ←なんで緊張しながら抱き枕。
や、憧れのあの娘を抱くんですから、少し緊張するくらいが普通。
それ以上に間違いなく幸せですしねー。



少なくとも私は、抱き枕を抱いて寝るとめちゃめちゃ目覚めがよくなります。
早く覚醒して可愛いお顔を眺めたいって思うので。
そうするともう、二度寝したい気持ちもなくなります。
まあ、布団から出たくもなくなりますが、そこは頑張らないといけません。
誰か来るよ! ←こえー。



まあ、立体マウスパッドをこそこそ使ってる人なら、
ステップアップするつもりで抱き枕カバーに挑戦してみてもいいんじゃないでしょうか。










……えっと、話がそれましたが、ともかく私の心が完全に抱き枕へと移行してしまっているのは、
おそらく多くの方が気づいていらっしゃるでしょう。
や、でもなんとなくこのブログのお客さんはどんどん入れ替わってるような気がするので、
意外にほとんどの人には私が立体マウスパッド命みたいに見えてるかもしれません。
最近立体マウスパッドに興味を持たれた方、ごめんなさい。
でも多分、あなたもすぐに飽きるので大丈夫です。 ←こら。



ワンピースの3Dマウスパッド発売以降、立体マウスパッドの知名度はぐっと上がったと思うんです。
にも関わらず、今回のコミケは減少。
このブログの来客数もさほど変わりません。
つまり、立体マウスパッドの魅力ってその程度なんですよね、結局。
抱き枕よりも実は全然健全な商品でありながら、見た目のいかがわしさは抱き枕以上。
この中途半端さがネタ商品の域を出ない理由でしょう。



抱き枕に一度はまって飽きたって人はあまりいないと思いますが、
立体マウスパッドはそういう人をごろごろ生み出してるだろうと私は確信してます。
まあ、私も抱き枕に出会ってさえいなければ、
それでもこれが最高のキャラクターグッズなんだと必死にしがみついていたかもしれませんが。



どうなんでしょう。
やっぱり立体マウスパッドから抱き枕に移行する人は多いんでしょうかね。
2.5次元的なものを志向する人はやはりそういうルートをたどるのかなって気はしますが……って、え?
どう考えてもお前が誘導してるだろって?
や、そうだったらちょっと嬉しいですけどねー。
でもそのわりには来客数が増えないんだよなー。 ←抱き枕erには物足りないブログなのよ。



……そう思います?
ええ。
だから私、立体マウスパッドを切ってエロゲ抱き枕を扱うことにしたんです。
や、正直なところ、来客数云々よりも、
せっかくエロゲ抱き枕erになったのにエロゲ抱き枕について書けないのも寂しいな、と。
あと、アニメだけでなく、エロゲについてももっと知りたいんです。
記事を書くことによって否応なしに興味を持ちますし、そうしていくことでどんどん知識も深まっていきますしね。
多分、今より大変になるけど……。



ですが、立体マウスパッドに関してはかなり責任感を持ってやらざるをえなかったわけですが、
抱き枕はいくらでも凄腕の紹介サイトさんがおられますから、私は力を抜いてやっていこうと思います。
立体マウスパッドを切ることで情報ブログとしての価値は下がると思いますが、
今後はもっと自分が楽しむ方向でやろうかと。










でもおかげで今は久しぶりにわくわくしておりますよー。
新しいこと始めるのって大好きなんですよねー。
ブログの模様替えなんかももっと頻繁にやりたいくらい。
面倒だけど。 ←どっちなんだよ。



今回のブログのテンプレはわりと気に入っていたのでそのままで、色合いをゆるゆりにしてみました。
ゆるゆりのキャラたちのヘアカラーに。
どの色が誰だかわかりますかねー。



あと、肝心のブログタイトルですが、
立体マウスパッド・抱き枕カバー・立体クッションの3種を扱っていくという当初の2.5次元計画がついえたので……あ、
言い忘れてましたけど立体クッションからも撤退しますので。 ←忘れんなよ。
そういうわけでストレートにFos/抱き枕としました。
これはもちろん、ケロQ/枕のパクリです。
ケロQ/枕という字面を見るたびに感じる不安感。
それを出してみました。
あと、Fosとosだけが小文字になったのはもちろん、Fate/stay nightのパクリ。



そもそもFOSってなんの略なのよって疑問の声が聞こえてきそうですが、まあ、アキバOS的な? ←絶対違うだろ。
アキバOSさんって、やっぱりアキバのOperating Systemって意味なんですかねぇ。 ←知らないのかよ。
だったらウチは、フィクションOSとかどうです? ←だから元の意味はなんなんだ。



うん、いいですね、フィクションOSでFos。
ケロQ/枕のパクリでFos/抱き枕。
……いいなぁ、この落ち着かない字面。
すっげー不安になる。 ←ケロQ/枕さんに謝りなさい。










さて、書くべきことは全部書きましたかね。
立体マウスパッド関連の記事は残しますが、更新はしませんので。
無責任なようにも感じますが、困る人は多分そんなにいないかと……。



エロゲ抱き枕も扱いたかったっていうのは本当ですけど、
やはり一番は立体マウスパッドの情報を満足に提供できない自分がイヤだったんです。
アサヒ・インターナショナルさんの同人ものが隆盛だった頃も結局のどっちしか買いませんでしたし、
CranCrownさんの開脚立体マウスパッドにすら手を出してない。
そしてまた、同人グッズドットコムさんのL胸がいいらしいと知りながら、手を出さない。
もちろん自分の好きなキャラなら突撃するつもりではいましたが、我ながら冴えないなーと。
中途半端でもやめるよりは続けたほうがいいだろうって思ってやってきましたけど、
そろそろ潮時かなーと思っちゃったわけです。



うん、おそらく当ブログ一番のハイライトであるコミケ立体マウスパッドまとめが余りにも拍子抜けで、
見た人も拍子抜けしたんだろうなーと想像したら、もうやめても大丈夫かもって感じたんでしょうね。
今ならあまり迷惑かけずに済むかなーと。
なので、半分やけになってやめるーとか言い出したわけではなく、とても穏やかな気持ちです、今。
や、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、3年間やってきたことなのでねー。
ええ、意外に短いんですよ。

<2011年8月16日>


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.