×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
謹賀新年
同人ものはほとんどがアサヒ・インターナショナル製です。
私は同人ものはのどっちしか所有しておりませんが、
のどっちはほぼ間違いなくアサヒ・インターナショナル製です。
なので、同人ものはほぼやわらかいと見て間違いないんです。
企業ものは危険。



しかし、M胸ののどっちより大きくなるとちょっとかたくなります。
いつの間にかアサヒ・インターナショナルさんのところに専用ページが出来ております。
こちらに書いてあるとおり、L胸以上はややかためです。
谷間との兼ね合いかと思いましたが、ジェル崩れを懸念した配慮のようですね。
クララクランなんかはL胸以上なのにのどっち並みのやわらかさで、見事に谷間が一切ないですが、
それは危険なんですね?
なるほどー。










あけましておめでとうございます。
当FOSブログを自動更新している思念体めにございます。
ええ、立体マウスパッドの統合思念体です。
はい、言ってるだけですが。



一応、ブログが分裂したときにそういう設定にしたはずなんですが。
なんでやりきらないんですかね、私は。 ←最初からやってないじゃん。










……はい、与太話はここまでにして、話の続きをしましょう。
残念なことに同人ものをのどっちしか所有していない私は、
アサヒ・インターナショナルのL胸やLL胸がどの程度のやわらかさなのかを知りません。
それほど変わらないという印象を持っていますが。



ところで、なおっぱいの購入報告をいただいたのをきっかけにちょっと調べていたら、
なおっぱいを作られたSIMPLE HOUSEさんのブログに興味深い記述を見つけました。



「往復¥26,480払って、日帰りで東京の神田まで行ってきました。
なおっぱいマウスパッドの商談のためだけに。」




これは素晴らしい熱意ですね。
などという感想はともかく、これで製作会社が割れますね。
はい、まさしくアサヒ・インターナショナルです。
まあ、神田にほかの製作会社がないとは言い切れないですが、十中八九間違いないです。
ちなみに、なおっぱいはL胸で間違いないと思います。










さて、ここでちょっと頭の中を整理してみましょう。
立体部分が大きくなればなるほど谷間がなくなるのが普通です。
なぜか?
それは、ジェルが高ければ高いほど表面布が引っ張られテンションが高まるからです。
なので、ジェルを高くすれば高くするほど頂上がつぶれて谷間が埋まります。
もちろん、やわらかいジェルであればあるほどつぶれやすい。
多分。



ではなぜ、かたい黒乃胡夢や九条美海にも同じように谷間がないのか?
これは、アサヒ・インターナショナルのものに比べて、表面布の伸縮性がないから。
布が伸びないから、ジェルを押しつぶしてしまうわけです。
おそらく、このぴっころ製ぷにぷにLL胸ジェル(←厳密にはL胸ジェル)の上に
アサヒ・インターナショナルの表面布をかぶせたら、
くっきり谷間ができるはずです。
多分。



アサヒ・インターナショナルのL胸LL胸が多少ジェルかためでも、あの布を使っている限り、
ぴっころキャラアニごときが対抗しきれるものではありません。
やわらかいのが好きな人は企業ものは避けましょう。
スーパーふにふにですら布は伸びが悪いですから。
はっきりいって大事なのはジェルよりも布の伸縮性なのです。
大人コーティカルテがぷにぷにジェルでありながら当ブログのチャンピオンであるゆえんはそこです。



私の言うふにふに・ぷにぷに・ぐにぐにというのは
あくまでもジェルの質にすぎません。
手首を置いた感触とか、指で押した感触を大きく左右するのがジェルです。
しかし、我々揉み揉み星人にとって重要なのは布の伸縮性なのです。
布が伸びなければ、どんなにジェルがやわらかくても意味がないんです。
抱き枕カバーと同じく、立体マウスパッドも布が大事。



その点において、マッチングワールドがレースに参加できてない今、
アサヒ・インターナショナルにかなうものなし。
同人ものを買わずして立体マウスパッドを語る資格はないですね。
……って、私か!



というわけで自己矛盾に陥ったので、終了。
今年もよろしくお願いします。
キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.