×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【レビュー】プライズ すーぱーそに子 立体マウスパッド




ニトロプラスのマスコット、すーぱーそに子プライズ立体マウスパッドです。



今更ですが、入手したのでレビューしたいと思います。
ということで唐突ですが、今回は最初に結論を言っちゃいましょう。



このそに子はM胸。
ジェルのやわらかさはふにふにの中。 ←最高がAだとすればBクラス。
谷間は台湾製クラス。
印刷は当然キラキラノイジー。
そしてその総合評価はM胸No.1。
私がこれまで手にしたM胸マウスパッドの中でこれに勝るものはありません。











11010802.jpg


もちろんあくまで私個人の評価です。
そもそもM胸で評価されうるのはこれまで、アサヒ・インターナショナルのM胸だけでした。
とにかくやわらかい。
最近は同人系のメーカーさんも増えてきているみたいなので、ほかにもアサヒのようなところがあるかもしれません。
でもとにかく、M胸といえばやわらかいということだけが求められる品質でした。











11010804.jpg


このそに子はそこまでやわらかくない。
ふにふにの中です。
生地はなかなか伸びますが、決して揉みやすいというほどではありません。
ざらざらするタイプの生地なので、感触も今一歩。
ただ、谷間がすごい。
ふにふにのやわらかさでありながら、低反発ぐにぐにの台湾製に匹敵する深い谷間です。











11010822.jpg


左がそに子、右はムービックのセキレイ結(むすび)ちゃんです。
まだ結ちゃんのほうが若干深いように感じますが、このやわらかさでこの深さは驚異的です。











11010811.jpg


この深い谷間のゆえに、まず見た目のおっぱい感が素晴らしい。
まさに双丘。



……あのー、どうでもいいんですけど、ヨスガノソラの春日野穹(そら)ちゃんの名前、
蒼穹って書いてから蒼を消す以外にうまい文字の出し方ってあります?
ファフナー? ←本当にどうでもいい。











11010808.jpg


そして当然、谷間が深いことで手に伝わるおっぱい感も向上します。
丸くなくてはおっぱいではない。











11010810.jpg


しかしそれではなぜ、このジェルのやわらかさでこの谷間が可能だったか。
その理由はおそらくここにあります。











11010821.jpg


おっぱいオリンピック開催!



……や、ちゃんと五輪の色で揃えようかという考えが一瞬頭の中を駆け巡りましたが、面倒くさいわ。
そもそも肝心のこのセピア色のそに子をどこに入れろと。



そんなことはともかく、各方面からM胸っ娘に集まってもらいました。
左上が台湾代表ムービックちゃん。
上中央が企業代表ぴっころ赤夜萌香さん。
右上が同人代表アサヒのどっち
左下が不明代表フォルト佐伯藍さんです。
これで何がわかるかというと……。











11010827.jpg11010826.jpg
11010823.jpg
11010825.jpg11010824.jpg


おっぱいの形を比べてみてください。
特に上の稜線(りょうせん)の部分。
形がわかるように光を手前から当ててますが、上の2つは影がぼやっとしてますよね?
よく似てます。
下の3つははっきりと形が出ていますが、どうでしょう、同じに見えますか?
ではこうしてみましょう。











11010825.jpg


谷間のあたりをよく見てくださーい?
そに子のほうがVの字が深いことがよくわかりますね?
こう見ると、そに子はおっぱいの上の部分がかなり尖っています。











11010824.jpg


佐伯さんもかなり深いですが、やはりそに子のほうがVの字が深い。
というか、佐伯さんのほうはVの字のところが丸みを帯びてますねー。
それはともかく、この部分に深い切り込みがあるがゆえに、谷間を押さえつける力が強くなっていると思われます。
単純に谷間の部分も短くなってますから、より押さえやすくなっていることでしょう。











11010812.jpg


そもそも、おっぱいは2つに分かれてなければ本当はいけない。
というか、分かれてさえいれば、もっとぷるんとするはずなんです。
いくら片乳を指で弾いても、もう片方の乳が足枷となってぷるんとならないわけです。
そう、これが世に聞く連環の計。 ←孔明の罠か! ←龐統ね。











11010817.jpg


つまりはここの連結部分が短ければ短いほどいいってわけなんです。
事実、このそに子の片乳を手のひらでぐりぐり回しても、もう片方はほとんど動きませんから。











11010819.jpg


それぞれのおっぱいが全体的に丸みを帯びてて、手のひらにすっぽり収まる感じなんですよねー。
まあそれでも所詮はM胸なんで、ボリューム不足は否めませんが。











11010814.jpg


私はのどっちを代表としたやわらかM胸をそれほどいいとは思えないのですが、
今ならその理由をはっきりと言うことが出来ます。
つまり、やわらかすぎるがゆえに、おっぱいを揉むというより、おっぱいをつまむという感覚になってしまうからなんです。
このそに子くらいのほどほどのやわらかさだと、
指でつまんだときにおっぱい全体をぐっと押し込んでいるような気分になります。
ですが、のどっち相手だと、つまんだところが容易につぶれるので、本当にただつまんでいるようにしか感じられないのです。











11010816.jpg


手首を置いてむにむにしてるときだって、のどっちの場合は表皮の部分だけが伸びているような感じがする。
や、実際にM胸はジェルが薄いので表面だけのむにむにでしかないのは事実なのですが、
それでももっと全体をむにむにと動かしているような感覚が欲しいわけです。



つまりそのように考えていくと擬似おっぱいというものは、
小さければ小さいほど本物よりかたくあるべきではないのかと思うわけです。
そういう意味において、このそに子は理想のバランスに近いのではないでしょうか。
多分。











11010815.jpg


佐伯藍のおっぱいは、かたいんだけど妙に手にしっくり来て雰囲気いいなーと思ってましたが、
単に絵の可愛さのせいではなく、谷間の短さによるものだったんですねー。
このそに子の絵もはっきりいってめちゃめちゃ好みです。
可愛いですよねー、おっぱい揉まれて泣いてるし。 ←そうなの?



私、今回プライズそに子4種の中からどれをゲットしようか悩んだんですが、
とりあえずこれSonikoPrize22SS.jpgは可愛いけど片目つぶってるからパス。
これSonikoPrize21SS.jpgも実物写真見たらかなり可愛いけど、おっぱいの下のほうの膨らみが絵と合ってないし、
それにこれを買うくらいならぱふぱふクッションのほうが絵も大きいし綺麗だからなーと思い、パス。
これSuperSonicoPrize2SS.jpgは単純に絵の可愛さでいうと一番好みだけど、構図が立体マウスパッド向きじゃないし、
当然膨らみ位置も合ってないので、やはりパス。
ということで、絵の可愛さや膨らみ位置など全てにおいてバランスの取れていたこちらSuperSonicoPrize1SS.jpgを選びましたとさ。










しかしこのそに子、可愛いしおしゃれだしいいおっぱいだし、なんか家宝にしたいくらい素敵なんですけど。
むー、エスケイジャパン、やるじゃないか。
情報提供していただいた方に感謝でゲソ。
ただ、この第1弾SuperSonicoPrize1SS.jpgSuperSonicoPrize2SS.jpgと第2弾SonikoPrize21SS.jpgSonikoPrize22SS.jpgで質が変わってないかどうかが気になるところではありますねー。






←「【レビュー】聖痕のクェイサー 山辺燈 立体マウスパッド(通常版)」




キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.