×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【レビュー】星空へ架かる橋 中津川初 抱き枕カバー(げっちゅ屋特典版)




PCゲーム「星空へ架かる橋」より、中津川初(なかつがわうい)の抱き枕カバーです。
げっちゅ屋特典。



えー、当ブログはもちろんアニメ系抱き枕専門ブログですが、
その運営をしている私がエロゲ抱き枕erへと転身しましたので、
当然このようなコラボも発生します。 ←コラボ?











10101903.jpg


今回が記念すべきエロゲ抱き枕er転身第1弾レビューとなりますが、思っていたより遅くなってしまいました。
や、私が予約してからもまた何度か発売延期があったものですから……。











10101904.jpg


今後は私、エロゲ抱き枕を買う、ないし今回のようにゲームの特典として同時に入手し、
ゲームをやっている間はずっとそのカバーを抱く、ということを実践していきたいと思います。
つまり今回ならば、星空へ架かる橋をクリアするまではこの中津川初を抱き続けます。











10101905.jpg


すでにもうひとり初がいますので、
そちらの両面合わせて4人の初をローテーションで抱くことになるでしょう。
もちろんその間、神本円佳(こうもとまどか)ちゃんを入手する機会があれば、彼女も合わせて抱くことになるでしょう。











10101907.jpg


夏コミではまだどんな娘なのかわからず手は出せませんでしたが、予想以上に可愛い娘でした。
多分、最終的には初を上回ると思います。
抱き枕のオモテ面の表情がちょっと微妙に感じたわけですが、どんな娘かわかってしまえばあの表情も理解できます。
感情移入万歳! ←なんだそれは。











10101906.jpg


ともかくそんなふうに、まったりとゲームを楽しみながら、感情移入しつつ抱き枕いふをエンジョイしようと思います。



これまで私がエロゲに苦しめられてきたのも、
クリアしてないそばからほかのゲームに手を出していたからです。
それもこれも立体マウスパッドのためだったりしたのですが、
もうそうやって無駄に動機付けされることは避けようと思います。











10101908.jpg


今後のエロゲ動機付けは抱き枕からにしようと思います。
エロゲ抱き枕で気に入ったものがあれば、まずそのゲームの体験版をやってみます。
体験版がないものはその時点でスルー。
逆にどんなに好きな絵やメーカーのゲームでも、抱き枕がなければスルー。



体験版をやれば少なくともつまらないゲームかそうでないかはわかりますから、
その時点で抱き枕も入手して構わないでしょう。
実際にゲームをプレーしてから決めるのでは遅いので。
ゲームと同時に抱き枕を楽しまなければ意味がありません。











10101902.jpg


そしてクリアするまで抱き続ける。
クリアするまでは次のゲーム&抱き枕は買わない。
私、この1、2年でかなりのスルー力を身に付けましたので、やれる自信はあります。
まあ、その間、気に入ったアニメ系抱き枕が発売されれば例外として抱きます。



私はエロゲ抱き枕erである前に、アニメ系抱き枕ブログの管理人ですからねっ。 ←面倒くさいな、この人。











10101909.jpg


さて、多少読み込みが重くなりますが、レビュー画像を大きくすることにしました。
マウスポインタ(カーソル)を画像の上に持っていってくださいな。
これだけ大きくすると、生地の感じがわかりますねー。
こちらはスムースニット。
いわゆるウロコスムースではなく、ドットスムースです。



……え? そんな用語聞いたことない?
や、私も初めて聞きました。 ←おい。











10101910.jpg


見え方の違いです。
A&Jの旧スムースニットのように若干不規則で汚らしい大きな織り目が見えるやつがウロコスムース。
コスパスムースニットのように規則的なメッシュ状で、ドットのような織り目が見えるやつがドットスムース。
そんなふうに勝手にネーミングしました。



ええ、このスムースニットはコスパのそれに色々なところが似てます。











10101911.jpg


まず、表面がわりとすべすべしてて、生地が薄いです。
しかもコスパと同じ縦伸び。
スムースニットは横伸びと思ってる人が多いと思いますが、少なくとも現在のコスパは縦伸び。
こちらも縦伸び。



私は断然、縦伸びのほうが好きです。
横伸びだとやはり横方向が膨らんでしまうので鬱陶しい。
あと、縦伸びは足で挟んで引っ張ることで生地の張りを自由に調節できますので、
表面の感触がちょっとやわらかすぎるなーと思ったら引っ張れ。 ←なぜに命令形。
横伸びでは出来ません。
それにそもそもA&Jは、2WTライクラが横より縦のほうが伸びる仕様なのに、
なぜスムースニットが横伸びなのかわけがわかりません。
横より縦が伸びたほうがいいって、A&Jの人もわかってるんじゃないかなー。











10101912.jpg


ただ、横伸びにしている理由はひとつ思いつきます。
本体への入れやすさ。
横が伸びたほうが、当然入れやすいわけです。
縦が伸びると、引っ張っても伸びちゃってなかなか入っていきませんね?
事実、このスムースニットはめちゃめちゃ入れにくいです。
おそらく私が今まで出会った中で最強。











10101913.jpg


実はコスパもめちゃめちゃ入れにくい。
しかしそれを上回ります、こちらは。
幅45cmのサテンに入れるより大変です。



理由はまず、こちらのカバーの横幅が48cmということ。
実はコスパも同じでした。
A&Jの旧スムースは49cm。
私、抱き枕カバーのサイズってかなり個体差があるんじゃないかと思っていたのですが、きっちり作ってあるみたいですね。
でもきっちり作れるのならなんでぴったり50cmにしないのかって話なんですが、
おそらく始めから横伸びすることを前提に作っているんでしょうね。
で、多分コスパも始めは横伸びで作っていたのが途中で縦伸びに方針転換したけれども、
そもそも横幅を小さく作った理由を忘れてそのままにしてある……という感じでしょうか。
ちなみにこちらのげっちゅ屋スムースニットの縦はぴったり150cmでした。











10101914.jpg


さらにスムースニットはサテンや2WAYトリコットより摩擦がありますので、当然入れにくくなるというわけです。



ちなみにコスパのスムースニットのほうがさらに生地が薄く、より伸びます。
やはりコスパのほうがいい生地という感じですが、コスパと比べると光沢がほとんどないので、
印刷の薄さはそれほど感じません。
もちろん2WTとは比べるべくもありませんが。











10101918.jpg


……って、これじゃわからないか。
この写真は、顔の大きさを比較するために撮りました。
この初……というか涼香さんの絵柄でしょうが、等身が高いので150cmのカバーだとかなり小さくなっちゃいます。
右のやつは160cm。
もちろん、上下の余白を差し引くと150cmが120cmほどになっちゃいます。
等身の低いキャラだと150cmでも全然問題ないんですけどねー。
まあ、私は小さい分には平気ですが。



ちなみに私は抱き枕本体を1つしか持ってないので、右の2WTライクラ初はクッションの上にかけてあるだけです。
なのでちょっとシワが出来ちゃってます。











10101915.jpg


あと、このカバーの特筆すべきところは、ファスナーの開口部の広さ。
限界まで開いてます。
こんなに開いてあるやつは初めて見ました。
それでも入れにくいのですが……。











10101916.jpg


オモテ面はちょっと涼香さんっぽくないと言いますか、顔の描き方がいまいちな感じですが、
ウラはThe 涼香ですね。
可愛い。



……べ、別にエロいからじゃないんだからねっ!











10101917.jpg


ほら、お顔だけでも可愛い。



……え? おっぱい?
大丈夫大丈夫、KEEP OUTしてるし。 ←ですよねー。



こちらのカバーは中国製です。
ちょっとシワが出来やすいようですが、なかなかいい生地です。
持ってないんですが、電撃雑誌付録のやつと同じところでしょうか?






←「【レビュー】咲-Saki- 宮永咲&原村和 抱き枕カバー」




キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.