Fos/抱き枕
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
【レビュー】ストライクウィッチーズ零 坂本美緒 立体(りっぱい)マウスパッド




マンガ「ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変」より、坂本美緒立体(りっぱい)マウスパッドです。



立体と書いてりっぱいと読ませるとか、センスのかけらもありませんが
空気でおっぱいを膨らませるというアイディアは秀逸でございます。
アイディアだけは……。











11073004.jpg


今回、ていうか昨日ですが、こちらをレビューする前にコミック1巻を読んで予習しようと思ったんですよ。
で、近所の書店でこの娘(にゃん)TYPEを手に持ったまま、コミックコーナーを必死に探しました。
でも残念ながら見つかりませんでした。
そもそも置いてある数が少ないんですよねー、電撃コミックス。 ←これ、角川だけど?











11073005.jpg


……さて。



ここまでの写真は初期状態のものです。
最初から少し空気が入ってました。
これを全部抜くとー。











11073006.jpg


こうなります。
ぺっちゃんこ……ぺったんこ。 ←なぜ言い直す。











11073007.jpg


といっても、御覧のように立体マウスパッド特有の台座(通称おっぱい板)がありますので、
ぺったんこでも胸の形は浮き上がってます。
乳首は2次元。











11073008.jpg


次に、こちらがほぼ限界まで空気を入れた状態。
乳首は2次元。 ←うん、わかったから。











11073009.jpg


黒い水着だからわかりにくいですねぇ。












11073010.jpg


うん、これならわかりますか。
こんな感じ。











11073011.jpg


ぱんぱんに膨らんで、下のおっぱい板をも押し曲げてしまっています。
たまに普通のジェル立体マウスパッドでも、
表面の布がジェルに引っ張られすぎておっぱい板が反り上がっちゃっているケースがありますが、
こちらは完全におっぱい板ごと膨らんでます。
今にも壊れそう。











11073012.jpg


それではこのままの状態で普通のジェル立体マウスパッドと比較してみましょう。
まずパッドの大きさが全然違います。
こちらの立体マウスパッドはPCゲーム「フォルト!!」の杉山澪。
私は三角おっぱいと呼んでいますが、カテゴリー的にはS胸。











11073013.jpg


浮いているので押さえながら比較。
明らかにこのS胸よりは大きいです。
ちなみに、S胸というと以前は高さ23mm程度のものを言ったのですが、この三角おっぱいは17~18mm。
私は持ってませんが、タマゴ形のS胸でもやはり以前のものよりは低いようです。











11073014.jpg


こちらは同じく「フォルト!!」の佐伯藍。
M胸。
上から見たときの面積が、先程の杉山澪よりは大きかったですが、こちらの佐伯藍よりは小さいです。











11073015.jpg


わざわざ指で押さえるまでもなく、通常のM胸よりは小さいですね。
M胸は高さ30mm前後のものを言います。
まあ、目一杯膨らませて以前のS胸程度ということですか。











11073016.jpg


これ、パッドの大きさが電撃の雑誌付録と同じかと思いましたけど、まだ全然小さかったです。
ていうか、電撃のやつは通常のものとそんなには違いませんでしたね。
今回比較したやつはどれも印刷薄めなので比較になりませんが、この坂本美緒12歳の印刷はなかなか綺麗です。











11073017.jpg


ここからは程よい具合に空気を抜いた状態の写真をお送りします。
といっても、違いなんかわからないでしょうが。











11073018.jpg


これ、どうやって空気を入れるか、なんですが、
普通だったら口で直接入れろだとか市販の浮き輪用空気入れを御用意くださいってなるじゃないですか。
しかしこれがすごい。











11073001.jpg


わかります?
なんと、ストローの切れ端と注射器が最初から付いてるんです。
で。











11073002.jpg


こんなふうに空気を入れます。
これ、どちらか一方で充分だとおもうんですけど、
なぜかわざわざ二通りの方法と器具を用意するこの至れり尽くせりぶり。
娘TYPEみたいな大判のビジュアル雑誌にこれが付いて980円ってどんだけサービス精神旺盛なのよ……。










11073021.jpg


と思ったのも束(つか)の間でした。
結論を言いますとこれ、私が事前に想定していた最低レベルの出来でした。











11073022.jpg


まあ、そんなには膨らまないだろうなーというのは確信していましたのでそれはいいんです。
問題なのは、空気を入れるバルーン。
これの生地に伸縮性がないことには、全くもっておっぱいにはなりえない。











11073023.jpg


もしゴム風船みたいなものが中に入っているのだとすれば、表面の布によって弾力がちょうどいい具合に抑えられて、
むにゅむにゅとした感触が得られるんじゃないだろうか。
そんなふうに期待してました。
少なくとも、表面の布よりは伸縮性がないと、意味がない。











11073024.jpg


ですが現実はこれ。
PVC。
いわゆるトラベル抱き枕なんかの空気抱き枕と同じ素材と思われます。
浮き輪とかも同じですかね。
素材が伸び縮みするのではなく、限界空気量が元から決まっているタイプのやつ。
空気を抜くと抜け殻がくたっと邪魔になるやつ。



ただ、空気を抜いたときに、想像していたほど抜け殻の感触がないんですよ。
わりと綺麗にぺちゃっとなります。
これくらいの空気量ならそんなにたるまないんですかね。
あるいは多少は伸縮性が……あるとは思えないんですけどねー。
少し空気を入れた状態で触ると、中のバルーンがぺこぺこするのがはっきりわかるんですよ。
あれはトラベル抱き枕の感触にそっくりです。
伸縮性のないPVC生地の感触。











11073019.jpg


指で押して少しへこむくらいの中途半端な空気量だと、中のバルーンのぺこぺこいう感じが伝わってくるし、
そういうのが感じなくなるくらい膨らませちゃうと今度はかちかちだし。
まあ、はっきり言って、どうにもなりませんね。











11073020.jpg


開発に半年もかけたということで、おそらく担当者ももっと上のクオリティが見えていたとは思うんですよ。
ただまあ、コストを抑えざるをえなかったんでしょう。
ていうか、そもそも雑誌込みで980円とかで売らなきゃいけないってわかってるなら、こんな無謀な企画を練らなきゃいいのに、
とは思いますけどねー。
あるいは電撃のパンツみたいに、この技術を今後に生かしていくような流れになるのでしょうか。
まあ、次回はクオリティを上げてもらわなければ困りますが。



ところで素材にシリコンってありましたけど、一体どこに……?






←「【レビュー】すーぱーそに子 ぷにMマウスパッド(あまロリver.)」




キーワード検索 おっぱい板  三角おっぱい  トラベル抱き枕  電撃のパンツ  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.