×Phos/抱き枕×
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
【3rdEye】レイルロアの略奪者

B2タペストリー
ティルトミリアリス
TiltBlandoraB2Sofmap.jpgメーカー:ソフマップ
発売:2019年10月25日(PCゲーム「レイルロアの略奪者」ソフマップ特典)
価格:9,500円(税込)

アキバ☆ソフマップドットコム 9,500円(送料:550円/一部地域除く)
MillialisB2Getchu.jpgメーカー:げっちゅ屋
発売:2019年10月25日(PCゲーム「レイルロアの略奪者」げっちゅ屋特典)
価格:8,980円(税込)

Getchu.com 8,980円(送料:500円)
イースラフィ
EaslaEilyneB2Trader.jpgメーカー:トレーダー
発売:2019年10月25日(PCゲーム「レイルロアの略奪者」トレーダー特典)
価格:8,941円(税込)

トレーダー オンラインショップ 8,941円(送料:550円)
FiB2Melon.jpgメーカー:メロンブックス
発売:2019年10月25日(PCゲーム「レイルロアの略奪者」メロンブックス特典)
価格:9,438円(税込)

メロンブックス 9,438円(送料:600円/10,450円以上で無料/一部地域除く)














『最高峰の美少女ゲー(ただし男率高し)』







TiltBlandoraFace.jpgMillialisFace.jpgFiFace.jpgEaslaEilyneFace.jpg


10月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ2本目はこちら。

3rdEyeさんの実に4年ぶりの新作でございます。
このブランドさんはプロットはともかくテキストに難があるイメージで、
当ブログでの紹介は初となりますが、

ぶっちゃけ今作も体験版はいまいちでした。
ただ、テキストに難があるからってわけでもないでしょうが今作はめちゃめちゃ演出に力が入ってまして、
特にバトルシーンは極力テキストを控えて演出だけで見せるというような野心的な作りになっており、

全体的にテンポ良く描こうという意図も伝わってきましたので好感触。
4年もの歳月を注いだそのこだわりの結実を見届けたいという気持ちにさせられてしまいました。

何よりこちらの原画さんの圧倒的に美しい女の子たちをそろそろ愛でたいという気持ちが、
4年ぶりの新作ということもあって膨らんでいたのが大きいと思います。
おそらく今作もメインは全員抱き枕化してくださるでしょうしねー。



とはいえ幻創のイデアなんかは、
ひまわりちゃんさえ抱き枕化してくれてたら絶対にプレーしたんだけど……。 ←ひまわりちゃん?











TiltBlandora001.jpg


ティルト・ブランドーラは1人目の主人公レノとコンビを組む対神特化警邏部隊(ミスティルテイン)所属の統制士団員。
電撃を操る能力を持ち、
それによって直接的な感電攻撃のみならず反重力的な(?)高速移動や超跳躍もこなします。
その真面目さゆえにネガティブになることもありますが切り替えが早く、
基本的には快活で大食いなポジティブの塊のような女の子。
この斜め顔のアップが可愛すぎる……。



CV上原あおい











TiltBlandora003.jpg


今作のメインヒロインの立ち絵は3パターンあり、
それぞれにポーズ差分が2つずつあります。
最初の斜め顔のアップがなんの絵の流用なのかはわかりませんが、
3パターンの立ち絵以外にも頻繁に使われる絵がいくつかあり、

アップも多用されてまるでminoriゲーのような豪華なヒロイン演出となっております。











TiltBlandora006.jpg


横顔も当然のように存在しまして、
斜めに傾けるだけでこんな気の利いた構図も自由自在。
ちなみに手前にいるのが1人目の主人公のレノです。











TiltBlandora007.jpg


この絵の使い方もうまいなーと。

こちらは着地したときのズザザザーっていう絵ですが、
同様に斜めに傾けてアップにするだけではっと顔を上げたような演出になるわけです。
そもそもこの絵そのものが最高に素晴らしいんですけどねー。











Millialis003.jpg


ミリアリスは謎のハイテンションガール。
陽気ですが頭の回転が早く、
ついてこれない人間は死んでも構わないくらいの冷徹さも持った女の子。 ←多分。



CV和央きりか











Millialis001.jpg


こちらはおそらく3パターン目の立ち絵になりますが、
この演出以外でも普通に何度も出てくるようです。
両手を下ろした差分ポーズもありましたが、
いずれにせよ同様の顔アップだったのでどんな立ち絵かは不明。



この作品は一見ファンタジーですが、
実際には文明の隔絶した未来世界のような題材になるようで、
その辺の真相みたいなものを知りつつ暗躍してるのがこの人っていう感じっぽいです。











Fi001.jpg


フィは2人目の主人公グレイドリックと一緒に暮らしている女の子。
酒場でウェイトレスをしていましたが、

ある日突然神憑(エラー)になってしまいます。
ティルトと同種の明るさと子供っぽさを持ったピュアな女の子ですが、
そんなティルトですら彼女に癒やしを求めてしまうような、
より女の子らしい包容力を持っているようです。



CV鈴谷まや











Fi003.jpg


ぶっちゃけこの私好みの正統派ヒロイン2人の存在だけで買うわっていうレベルです。
これまでの3reEyeさんはその重たい世界観に呼応したような癖の強いヒロインが多かったイメージですが、
共に戦う正統派ヒロインと守ってあげたい正統派ヒロインが共存するこのライトなファンタジー世界は個人的に至高。
ていうか、絵が可愛すぎる……。



未来世界とは言いましたが、
ケモミミ生えちゃった人(エラー)がスマホとかの旧世界の異物(レリック)を変化させて武器にするみたいなのが、
まともなSF設定になるとはとても思えないので、
やはり純然たるファンタジーと考えたほうがいいかもしれません。
むしろあれでちゃんとSF設定をこじつけられていたとしたらすごいと思いますが、
果たして……。











EaslaEilyne001.jpg


イースラ・エイラインはクールな超絶美女。
体験版ではほとんど出番がなかったのであれですが、
キャラ紹介を見てみたらどうやらお嬢様系ではなくハンター系のようです。 ←ハンター系?



CV花園めい










正統派ヒロインが2人もいるしわ寄せが残りのヒロイン2人に行っちゃってるっぽいので、
おそらくミリアリスとイースラは私の中ではどうでもいいヒロインになりそう。
ですがまあ、メインの中のメインであるティルトとフィちゃんが可愛ければそれだけで個人的には何も問題ありません。
体験版にはティルトのちょっとエッチなシーンがありましたが、
ああいう正統派のヒロインが恋愛フラグの立つ前の本当にピュアなときにエッチな目に遭うのって良いですよねー。

見ちゃいけないものを見ちゃったようなある種の背徳感すら伴った最高のエロ尊さがそこにはあったと思います。
主人公相手のラッキースケベでも良いんですけど、
それだとあそこまでは描けないし描いてしまったら尊さがやや目減りしてしまうでしょう。
でもなるほど、女相手だったらあそこまで描いてもティルトの尊さは失われないし、
むしろそこまではティルトをただ可愛いとしか思ってなかったので、
あそこで急に性の対象として意識させられたのはインパクトが強かったし、

エロゲの体験版としては最高の演出だったなーと。



美少女演出にかけては業界随一だったminori亡き今、
3rdEyeさんには今後も期待したいところです。
恋愛ものとバトルものという違いはありますが、

同じ厨二ブランドですしねー。



テキストに難があるところもよく似とる……。 ←こら。



ちなみに特典のB2タペストリーはどれも枠いっぱいにキャラを収めてて普通の作品だったら良い感じなのですが、
こちらのキャラデザはリアル頭身になっているようなのであれでは残念ながら頭大きすぎです。
抱き枕サイズでいいのよ……。

<2019年10月22日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.