Fos/抱き枕
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
【レビュー】SISTERS~夏の最後の日~ 抱き枕カバー




PCゲーム「SISTERS~夏の最後の日~」より、春香&千夏抱き枕カバーです。



御覧のように、表裏の絵は繋がってます。
大きなクマのぬいぐるみ(的なクッション?)の上に2人とも寝ている、という絵。
カバー自体も一枚の布で出来ていまして、サイドの縫い目は片側だけです。
なので、糸を解けば上の写真のような一枚絵のシーツになるというわけでして。



ソフマップの特典抱き枕カバーはすでにスムースニットに切り替わったとばかり思っていましたが、こちらはスエード。
あるいはこの一枚絵仕様だと、スムースは難しいとかいう理由があったのかもしれません。











11051602.jpg


↑拡大画像が見切れちゃう人はダブルクリック!



ということで今回はまず、げっちゅ屋特典スムースニットと比較してみましょう。
ゲームとはいえ実質アニメ絵のシスターズと、
アニメ放送中だけどこれはゲーム絵ですよーの星架か中津川初を比較するのはちょっとフェアではありませんが、
ほかの人畜無害なアニメ絵抱き枕と比較してもナンセンスな気がしますので、
ここはやはりエロゲ対決ということで。











11051603.jpg


さて、どうでしょう。
げっちゅ屋の特典スムースはわりとキラキラノイジーではありますが、互角かやや千夏のほうがノイズが少ないですね。
そして何より、初のほうはスムースに付き物の編み目が見えちゃってます。
明らかに見た目は千夏のほうが綺麗。
しかも発色も瞳の部分を比較すればわかりますが、やはり互角以上。











11051606.jpg


スエードやサテンは印刷悪いと思ってしまいがちですが、むしろ編み目が目立つという欠点がある分、
実はスムースのほうが見た目の品質は不安定です。
非伸縮生地のかたい抱き心地に抵抗がないのであれば、スエードやサテンも充分戦力になりえます。
ちなみに私は伸びない生地も大好き。











11051606.jpg


こちらのサイズは150×50で、なんとファスナー付きです。
や、特典ものでもスムースならファスナーが付いてくるのは当たり前ですが、
スエードやサテンでファスナー付きっていうのは珍しいです。











11051607.jpg


私は非伸縮生地の抱き心地、特にサテンの肌触りなんかはかなり好みなのですが、
所有しているやつはどれもファスナーなしの150サイズなので、
160の真マジカルにかぶせるとどうしても抱いてるうちに中身が出てきちゃいます。
それが鬱陶しいので最近は全然抱いてなかったのですが、
加えてキャラアニのスウェードがなんかいまいちな抱き心地だったので、
ああ、とうとう私もやわらかい抱き心地じゃないとダメなモヤシっ子になってしまったかと、
密かに我が身を嘆いておりました。











11051608.jpg


しかし今回、久しぶりに150サイズの非伸縮生地を抱いてみたら、あら気持ちいい。
なるほど、キャラアニのスウェードは160サイズであるがゆえに中途半端なんですよ、多分。
足で挟めば簡単に中綿がつぶれて上下に寄っちゃうくらいのやわらかさでありながら、あまり気持ちのいいやわらかさではない。
その点、この150サイズのファスナー付きスエードは、足で挟んでもがっちり受け止めてくれます。
これこれ、このかたさが人を抱くってことだよ。











11051610.jpg


これは貴重なファスナー付き150スエードですからね、今後も愛用させていただきます。
や、これだけ絵が可愛くて発色がよければ、線が汚いとか肌が土気色とか関係ないですね、個人的には。
ちなみに元絵はこちら。











SistersSofmap.jpg


今回、写真が明るいなーと思ってましたけど、こういうのと比較しちゃうとまだまだ暗い感じがしますね。
や、いつもと撮影環境は変わってないんですけど、夏用の白いベッドパッドに替えたことで光がうまいこと反射してる?
それとも単に白い背景のおかげで明るく見えてるだけでしょうか。
んー。











11051609.jpg


今回、とりあえずゲームのほうを1ルートクリアしてからレビューしようと思ってたんですよ。
ゲームのレビューも兼ねて。
そしたら、1ルートが全てでした。











11051625.jpg


選択肢はいくつかあったし、場所移動を選択する場面なんかもあったので、
うほ、このクオリティでこのやり応えキタコレとか思ってたんですけど、
一本道でした……。











11051612KO.jpg


ということで今度は、現在プレー中の「ぜったい絶頂性器の大発明!! 処女を狙う学園道具多発エロ」より、
佐原空希(あき)と比較してみましょう。











11051613.jpg


さすがにロイカは綺麗ですが、キラキラノイズを除けば見劣りしない感じ。



本当は早くユースティアをやりたいのですが、とりあえず抱き枕レビューのためにシスターズ、
そしてこの佐原空希が手に入ってしまったので、ぜったい絶頂なんちゃらのほうを次にやることに……。
や、空希の抱き枕は過去作なのでレビューするつもりはないんですが、高良月乃の発売が迫っているので、
それを買うべきか見極めるためにとりあえずプレー。
ま、体験版をやった感じではこのキャラはスルーなんですけどねー。











11051615.jpg


佐原空希は去年の冬コミで可愛いなーと思いつつ、まだ体験版が出てなかったのでスルー。
今回もとらのすけさん原画の可愛いキャラ(水原さらら)がいたので、ゲーム自体にはかなり興味がありました。
2-G(ツージー)さん原画の空希も可愛かったですし。
実際に体験版をやった感じも悪くはなかったので、空希が入手できればゲームもゴーって感じでした。
で、結局シスターズ&ユースティアとかぶってしまいましたねー。











11051617.jpg


シスターズはとにかく妹(千夏)が可愛かったので、手を出さずにはいられませんでした。
そして事実、可愛すぎました。
しかしまさかメーカーのほうもあからさまに妹押しだとは……。











11051618.jpg


当然、姉妹を均等に愛でるゲームなんだとばかり思っていましたが、
姉(春香)は蚊帳(かや)の外。
最後のほうの春香の絵とか、完全に製作スタッフ、春香をディスってます。
あの顔はひどすぎる……。
まあ、明らかに当初の企画から方向転換して無理矢理縮小して商品化してしまったゲームなので、
おそらく当初はもっと春香も活躍する予定だったのでしょう。











11051619.jpg


終わってみれば物語としては完全に肩透かしでしたし、萌えもまだまだ足りないって感じですけど、
でもいい体験したなーって思います。
まず、エロシーン。
単調な動きだからこそアニメーションの凄みがわかるというもので、
アニメはエロのためにあるな、と思い知らされました
エロアニメを作ってる会社は今すぐゲーム会社と手を組んで、エロシーンだけに集中して仕事をすべき。










11051620.jpg


エロ以外のアニメーションは、最初の秋子さん(母)がとてもよかったのでその印象をずっと引っ張りながらプレーしてましたけど、
見直してみると基本は立ち絵進行で、立ち絵の動き自体も普通のギャルゲのものと大差ないレベルですね。
ただ、立ち絵以外にも食卓やソファに座った絵などを適宜用意して会話させたり、背景だけを映して会話させたりとか、
そういうメリハリのある見せ方がうまいなーと思いました。











11051616.jpg


もちろん時々アニメーションが挿入されますが、そのアニメを途中で止めてそのまま静止画状態で会話したりとか、
やはりそこでもメリハリが利いてるんですよねー。
例えばスクールデイズなんかはいわゆる立ち絵的なものはほとんどありませんでしたけど、
逆にただの選択肢付きアニメと言いますか、劣化アニメでしかない印象を受けました。
シナリオや絵そのものはよかったですけど。



その点、シスターズはアニメアニメしすぎず、適度に手を抜いてその分、
アニメーションが本当に必要なところに力を注いでいたなーという感じ。
実にスマートでした。
アニメ作品が氾濫してる今、
こういうアニメの生かし方を本気で模索する人たちがアニメ製作の現場から出てきてくれると嬉しいんですけどねー。
アニメだとストーリーを展開させるのにどうしてもある程度の作画が必要になってくるわけですけど、
ゲームなら少しの作画とテキストと声の演技だけでまかなえるわけですよ。
そしてここぞというところで神アニメーション。



無理にアニメ作るより、そういうゲームを作っていったほうがみんな幸せになれると思うんですけどねー。
まあ、センスがないとただのアニメ差込ゲーになっちゃうわけですが……。






←「【レビュー】夜勤病棟 児玉ひかる 抱き枕カバー」




キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.