×Phos/抱き枕×
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
【Guilty】虜ノ歪 ~音大卒の元歌姫が響かせる淫らな啼き声~

B2タペストリー
夕咲詩音夕咲果音
YuusakiShionB2Sofmap.jpgメーカー:ソフマップ
発売:2018年5月25日(PCゲーム「虜ノ歪」ソフマップ特典)
価格:8,726円(税込)

アキバ☆ソフマップドットコム 8,726円(送料:540円/一部地域除く)
YuusakiKanonB2Getchu.jpgメーカー:げっちゅ屋
発売:2018年5月25日(PCゲーム「虜ノ歪」げっちゅ屋特典)
価格:8,880円(税込)

Getchu.com 8,880円(送料:490円)
湊奈実中ノ森恭子
MinatoNamiB2DMM.jpgメーカー:DMM
発売:2018年5月25日(PCゲーム「虜ノ歪」DMM特典)
価格:8,731円(税込)

DMM.R18 8,731円(送料込)
NakanomoriKyoukoB2Tora.jpgメーカー:とらのあな
発売:2018年5月25日(PCゲーム「虜ノ歪」とらのあな特典)
価格:9,504円(税込)

とらのあな 9,504円(送料:680円/9,720円以上で無料/一部地域除く)
雨月梨那
UdukiRinaB2Melon.jpgメーカー:メロンブックス
発売:2018年5月25日(PCゲーム「虜ノ歪」メロンブックス特典)
価格:9,219円(税込)

メロンブックス 9,219円(送料:590円/10,260円以上で無料/一部地域除く)














『職人ゲー』







YuusakiShionFace.jpgYuusakiKanonFace.jpgUdukiRinaFace.jpgNakanomoriKyoukoFace.jpgMinatoNamiFace.jpg


5月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ2本目はこちら。
って、すでに発売当日となってしまいましたが、
今月発売のほぼ全ての体験版をプレーして最終的に2本だけが購入候補となった中で、
よりにもよってこちらが最後から2番目のプレーだったので仕方がなかったのです。

ええ、もうぎりぎり。 ←や、間に合ってないから。



バタフライシーカーをやる暇がない……。 ←全ルートクリアしなきゃいけないのに!



さて、こちらのGuiltyさんの虜ノシリーズをプレーしたのは今回が初めてでしたが、
まさに職人芸といったクオリティの陵辱ゲーでございました。

もはや職人ゲー。
それこそ全ての体験版をやると決めてなかったら絵柄でスルーしていたでしょうから、

今年から(ほぼ)全ての体験版をプレーすると決めてくれた自分に感謝。 ←抱き枕化されなかったらやり損ですけどね!



ていうか、Guiltyさんの抱き枕実績は過去1枚っぽいのでかなり厳しいと言わざるをえませんがまあ、

バックにはに印さんがついているわけですから期待したいところです。











YuusakiShion001.jpg


夕咲詩音(ゆうさきしおん)は元歌手で今は死んだ両親から受け継いだバー兼カフェの店主。
11時から15時までをカフェ、18時から23時までをバーのマスターとしてそれぞれバイト1人と時々妹の手を借りて切り盛りしています。
こちらの衣装はカフェ仕様。
少なくとも体験版まではこの作品の主人公でございます。



CV水瀬ゆき











YuusakiShion003.jpg


こちらはバー仕様です。
とにかく体験版までは丁寧にこの人の日常が描かれておりまして、
朝から晩まで働き入浴後は1秒も目を開けてられないというように寝てしまう毎日の繰り返しがなんとも清々しい(?)わけですが、
といってダラダラと描かれているわけではなく非常にテンポが良いので、気持ち良くこの世界に入り込むことが出来ます。

このライターさんの仕事は完璧と言っていいでしょう。











YuusakiShion005.jpg


こちらは外出着です。
そしてロケーションはお店の前。
2階が自宅になるのでしょう。
自宅の玄関は外階段の上にあるようですが、お店の中からも行き来できるようです……。











YuusakiShion007.jpg


こちらはネグリジェ姿。
ロケーションはもちろん詩音の部屋です。











YuusakiShion009.jpg


こちらはネグリジェにカーディガンを羽織った状態です。
ロケーションはLDK。











YuusakiKanon001.jpg


夕咲果音(ゆうさきかのん)は詩音の妹で学園に通いながらもお店の手伝いや家事もこなす甘えん坊だけど健気な女の子。
お姉ちゃんが休みの日は平気で寝坊するのに、
仕事の日はきっちりとお姉ちゃんより早く起きて朝食の支度をするところの描写が尊すぎて死ぬ。
ていうか休みの日でも基本的には果音が朝食を作るのですが、
休みが続いた日なんかは1日くらい甘えてもいいだろうと思うみたいなんですよねー。
夕食だって普段は果音が作ってるくせに、
休みの日はどうやら完全にお姉ちゃん任せのようで手伝ってと言われて嫌そうにするところなんか可愛すぎて死ぬ。
この妹はたまらん……。



CV花澤さくら ←しかもこれ。











YuusakiKanon003.jpg


こちらは制服エプロン。
お店の手伝いをするときもこれです。

苦学生アピールかな? ←利用できるものはなんでも利用するんやで。



この尊い姉妹描写がライターさんの功績なのかディレクターさんの功績なのかはわかりませんが、

これだけの素敵な姉妹を丁寧に描いておきながらそれをぶち壊そうなんてもはや悪魔の所業では?











YuusakiKanon005.jpg


そしてそれを喜んでしまう私もやはり悪魔なのかもしれません。
ですがこんな可愛い妹が可哀想な目に遭って可哀想可愛い姿を見せてくれるのであれば、

悪魔に魂を売っても構わない。



抱き枕化してくれなきゃ買わないけど……。 ←抱き枕>魂ってわけね。
こちらの衣装は果音の外出着です。











YuusakiKanon007.jpg


こちらは寝間着姿。
ロケーションはもちろん果音の部屋です。
ピンクが好きすぎて髪の毛までピンクに染めちゃった女の子……。 ←マジで!



まあ、この妹に関しては抱き枕化されようとされまいと続きを見たいというのが本音ですが、
ぶっちゃけ体験版段階で本当に興味があったのはこの姉妹だけなので、ここは心を鬼にして抱き枕化を待ちたいと思います。
複数ライターというのもやや不安ですしねー。











UdukiRina001.jpg


雨月梨那(うづきりな)は大学生になってから通学のために居候している夕咲姉妹のいとこ。
歳は詩音と果音の間になります。
モデルのバイトなどもやっているマイペースで人懐っこい綺麗なお姉さん。



CV倉下みすじ











UdukiRina003.jpg


こちらは先程の外出着にカーディガンを羽織っている状態。
いつもニコニコしていてあまり表情の変化はなく、目を閉じて笑ってることの多いキャラです。

手抜きスクリプト担当。 ←そんな担当が!











UdukiRina005.jpg


こちらはラフなほうの外出着。











UdukiRina007.jpg


上着を脱ぐとこんな感じ。
ここまで紹介した3人は右向きと左向きの立ち絵があるのですが、
なぜか果音と梨那はそれぞれ画面の左と右にいることが多いので、
立ち絵もそれぞれ中央のほうを向いているもの(右向きと左向き)が多いです。

詩音はわりと均等でしょうか。 ←さすが主人公。











UdukiRina009.jpg


こちらは寝間着のようです。
しかし女性視点でここまで見事に陵辱ものを描けるものなのだなーと目から鱗でした。
むしろ陵辱ものをやりたいがためにエロゲをやっていると言っても過言ではないくらい陵辱ものが好きな私ですが、

絵柄の時点でスルーしてしまって実はほとんどやったことがないんですよねー。
アホかと思われるかもしれませんが、

私は陵辱以上に美少女が好きなのでこれまで絵柄を無視してプレーすることは出来ませんでした。



もちろん実際にプレーしてみれば果音の立ち絵微妙だけどきゃわわなどというわけのわからない心理状態にもなるわけで、
とりあえずプレーしてみるということの重要さを今回噛み締めているところでございます。
とはいえ、抱き枕化されない女の子を好きになる虚しさに今はもう耐えられないので、

どんなに魅力的な作品であっても抱き枕化されない限りはやらないぞと固く心に誓っているわけであります。











NakanomoriKyouko001.jpg


中ノ森恭子(なかのもりきょうこ)は姉妹が音楽教室に通っていた頃にそこで知り合った果音の同級生。
ピアノをやっています。
見た目は派手ですが、子供っぽい果音と気が合う真面目な女の子です。

って、そう言えば果音も見た目は派手でした……。 ←金髪よりピンク髪が普通に見えてしまうオタク。



CV瀬名ゆず希











NakanomoriKyouko003.jpg


こちらは外出着。
ちなみにこの作品のウィンドウ表示には右下に着衣切り替えという項目があり、
いつでも立ち絵の下着と裸が見られる仕様になっております。

これ考えた人、天才。
特典パッチだなんだと言わず、全てのエロゲで実装されるべき……。











MinatoNami001.jpg


湊奈実(みなとなみ)はナースの仕事をしながら実家の教会でシスターも務める姉妹の幼馴染。
5人のヒロインの中では最年長のおっとりした優しいお姉さんです。
そんなおっとしりた彼女の学生時代の唯一の悩みは、
男子からフルネームで呼ばれるのがデフォなことだったとか……。 ←マジで!



CV藤野むらさき











MinatoNami003.jpg


こちらはもちろんシスター服。
ロケーションは奈実の家です。
この作品の立ち絵は前述のとおり2枚あり、片方の立ち絵には手の上下差分があります。
なので、御覧のように奈実の手の上下差分にはしっかりとお祈りポーズがあるわけです。

かわゆす。



ちなみにライターも複数(4人)ですが、原画は全員別人(5人)となっております。
男キャラを誰が描いたのかはわかりませんがあのモブ顔の男たちがこのヒロイン5人の尊い花園を踏み荒らすかと思うと、

世の中の儚さというかある種の爽快感すら覚えます。 ←鬼畜!



この作品は、
姉妹といとこの住む自宅ルートと教会に養護施設を作るためのチャリティコンサートを舞台とした施設ルートに分かれますが、
体験版で遊べるのは自宅ルートの序盤までです。
そしてそれぞれにモブ顔の強姦魔が用意されているわけですが、
特に自宅ルートのほうの強姦魔は最初全く害のなさそうな顔で(モブ顔なので)一切フラグを立てることなく日常に溶け込むんですよねー。

なので、これを陵辱ゲーだと知らずにプレーしていたらただのモブだと勘違いしてしまうレベル。 ←モブ顔だしね!
なのですが、そのモブ顔がこの花園の中に存在することがあまりにも不自然なので、

存在するだけで不穏なのです。



この感じがなんとも素晴らしいというか、わざわざセリフの最後にニヤッとさせたりとかそんな野暮な演出をしなくても、

こいつは危ないってわかるんですよねー。 ←勘違いしてねーじゃねぇか。
や、陵辱ゲーだって知らなかったら、不穏なものを感じつつもそんなわけないよねと違う可能性を模索するはずです。

私も心のどこかではただのモブであってほしいと不条理に願いながら彼の動向を見守っていたわけですが、
彼がそのモブポジションからじわりと這い上がってくるエピソードがまた最高にうまいんですよねー。
だからこそ、実際彼がどこまで計画的だったのかはわかりませんが個人的にはあのままの勢いで暴力的に強姦魔になってほしかったし、
忍び込んだりはしてほしくなかったなーと。
真正面から玄関を訪れてチャイムを押し話がありますと言って上がり込み、
話の途中で激昂してっていう流れにしてほしかった……。



でもまあ、とにかく自宅ルートには大期待です。
日常が壊されていく陵辱ものには日常の象徴である家の中こそが最高の舞台ですから。
逆に施設ルートは大雑把な内容になりそうだし、実際心理的な陵辱よりも肉体的な陵辱をテーマにしているのでしょうから、
個人的にはあまり好みではないかもしれません。
施設の子供も標的にしてくれれば話は別ですが……。 ←外道!

<2018年5月25日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.