×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
エミリーちゃんの萌え萌えハァハァおっぱいマウスパッド




アトリエかぐやのエロゲー「幼なじみと甘~くエッチに過ごす方法」から、エミリー・ウィンスレットの立体マウスパッドです。
立ち絵よりもイベント絵のほうが断然可愛い、ちょっと珍しい娘です。
私の第4立体マウスパッドです!


08101702.jpg


こちらはメディオ!の乳首マウスパッドシリーズの第1弾となっております。
メディオ!の実店舗なら売ってるかも、です。


08101703.jpg
08101704.jpg


印刷は今までの立体マウスパッドの中で一番悪いです。
全体的に薄い色味を使っているのでそれも不利に働いています。
立体マウスパッドは嘘でも濃い色を使いましょう。


08101705.jpg
08101706.jpg


おっぱいの下側面に妙な線があります。
あ、おっぱいのガイドラインを消し忘れたんですね?
やー、というか……。



ハルヒ「今日も有希とみくるちゃんは来てないの?」
08101707.jpg

ゴゴゴゴゴ……!!!
08101708.jpg


原画におっぱい線があるわけですよ。
で、それをそのまま商品化してしまったわけですが。
ちゃんとこれがガイドラインになっていればいいのですが、御覧のようにおっぱいの中腹に線が来てしまっています。
駄目駄目です。


08101709.jpg
08101710.jpg


小夜はおっぱい線がないのですが、それは小さいという設定だからで、同シリーズで一番胸の大きい七海には線があります。
おっぱいの2次元表現というのはそういうものですね。
七海の線はちゃんと合っているでしょうか?


08101711.jpg
08101712.jpg


まあ、せっかくの立体おっぱいなのですから、線は消してほしいところですね。


08101713.jpg


乳首の隆起はほとんど見られません。
コリッとはしていますが。

では、チャンピオン乃木坂春香と比較してみましょう。


08101714.jpg


あ、春香も印刷悪いですが、色味が強いのでまだマシです。
うーん、でもそれは全体的な印象の差でしょうか。
エミリーのほうが印刷自体は綺麗かもしれません。


08101715.jpg


春香もおっぱい側面にビキニ線が来ていますが、おっぱい線ほどの違和感はありません。


08101716.jpg


おっぱいの高さは春香より若干高いくらいですが、面積が広いので春香とは違って全体的につぶれたようなおっぱいです。
エミリーのおっぱいは大きめという設定なので問題はないですが。


08101717.jpg


おっぱいの感触なのですが、低反発枕に似ています。
低反発おっぱいです。
R-ヒナギクどころではありません。
指で押したら戻るのに1秒以上はかかります。


08101718.jpg


まあ、アームレストとしてはこれくらいが心地いいかもしれません。
しかし揉むとですね、本当に可哀想なくらいつぶれてしまうのです。



よって勝者、乃木坂春香!
08101719.jpg


ちなみに表面の布はやわらかめです。
小夜がかための丈夫そうな布を使っているのとは対照的です。
こちらはメディオ!の第1作でしたから、印刷の発色なども鑑みて丈夫な布に変えたのでしょう。
実際、私のエミリーは表面の布が波立っちゃってますから。


08101720.jpg


小夜もそうでしたが、頭が切れているのが残念です。
絵は可愛いとは思いますが、発色が良くないので、正直使っていてもあまりきゅんとしません。
次の涼風あすかに期待しましょう。



と、ここでたまには新作立体マウスパッドについて触れてみましょうか。

まず、リトルバスターズ!がラインアップしてきました。
当然、クドリャフカも来るんでしょうね。
クド、再び!

そして問題のAT-X限定かのこん源ちずるですが。
ホビーストックのやつはちょっと顔が似てないというか、なんか私的に可愛くないのでパスなのですが、これはよいです。
というかそれよりも、ついに来ましたね、この体位
でもこれでおしりだけ立体にするというのは無理があります。
どこからどこまでが立体になるのでしょう。
太ももまで立体化してくれたらマウスパッド決定なんですけど。

ああ、立体マウスパッドが着エロDVDなみに過激になる日が来るのでしょうか。
ではでは。



協力:figma涼宮ハルヒ・キョン・古泉一樹&AFC長門有希・朝比奈みくる




←「R.U.R.U.R~ル・ル・ル・ル~ R-ヒナギク 立体マウスパッド」


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.