×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【レビュー】かのこん 立体おしりマウスパッド ちずる




アニメ「かのこん」より、
源ちずる立体おしりマウスパッドです。


おしり立体の語順があかね色とは逆です。
しかしまあ、おっぱいは立体の一言で省略されうるのに、
おしりはわざわざおしり立体とか立体おしりとか断らなければならないとはねぇ。
世も末ですな。


ということで、 ←どゆこと?
おしり3連発ですよー!






そんなに続けてレビューしたらネタがなくなっちゃいますよブログ長。


そうですねぇ。
少なくともおしりはしばらく打ち止めですね。
まあ、3月はおしり強化月間でしたから仕方ないですね。 ←だからいつの間に。








なんせ3月はおしりの月と言うくらいですから。
え? 御存知ない?
や、ほら、数字の





そんなわけで私、3月中にこの記事を書き終えるのに
必死
ですよ。
まあ、ほとんどの人は4月以降に見ることになるんでしょうけど
ねっ!






さて、レビューに入りましょうか。 ←お前は前置きが長い。
この立体おしりマウスパッドこと立体太ももマウスパッドですが、
当然のことながら特注の型であります。
しかし特注ゆえか、残念なことにフレームが高い。






膨らみの輪郭を形成しているのことです。
レメディアはもちろんそれがよかったわけですが、
このちずるさんは特に、
膨らみが平坦なのでフレームがすごい気になります。
太ももに何埋め込んじゃってんのって感じ。






この膨らみはかなり平坦です。
それでも一番高いおしりの辺りは、
穹ぺったんのぺったんよりは高いですが。


あ、S胸よりはってことです。





しかしまあ、なだらかな斜面がどこまでもどこまでも続いているような太ももなので、
とても平べったく感じるんですね。


や、絵には合ってると思います。
あまり膨らませすぎたら不自然ですから。






しかしその弊害がもう一つありまして……。
や、きっと皆さんはとても残念に思うことでしょう。
私は別にいいんですけどね……ええ。






割れ目が……や、この場合、割れ目っていうのはまずいですね。
なんというか、谷間……川べり……大事なところ……。
ま、要するにですね、
センターラインがかたいんです!





センターラインにもフレームが埋まってるんですかねー。
ジェルはあるにはあるんですけど、薄いんです。
で、押すとすぐにぐっと詰まる。
こんな薄いジェル、本当に成型したのかな?






無月なんかはとてもいい感じなんですけどねー。
ちょっと残念です。


あ、かなりですか、そうですか。






ただ、このジェル。
本当にPUジェル?





めちゃめちゃやわらかいんですけど、
押してもすぐに戻るんです。
ふにって。





指先だけでもつねることができるくらい、
やわらかすぎるくらいやわらかいんですが、
つねってもふにゃっと戻るんです。
今までのPUジェルではありえないことです。





もしこれが本当にPUジェルなら、
なんだできるんじゃんって感じですが。

 ↑大事なことを書き忘れましたが、太ももにはちょっと残念なやわらかさです。やわらかすぎる。


ただ、布がちょっと変わってまして、
奥から手前に撫でると毛羽立ちます。
印刷は綺麗ですが、多少電撃に近いのかな、と。

 ↑ここ、またちょっと私の中で大問題になってまして。
台湾製もここまでではないですがわりと毛羽立つことに気が付きました。
中国製のほうが毛羽立ちません。
 ←必ずしもそうではないようです。
どうやら立体部分が揉みやすいために、
逆にこのちずるさんの毛羽立ちが気になるようです。
ちなみにこのちずるさん、手がちょっと汗ばんでると毛羽立ちますが、
さらさらならわりとさらさらです。
すみません、この記事書くとき、
汗ばんでました。





この立体マウスパッドは、やはり全体を撫で回すのが吉です。
確かにちょっとざらざらしますが、 ←そうでもない。
全体の形がいとおかしなので、
幸せになれることでしょう。


せっかくだからおっぱいもちょっと膨らませておけばよかったのに。
 ↑マウスが置けません。




←「あかね色に染まる坂 長瀬湊 おしり立体マウスパッド」レビュー


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.