Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
すーぱーそに子 ぷにむねマウスパッド

SonikoPunimune.jpg


ホビーストック製作
2009年12月→2010年1月→2010年2月発売→2011年1月リニューアル再販→2011年8月再販/定価3,675円

ホビーストック 3,675円(送料:490円/10,000円以上で無料)※復活(2011/6/16)→完売(6/17)→復活(8/10)








「なかったことに……」


ちょちょ、ちょっとタンマ。
皆さーん、落ち着いて聞いてくださいねー。
このそに子の2011年版、M胸かも。



や、というのも、桜ノ宮ありさがL胸ドリームランド澪より小さいという話が出てきちゃったんです。
で、ちょっと調べたらこんなのを見つけました。











SakuranomiyaArisaAHt.jpgSonicoPunimune2011AHt.jpg


こちら、アキバHOBBYさんがこの夏のワンフェスで撮影してこられた写真です。
ちょっと見やすいようにトリミングさせていただきました。
該当記事へは上の画像からジャンプしてください。
んー、やはりアキバHOBBYさんもチェックしなきゃダメですねー、これは。



さて、印刷がめちゃめちゃ綺麗なのがわかると思いますがそれはともかく。
ありさのほうはちょっとわからないですが、そに子のほうは見た感じ、やっぱちょっと低いかなー。
や、私もたくさん立体マウスパッドを見てきましたが、サイズって本当に見ただけではわからないものなんですよ。
特に写真の場合、カメラとの距離で全然見え方も変わってきますから。
でもこれはやはり低いような気がします。



だとすると、買わないほうがいいかも……。
ありさもM胸なんだとすれば、ぷにむね=巨乳というのも当てはまらないことになります。
や、エリスはLLに間違いないですが、この感じだとめがね委員長も怪しいですね。
もちろん、見た目重視、揉み重視の人はこのM胸でも充分満足できるとは思いますが、
そういう人のほうが少数派かなーと、これまでの経験からは感じます。



んー。
やはり初回生産のものと同じとわざわざ主張している以上、
さすがにM胸をLL胸にすることはできないのかもしれません。
私だったら、ぷにむね=巨乳というブランドイメージを作っちゃいますけどねぇ。
ということで実際のところはまだわかりませんが、とりあえず。



ごめんなさい。



さーて、Amazonで予約したそに子ぷにむね、キャンセルするかー。 ←おい。

<2010年12月5日>










「2011年版」


こちらの再販、なぜかAmazonだけが(2011年版)と記述していることに疑問を持たれている方もいらっしゃるでしょう。
こんなことを書いてるのはAmazonだけです。
そもそもホビーストック自身が、

※デザイン・商品仕様などは初回生産のものと同じになります。

と明記してます。
というか、そのAmazonの(2011年版)というのを見て疑問に思った方は、
ちゃんとその下の商品紹介のところも読まなくてはいけません。
Amazonの商品ページの中ほどに、このホビーストックが明記している注意書きが2回も書かれてますよ?
ええ、大事なことなので2回書いてるんです。



これはもう、完全にです。
(2011年版)というのは、Amazonが初版のやつとページを別にしたかったから便宜的に付けたタイトルに過ぎません。
初版のやつはまだマーケットプレイスで取り扱われているので、こちらの再販予約分とごっちゃになるのを嫌ったのでしょう。
ええ、それだけのことです。



……と思ったら大間違い。











SonicoPunimune2011Simazou.jpg


こちら、ホビーストックブログことシマゾウ・レポートでこちらの再販発表時に出された写真です。
その記事へのリンクは上の画像からどうぞ。
これ、私も当時見ましたが、綺麗に写るなーと思ったものです。
しかし、そのときは何も疑問に思いませんでした。
というのも、

ワンダーフェスティバル2010〔夏〕でホビーストックリテールブースでも展示したサンプルをご紹介しちゃいます!!

って書かれてたからなんです。
ええ、実際、私もワンフェスでこれの発売前のサンプルを見ましたから。
そうかー、あれってこの夏のことだっけー。 ←実際は今年の2月。
もっと前のことのような気がするけど、きっとこの記事が書き間違えてるんだなー、うふふ。
などと考えて、少しわき上がりかけてた疑念を振り払ったものです。
今思えばうかつだったんですが、その上の抱き枕カバーが前回の生地の写真ですよーと書いていたものですから、
マウスパッドのほうも、初版発売時に撮影した写真ですよーみたいな印象を勝手に受けてしまったんですね。
今更そんなもん見せられてもって感じだったんです。
ところが。



上の写真、今見ればはっきりとわかります。
これはマッチングワールドOEM。
や、実際にマッチングを通しているかはわかりませんが、同じ工場と見て間違いないでしょう。
このマウスパッドの特徴は、左右のおっぱいの形がそれぞれ限りなく円に近いということです。
や、実際は少し縦長の楕円ですが、通常の立体マウスパッドはもっとはっきりとしたタマゴ型なんです。
なので、上から見た面積もその分、マッチング製のほうが小さい。
これ、ものすごいはっきりとした特徴なんですが、意外に意識して見ないとわかりません。



あと、とにかく印刷が綺麗です。
立体マウスパッド特有のキラキラノイズがほとんどないので、見た目がとてもしっとりとしているのです。
そして生地がよく伸びるので、LL胸でも谷間がはっきりと出来る。











SonicoPunimune2011Simazou2.jpg


谷間がはっきりとあるのがわかるでしょうか?
初版のそに子ぷにむねは谷間が少ししかないので、全く別物です。



ただ、生地が伸びるとはいえ、ジェルがやわらかくては結局山がつぶれて谷間もなくなってしまうので、
これくらい谷間を作ろうとすればやはりある程度のジェルのかたさが必要になってきます。
まあ、昨今のやわらかジェルと比べてしまえば地雷レベルかもしれませんが、
その揉みやすさと弾力は揉み好きにはたまらないでしょう。










さて、この事実に私が気づいたのは、
この間ほぼ同時発売となった桜ノ宮ありさエリスのぷにむねの写真を見たからです。
2chにアップしてくださった方に感謝。



ありさのほうはわかりませんが、エリスはLL胸でした。
まあ、谷間も全然違う全く別種の立体マウスパッドですので、LL胸くらいと言っておきましょうか。
マッチングの立体マウスパッドは大・中・小に区分されておりまして、
我らが大人コーティカルテがこのマッチング大です。
サイズ的にはLL胸の上を行く3L。
エリスは見た感じ、大人コーティほど谷間はないので、おそらく大人コーティよりジェルがやわらかいです。
なのでその分つぶれてLL相当になったと思われます。
大人コーティはぷにぷにでしたが、ふにふにの域まで達しているかどうか。
あ、ちなみにぷにぷにとかふにふにっていうのは、ジェルのやわらかさの度合いです。
完全に私の主観ですが、なぜかこの2つにははっきりと違いがあります。
多分。



さて、調べてみたところ、実はさらにその前のめがね委員長からこの仕様になっていることがわかりました。
つまり、最初のそに子ぷにむね・ぷにMまではやわらかジェルで伸びない生地でキラキラ印刷。
その後のめがね委員長・桜ノ宮ありさ・エリス・そに子ぷにむね再販はかためジェルで伸びる生地でしっとり印刷ということになります。
あと、最初の2つは実質Mサイズでしたが、
それ以降はおそらく全部LLです。
そもそもマッチングのかためおっぱいは大サイズでなければ意味がありません。
中・小サイズだとそれほど揉みやすさは変わらないので、ただかたいだけになってしまいます。
もちろん印刷は綺麗ですが。



それに、めがね委員長以降は全部巨乳設定ですから、まず間違いないと思います。
そう、そに子は巨乳じゃなきゃいけないんです。










ということで、今度のそに子ぷにむね再販は、完全に2011年版です。
もはや全くの別物。
雲雀丘由貴リニューアル版をVer1.5とするなら、こちらのそに子ぷにむねはVer1.9くらいの代物です。
だってM胸がLL胸になっちゃってますしねー。



しかしこれだけの変更をなぜホビーストックは隠蔽するのでしょうか。
私はこちらの再販が決定したとき、抱き枕カバーだけじゃなく立体マウスパッドの生地も改善すべきと書きましたが、
そもそもめがね委員長から変えていたのであればなぜ言わないのか。
まあ、立体マウスパッドに対してひたすらやわらかさを求める人は少なくないので、
明らかに改善点の多い仕様変更であっても完全に改善と言い切れないのは確かです。
特にぷにMのやわらかさを支持する人は多いみたいですからねー。
そういう人たちにとっては、この仕様変更は改悪に見えるかもしれません。



しかし、是非一度このクオリティを手にとって確かめていただきたいです。
腕を乗せてふにゅふにゅすることはできませんが、おっぱい的存在感は尋常じゃないですから。
というかまあ、やわらかさを楽しむのであれば他のメーカーのM胸を、巨乳を体感したいのであればぷにむねを、
というふうに買っていけばいいだけの話なんですけどねー。
おそらく今後もぷにむねシリーズは巨乳路線で行くと思うので、この英断を皆で喜びましょう。



ホビーストックさん、グッジョブ!!










……え?
そんなに持ち上げておいて、結局お前は買わないのかって?
自分で買ってちゃんと確かめろ?



や、確かにそうです。
正論です。
ですが、個人的にこれまでのぷにむねにはいまいちぴんと来るやつがないんですよねー。
大人コーティだって、素晴らしい素晴らしいといっても、結局は感情移入してないキャラなので使ってないですしねー。
とにかく私は感情移入第一なので、あくまで好きなキャラのやつが欲しいのです。



そに子はゲーム化されるとはいえ、いまだ元ネタのない状態ですからちょっと手を出しにくい。
でも可愛いですよね、そに子は。
今の勢いなら多分、アニメ化までこぎつけるでしょう。
でもゲームのポリゴンはちょっと絵があっさりしすぎですよねぇ。
グラビア写真を撮っていくなんてゲームならなおさら、もうちょっとグラフィックを頑張ってほしいところではあります。
まあ、でもとにかく、せっかくなのでこのそに子ぷにむねは買おうかなーと。
抱き枕カバーも欲しいんですけどねー。
んー。

<2010年12月3日>













「マウスパッドの生地も改善すべき」


こちら、来年の1月再販です。
なんと抱き枕のほうもスムースニット150×50が2WAYトリコット160×50になって再販されるそうです。
ありゃりゃ、最初の買った人、かわいそう。

<2010年10月15日>










「氷解」


お騒がせしました。
どうやら一つの答えが見えたようです。



まず、次郎さんのぷにむねに谷間がなかったのはパッドが反って浮いてたためで、
実際は谷間は少しあるそうです。
いずれにしても、M胸にしては谷間が浅いということで結論づけていいのだと思われます。
そして、表面の生地がツルツルしているのが特徴のようです。
以上から、ホビーストックの中の人が、
やわらかさよりも手触りを重視して生地を選択したのだろうという結論が導き出されました。



アサヒ・インターナショナルと同じ工場だからやわらかい、とは申しましたが、
普通に考えればその工場には数種類の立体マウスパッド用の布があって、依頼者が選択できるようになっているはずです。
事実、アサヒ・インターナショナルのページにも生地をチョイスしたと書かれてますしね。
今回のぷにむねに関しては、伸縮性がいまいちでかたく、なおかつ印刷にキラキラノイズが出やすいようですが、
おそらく発色が綺麗で手触りがツルツルしているというのが長所の生地なのでしょう。
あるいは発売延期になった原因はこの生地変更だったのかもしれません。
ちなみにジェル自体はアサヒのM胸クオリティであろうと思われます。



リコール騒動にまで発展するかと思われた今回のぷにむねですが、
結局はホビーストックの中の人のこだわりであったようです。
新たなる挑戦だったと言っていいでしょう。
次のぷにMでも同じ生地を選択してくるのか。
はたまた違うこだわりが見られるのか。
これは楽しみになってきましたね。



↑実際は、従来の企業ものクオリティでした。
生地がツルツルするというのは、生地があまり伸びないために手が滑るということだったようです。




情報支援していただいた皆さん、ありがとうございました。
とりあえず落ち着きましたー。

<2010年2月26日>










「ごめんなさい」


えー、そろそろこちらのぷにむね、皆さんのお手元に届いたでしょうか。
私は発売前にワンフェスでこちらの実物を目にし、
間違いなくアサヒ・インターナショナルと同じ工場製、
だから絶対やわらかい!
的な発言をいたしました。



……はい。
ここに深く謝罪させていただきます。



ごめんなさい。



……え、声が小さい?
はい、すみません、では。



す、すみませんでしたぁ!










実はこのぷにむね、あまりやわらかくはないそうです。
しかも谷間がほとんどない。
じゃあL胸なのかというと、サイズ的にはM胸クラス。
……あのー、こんなに谷間のないM胸、見たことないんですけど。



次郎さんのブログで御確認ください。
そういえば、一度だけこれに近いM胸を見たことありますよ。
これ。







私が最初に買った白雪みぞれです。
でもこれは、谷間のところのジェルがちゃんと固まってなかったためにこんなに膨らんでたんです。
単なる不良品でした。
しかし、今回のぷにむねの谷間がないというのはどうやら仕様のようでして。
正直、次郎さんのところのレビューを見たとき愕然としてしまいました。
個体差であってくれ、そう願いましたよ。
しかし現実は厳しかった。
どうやら谷間がなくてそれほどやわらかくないというのは確定のようです。



ただ、二度も発売延期をした商品ですから、生産ロットによる差がある可能性があります。
生産工程でなんらかのトラブルがあったのかもしれません。
下手すれば、生産ロットによって全然品質が違ったり……したら企業としては問題なわけですが。










まあとりあえず、これが現実なんだと受け止めて話を進めましょう。
M胸でこんなに谷間がないというのは考えられません。
あまりにもやわらかすぎて谷間がなくなるという可能性はありますが、
そんなにやわらかくないんであれば逆に谷間はきちっとなければいけない。
これは明らかに異常事態です。



色々と理由を考えてはみましたが、よくわかりません。
L胸がつぶれてこうなったのかなーと考えたんですが、形状が明らかにM胸なんですよねー。
上から見たときのおっぱいの上のラインが尖ってます。
L胸はもっと丸っこいので。



んー。
やっぱり、ジェルの中心部がちゃんと固まってないんじゃないですかねぇ。
それで、M胸なのに体積が増しちゃって、その分、布に押さえつけられて谷間がなくなっちゃった、とか。
あるロットか、あるいは全て不良品だとか。
そのくらいおかしなことですよ、これは。
リコール騒動になるかも……。










今、楽天でじたみんに在庫復活してたのでこの記事を書き始めたのですが、
書き終わったときにはもう完売してました……。
ああ、また被害者が……。


<2010年2月23日>










「そに子って何ロイド?」


こちら、ニトロプラスのイベントマスコットこと
すーぱーそに子ぷにむねマウスパッドです。


久々のホビーストック製作パッドですよー。
相変わらず素材:PU・PVCジェル(パッド部)って書いてあるし。
もう一度言いますよ?
これ、PUとPVCとジェル、ですから。
PU&PVC&ジェル。
まあ、PU・PVC・ジェルと書けばいいわけですが。


しかしこのデザインは可愛いですよねぇ。
おしりもそのうち発表されるはずですが、そっちも素晴らしい。
これで品質が最高なら是非欲しいところですが……。


発売は12月。
ホビーストックだけでなく、一般流通するようです。
前は一部のショップだけでしたが。

<2009年10月29日>


キーワード検索 ぷにむね  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.