Fos/抱き枕
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
おまもりひまり 緋鞠のおっぱいジャンボクッションセット

HimariCushion.jpg


キャラアニ製作
2010年8月発売/通常版9,000円・スペシャルセット12,000円(テレカ2枚付)

通常版
あみあみ本店 4,481円(送料:500円)※6,350円→4,481円(10/12)→完売(12/25)





スペシャルセット
イーアラモード楽天市場店 10,800円(送料:840円/一部地域除く/15,000円以上で無料:クレカ支払は送料半額)※完売(2011/4/27)








「情報開示要求」


HimariCushionHS1.jpg


今、メールチェックしたら、キャラアニのメルマガに

「緋鞠」の魅惑的なバストを胸パッドにより再現!

って書いてありました。
上の画像はホビーサーチのスクープ写真です。
まあ、ぶっちゃけよくわかりませんが、やはりおっぱいに沿って縫ってあるのは同じのようです。
つまり、パッド状のスポンジ的なものをカバーに直接縫い付けた、
ということでしょうか。
んー。
それでコストが下がったんですかね。
でも、そのパッド状のものをいちいち成型するのも面倒な感じがしますが。
果たしてどのようなパッドなのか。



いずれにしても、雲雀丘由貴Ver.1とは違う仕様なのでしょう。
多分、おっぱい自体は気持ち程度に膨らむということなんだと思います。
揉んだりするようなものではなく、ちょっと膨らんでる見た目を楽しむ程度の。
だから、通常のジャンボクッションにおっぱいが気持ち膨らんで、おっぱいジャンボクッション。
そういうことなのでしょう。
簡易版立体クッションって感じでしょうか。



なるほど、A&Jの抱き枕用ブラと同じようなイメージですね。
ところで、海老原みなせは雲雀丘由貴Ver.1と同じ正式な立体クッション仕様なのでしょうが、
貧乳だと結局はこの簡易版立体クッションと大差ないような気がしますね。
まあ、スムースニット+ミニクッションではどうせ心地よい揉み感は得られないということで、
今後はこっちの簡易版に移行しようという計画なのかもしれません。



……と、ここまで全てあくまで私の仮説でしかないので、実際のところは全くの不明です。
これはさすがにもうちょっと詳細を公表すべきですね、キャラアニさん。
ていうかまあ、メールして聞けば答えてくれると思いますが。 ←教えてくれませんでした……。

<2010年6月5日>










「理解不能」

……あれ?
なんか普通にほかのショップで予約始まってるんですけど。
じゃあ、何がキャラアニオリジナルなのさ……。

<2010年6月4日>










「思考停止」

……。
おっぱいクッション改め立体クッション第2弾ですが、4つ目が来ました。
これも8月発売なので、雲雀丘由貴Ver.2、海老原みなせ、呂蒙と同時発売だと思います。
ですが、こちらはどうやらキャラアニ専売のようで。
つまり流通はしないようです。
だから定価9,000円なのでしょう。



えー、おっぱいは両面膨らむそうで。
しかも位置も大きさもそれぞれ全然違いますね。
ファスナーが上に付いてますが、あるいは膝に載せるのがメインの用途ということで、
ファスナーは下より上のほうがいいだろうということになったんでしょうか。
頭なでなでとかは……しなくていいんですか、はぁ。



これは描き下ろし……じゃないですよね、もちろん。
おっぱい膨らませるのはちょっと無理矢理感がありますもんね。
はぁ、そうですか。



おっぱいジャンボクッション……。
なんですかね、この立体クッションには複数のプロジェクトチームがあるんでしょうか。
なんでいちいち商品名が変わるの……。



私、もうキャラアニがわからなくなってきた……。 ←元々わからない。
今までのとは全然違う仕様を試してきたとかっていう話なら面白いんですけどねー。

<2010年6月2日>


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.