×Phos/抱き枕×
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
【バグシステム】真愛の百合は赤く染まる

B2タペストリー
愛実&真奈美
ManamiManamiB2BS.jpgメーカー:バグシステム
発売:2019年11月29日(PCゲーム「真愛の百合は赤く染まる」B2タペストリー付き)
価格:10,780円(税込)















『まかなしじゃないんか……』







HonjouManamiFace.jpgKanzakiManamiFace.jpgYuukoFace.jpg


11月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。
正直このゲームを買っていいのかここで紹介してもいいのかわかりませんが、

どうせ抱き枕化しないからいいよね? ←じゃあ紹介しなくていいのでは?



や、万が一HonjouManamiFace.jpg真奈美さんが抱き枕化されてしまったら絶対にゲームもやりたくなるでしょうから、
やはり紹介しておいたほうがいいかなーと。
ダル真奈美さんの抱き枕絵だったら多分スルーするけど……。 ←ダル真奈美さん?



こちらの作品はいわゆる百合ゲーでして、
私個人は今まで体験版すらプレーしたことないジャンルでございます。
といっても百合ものが嫌いというわけではなく、
単純に絵柄で惹かれるものがこれまでなかったという話。
まあ、百合ものはやはりエロが弱いイメージがあるので、
余程絵が魅力的じゃないとやってみようという気にならないというのは事実ですが、
こちらのHonjouManamiFace.jpg真奈美さんは立ち絵だけで個人的にはきゅんきゅんするレベルでございました。
実際、百合描写のほうも素晴らしかったですし、
体験版もこれから盛り上がるちょうど良いところで小気味良く終わらせてくれたので、

買うわ(抱き枕次第で)となりました。
これの前に体験版をプレーした親子丼ゲーも面白かったのですが、
母娘がライバル宣言をするところで終わってくれていたらなぁ……。 ←ここが体験版のクライマックス。
個人的には60点のゲームと思わせておいて最終的に80点になるゲームより、
80点を期待させて60点で終わるゲームのほうが好きです。
好きっていうかそもそも、

60点だと思ったらやらないし。
それこそその親子丼ゲーも当初の期待どおり80点で終わる作品なのかもしれませんが、
少なくとも体験版の最後で60点の結末を予想してしまった私の中では評価なしの作品となってしまいました。
もちろん金色ラブリッチェくらい評価されて抱き枕化もされれば話は別ですけどねー。



……さて。
とはいえこちらは明らかに抜きゲー的雰囲気でエッチシーンもなく終わってしまった体験版だったので、

おまけエッチシーンくらいは見ておかないと記事が書けないよね?
と思って見た1つ目のシーンはまだまだライトな序の口のエッチシーンでしたが、
なるべくフライングでエッチシーンを見たくない私からしたらちょうど良いレベルでクオリティも申し分ありませんでした。

ただ、2つ目のシーンのタイトルが見るからに不穏で、
最悪の光景が脳裏をよぎりましたがそんなわけないと他の可能性に思いを致すも全く思い当たらず、

果たせるかなまさしく最悪の光景が私の眼前に現れたのでした……。 ←そもそもエッチシーンじゃないし。



このブランドさんのこのメンバーによる前作は最初からリョナゲーだとわかってたから体験版もやらなかったはずですが、
つまりは私はリョナには全く興味がありません。
とはいえ、ここのリョナシーンに関しては体験版で出されていた質問の1つの答えだとすぐにわかりましたし(多分)、
彼女たちが純粋であるがゆえの行為だとはっきり察せられたので、
さすがに興奮はしませんでしたが比較的穏やかな気持ちで受け入れることが出来ました。



うんうん、よく頑張ったね。

死ぬんじゃないよ。 ←穏やかに受け入れすぎぃ!











HonjouManami001.jpg


本庄真奈美(ほんじょうまなみ)は百合転校生な主人公。 ←百合転校生?
つまり百合が原因で転校を余儀なくされた系の主人公になります。
なので対人関係には非常にびびってますが、
元々気弱な性格ではあるようです。



CV八尋まみ











HonjouManami003.jpg


気弱なのに百合がバレるようなことをよくしたなとも思いますが、
同性の友達は異性の友達より圧倒的に距離が近くなるので、
むしろ告白のハードルは下がるのかもなーと。



しかしこのパジャマ姿は可愛いですよねー。
愛実さんが見たら鼻血出すレベル……。 ←そんなキャラでしたっけ?











KanzakiManami001.jpg


神崎愛実(かんざきまなみ)は隣の席で転校生の真奈美さんのことを気にかけてくれるクラスメイト。
真奈美さんをからかって楽しむようなサディスティックなところもある大人びた雰囲気の女の子ですが、
実は真奈美さんと同じく百合な人。
バイの可能性もありますが……。 ←先生絡み!?



CV風花ましろ











ManamiManami001.jpg


百合は結局どこまで行っても2人が肉体的に交わることはないし、
器具を使ったところで本当に交わったことにはなりません。
そういう意味で色々と汚らわしい薔薇に比べて百合は本当に純粋で純潔で尊いわけです。

でもだからこそ散らせてみたいと思うのが人情というもので、
そのためにはやはり男が必要なんですよねー。
単に男が嫌いだから百合ものが好きって人には申し訳ないですが……。



この作品は間違いなく百合という純潔の愛の究極的な姿を描こうとしているはずですが、
同時に障害や絶望も描くことでその尊さを強調するような作りになっているんじゃないかなーと。

まあ、そもそもリョナなんかのネガティブ要素ありきで企画された百合ゲーでしょうから、
百合をネガティブに描くためのありとあらゆる要素が入っていると考えていいんじゃないでしょうか。
それこそタイトルの「真愛の百合は赤く染まる」というのも、

百合を象徴する色であり純潔を象徴する色でもあるを汚された百合の姿を描こうということなのでしょうから、
単に百合の綺麗なところだけを見たいという人はもちろん避けたほうが良いでしょう。



正直、私個人はこのコンセプトにめちゃめちゃ惹かれてますが、
ストーリー上の必然性を超えた残虐表現がないことを願うばかりです。
体験版には未登場の3人目のヒロインであるところのYuukoFace.jpg優子(ゆうこ)CV水野七海が、
嫉妬から数々の残虐行為を起こすのかなーという気がしますし、
逆に愛実さんに残虐お仕置きをされる展開もあるかなーという気がしますが、
そういうのはあまり必然性はないかなーと。
真奈美さんが優子と火遊びしちゃって愛実さんにブチ切れられる残虐展開なら見てみたいですが……。 ←これは必要。

<2019年11月10日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.