×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
コミケ80のアニメ系抱き枕カバープレビュー
……やっぱり1ヶ月前くらいからこつこつ書いていくべきでした。
この記事仕上げるのに結局コミケ前日までかかるとは……。



まあ、立体マウスパッドのほうはかなり責任感を持ってやっておりますが、抱き枕のほうはね、
誰もこのまとめを頼りにしたりはしないでしょうから安心です。
あくまで読み物としてお楽しみください。



しかし今回、単純に数が多かったのもありますが、私自身欲しいものが多かったので、やたらと文字数が多くなってしまいました。
そんなわけで前半はかなり飛ばしてますが、後半はバテているので御安心ください。
それではどぞー。









MillhiOsoine.jpgRicottaOsoine.jpg


さて、今回もなのはPROJECTの抱き枕から紹介しちゃいましょー! ←だからPROJECT DDだってば。
アニメ「DOG DAYS」より、ミルヒ&リコッタのお添い寝抱き枕カバーです。



ついになのはPROJECTが目を覚ましました。 ←だからPROJECT DD。
160×60サイズで抱き枕カバーを作り続けて早5年。
いいんです、抱き枕カバーじゃなくてピローケースだからと、わけのわからない言い訳をし、
どんなに批判を受けようとも160×60という変則サイズでカバーを作り続けてきました。 ←注:一部脚色があります。
しかしそうですわかってはいたんです、このままではいけないと。
ただ、途中でサイズを変えてしまうと、今まで付いてきてくれた人たちを裏切ることになる。
ええ、なのはPROJECTの人たちもつらかったんです。
しかしここでやっとそんな流れをリセットする機会が訪れました。



ええ。
今回はピローケースではなく、抱き枕カバーです。
そして……160×50!
キタコレ。



まあね、コミケ行けない人にはどうでもいいよって感じでしょうが、
今回はもしかしたら完売しないかもしれませんよ?
そしたら通販もあるかも……。
まあ、いつもの1限じゃないのがイヤな感じですけどねー。






さてこのアニメ、
ゆかりん奈々ちゃんの次は当然ほっちゃん奈々ちゃんだよねを合言葉に始動したわけですが(多分)
そのわりにリコというキャラはあまり目立ちませんでした。
まあ、リコに限らず、姫様以外はわりとちょいちょいな扱いだったと思いますが、
逆に言えばあれだけのキャラに対して、わりと均等に出番を与えていたということでしょう。
しかしそれにしても、明らかに製作側が重きを置いていたのは、
1番姫様・2番エクレ・3番ユッキーでしたよね?
姫様とエクレはシンクと恋愛フラグが立っていたので当然なんですが、
ユッキーユキカゼは明らかに製作側のほうで視聴者人気No.1を狙って投入したチートキャラじゃないですか。



こら、それならリコにも恋愛フラグ立てんかい。



しかし最後の最後でリコが持っていきましたねー。
さすがはなのはPROJECT、奈々ちゃんの扱いをわかってらっしゃる。 ←PROJECT DD。
あの泣きじゃくる可愛いリコを目にした今、この抱き枕をスルーするのは至難の業でしょう。
このリコの右の絵、服の上から見える体のラインのなんと儚いこと。 ←はかない?
さすがはなのはPROJECT、幼い体の扱いが慣れてらっしゃる。 ←どっちつっこんでいいかわからないよ。
むう。
絵の完成度は圧倒的にリコが上ですねー。



一方、姫様はちょっと中途半端な感じ。
やはり左の絵はリコのようにおしりを見せてほしかったですねー。
や、別にあの長いすそをおしりが見えるまで持ち上げろと言ってるわけではなく、
おしりのラインからぴょこんと尻尾が飛び出している絵が見たかったんです。
姫様の尻尾可愛いので。
それで横向いておしりを突き出して、
あ、あんまり見ないでくださいというような顔でこっちを見てほしかったなー。
右の絵にいたっては裸でよかったんじゃないかなぁ。
あれだけ劇中で見せたわけですからねぇ。
んー。



ただまあ、リコのほうも上に余白をあけちゃってるので、ちょっと抱きにくいんですよね。
目線も来てないし。
んー。



生地はスムースニット。
価格は10,000円。
PROJECT DDブースにて販売。











OribeMafuyuGephalsa.jpgTeresa.jpg
YamanobeTomoGephalsa.jpg


アニメ「聖痕のクェイサーⅡ」より、
織部まふゆ・テレサ=ベリア・山辺燈の抱き枕カバーです。



どうなんでしょう。
まだクェイサー2期をちゃんと見てないのでなんとも言えないんですが、普通に考えて抱き枕3種発売するのであれば、
まふゆと燈、そしてもうひとりはカーチャ様か桂木華あたりになるんじゃないでしょうか。
それとも華は絶望的に不人気ですか?
や、全然キャラ人気とか知らないんですけど。
個人的にはテレサちゃんがここで選ばれるというのは本当に意外でして。
まあ、テレサちゃんが可愛いのは誰しもわかってることなので、
たとえアニメで出番がなくともやはりテレサちゃんなのか。






テレサちゃんキタコレー!!
しかもここまで不遇が続いているクェイサー抱き枕の中で、圧倒的にいい出来。
完璧です。
このテレサちゃんは完璧。



……え?
テレサちゃんのくせにガード固すぎ?
燈を見習え?
や、でもこの燈、足切れてまっせ?



……え?
そんなわけないでしょ、製品はちゃんと足まで入ってますよ?
……残念ですが。







YamanobeTomo.jpgYamanobeTomoGephalsa.jpg


左が元絵です……っていうか、2010年1月にタキ・コーポレーションから発売された抱き枕カバーなんです。
製品はこの絵のまんまだったんです。
ええ、当時も全く意味がわからず首を傾げまくった商品なんですが、まさかこの絵が再利用されるとは……。



でも今回の右の絵、ちょっと足が描き足されてる……?
黒い輪郭線が途中までしか引いてないのに、その先に輪郭線のない塗りだけの足が伸びてますねぇ。
え、わけがわからない。
この黒い線はどう見ても下描きというか、スキャニング前の鉛筆線ですよね?
これがそもそも足の途中で止まってる意味がまずわからない。
ここまで描けばいいっていう枠線がこの足の途中にあったんでしょうか。



このタキから発売された抱き枕、本当にこのサンプル絵のまんまなんですが、
つまりは驚くべきことに上にわざわざ大きな余白をあけ、下の絵が切れてるんです。
全く意味がわかりません。
考えうるのは、足先まで描く暇がなくて……でも両面とも足の途中で止まってるのはおかしいですよねぇ。
アニメーターの手がこんなところで止まるとも思えないし……。



当時は足先がちゃんと描かれてなかったので足の途中で絵を切ってしまおうということになり、
そのトリミングしたデータだけが残っていて、今回それに塗り足した……というのならわかるんですが、
黒線の残り方が明らかにそうではないと主張しています。
線をある高さで切り取ったのではなく、明らかに途中で線を引くのをやめている……。
なんだこれ。



……ということはこういうことですか。
線画をPCに取り込んで塗る。
で、塗ったレイヤーだけ取り出して、改めてPC上でフリーハンドの輪郭線を引いて仕上げた……と。
んー。
……あ、わかった。
実は線画段階からデジタルなんだけど、線に勢いを出したくて、仕上げにフリーハンドで輪郭線を……。
意味ねー。
や、意味なくはないでしょうけど、等身大絵でそんなこと……んー。



私の頭では経緯が全然わかりませんが、もしかしたらこの絵、完全版になって帰ってくるのかもしれませんね。
パーフェクト山辺燈になって……。
そもそも絵自体の出来はとてもいいわけですから、これをちゃんとした形で世に出したいと思うのは当然でしょう。
ここまで裏表満遍なく描かれた潔い裸婦画はなかなかないですからねー。
まあ、線はラフかもしれませんが。 ←うまくないっ!



この背面絵なんかはちょっとやそっとじゃ見られない出色の出来だと思いますよ。
当時も買うべきかすごい悩んだんですよねー。
サイズは160×45で、個人的には理想のサイズでしたし。
生地は多分スエードだったんじゃないかなーと思いますが。
今回は3種とも160×502wayトリコットでございます。






あと、このまふゆの絵柄は前回のACGのやつに似てますが……。







OribeMahuyuSS.jpgOribeMafuyuGephalsa.jpg


あ、前回は水着でしたか。
同時発売の燈は制服だったんですけどねー。
で、燈のほうは片面だけ乳出しでした。
両乳。
まふゆは御覧のように両面片乳なのでイーブンでした。 ←何が。
今回のまふゆは完全ガードですが、ただ前回の絵よりもよく見えます。
似てるので同じアニメーターさんなのかなーとは思うんですが。
前回のまふゆはスルーしましたが、今回のは欲しいなー。
ええ、私は乳とかどうでもいい人なので。 ←とてもそうは思えねー。



しかしこういうのを見てると、この間のストームのやつはなんだったんだって思いますね。







OribeMafuyuStorm.jpg


これ、本当に同じスタジオに発注したの?
や、今回の絵が出てくるまでは、百歩譲って1期と2期のキャラデザの違いなのかもって思おうとしてました。
でも今回も一応クェイサーⅡ名義ですからねぇ。



……ストームさん、これは怒っていいレベルですよ?
まあね、絵のディテールはともかく、絵柄的にはこっちのほうが好きって人もいるでしょうから、あんまり言うのはやめときましょう。






というわけで個人的には今回、下手すると全買い。
私はこのアニメ、
特別好きなわけでもないのになぜこんなことに……。 ←おっぱいが好きなんですね、わかります。
特別限定版ということになってますが、

メーカー希望小売価格11,000円の商品をコミケ特別価格8,400円にて販売!

ということなので、間違いなく一般販売するでしょう。
露出的に燈だけは限定の可能性もありますが……。
過去に他社から発売されたものの再利用ということで特殊性もありますし、その危険性はあると思います。
まあ、ゲファルサさんのことですから、通販もやってくれると思いますけどねー。
抱き枕カバーは融通が利きますし。



あるいはまふゆとテレサちゃんも実は限定で、
一般販売分は乳出しになるかもしれませんけどねー。 ←どんな限定よ。
でも確かにクェイサーで乳出さないっていうのは意味がわかりません。
エロゲ抱き枕がエロくないということよりも由々しき問題でしょう。
しかもどの絵も片面はおしり強調っていうのも意味不明。
私は好きですが……。 ←おしりも好きなんですね、わかります。



そういうところはこだわってほしいと思いますが、まあ、絵の出来はいいのでよしとしましょう。
何より、去年の七夕に私が短冊に書いて願ったテレサちゃんの抱き枕化が、
ほぼ1年越しでかなってしまったという奇跡があまりにも私には強烈な体験でした。
七夕の願い事がかなうなんて、普通は思いませんよね? ←七夕全否定だな、あんた。



サイズは160×50。
ゲファルサドットコムブースにて販売。
ありがとう、ゲファルサさん。











HinataIbuki.jpgHoshinoAyumu.jpg
KoumotoMadokaAnime.jpg


「星空へ架かる橋」より、日向伊吹・星野歩・アニメ版神本円佳の抱き枕カバーです。



アニメでも最後に自分がファーストヒロインであることを証明してみせた中津川初ですが、
すでに発売されている彼女の抱き枕カバーは、評価の高いfeng抱き枕カバーの中にあって唯一、
乳が出てないんです。
このカバーはゲーム発売の1年近く前に世に出されたのですが、
察するにまだ発売前ということでユーザーを焦(じ)らす意図があったのかもしれません。
その後、げっちゅ屋の特典としてゲーム発売と同時に初初の乳出し抱き枕カバーがお目見えしましたが……って、
何言ってるかわかります?



初初(ういはつ)の乳出し抱き枕カバー、ですよ?
これねぇ、この名前、本当に厄介なんです。
よく、初の抱き枕カバー買いました、みたいな書き込みを見かけるんですが、
お、初(うい)の抱き枕カバー買ったんだ、ナカーマなどとモニターの前でにやにやしてると不意に気づくんです。
……初(はつ)のかよ。



もうね、やめてください、初って名前。
紛らわしすぎます。 ←日本中の初さんに謝りなさい。



……って、そんな小話はどうでもいいんです。
しかし所詮は特典レベルの抱き枕カバーなので、次はいよいよ初……中津川初の乳出しが本家から来るかなーと思ってました。

……べ、別に期待してたわけじゃないんだからねっ! ←わかったわかった。

ですが、なんと今回の涼香枠は歩きゅん。
うん、発表されてみれば納得の選択。
アニメで若干肩透かしを食らった女性ファンにここでサービスしておくのはエンターテイナーとしてみれば当然のことでしょう。
となると、残るはなちゅらるとん枠と鶴崎貴大枠ですが、
その中ではやはり一番格上っぽい日向伊吹が順当に選ばれたということでしょう。



私は伊吹ルートはプレーしてないんですが、この伊吹は可愛いですねぇ。
主人公と恋人になってからの伊吹というのを見てないせいもあるかもしれませんが、とても新鮮に見えます、この伊吹は。
これ、一歩間違えると左のまだ脱ぎきってない絵に怒ったような顔を合わせてしまいそうになりますが、
それではダメなんです。
抱き枕絵としてはガードが固すぎる。
基本、怒ったような表情は入れないほうがいいわけですが、
この、ここまで脱いでおいて今更……みたいな状態での怒り顔がいい。
些細な抵抗っていうんですかね。
伊吹らしくて可愛いなーと思います。
そしてなんといっても素晴らしいのが左の表情。
女の顔ですね、これは。
不安や期待や羞恥が入り混じったような微妙な表情です。
もはや虚勢を張る余裕もないしそんな気分でもないって感じ。
キタコレ。 ←何が。



あと、スパッツがいまいちって声もあるようなんですが、これ、下はいてないってことでしょう?
どういうプレーかは存じ上げませんが、スパッツの下にパンツをはいてない。
なので、左の絵なんかは、パンツ以上にいやらしく食い込んでいるようですよ?






あと、アニメ版円佳ちゃんですが、
前作あかね色に染まる坂のときもアニメ版の片桐優姫と長瀬湊の抱き枕カバーをfengで発売したので今回もってことなんでしょうが、
あまり意味がないかもしれません。
あかね色のときはアニメの絵がゲームと違うのは当たり前ですが、アニメ絵独自の可愛さがありました。
それに比べて今回の星架かアニメ絵が悪いとは言いませんが、わざわざ抱き枕にするほどではないと思います。
まして、この右の円佳ちゃんはたしかにアニメのとおりですが、左の円佳ちゃんは見たことないかも。
左右で描いた人が違うのでしょうか。



それに、あかね色はヒロインツートップのひとり優姫が抱き枕化されてなく、肝心の絵師の和泉つばすさんもfengを離脱していましたので、
アニメ絵でもいいから優姫を作ろうっていうのがあったと思います。
それと、アニメ版の声優だった釘宮理恵&平野綾という人気声優のピロートークCDを作れるいい口実にもなったわけです。
ですが今回は残念ながら清水愛ちゃんのピロートークCDは付きません。
まあ、すでに2枚も作ってますしね。



ちなみに今回の伊吹のピロートークCDはデレエロスだそうです。
歩きゅんはおしりに虫さされの跡がありますよね?
なので薬を塗るそうです。
ピロートーク……?



でもさすがはfengといいますか、アニメ版円佳ちゃんの抱き枕絵は、

アニメ絵でも鉛筆線では無いので、細部もくっきり!

だそうで、アニメーターさんに描いてもらった線画を、自分のところで線を引きなおして塗ったようですね。
まあそういう話を聞くと、最初から涼香さんに描いてもらえば……と思ってしまいますが、
このアニメ絵が好きって人もいるでしょうしねー。
左の絵は違う気がしますが……。 ←しつこい。



生地はゲーム版は結局AJ2wayトリコット安定。
アニメ版は以前はA&Jの芳香スムースニットでしたが、今回はセーレンのロイカでございます。
多分、fengの中の人がロイカを試したかっただけかと……。



サイズは160×50。
価格は委託販売なので伊吹と歩は12,000円、円佳は10,000円となっております。
Russellブースにて販売。











MomonoShiori2.jpg


PCゲーム「11eyes」より、百野栞の抱き枕カバーです。
百野栞抱き枕第2弾となります。



こちら、事前通販があったのですが紹介するのを忘れてしまいました……。
今回は順当に制服絵ですが、第1弾は体操着だったんですね、そういえば。
まあ、片面は全裸でしたが。



……あれ?
こちらもラッセル委託なんですが、秋葉原電気外祭りで自前で売ったのと同じ10,000円です。
そういえばLass抱き枕、ここしばらくは12,000円でしたがまた値下げしたんですねぇ……。



えーと、なんかわけがわからなくなってきました。
委託だからといって高くなるってわけでもないんですか。
もちろん手数料は払ってるはずですが、まあ、確かに自分でブースを設営して売ればそれだけまたいろんなお金がかかるわけで、
実は委託するほうが安く済んだりするのかも……?
そう考えると、fengはぼったくり?



そういえば前回の冬の抱き枕販売で、fengは電気外もコミケも12,000円で売ったんですよね。
それまではイベント価格は10,000円でしたから、
値上げしたーわざわざA&Jをやめたのに値上げしたー
大騒ぎしたわけですが、後のドリパで10,000円だったので、
委託だから高かったのかと納得してしまったんですよ。
でも考えてみたら、電気外のほうはあのときも自前だったはず。



逆にLassは冬の抱き枕、fengと同じように電気外は自前、コミケはラッセル委託で12,000円だったんですが、
次の春ドリパでも自前で変わらず12,000円でした。
こういうのを見ると、委託だから高くて当たり前みたいに納得してはいけないということがわかりますね。
fengは今回、電気外で10,000円、コミケで12,000円ですからねぇ(アニメ版円佳は9,000円→10,000円)。
かなり割高感があります。
まあ、通販になると今度は12,600円+送料になっちゃうんですけどねー。
逆にLassは消費税を上乗せしたりせず、お値段据え置き+送料です。
んー。



こちらにはピロートークCDではなく、ドラマCDが付くそうです。
まあ、内容的にはおそらくひとりしゃべりで似たようなものだと思いますが。
生地は2wayトリコット、サイズは160×50。
Russellブースにて販売。











AshikagaInoriC80.jpgKiyouraSetsunaC80.jpg
KatsuraKotonohaC80.jpgKatsuraKokoroC80.jpg
SaionjiYoukoC80.jpg


PCゲーム「ShinySummerDays」より、
足利いのり・清浦刹那・桂言葉・桂心・西園寺踊子の抱き枕カバーです。



これはすごいですよねー。
最近ごとうじゅんじさん、めちゃめちゃ抱き枕絵描いてますね。
それはとても嬉しいんですけど、もったいない……。



今回、絵のクオリティ自体は高いと思います。
うん、どの絵も可愛い。
ただ、新キャラのいのりはちょっと個人的にはぱっとしないキャラデザだなーと思ってしまいます。
刹那の絵は一番出来がいいんじゃないでしょうか。
言葉は私が期待しすぎなのか、悪くはないですが心動かされるものがない。
なんか言葉の表情って、いつもワンパターンのような気がします。
は可愛いですね、今回。
申し分のない可愛さ。
踊子さんもかなりいいです。
正直、この二人は欲しいんですが、
頭が横を向いてしまっている絵は残念ながら抱き枕としては機能しないんですよねー。
これは観賞用になってしまいます。
なので、実質片面で9,500円ということになりますか。
んー。



オーバーフローの通販って、事前に18歳以上であることを証明する手続き(身分証明書のコピー送付)みたいなものが必要で、
結局面倒で使ったことないんですが、なんか新しくなってちょっと変わったのかな?
前回の心の抱き枕カバーも一時出てたみたいですねぇ、通販。
じゃあ、今回も出てくるかもしれませんね。



生地は2wayトリコット、サイズは160×50。
Overflowブースにて販売。











CeciliaAlcott.jpg


アニメ「インフィニット・ストラトス」より、セシリア・オルコットの抱き枕カバーです。



ISの抱き枕カバーはどこも作らないなーと思っていたら、メディアファクトリー自ら出してきましたか。
別に抱き枕営業を禁じているわけではないんですね。
んー。
なんなんでしょうか。



メディアファクトリーの抱き枕カバーと言いますと、
去年の冬コミはスタイラスさんとのコラボで仲里こころ(もぎたて☆あっぷるぱい)。
これはスタイラスさんで通販されました。
で、その前は一昨年の夏コミまでさかのぼりまして、ゼロの使い魔・えむえむっ!・緋弾のアリアの原作絵のやつと、
アニメのPhantomのやつが販売されました。
Phantomのやつは最近までいろんなところで通販されたりしましたが、単に余ってたためと思われます。
ラノベ原作絵の3種は売り切って終了でしょうか。



ということで、基本、抱き枕カバーの実績がないところです。
DVD特典とかにも付けたことない……かなぁと。
なので、この先どうなるかは全くの不透明。



生地は2wayトリコット、サイズは160×50。
価格は10,000円
メディアファクトリーブースにて販売。
2限。











KonoeSubaru.jpg


ラノベ「まよチキ!」より、近衛スバルの抱き枕カバーです。
こちらは原作絵。



これもまあ、メディアファクトリーなわけですが、TBSアニメーションブースでの販売です。
それなのに原作絵。
なんだこれ。



2wayトリコットで160×50ですから、メディアファクトリーといっしょに作ってるんですかねぇ。
そうなると元々はTBSがセシリアでMFがスバルの予定だったのに、
TBSがやっぱり新しいほうがいいとごねて、こういうわけのわからない展開になったのでしょうか。
こちらのスバルは先行販売となってますので、TBSishopで売るんですかねぇ。
そうなると案外、セシリアもTBSishopで売ったりして。
んー。
なんか色々不透明ですなー。



価格は9,000円。
TBSアニメーションブースにて販売。











SuzutsukiKanade.jpg


アニメ「まよチキ!」より、涼月奏(すずつきかなで)の抱き枕カバーです。
こちらはアニメ版。



ムービックのスエード据え置き価格9,240円の商品ですが、コミケでの先行販売では図書カード2枚付いて12,000円になります。
紹介しそこねましたが、この図書カード付きは事前通販もありました。
しかしどうにもこの、全くお得感のないセット販売が気持ち悪いんですよねー。
早く抱き枕が欲しい人は図書カード分のお金を出さないといけないっていう……。
抱き枕カバーのみの予約も9月発売ということですでに始まってまして、
どうやらAmazonとかあみあみとかには出てこないムービック流通限定のようですね。



サイズは150×50。
エグゾーストブースにて販売。











AkemiHomuraMovic.jpg


「魔法少女まどか☆マギカ」より、暁美ほむらの抱き枕カバーです。



こちらは紹介済み。
抱き枕カバーのみはすでに一般販売予約が始まってます。
コミケ用はこちらはテレカ2枚付き12,000円で、やはり事前通販がありました。



生地はスエード、サイズは150×50。
エグゾーストブースにて販売。











Yukikohime.jpg


アニメ「Dororonえん魔くんメ~ラめら」より、雪子姫の抱き枕カバーです。



こちらは雪女ヒロイン妖怪アニメの元祖でしょうか。
偶然にもこれの発表とちょうど同時期に「ぬらりひょんの孫」の雪女の抱き枕もコスパからの発売が発表されましたねー。
ぬらりひょんの雪女も髪の毛がアイスブルーと黒の切替という凝ったデザインですが、
こちらはいつか天魔の黒ウサギ的な髪になっておりますねぇ。



こちらは少し遅れて10月からの一般販売(ムービック流通限定)。
コミケでの販売も2日目からだそうです。
そんなに製作ぎりぎりなんですかねぇ。



コミケ分も抱き枕カバーのみで会場価格9,000円。
生地はスエード、サイズは150×50。
エグゾーストブースにて販売。











TwinAnge.jpg


「うみなこのなく頃に」と「怪盗天使ツインエンジェル」のコラボ企画、ツイン縁寿の抱き枕カバーです。



思いついちゃったのはわかるけど
それにしてもうみねことツインエンジェルに接点なんかないでしょ、と思ったら……。
なんのことはない、アルケミストからツインエンジェルのPSPゲームが出るそうで。
別に竜騎士07さんがツインエンジェルファンだとかいうことではないようです。
まあ、完全にアルケミストの広告塔抱き枕ということですねー。



そんなの作る暇があったら紗音ちゃんを出しなさいよ。



前回の通常縁寿抱き枕も販売されます。
生地は前回と同じく2wayトリコットでしょう。
サイズは160×50。
価格は8,000円。
通販なし。
アルケミストブースにて販売。











MinadukiHarukaAnime.jpgKannadukiAoiAnime.jpg
HadukiKurumiAnime.jpg


アニメ「怪盗天使ツインエンジェル」より、水無月遥・神無月葵・葉月クルミの抱き枕カバーです。



こちらはコスパ通常商品の先行販売。
販売されるのはスムースニット版だけで、会場価格は9,000円です。
サイズは150×50。
怪盗天使ツインエンジェルブースにて販売。











FurudeRikaMahoushoujo.jpg


OVA「ひぐらしのなく頃に煌」より、古手梨花の抱き枕カバーです。
魔法少女オヤシロリカ。



こちらも先行販売という形になります。
生地は2wayスムースニット、サイズは150×50。
会場価格は10,000円。
フロンティアワークスブースにて販売。











InuiSana.jpgInuiSanaUP.jpg


PCゲーム「ましろ色シンフォニー」より、乾紗凪(いぬいさな)の抱き枕カバーです。



こちらは今度の秋アニメで始まるので御紹介。
この紗凪はPC版ではサブヒロインでしたが、辛うじてアニメ放送前にPSP版でメインヒロイン昇格いたしました。
なので、アニメの公式サイトにもちゃんとヒロインとして載っております。



このキャラ、簡単に言えば毒舌ツンデレなのですが、
とあるシナリオでデレまくりユーザーをきゅんきゅんさせておきながら結局攻略できないという、
ある意味恐るべきデレツンキャラでした。
そのせいもあって人気No.1キャラになってしまいましたが、一方でその毒舌に不快になってしまう人も続出し、
良くも悪くも人気No.1でございます。



生地はAJ2wayトリコット、サイズは160×50。
通販はほぼ間違いなくあると思います。
ぱれっとブースにて販売。











KisakinomiyaChihayaWedding.jpg


PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー」より、
妃宮千早ハッピーウェディング抱き枕カバーです。



こちらは紹介済み。
事前通販がありました。
生地は2wayトリコット、サイズは150×50。
価格は8,000円。
HOBIBOXブースにて販売。











AkagiShigeru.jpg


アニメ「闘牌伝説アカギ」より、赤木しげるの抱き枕カバーです。



こちらも紹介済み。
9月にブロッコリーから発売されるものの先行販売です。
生地はおそらくスエード、サイズは150×50。
会場価格は9,000円です。
近代麻雀・アカギブースにて販売。


キーワード検索 コミケ  聖痕のクェイサー  星空へ架かる橋  11eyes  Days  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.