×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【角川】R-15 抱き枕カバー

NarukaraFukune.jpgSonokoeUtae.jpg


角川書店製作/定価9,450円
生地:スムースニット
サイズ:150×50

鳴唐吹音:R-15 Blu-ray 第1巻 初回限定生産版 『吹音とふにふにセット』(2011年9月30日発売)特典



園声謡江:R-15 Blu-ray 第4巻 初回限定生産版 『謡江とシャイニー☆セット』(2011年12月22日発売)特典







「もったいない」




公式のサンプル画像は帯が多いので、ショップのほうにサンプルが上がってくるのを待ってたのですが、
いつの間にやらAmazonに公式と同じ絵が出てきてましたので、今回はこのサンプルだけっぽいですかね。
Amazonのサンプル絵はわりと粗いことが多いので普段はあまりチェックしないのですが、
このサンプル絵はすげえ……。










さて、原作版吹音ちゃんに引き続き、原作版謡江さんが出てまいりました。
あまりにもアニメのキャラデザが素晴らしいので原作絵がちょっとかすんで見えてしまうわけですが、
この右の謡江さんはアニメに勝るとも劣らない可愛さですねー。
惜しむらくは首が……。
まあ、背面ポーズにおける最強の奥義乳つぶしをどうしてもやりたかったのでしょうね。
このポーズ、しっかりとお胸をつぶすためにはあまり上半身をひねれませんから、普通に描いちゃうと横顔くらいしか見せられないわけです。
特に、両脇からつぶれたお胸が見えるという構図は、顔を犠牲にして初めて得られる至高のポーズ。











YamanobeTomoGephalsa.jpg


これこそが至高。
なのでまあ、ぶっちゃけこの謡江さんは反則です。
もちろん、抱き枕の背面絵はこの手の反則が非常に多いんですけどねー。
いちいち気にしてたら切りがないってところもあります。
ただ、せっかく綺麗な絵なのにちょっともったいないなーと。
謡江さんの髪と瞳の情報量なら、横顔でも充分戦えたんじゃないかなーと思うと、残念でなりません。
しかもこの反則な顔がまた非常に可愛いのでねぇ。
んー。











SonokoeUtae.jpg


左の絵は問題ないですが、ちょっと目が大きすぎるかなーと。
可愛さ的にはちょっと劣る感じです。
ただ、アップで見ると意外と気にならなかったりするんですよね、これが。
顔全体のバランスよりも、瞳の綺麗さとかに意識が行っちゃったりするので。
首のひねり具合にしても、抱き枕で抱いて間近で見ればおそらく気にならないでしょう。
吹音ちゃんにしても、アニメのイメージで見るとちょっと可愛さが物足りない感じなんですが、
拡大した絵を見るとやはり塗りが綺麗なので惹き込まれるものがありますしね。
最初はいらないかなーと思ったのですが徐々にどちらも欲しくなって……あ、そういえば、
吹音ちゃんのSAMPLEで隠されてる部分、
普通に上はリボン、下はずり下ろされかけのパンツで完全ガードでした。
一見、全く隠すものがなさそうですが、見事にSAMPLEの文字の下にリボンとパンツが隠れてました。
まさか修正文字でそこまで周到に隠してくるとは思いも寄りませんでしたねぇ。
その情熱をほかの部分にお願いしたい。



話を戻しますけど、それでもやはり左の謡江さんはNGですね。
可愛いか可愛くないか以前に、目線があらぬ方向へ行ってしまってます。
しかも笑顔で。
これは一番ダメなケース。
右の謡江さんも目線は来てませんが、表情と体勢的にこれはセーフ。
目線だけで話をすると誤解してしまう人もいると思いますが、
大事なのはそのキャラがあなたを認識しているかどうかです。
実際に抱いて感情移入できるかできないかの差は、まずこれ。
相手の瞳に自分が映っているか、あるいはこちらを見てなくても明らかにこちらを意識しているか。
どんなに綺麗で可愛い絵でも、目の前に相手がいることを意識して描かれてないキャラは、抱き枕絵としては死んでます。
それがわかってても、可愛い絵だと欲しくなっちゃうんですけどねー。
んー。



ま、結局このアニメ、ヒロインたちはめちゃめちゃ可愛いものの、驚くほど彼女たちが活躍しないので、
正直、吹音ちゃんや謡江さんにそれほど思い入れがあるわけではありません。
それでもアニメ絵の抱き枕が出たら確実に買いますけど。
絵の可愛さだけでここまで惹きつけられた作品はちょっと珍しいですねー、私の中では。
まあ、つまんねというようなシーンはあまりなかったので、充分なレベルの作品ではあったと思います。
ただ、あれだけ可愛いヒロインたちがいるのに、なんであんなに使いこなせないのか。
もったいなさすぎて泣けてくるんですけど……。



天才が集まる学園っていう発想は面白いんですけどねー。
ただのドタバタで終わってしまうのが本当にもったいない……。

<2011年9月20日>










「アニメでストレスとか勘弁」


これ、右の絵はどう見てもR-18になるはずですが、原作は普通のラノベでしょう?
じゃあ、なるわけないですよねぇ。
そうなるとR-18を回避できる唯一の手段は上も下も絆創膏となるわけですが、
クラリネット奏者ということですので個人的には、
主人公がナッツか何かかなとつぶやいて口にくわえたリード(クラリネットの口にくわえるところに付ける板)で
隠してもらうのがよろしいかと。
そうすれば皆さんが彼女を抱くときにも、ナッツか何かかなとつぶやいてはむって出来ますもんねー。



……まあ正直、あの場面の適当さには私、殺意を覚えましたが。
なんとしても主人公にリードをくわえさせたかったんでしょうけど、無理がありすぎ。
百歩譲ってあの板状のものがナッツだとして
明らかに目の前でクラリネットを吹いている女の子の所有物であるのにそれを食べようとするとか、もはや殺されていいレベル。
しかもその女の子に見つかって小腹がとか寝不足でとか違うんだとかまるで悪気のない天然ブリブリの言い訳。
なんなの?
あれが今時の草食男子ってやつ?



Tレックスに食べられてしまえ。










……というわけで、アニメ第1話の印象は最悪でした、個人的には。
女の子の絵は可愛かったですけどねー。
この、鳴唐吹音(なるからふくね)ちゃんもかなり可愛かったです。
正直、この原作絵よりも可愛いような……。
しかし肝心のこの娘は第1話ではほとんど出番がなく、次に気になる天才歌手の娘もこれからですよね。
ていうか、公式ページを見るとこの2人がキャラ紹介で主人公の次に来てるので、
やはり今後活躍するキャラなんでしょうね。



んー。
とりあえず第2話も……んー。

<2011年7月15日>


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.