×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【コスパ】迷い猫オーバーラン! ジャンボクッションカバー

SerizawaFuminoDaki.jpg
UmenomoriChise.jpgKiriyaNozomiDaki.jpg


コスパ製作
生地:ポリエステルツイル(定価8,400円)/スムースニット(定価9,450円)
サイズ:150×50

芹沢文乃(2010年9月発売)
ポリエステルツイル
ホビーリンク・ジャパン 7,140円(送料:630円)※完売(2011/3/9)





スムースニット
南海ブックス楽天市場店 9,450円(送料:525円/一部地域除く)






梅ノ森千世(2010年9月発売)
ポリエステルツイル
南海ブックス楽天市場店 8,400円(送料:525円/一部地域除く)※完売(2013/2/25)





スムースニット





霧谷希(2010年10月発売)
ポリエステルツイル




スムースニット







「ミス?」


霧谷希のスムースがAmazonで予約終了したので、ほかに安いところは……と探していたら、
なんとビックカメラでツイルもスムースも同額の7,980円になってますよ。
これはミスでしょうか、やはり。
欲しい人は早めに突撃しておきましょう。

<2010年9月28日>










「そうか、猫なだけにドラえもん……」


はい、こちらはめでたく3人娘が揃いました。
ですが……。



梅ノ森千世の絵を最初見たとき、思わず溜息をついちゃいました。
さすがにこれはダメだろう、と。
上の画像を御覧ください。
千世の右の絵ですが、明らかに体ひねりすぎ。
ちょうど霧谷希の左の絵と並んでるのでこれはわかりやすい。
……と、でもちょっと画像が上過ぎてこの文を読みながら見るのは難しいですか。
それじゃ、この下にも画像を貼りましょう。











UmenomoriChise.jpgKiriyaNozomiDaki.jpg


お尻を突き出している角度はほぼいっしょですが、ちょうど左右反対です。
なのに、顔の向きはほぼいっしょ。
普通の人間がひねることのできるのはちょうど希くらいです。
これくらいがリアルな限界。
千世のは明らかにドラえもんが絡んでます。
ほら、あったじゃないですか。
上半身と下半身を切り離してそれぞれが動けるようになるアイテム。



ええと……調べました。
人間切断機。
まんまですね。
まあ、手品から着想を得たアイテムでしょうが。
それで切り離してあります、間違いなく。
迷い猫はドラえもんのパロディとかあるんですか? ←皮肉。



実際、私の目には下半身だけ取って付けたように見えます。
怖い……にゃあ。 ←感じ悪い。



あまり言いたくはないですが、左の絵にしても、寝そべって右膝を立てているのに膝の位置が伸ばした左足と同じ。
寝そべった状態であれだけ膝を曲げたら、かなり膝が立った状態になるはず。
実際、膝から下はそのように描かれてます。
つまりは足の付け根から曲がって膝が立っている状態なわけです。
そうなれば当然、膝から上も膝から下のように角度が付いて短く描かれなければいけない。
ですが、この描き方だと右足も左足と同じようにほとんど付け根からまっすぐ伸びた状態です。
これでは膝を曲げることは出来ません。
寝ている絵を描いてるつもりが、途中から立っている絵を描いているような気持ちになっちゃったんでしょうか。

<2010年8月29日>










「淡い」

コスパが選んだ春アニメの抱き枕カバーはこちら、
「迷い猫オーバーラン!」より、芹沢文乃です。
集英社なので抱き枕カバーではなく、ジャンボクッションカバー。



「戦う司書」のハミュッツ=メセタの紹介のときに、
集英社規制でジャンボクッションカバーになってるんだろうって話をしました。
ですが私、その直前にコスパとキャラハイの「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」のミナを紹介してたんですよねー。
あれ、コスパはジャンボクッションカバーだけど、キャラハイは抱き枕カバーなんです。
うっかりしてました。
気づいた人いました?
そういうときは、モニターに向かってバーカバーカとか言う前に教えてくださいね?
あ、言った後でもいいですけど。



ちなみにこの作品の原作マンガはメディアファクトリー。
なんでコスパはジャンボクッションカバーってしちゃったんでしょうねぇ。
集英社の作品と勘違いした?
んー。










さて、話を戻しますけど、この芹沢文乃、なんか淡くないですか?
や、色合いが。
手塗り感のある色彩といいますか。
なんか淡いですよねぇ。
絵的にはかなり素晴らしいですが、これがコスパのスムースニットでさらに淡くなるかと思うとちょっと心配です。



私は迷い猫のアニメは3話で断念しました。
Webラジオはずっと聴いてますが。 ←なんでやねん。
OPEDも大好きです。
でもアニメは……。



んー。
自分でもびっくりなんですが、あのアニメを見ると伊藤かな恵ちゃんの演技が気になって仕方ないんですよねー。
ええ、この文乃の声ですが。
新人ならともかく、すでにヒロイン声として認知されている彼女の演技が悪いはずがない。
なのに正直、全然ダメだぜって思ってしまうんです。



文乃って常に怒った声を出してるんですよ。
で、それが一本調子でいけないのかなーとも思ったのですが、
そもそも、第1話の最初の泣き声のところから違和感があったんです。
多分ですけど、高めのヒロイン声や低めのサテン声……佐天さんの声のように、
作った声だと抑揚が付けやすいけど、地声に近いトーンは苦手なのかなーと。
まあ、普通はみんなそうだと思うんですが、ちょっと今回のは気になりすぎました。
いずれにしても文乃は怒りすぎですよねぇ。
かな恵ちゃんもやりにくかったと思いますよ。
可愛くないわー、文乃。
小説やマンガからだと受ける印象はまた違うんでしょうかね。



でもこの絵は可愛い。
多分、ほかの2人も出すと思うんですよねー、コスパ。
3ヶ月連続とかで。

<2010年7月15日>


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.