×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【ACG】戦う司書 The Book of Bantorra ハミュッツ=メセタ ジャンボクッションカバー

HammutsMeseta.jpg


ACG(インターアパレル)製作
2010年7月発売/定価9,975円
生地:ツーウェイストレッチスムーズ
サイズ:150×55

ビックカメラ.com 4,020円(送料込)※完売(2012/5/4)






「謎は解けた!」

こちら、御覧のように商品名がジャンボクッションカバーです。
コスパが時々使っている抱き枕カバーの別称です。
ちなみにキャラアニの80×55のクッションカバーはジャンボクッションセット。
本体付きなのでセットとなってますが、
もしカバーだけ売るようになったらジャンボクッションカバーになるのか……という話はどうでもよく。



ACGことブレインポリスことインターアパレルが、この呼称を使うのは初めてだと思います。
一体これはどうしたことか。
ていうか、そもそもコスパはなんで時々ジャンボクッションカバーになるの?



これには当然理由があるだろうと思っていましたが、今回、初めてちゃんと考えてみることにしました。
で、すぐわかりました。
黒幕は集英社です。



集英社の作品のキャラに関しては、抱き枕カバーがジャンボクッションカバーに変換されるようです。
この戦う司書もそう。
ちなみにワンピースの立体マウスパッドが3Dマウスパッドという商品名であり、
なおかつ8月予定の迷い猫オーバーランのプライズ立体マウスパッドの商品名が立体3Dマウスパッドとなっているので、
ブレイクブレイドも集英社かと思いましたが、ブレイクブレイドは違いました。
なんだぁ。



しかし、いずれにしても集英社が変な規制をかけていることは間違いなさそうです。
ばーかばーか。 ←やめなさい。
今回、ACGがいつもの本体付きを販売しないのは、
もし販売してしまうとACGの抱き枕本体が必然的にジャンボクッションという商品名になってしまうので、
それを嫌ったのでしょう。
御愁傷様です。 ←この発売2ヵ月後、種島ぽぷらジャンボクッションカバーが本体付きで出ましたとさ。

<2010年6月6日>


キーワード検索 ジャンボクッションカバー  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.