×Phos/抱き枕×
●抱き枕化キャラの基本的人権●


【キャラサイズ権】2次元人を限りなく3次元人に近づける装置が抱き枕カバーである以上、一番に配慮されるべき権利。等身大が理想だが、タペストリーと異なり枕元で存在感を発揮する装置なので、最も重要なのは頭のサイズである。2次元人の多くは体に比して頭が大きく、それゆえ頭のサイズを3次元人に合わせると体が小さくなりすぎてしまうため、美少女であっても小顔は避けて3次元人の平均かやや大きめを基準にすべき。

【頭上余白権】サイズと同時に頭の位置も配慮されなければならない。すなわち枕元で向かい合うためには抱き枕カバーの上端に頭が来なければならないが、抱き枕の形状ゆえにそのままでは顔が斜め上を向いてしまうので、ある程度(10cm前後)は頭上余白が必要である。

【生地権】ある意味、見た目や存在感以上に抱き枕カバーという装置に求められているのが感触であり、フィギュアやドールなどと異なり2次元のままで2次元人と触れ合えることに大きな意義がある。すなわち生地とは抱き枕化される際の2次元人の肉体に他ならず、常にその時代の最良のものがあてがわれるべきである。なぜなら絵の不出来は2次元人の宿命であり逃れられない天災のようなものであるが、生地の不出来は完全に人災だからである。
202012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202102
【レビュー】ef - a fairy tale of the two. 宮村みやこ 立体マウスパッド




ゲーム「ef - a fairy tale of the two.」より、宮村みやこ立体マウスパッドです。



PS2用ソフトのゲーマーズ特典です。











10050402.jpg


ゲーマーズの特典立体マウスパッドって、パッケージが台紙ブリスターなんです。
厚紙とブリスターで立体マウスパッドを挟んでホッチキスで留める方式。
これ、台湾製が得意とするパッケージ方式なのですが、
なんとなく、気にしてない私がいました。
今は反省しております。











10050403.jpg


こちら、台湾製です。
ちゃんと台紙の裏にもMade in Taiwanと書いてありました。
そしておっぱいはぐにぐに。











10050404.jpg


高さは約3cm。
M胸です。
そして、御覧のように谷間がきっちりとあります。
こんなに谷間があるのはマッチングワールド製か台湾製くらいのものです。











10050405.jpg


よもや今になって私のレビューリストにぐにぐにが追加されるとは思いませんでした。
絶対にぐにぐには買いたくなかったのですが……。











10050406.jpg


一応説明しますが、ぐにぐにというのは、弾力があまりないジェルのことです。
押して離したときに、形状がゆっくりと元に戻ります。
もちろん、ゆっくりといっても1秒前後の話ですが、脂肪には程遠いです。











10050407.jpg


いわゆる低反発と呼ばれる素材によく似てます。
粘土をつぶす時のような感覚。











10050408.jpg


まあ、その中でも一応かたいやわらかいはあるのですが、このみやこはかなりかたいです。











10050410.jpg


やはり台湾製は何も変わってなかったのですね。
この間のトイプラのツインエンジェル2なんかも同じでしょう。
完全な地雷です。











10050411.jpg


これでもう、ゲーマーズやアニメイトの立体マウスパッドに心動かされることはなくなりました。
アニメイトのクドももちろん地雷です。
皆さんもちゃんと回避してください。











10050412.jpg


宮村みやこはこれで3度目の立体マウスパッド化ですが、2度目はトイプラだったのでやはりぐにぐに。












10050413.jpg


最初の電撃のやつが一番マシでしょうね。
まあ、印刷は薄いですが。



みやこ、かわいそうな娘。






←「【レビュー】プリンセスラバー! 藤倉優 立体お風呂ポスター」




copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.