×Phos/抱き枕×
202005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202007
【サンライズ】コードギアス 反逆のルルーシュ 抱き枕カバー

C.C.紅月カレンC.C.
CCBandai1.jpgCCBandai2.jpgKoudukiKarenBandai1.jpgKoudukiKarenBandai2.jpgCCMovic1.jpgCCMovic2.jpg
メーカー:バンダイ
発売:2009年1月
価格:10,500円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)
原画:田畑壽之
声優:ゆかな(C.C.)/小清水亜美(カレン)
メーカー:ムービック
発売:2009年8月
価格:10,500円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
原画:木村貴宏
声優:ゆかな
シャーリーナナリーアーニャ
ShirleyFenetteMovic1.jpgShirleyFenetteMovic2.jpgNunnallyLamperougeMovic1.jpgNunnallyLamperougeMovic2.jpgAnyaAlstreimMovic1.jpgAnyaAlstreimMovic2.jpg
メーカー:ムービック
発売:2009年8月
価格:10,500円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
原画:田畑壽之
声優:折笠富美子
メーカー:ムービック
発売:2010年10月
価格:10,500円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
原画:木村貴宏(ナナリー)/田畑壽之(アーニャ)
声優:名塚佳織(ナナリー)/後藤邑子(アーニャ)
ルルーシュユーフェミア&コーネリア神楽耶&天子
LelouchLamperougeMovic1.jpgLelouchLamperougeMovic2.jpgEuphemiaCornelia1.jpgEuphemiaCornelia2.jpgKaguyaTenshi1.jpgKaguyaTenshi2.jpg
メーカー:ムービック
発売:2011年11月
価格:9,240円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:ポリエステルスエード(ポリエステル100%)【日本製】
原画:木村貴宏
声優:福山潤
メーカー:ムービック
発売:2013年2月
価格:11,025円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
原画:木村貴宏(ユーフェミア&コーネリア)/田畑壽之(神楽耶&天子)
声優:南央美&皆川純子(ユーフェミア&コーネリア)/かないみか&松元環季(神楽耶&天子)

ルルーシュC.C.ナナリー
LelouchLamperougeMovic1160.jpgLelouchLamperougeMovic2160.jpgCCMovic1160.jpgCCMovic2160.jpgNunnallyLamperougeMovic2160.jpgNunnallyLamperougeMovic1160.jpg
メーカー:ムービック
発売:2019年10月4日
価格:13,200円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<Snow White/フルグラフィックファクトリー社>【中国製】

ルルーシュ
ムービック 13,200円(送料込)※受注販売(7月12日17時~8月7日/10月4日頃発送)
C.C.
ムービック 13,200円(送料込)※受注販売(7月12日17時~8月7日/10月4日頃発送)

メーカー:ムービック
発売:2020年1月24日
価格:13,200円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<Snow White/フルグラフィックファクトリー社>【中国製】
※当ブログのレビュー

ムービック 13,200円(送料込)※受注販売(11月8日17時~11月27日/1月24日頃発送)

ユフィ&コーネリアアーニャシャーリー
EuphemiaCorneliaMovic1160.jpgEuphemiaCorneliaMovic2160.jpgAnyaAlstreimMovic1160.jpgAnyaAlstreimMovic2160.jpgShirleyFenetteMovic1601.jpgShirleyFenetteMovic1602.jpg
メーカー:ムービック
発売:2020年1月24日
価格:13,200円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<Snow White/フルグラフィックファクトリー社>【中国製】

ムービック 13,200円(送料込)※受注販売(11月8日17時~11月27日/1月24日頃発送)

メーカー:ムービック
発売:2020年3月13日→4月3日→5月1日
価格:13,200円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<Snow White/フルグラフィックファクトリー社>【中国製】

ムービック 13,200円(送料込)※受注販売(12月13日17時~1月8日/3月13日頃発送)

メーカー:ムービック
発売:2020年4月3日→5月1日
価格:13,200円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<Snow White/フルグラフィックファクトリー社>【中国製】

ムービック 13,200円(送料込)※受注販売(1月17日17時~2月5日/4月3日頃発送)

神楽耶&天子
KaguyaTenshiMovic1601.jpgKaguyaTenshiMovic1602.jpg
メーカー:ムービック
発売:2020年4月3日→5月1日
価格:13,200円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<Snow White/フルグラフィックファクトリー社>【中国製】

ムービック 13,200円(送料込)※受注販売(1月17日17時~2月5日/4月3日頃発送)











『2wayナナリーレビュー』






小人ゆえにナナリーとユーフェミア&コーネリアを買うべきかかなり悩んでましたが、
少なくとも上半身に関してはほぼ等身大だろうとわかったことで、
遅ればせながら購入を決意いたしました。
とはいえ、Snow Whiteという生地に対するためらいも拭いきれなかったので、
とりあえずナナリーだけを買うことに。



というわけで、近頃はレビューするのも億劫になってましたが、

どうしても伝えなければならない新情報がございましたので、
頑張ってレビューをすることにいたします。











NunnallyLamperougeMovic1.jpgNunnallyLamperougeMovic2160.jpgNunnallyLamperougeReview14.jpg


リメイク版のサンプルがどれも色あせてることを気にしてた人もおられるでしょうが、

御覧のように実物は最初のオリジナルのサンプルよりも色鮮やか。 ←あかん。











NunnallyLamperougeReview01.jpg


ナナリーは私の好きな妹キャラですから、
当然妹として抱くことも想定に入れてましたが、
実際にこの絵を目の前にしたら、
やっぱ看守プレイしか思い浮かばないわ……。 ←看守プレイ!?











NunnallyLamperougeReview02.jpg


もちろん、皇帝が純血の後継者を残すために妹を抱くというシチュエーションも悪くないですけどねー。
看守につまみ食いされるだけならナナリーは諦めてその運命を受け入れてしまうかもしれませんが、
ルルーシュが相手だったらきっと、

「お兄様は獣(けだもの)です!」とか言って罵ってくれるでしょうし……。 ←マゾかよ。











NunnallyLamperougeReview03.jpg


罪人のナナリーを助ける方法はこれしかないとか考えてそう……。 ←斜め上!











NunnallyLamperougeReview04.jpg


なるほど、看守プレイしか頭にありませんでしたが、

今夜は兄妹プレイにしてみるか……。 ←今夜はお楽しみですね!











NunnallyLamperougeReview05.jpg


や、小人だなんだ小顔だなんだと言いましたが、

実際に抱いてみたら全然問題ないわ。 ←おい。











NunnallyLamperougeReview07.jpg


や、わかってるんです。
過去の経験から、
小さい分にはほぼ問題ないってことはわかってたんです。
巨乳キャラの場合は物足りなくなっちゃうのであれですが、
少なくともロリ系ならまず問題ない。
モニタ上でサンプルを実物大まで拡大して見ると小顔すぎてどうにもならんと思ってしまいますが、
実際に中身を入れて向き合えばあら不思議。

全然問題ない。 ←こら。











NunnallyLamperougeReview08.jpg


抱き枕の存在感ってすごいですよねー。
いかに小人であろうとここにこうしているんだから本物じゃんってなる。
ていうか、これくらいの小人っぷりなら普通に小さい女の子って感じで可愛いわけです。
例えば60cmドールとか明らかに小さいわけですが、
そうは言ってもそのキャラが実際に60cmサイズでここにこうしているんだから本物じゃんってなる。
それこそ2次元キャラはどんな肉体にも降臨しうるみたいな汎用性があるんだと思いますが、
抱き枕に至ってはそもそも160cm×50cmの存在感があるので、
余程絵が小さくない限りは普通に人間サイズに感じちゃうのかなーと。











NunnallyLamperougeReview06.jpg


ですから好きなキャラであれば小人サイズでもとりあえず買ってみるべきだとは思いますが、
個人的には適正サイズで作ろうとしない作り手のずさんな仕事っぷりに萎えるので、
正直あまり買いたくはありません。
もちろんこのナナリーに関しては結果的にこれで適正サイズだとわかったので問題はありませんし、
そもそも今のムービックの担当さんがかなり頑張ってくれてるのがわかるので、
出来るだけ買ってあげたいというのが本音です。
まあ、この最高のデザインの衣装と抱き枕絵には最高級の生地を使ってほしかったところですが、
ざらざらスムースからそこそこ滑らかな2wayへと改善していただけただけでもありがたい……って、あ、あれ?
このSnow White、

なんか前のとちょっと違うような……。











NunnallyLamperougeReview16.jpg


ぱっと見、
浅葱のほうが表面にシワが寄って汚い感じに見えますが、
実際生地の張りがナナリーのほうがしっかりしてます。
まあ、若干抱いた回数に差があるので浅葱の生地が伸びてたるんでるだけという可能性もありますが、

多分2晩くらいしか差はありません。











NunnallyLamperougeReview17.jpg


その疑問の答えがこちら。
わかりにくいかもしれませんが、
右上のタグが浅葱のもので左下のタグがナナリーのもの。



ええ。
Snow Whiteの仕様が変わっとる。
や、パッケージに貼られたシールにはポリエステル85%/ポリウレタン15%って書いてあるんですよ。
なのにカバーの内側に縫い付けられた商品タグは、

ポリエステル88%/ポリウレタン12%ってなってる……。



しかも浅葱のときは白いタグだったのに、
ナナリーはキラキラ銀タグになってる……。 ←これ当たりじゃね?











NunnallyLamperougeMovic2.jpgNunnallyLamperougeMovic1160.jpgNunnallyLamperougeReview15.jpg


ポリウレタンが減ると劣化したようなイメージがありますが、
少なくともこのナナリーはストブラのそれよりしっとり感というかややぬめりを感じます。
ストブラの生地に見られた編み目の縦線もそこまで目立たないような気がしますし、
その縦の凸凹した感触も目立たなくなってる気がします。
ただその分、生地全体が繊細になってて、
毛羽立ちやすくなっている感じ。
なんとなくですが、ポリウレタンを減らした原価分だけ糸を細くして生地の密度を上げ、
それで表面はより滑らかになったけど脆(もろ)くなった……みたいな。
ぶっちゃけすでに顔周辺は毛羽立ってざらっとしちゃってる部分がありますが、
それでもしっとり感がある分ストブラの編み目の凹凸よりは気にならないかなーと。
正直、ストブラのSnow Whiteはありかなしかで言ったらギリギリなしのほうでしたが、

このSnow Whiteだったらギリギリあり寄りかも。



もちろんただのタグの付け間違えという線もワンチャンありますので、
これらの差は単なる個体差(ロット差)という可能性もあります。
実際姫柊より浅葱のほうが抱き心地が良いように感じますが、
姫柊の抱き枕絵にツン感や初々しさが足りないせいのような気もします……。 ←なんの話だ。
いずれにせよ、次のアーニャ……は今のところ買う予定はありませんが、
その次のシャーリーで真偽のほどはわかることでしょう。
まあ、アーニャのパッケージの記述がすでに変わってる可能性もあるでしょうけどねー。











NunnallyLamperougeReview09.jpg


ポリウレタンを減らした分だけ、
やはり少し伸縮性も落ちてるような気はしますが、

少なくともこのお尻は良い具合にふにっふにでした。
スカート越しをイメージしていたせいかもしれませんが、
あまりにも気持ち良くてそのままお尻に顔を埋めて寝ちゃったくらい……。 ←どういう状況だ。



やー、長い抱き枕er人生でお尻に顔を埋めたまま寝たのは初めてです。
私のベッドは折りたたみ式で部屋のど真ん中に展開するので周囲に障害がなく、
ややナナリーの頭上余白の部分がベッドの外に飛び出してはいましたが、
私自身もベッドに深く潜って丸くなるような形でナナリーの足に抱きついて寝ておりました。 ←変態!











NunnallyLamperougeReview13.jpg


抱きつくだけじゃなく、
この膝裏をペロペロしながらも寝てみたいなぁ……。 ←完全に逆さじゃないですかやだー。



ナナリーの脂肪と皮だけのふにふにのお尻も尊いですが、
骨と皮だけの細い足がまた最高に愛おしいんだよなぁ……。 ←この人狂ってる!











NunnallyLamperougeReview10.jpg


これ、うつ伏せの状態でスカートの前を持ち上げても意味ないし意味がわからないと思ってましたが、
横向きで抱いて寝るときの私の頭の中ではこのナナリーも横向きでこちらに背中を向けてるイメージなので、

つまりは背中から抱きしめて前に回した手で触ってもいいということだと理解しました。 ←何を!











NunnallyLamperougeReview12.jpg


正直こちらの面はいまいちかなと思ってましたが、
下手すりゃ囚人服絵より興奮する私がいました……。 ←誰か通報してぇ!











NunnallyLamperougeReview11.jpg


せっかく目が見えないのと寝てるのとのダブルミーニングになりうるナナリーなのに、
この口の開け方じゃ起きてるようにしか見えないじゃんとやや不満に思ってましたが、
背中から抱きしめられてお尻にこすりつけられながら言われるままにスカートを持ち上げて前も触られ、
無理な態勢から無理矢理ファーストキスまで奪われてるナナリーだと考えると、

もう頭おかしくなりそう。 ←責任能力の有無が問われますな。

<2020年2月17日>


↑ページの一番上へ










『ハーレムのルルーシュ』






改めて抱き枕絵に求められる基準というのをはっきりしておきたいと思うのですが、
基本リアルより等身が低い2次元美少女の場合は、
等身大にしてしまうと頭が大きすぎるので設定身長よりも小さく印刷してほしいというのが、

我々抱き枕erの統一見解です。 ←言い切った!



となれば当然、
リアルより等身が高いキャラの場合は逆に設定身長よりも大きく印刷してほしい……と言いたいところですが、
もし2次元美少女が我々の世界に降臨したとして、
設定より小さいならまだしも設定より大きいのは違和感がありませんか?
設定160cmのナナリーが170cmでこの世に現れたとしたら、

そんなナナリーをあなたは愛せますか? ←知らんがな。











ShirleyFenetteMovic1.jpgShirleyFenetteMovic2.jpgShirleyFenetteMovic1601.jpgShirleyFenetteMovic1602.jpg


まあ、女の子だからそう思うだけで、
いかつい男キャラとかだったらむしろ設定より小さかったらがっくり来ちゃうかもしれませんけどねー。
いずれにせよリアルより頭身が高い美少女キャラの場合は等身大以下が望ましいけれども、
出来れば等身大に限りなく近づけてほしい……ということになります。
今回のシャーリーは150cm時の縦の余白をそのままに160cmにサイズアップしてくださったようですが(ウラ面は少し上にずれてる?)、

それでもシャーリーは設定174cmですので全く物足りない……と思っていたのですが。











NunnallyLamperougeMovic2160.jpgShirleyFenetteMovic1601.jpgShirleyFenetteMovic1602.jpg


ちゃんと調べてみるとルルーシュはどうやら9頭身に設定されているようで、
身長が178cmですから正面から見たときの頭の縦の長さ(全頭高)は大体20cmくらいになります。
であれば女キャラは19cmくらいと考えるのが妥当ですが、
そうするとこのナナリーは等身大ということになってしまいますし、
このシャーリーは等身大オーバー。
つまり、このシリーズの抱き枕絵は意図的に頭身を下げているということになるんですよねー。
本来はとにかくめちゃめちゃ足の長いキャラデザですから、
言われてみれば明らかに足が短く(普通に)なってるなーと。
普通なので普通に受け入れてしまっていましたが……。



抱き枕向きではない作品と言ってしまいましたが、
絵師さんたちは最低限の対策はしてくれていたということです。
普通に描いただけとも言えますが……。
いずれにせよ頭の大きさに関しては等身大をキープできていることになりますので、
これは受け入れるしかないかもしれませんし少なくともシャーリーに関しては問題ないレベルと言っていいでしょう。
こんなエッチなシャーリーを私は知りませんが、
いざルルーシュと恋人同士になったら、
朴念仁のルルーシュを自分が引っ張らなきゃと必要以上にエロくなるような気はします……。 ←マジで!











KaguyaTenshi1.jpgKaguyaTenshiMovic1602.jpg


この2人に至ってはもはや適正サイズですが、
あくまでリアルより頭身の低い一般的な2次元美少女にとっての適正サイズですので、
背の低いこの2人であればもう少し小さくしたかったところです。
それこそ最初のC.C.のように150cm時のままで縦に余白を追加するだけで良かったわけですが、
これでもまあ問題はないでしょう。











KaguyaTenshi2.jpgKaguyaTenshiMovic1601.jpg


とにかく絵柄が素晴らしすぎますからねぇ。
ユーフェミア&コーネリアに関しては絵柄は素晴らしいもののシチュエーションが意味不明でしたが、
こちらはシンクーが死んで落ち込む天子をルルーシュに慰めてもらおうとして、
神楽耶が彼女をハーレムに巻き込んだという流れですから、

感情移入し放題。 ←マジで!



ユーフェミアも劇場版で復活ルートに突入してたら、
皇女ハーレムが現実味を帯びたのになぁ……。 ←またスザクに殺されちゃう!

<2020年1月26日>


↑ページの一番上へ










『アーニャは163cm(ロリ?)』






ふへぇ……。
アーニャの記事を書くためにテレビ版のR2だけなんとか全部見てきました。
劇場版で見たところは倍速再生も駆使しましたが、
やっぱこれだけ時間をかけて丁寧に話を追ったあとだと、

最後のナナリーの涙には感動するね。 ←妹好き。
ナナリーにルルーシュの記憶が見えちゃうのは御都合すぎると当時は冷静に見ちゃったような気がしますが、
全25話を一気に見るとさすがに脳が麻痺してきて考えられなくなってくると言うか、

この作品ならそういうこともあるでしょみたいな半ば投げやりな気持ちで感動してしまいました。
まあ、ナナリーに誤解されたままだとやっぱきついので、
御都合でもああいうシーンが欲しかったんですよねー。
とはいえ、どうやらあれがルルーシュ復活の伏線になるそうで、

それが本当であればむしろ最高のシーンすぎてやばい。
これは本格的に復活のルルーシュが見たくなってきたぞ……と思ったのですが、
違和感があったので劇場版の総集編の該当シーンを見直してみたら、
ナナリーがルルーシュの記憶を見たんじゃなくてただのルルーシュの走馬灯になっとるやん……。 ←ひどい改悪を見た!



なるほどそう言えばそうでした。
死にそうなのにルルーシュが笑ってたからナナリーが何かを察したみたいな表現に総集編はなってて、
それはそれで自然で悪くはないのですがやはり全てを理解した涙と漠然とした涙では重さが違ったし、
そのあとに走馬灯が入ることでルルーシュ視点になっちゃってたので、
テレビ版のナナリー視点での悲しさというのが消えちゃってたかなーと。
復活のルルーシュは総集編の続きという立ち位置らしいですが、
記憶が見えたという伏線じゃ具合が悪くなったってことでしょうか。
それともテレビ版のあれはやっぱりただの御都合……?



いずれにせよ、
やはりこのアニメはシャーリーとナナリーが尊いという結論を再確認することになりました。
ていうか見直してみてもシャーリーの死ぬシーンを見た記憶がなかったのですが、
あまりのショックから自分で自分の記憶を消してしまったのか、
はたまた総集編にそういうギアスが仕込まれていたのか……。 ←公式が都合の悪い記憶を消した!?



でもまあ、どう見てもあそこでシャーリーが死ぬ意味はなかったですから、
公式も判断を誤ったと反省したのでしょう。
銃後の日だまりと言われてた未来さんのように、

シャーリーにはラスボスがふさわしい。 ←未来さん?











AnyaAlstreimMovic2.jpgAnyaAlstreimMovic2160.jpg


前回よりも更にトリミングを頑張ってくださいまして、
ほぼ適正サイズと言っていいところまでアーニャが大きくなりました。











AnyaAlstreimMovic1.jpgAnyaAlstreimMovic1160.jpg


ただ、テレビ版を見たところでやはりアーニャへの感情移入度は総集編と大差ありませんでしたので、
残念ながら私は手が出ません。
ていうか当時も思ったはずですが、
なぜこのキャラを抱き枕化しようと思ったのか……。 ←ロリ推しでしょうね。



なるほどロリババァ……。 ←アーニャ本人はババァじゃないし!



でもなるほど、
それこそ復活のルルーシュ以降で活躍する可能性があるわけですか。
復活のルルーシュを見たら欲しくなったり?
しかしまあ、これくらい攻めたトリミングをナナリーでもやってくれてたら……というのが本当に残念で仕方ありません。
総集編を見たときより明らかに作品愛もキャラ愛も復活してきましたからねー。
でもこれならシャーリーは期待できそうでしょうか。
神楽耶&天子は逆に巨頭にならないように気をつけていただきたいところですが……。

<2020年1月6日>


↑ページの一番上へ










『ブリタニア皇女丼』






コードギアスの生地&サイズ変更再販第2弾がやっと来ましたが、
個人的にはちょうど劇場版総集編3部作を見終えたところだったのでナイスタイミング。

結局全部見るのに4ヶ月以上かかりましたが……。 ←おい。



しかし我ながら笑っちゃうくらい内容を覚えてませんでしたねー。
それこそテレビ版とどこが違うのかもわからないレベルだったので、
どう考えてもその4ヶ月でテレビ版を見直すべきでした……。 ←それ2年くらいかかるんじゃね?
もちろんシャーリーだけは違うということがわかりましたが、
テレビ版でどうやって死んだかが思い出せない……。 ←忘れたいくらい悲しかったのね。



というわけでテレビ版を見た頃のキャラ愛はあまり戻らず、
ぶっちゃけ抱き枕カバーも現時点ではそんなに欲しいと思ってませんが、

ナナリーの囚人服姿だけはやっぱ最高だわ……。 ←よし買え。











NunnallyLamperougeMovic1.jpgNunnallyLamperougeMovic2160.jpg


今回はムービックさん、
縦をそのままに横を削る選択をしてくださいました。
おかげでキャラサイズ的にはだいぶマシになりましたが、

やっぱ手足を切り落とさないと……。 ←拘束具だけじゃ足りないって言うの!











EuphemiaCornelia1.jpgEuphemiaCorneliaMovic1160.jpg


まあ、設定身長180cmのコーネリアを160サイズにぎりぎり収めることを基準に考えたら、
160cmのナナリーがああなるのは仕方がないかもしれません。
個人的にはキャラサイズを揃えるより個々の適正サイズを重視すべきだとは思いますが、
並べたい人もいるでしょうから作品ごとにキャラサイズを揃えるというのも大事な視点でしょう。











NunnallyLamperougeMovic2.jpgNunnallyLamperougeMovic1160.jpg


しかしこのナナリーの絵柄は寝てるところとも取れるのが抱き枕的に良いと思ってましたが、

よく見たらスカートの裾を握ってて完全に意味不明じゃないですか。
どうしたらこんな状態になるの……。



んー。
ベッドがリッチな雰囲気なのでV.V.に連れて行かれたあとの時系列なのかなーと。
拉致のような形で無理矢理連れてこられてどこかの部屋のベッドに無造作に放り出されたナナリーは、
敏感にV.V.からルルーシュへの害意を感じ取ってこんなことを言い出したのでしょう。

「わ、私はどうなっても構いませんから、お兄様には手を出さないでください」
「ふーん。ルルーシュの命と引き換えに君は僕に何をくれるんだい?」
「私の命を」
「そんなものはいらないよ」
「でも、私には他にあげられるものは何も……」
と、ベッドの上にへたり込んでいたナナリーはそこで何かを決意したように身を起こし、
震える右手でスカートをめくり上げます。
「なんのつもりだい?」
「わ、私なんかの体で良ければ、好きにして構いませんから」
しかしその言葉を言い終わらないうちに頬を叩かれたナナリーは、
そのままうつ伏せに倒れ込みます。
「汚らわしい。やはり君はあの女の子供だね」

……みたいな?











EuphemiaCornelia2.jpgEuphemiaCorneliaMovic2160.jpg


まあ、あのナナリーを意味不明とか言ってたらこれどうすんのって話ですけどねぇ。
ちなみにユーフェミアの設定身長は172cmだそうです。



とはいえ、やはり絵柄自体は素晴らしいんですよねー。
脳内設定がめちゃ難しいですがそれだけに抱きがいがあるような、
ないような……。

<2019年11月13日>


↑ページの一番上へ










『抱き枕向きではない作品』






はい、ムービックさんの2way再販プロジェクト第2弾がやっと来ました。
第1弾はゆゆゆでしたが第2弾はこちらのギアス。
しかもゆゆゆと違って多くのキャラが抱き枕化され、
作画クオリティも半端なかったシリーズですからこれは嬉しいですねー。

ついに劇場版総集編を見る機会がやって来たこれ……。 ←お前は抱き枕がないと何もせんな!











CCMovic1.jpgCCMovic2.jpgCCMovic1160.jpgCCMovic2160.jpg


ただまあ非常に頭身の高い作品なので、
仮にこの150サイズのC.C.を縦はそのままで横だけ削る形で160サイズにしたとしても、
適正サイズには足りないんですよねー。











LelouchLamperougeMovic1.jpgLelouchLamperougeMovic2.jpgLelouchLamperougeMovic1160.jpgLelouchLamperougeMovic2160.jpg


この足切りルルーシュくらい思い切った決断が必要かもしれません。
160サイズのこの足切りルルーシュは、
頭の大きさ的には見事に適正サイズになっております。

身長は195cmくらいになりそうですが……。 ←設定は178cmですよー。



多分、この作品の頭身設定はリアル頭身よりもやや高いくらいなので、
等身大でもやや小顔になるはずです。
なので160サイズの抱き枕カバー程度では、

かなり小顔になってしまうのは避けられません。











ShirleyFenetteMovic1.jpgShirleyFenetteMovic2.jpgNunnallyLamperougeMovic1.jpgNunnallyLamperougeMovic2.jpg


それでも可能な限り余白を詰めて等身大に近づけてほしいところですが、
仮にこの2人を縦そのままで横を削って160サイズにするとしても、

そもそも設定身長がそれぞれシャーリー174cm、ナナリー160cmもあるので、
悪あがきにすぎないという……。
だったらもうこのまま綺麗なままで上下に余白を足して160サイズにしちゃおうとムービックさんが考えても仕方ないし、
今回のC.C.もそんな感じだったのかもしれません。



んー。
正直この2人がもし2way化されたら欲しいとは思ってましたが、

いざとなると愛が試されるなぁ……。 ←や、この2人はまだ確定じゃないから。

<2019年7月23日>


↑ページの一番上へ










「超絶クオリティ」






前回、ルルーシュの抱き枕カバーが出てきたときに思わず別ページにしてしまいましたが、こちらにまとめることにしました。
しかしよもやまだコードギアスから出てくるとは思いませんでしたねぇ。
しかもこんな特殊仕様で出てくるとは……。



まあ、まだ抱き枕化してない女性キャラと考えたときに出てきたのがこの4人で、
ひとりひとりじゃ弱いからカップリングにしちゃったってことなんでしょうが、
ユーフェミア&コーネリアはともかく神楽耶&天子は無理があるでしょう。

モブキャラすぎる……。 ←こら。



コードギアスは確かにキャラ数多いですけど、いわゆる抱き枕化できるようなヒロインは限られてます。
どうしてもギアスの抱き枕を出したいのなら、普通にC.C.とシャーリーをもう一度か、
あるいはムービックでは抱き枕化してないカレンがいるじゃないですか。
でなきゃスタチャを見習って170サイズでルルーシュとか。
神楽耶はまだしも、天子を抱きたい人なんているのかなぁ……。 ←シンクーがいるじゃない。











KaguyaTenshi1.jpgKaguyaTenshi2.jpg


しかしアニメ公式抱き枕カバーには珍しい3ピ……カップリング絵だというのに、クオリティたけー。
ていうか、基本的には抱き枕erに嫌われるのでカップリング絵って同人含めてもほとんど見ないわけですが、
健全な抱き枕の範囲内でよくここまで見事に性的に描きましたねぇ。
このクオリティには個人的に拍手を送りたい。



まずオモテ面ですが、二人ともはいてない?
神楽耶は間違いなくはいてないでしょう。

天子がお子ちゃまパンツァーであれば、こちらもはいてないのは確実。
そして天子はアッシュフォード学園の中等部制服、神楽耶は高等部制服を着てますねー。



個人的には神楽耶には靴下を脱いでてほしかったですねぇ。
普段はなかなか上下ひっくり返して足をペロペロなんてマニアックなことをする気にはなりませんが、
この絵柄なら自然と出来ますからこれは素足のほうが良かったなーと。

……や、でもスムースニットなら靴下のほうがリアルか? ←イメージは大事。



って、あ。
これって……。











KaguyaTenshi1R.jpg


神楽耶のほうはまさしく天子の足をペロペロしてるんですねぇ。

考えることは同じ。



ちゃんと脱がせた靴下もあります。
なるほど、神楽耶が足をペロペロしてきたので、
天子も反撃しようとして神楽耶の靴下を脱がしにかかってるっていうシーンなんですねー。
これはいい絵。



ただ、神楽耶の横顔がちょっと変なのが残念……。











KaguyaTenshi2.jpg


一方、こっちの絵の完成度も素晴らしい。

「私が天子様を押さえてますので、お好きにどうぞ?」

という神楽耶の声が聞こえてくるようですねー。
と思ったら、パジャマごと神楽耶のパンツが先に下ろされちゃうっていうのがお約束。 ←なんの。



……って、すみません。

天子、お子ちゃまパンツァーじゃなかったわ。 ←即判明。



んー。
この二人には興味ないんですけど、無駄に欲しくなる見事な絵ですなぁ。











EuphemiaCornelia1.jpgEuphemiaCornelia2.jpg


こっちの絵もすごいなぁ。
こちらは明確にオモテ面とウラ面でそれぞれの正面と背面を交互に描き分けております。
どちらの正面顔もクオリティ高いですねぇ。
お胸も……。











EuphemiaCornelia2R.jpg


ウラ面の上下をひっくり返すとこうなります。
コーネリアは非常にアクロバチックな姿勢となってますが、完璧に描ききってますねー。
お見事。
ブラ紐部分が解けて横乳から下乳まで露出するという、圧倒的なセクシー背面絵となっております。
脇のガードの甘さなども含めて、もはや言うことないでしょう。











EuphemiaCornelia1.jpg


そしてオモテ面がまたすごい。
コーネリアのお股に膝、お胸に手を当ててあどけない表情でこちらを見上げるユフィ。
おそらく誰かに指示されてこのポーズを取ってるのでしょう。
手も膝もぎりぎりふれないところに置いてるように見えます。
そしてそんなユフィを愛おしそうに見つめながら頭を撫でるコーネリア。

愛おしいっていうか、焦らされて今にもユフィの唇にむしゃぶりつきそうな高まったお顔をしてらっしゃいます。
うむ、素晴らしい表情ですねー。
抱き枕的に言えば目をそらしてしまっているのであれですが、

個人的にはコーネリアに見られながらユフィの唇を奪いたい。
私自身、コーネリアには興味ないっていうのがありますが、
やはりコーネリアからユフィを寝取るプレイが至高なんじゃないでしょうか。
コーネリアの体がありえない方向に曲がっちゃってるのは仕方がないとはいえちょっと残念ですが……。



 ↑これ、よく見たらコーネリアの目線もちゃんとこちらに来てましたね。
 失礼しました……。












EuphemiaCorneliaM.jpgKaguyaTenshiM.jpg


こうやって比較すると神楽耶&天子の頭がめちゃめちゃ大きいように感じてしまいますが、
おそらくちょうどいいか少し小さいくらいだと思います。
むしろユフィ&コーネリアが小さすぎる。
頭身高いので仕方ないですけどねー。



まあ、これほどのクオリティの絵なら仕方ないかもしれませんが、実は今回、

いつものムービックスムース定価10,290円ではなく、定価11,025円となっております。
キャラ2人分だから高い……っていう話も聞いたことありませんがまあ、そう言われても納得してしまうレベル。
単なる値上げってことはおそらくないと思いますが……。

<2013年1月17日>


↑ページの一番上へ










「ひとつの選択」







Lelouch.jpg


こちら、発売されちゃいました。
てっきり紹介するのを忘れてました……ていうか、あまり気乗りしなかったわけですが。



まあ、問題点は明らかですし、私がわざわざあれこれ言うこともありますまい。
右の絵、150サイズに全身収めちゃうよりは評価できると思います。
おそらくこれで170cm相当の身長になると思いますし。
しかし、ただでさえ縦幅が足りないのに、なんでこんなに頭上に余白を空けちゃったのかが理解できないですねぇ。

左の絵と頭の位置を合わせた……って、なんでよ。



まあ、過去には山辺燈という、もっとわけのわからない前例もありますが……。

<2011年11月5日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.