×Phos/抱き枕×
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
【Campus】二人と始める打算的なラブコメ 抱き枕カバー

帝堂白雪佐倉希乃
TeidouShirayukiCampus1.jpgTeidouShirayukiCampus2.jpgSakuraNonoCampus1.jpgSakuraNonoCampus2.jpg
メーカー:Campus
発売:2018年5月25日(PCゲーム「二人と始める打算的なラブコメ」帝常白雪抱き枕カバー付豪華限定版)
価格:11,880円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<アクアライクラ/フレス社>【日本製】
原画:Twinbox
声優:鈴谷まや

メーカー:Campus
発売:2018年5月25日
価格:8,640円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<アクアライクラ/フレス社>【日本製】
原画:Twinbox
声優:秋野花















『二人と始める打算的なガチハーレム』







TeidouShirayukiFace.jpgSakuraNonoFace.jpg


5月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。
本来であれば抱き枕カバー付きゲームの場合は体験版時点で抱き枕カバーの購入を決断しなければいけないので、

抱き枕次第で買いますよじゃあ買いますとなるところなのですが、
幸いにもこちらの作品はエッチシーン以外を全部無料で遊べてしまうという、

全年齢本編無料版という名の体験版完全版が発売当日に出てきてしまうという恐るべき仕様なので、
最後までプレーしてから悠々と抱き枕カバー付き製品版の購入を検討することが可能なのです。

このビジネスモデルを考えた人、天才。



しかも今作はヒロインが二人ということで、
片方の抱き枕カバーをゲームに付けもう片方は単品で販売するという超親切設計。
正直、体験版だけで抱き枕カバーの購入を決められるほどの内容でも抱き枕絵でもないという感じでしたので、
この親切設計がなかったらおそらくここで取り上げることなくスルーしていたと思います。

ていうかもはやこの親切設計に賛辞を送りたいがために取り上げたまである。 ←ゲームの紹介をしなさいよ。



や、この仕様自体はすでに一昨年から始まっていたようなのですが、前作は体験版で断念。
その前のフユウソはそもそも最初のハルウソを体験版で断念してしまったのでスルー。

そしてその前の初恋シンドロームはそもそも体験版をやってないような気が……。 ←おい。
その頃は絵柄でスルーしちゃってたので……すみません。

で、更にその前は抱き枕カバーが付かないCampus暗黒時代でしたからプレーする機会はありませんでした。
なので、今回初めてこの仕様の凄さに気がついたというわけです。



もちろん、エッチシーン抜きとはいえ最後までプレーして面白くなかったら買ってはもらえないわけで、
作品に自信がないと出来ないビジネスモデルだと感じる人も多いんじゃないでしょうか。
ですがあくまでロープライスゲーなので、ちょっとでもヒロインに心惹かれてしまえば簡単に財布の紐が緩むレベルです。
しかも無料でプレーさせてもらえたというありがたみとわずかな後ろめたさが背中を押しますので、

お布施感覚で買う人が続出。 ←打算的な親切設計ですね!



実際のところはわかりませんが、
抱き枕カバー付きでロープライスゲーを出すようなところは是非ともこのビジネスモデルを取り入れてほしいものです。
まあ、ロープライスゲーのほとんどを占める抜きゲーでは難しい仕様かもしれませんが、
最低でも体験版くらいは出してもらわないと困ります……。











TeidouShirayuki001.jpg


帝堂白雪(ていどうしらゆき)は主人公と同じ高校2年生
学園最強のお嬢様で頭も良く、誰からも憧れられる存在ですが男嫌い。
こちらは一応制服ですが、指定の制服は存在しない学園という設定でございます。



CV鈴谷まや











TeidouShirayuki003.jpg


こちらは私服。
設定ではお嬢様はEカップとなってますが、Kカップくらいはあるんじゃないかなぁ……。 ←Kカップ!?











TeidouShirayukiCampus1.jpgTeidouShirayukiCampus2.jpg


抱き枕絵のほうはちょっと残念な感じになっちゃってますけどねー。
私の感覚だとオモテ面がGカップくらいでウラ面がFカップくらいかなーと。











TeidouShirayukiCampus1UP.jpg


タイツを穿いたままなのに下のスカートにシミが出来ているということは、
タイツの上から私を逝かせられたらおっぱいを見せてあげる……みたいなシチュエーションかもしれません。

白雪お嬢様はSっ気がありそうですから……。 ←マジで!











TeidouShirayukiCampus2UP.jpg


ですが、最終的にはめちゃくちゃ。
偉そうに上から目線で御奉仕を要求してくるわりに、
簡単に感じて喘ぎ声を上げてしまう淫乱っぷりが逆に主人公のSっ気を燃え上がらせてしまったのでしょう。
タイツを破ろうとしたもののうまく行かなかったので強引に途中まで下ろし、
そのまま閉じた両足を抱え上げパンツをぺろりとめくって激しく行為に及んだあと、
両足を無造作に下ろしてこれ見よがしにお股に発射した直後の絵柄がこちらです、御査収ください。 ←マジで!



や、マジでそういうシチュエーションがはっきりと見える絵柄になっていると思います。
オモテ面の余裕の笑顔からこのウラ面への嵐が通ったあとのような変化は見事としか言いようがないでしょう。

激しく犯されて茫然自失の事後のお嬢様を、どうぞ慰めるように優しく抱いてあげてください。











SakuraNono001.jpg


佐倉希乃(さくらのの)は白雪の幼馴染かつ専属従者で高校1年生
クールな白雪と違って人懐っこい性格で、
小悪魔的なところもありますがすぐに素に戻ってしまう反応がいちいち可愛い女の子です。
何か裏があるような描き方がされてましたが、この娘のことですからおそらく大した裏ではないのでしょう……。



CV秋野花











SakuraNono003.jpg


性格的にも可愛い女の子ですが、特にこの前傾姿勢の立ち絵が絶品。
立ち絵オブザイヤー2018はこの娘で確定なんじゃないかってレベルです。











SakuraNono005.jpg


フードをかぶった絵まであってもはや可愛すぎ。
体験版の時点では両ヒロインの差は歴然でございました……。











NonoShirayuki001.jpg


後ろ姿の立ち絵もあります。
こう見ると、希乃がお姫様で白雪がその幼馴染のお嬢様っていう雰囲気にも見えます。
金髪銀髪ヒロインって時点で、
希乃のほうが格上なのは確定なんだけどなぁ……。 ←実は主従が逆だったって話見たことある!











SakuraNonoCampus1.jpgSakuraNonoCampus2.jpg


体験版だけでは抱き枕カバーの購入を決断できませんが、
もし白雪お嬢様も単品売りで体験版完全版の存在もなかったとしたら、普通にまず製品版を購入していたと思います。
それくらいこの希乃という女の子は魅力的でしたし、

何よりルート分岐のないガチハーレム萌えゲーであるという事実は個人的に見過ごせません。



とはいえ、某政宗くんを丸パク……丸オマージュしているようなお手軽ロープライスゲーであり正直内容はあまり期待できないので、
あの短い体験版だけで抱き枕カバー購入の決断を迫られるくらいならいっそのことスルーしてしまおうと思ったわけであります。
いくらガチハーレムだと言われても、白雪お嬢様のほうにはまだ萌えられてませんし……。











SakuraNonoCampus1UP.jpg


希乃のオモテ面も白雪お嬢様と似ていますが、希乃の場合は自分から先にお胸をぽろりして誘惑しているのでしょう。
余裕の笑みを浮かべながらもすでにお股が濡れちゃってるところが可愛すぎますが……。

希乃はそれこそEカップくらいありそうですが、設定はCカップ。











SakuraNonoCampus2UP.jpg


そしてこちらは白雪お嬢様と同様に、主人公のSっ気を刺激して激しく犯された図。
ただ希乃の場合は多分、
中に出してとお願いしたために逆に外に出されてしまったんじゃないかなーと。 ←マジで!



眉毛をちょっと上に描きすぎかなーとは思いますが、
外に出されて悲しんでいるかのようにも見える希乃が可愛すぎてぎゅっと抱きしめてあげたくなりますねー。











TeidouShirayukiCampus1.jpgTeidouShirayukiCampus2.jpgSakuraNonoCampus1.jpgSakuraNonoCampus2.jpg



白雪お嬢様のほうが明らかに頭身が低くすぎで、
それに身長を合わせる形になった希乃のほうがやや小人になってしまっているっぽいのが気になりますが……。
表と裏で事前事後という構成もいまいちですし、まだ攻略前なのでもっと可愛らしい絵柄を欲してしまうようなところもありますが、
表現は素晴らしいのでキャラに感情移入できれば個人的には十分欲しいレベルかなーと。

<2018年5月22日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.