×Phos/抱き枕×
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
【キャラメルBOX】処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星

B2タペストリー
結城密正樹美玲衣
YuukiHisokaB2CB.jpgメーカー:キャラメルBOX
発売:2017年12月28日(電気外祭り2017WINTER in平和島にて先行販売)
価格:2,500円(税込)

MasakiMireiB2Sofmap.jpgメーカー:ソフマップ
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」ソフマップ特典)
価格:10,130円(税込)

アキバ☆ソフマップドットコム 10,130円(送料:540円/一部地域除く)
茨鏡子仲邑茉理
IbaraKyoukoB2Getchu.jpgメーカー:げっちゅ屋
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」げっちゅ屋特典)
価格:10,380円(税込)

Getchu.com 10,380円(送料:490円)
NakamuraMatsuriB2Trader.jpgメーカー:トレーダー
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」トレーダー特典)
価格:9,880円(税込)

トレーダー オンラインショップ 9,880円(送料:525円)
伊澄花迫水あやめ
IsumiHanaB2Melon.jpgメーカー:メロンブックス
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」メロンブックス特典)
価格:10,266円(税込)

メロンブックス 10,266円(送料:540円/一部地域除く/10,800円以上で無料)
SakomizuAyameB2Tora.jpgメーカー:とらのあな
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」とらのあな特典)
価格:10,584円(税込)

とらのあな 10,584円(送料込)
迫水すみれ風早織女
SakomizuSumireB2Gamers.jpgメーカー:ゲーマーズ
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」ゲーマーズ特典)
価格:10,584円(税込)

ゲーマーズオンラインショップ 10,584円(送料:500円)
KazahayaOrihimeB2CB.jpgメーカー:キャラメルBOX
発売:2018年2月23日(PCゲーム「処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星」オフィシャル通販特典)
価格:10,584円(税込)

キャラメルBOX ONLINE SHOP 10,584円(送料:650円~)














『女の子が多いと楽しいけどつらい』







YuukiHisokaFace.jpgKazahayaOrihimeFace.jpgMasakiMireiFace.jpg
IbaraKyoukoFace.jpgIsumiHanaFace.jpgNakamuraMatsuriFace.jpg
SakomizuSumireFace.jpgSakomizuAyameFace.jpg


2月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。

御存知おとボク3作目でございます。
妹ぱら3作目が発売された翌月に今度はおとボク3作目発売という胸熱な展開ですが、
店舗特典のタペストリーの構成や値段なんかも両者はそっくりだったので、

おらまとめやすくて助かったぞ。 ←知らんがな。



とはいえ、おとボク1作目が発売されたのは2005年で妹ぱら1作目が2011年ですから全く格は違うわけですが、

両者とも発売日が1月28日だったというのは奇妙な偶然ではあります。
それこそおとボク1作目はテレビアニメ化もされていて2作目もOVA化されているわけですからやはり格は違うわけですが、

妹ぱらだって2作ともエロアニメ化されてるんやで? ←自慢にならない!
しかも妹ぱらは3作目もすでにエロアニメ化が決定していますので、

現時点ではおとボクより格上なのでは? ←んなこたぁない。



ちなみに妹ぱら同様、おとボクの前2作も絵柄がぴんと来なくて私はプレーしてないのですが、
やはり今作の絵柄は素晴らしいと思います。
のり太絵は大きな瞳と凛々しい眉毛が不釣合いで苦手でしたが、
今作は相対的に目が小さくなったことでぐっと可愛くなったんじゃないでしょうか。
内容的には1作目の焼き直しのような側面はあるようですが、

2作目で2人になったエルダーが今作では3人になります。
上にお顔を貼った8人のヒロインのうち一番上の列の3人がそのエルダーになるようで、
体験版の冒頭はKazahayaOrihimeFace.jpgこの人視点から始まってすぐにMasakiMireiFace.jpgこの人視点に移りますが、
またすぐにYuukiHisokaFace.jpgこの人(男)視点に移ってそれからはずっとこの人(男)の視点で進行しておりましたので、
主人公が3人というよりはやはりこの人(男)が明確に主人公ということになるようです。
そのためにシナリオが重複するところもありましたが、

それを除いて考えても体験版はめちゃめちゃ長かったです。
体験版はクイックセーブしか出来ない仕様だったのでセーブ数という目安がないのですが、

オートで8時間以上はプレーしたような気がします。
ですがまだ共通ルートは終わりではなく、おそらくまだ最低でも3時間以上は続くんじゃないかなーと。
とにかく丁寧すぎるくらい丁寧なシナリオでぶっちゃけたいした内容ではなかったのですが、

それでも飽きることなく楽しくプレーできたのはやはりキャラ数の多さゆえでしょうか。
そのうちの何人かは攻略できないのだろうと思うと、

鬱にはなりますが……。 ←体験版は面白かったけどあまり続きには期待してない人。











YuukiHisoka001.jpg


結城密(ゆうきひそか)は主人公の男の子で3年生。
孤児だった彼を引き取って面倒を見てくれた親代わりの人たちによって、ここ聖セラール女学院に送り込まれます。
元々は進学校で勉強漬けの日々だった彼ですがその境遇ゆえに家事などもこなす万能人間であり、

女声も完璧。 ←どんな万能だよ。



CV紫鳩羽(美女ゲーマー?)











KazahayaOrihime003.jpg


風早織女(かざはやおりひめ)は学院を創設した一族が経営する大会社の社長令嬢で成績も常に学年トップの3年生。
会社の跡継ぎとして教育されてきた完璧なお嬢様ですが、
そのためか高校生活最後の1年間を自由に使っていいと父親に言われ、
その監視サポートのために密が学院に送り込まれてくることになります。

二つ名は姫。
こちらの画像のロケーションは密の部屋になります。



CV花園めい











KazahayaOrihime005.jpg


こちらは私服姿。
体験版ではこのシーンにしか出てきませんでした。
後ろにいるのが父親です。












KazahayaOrihime001.jpg


こちらは歩行アニメーション……というほどのものではありませんが、
背景が流れる中を横向き立ち絵が軽く上下動するシーンになります。

こちらは学院からの帰り道。











MasakiMirei001.jpg


正樹美玲衣(まさきみれい)は織女をライバル視している万年成績2位の3年生。
素直すぎる性格で織女への敵意を隠そうともしないので、
同様に織女が気に食わない少数派のグループの旗頭のような状態になっており、

なおかつそれをわかっていて受け入れてしまっているので完全に悪役キャラなのですがまあ、
美玲衣からすれば織女のほうが悪役に見えるということなのでしょう。
とはいえ、直接的な害もないのに勝手な解釈をして一方的に敵意を持っているのは美玲衣のほうですから、
やはりどう見ても美玲衣のほうに理はありません。
なのでエルダー候補ではありますが、尊崇の証である学院での二つ名も存在しない様子……。



CV小鳥居夕花











IbaraKyouko003.jpg


茨鏡子(いばらきょうこ)は織女の父親の会社から密とともに派遣されてきたなんちゃって3年生。
実際には1年前から潜入しており、密とはクラスメイトで同じ寮に住むことになります。
テンションの低い毒舌系女子ですが、さすがに成績は上位であり前年は奉仕会(生徒会)の会計を務めていたこともあって、

鏡の君という二つ名で呼ばれています。
その本性が知れ渡っていたら茨の君と呼ばれることになったのでしょうが……。



CVくすはらゆい











IbaraKyouko001.jpg


こちらは仕事着。
左にいるのは密と同居していた保護者で、鏡子と同じくこの会社の社員です。











HisokaKyouko001.jpg


こちらは体操着。











HisokaKyouko003.jpg


こちらは寝間着……だそうです。











IbaraKyouko005.jpg


こちらは下校時の鏡子。











IsumiHana002.jpg


伊澄花(いすみはな)は密と同じ寮に住む1年生で密のお世話係(妹)。
子供っぽくて自分に自信がなくてドジっ子という、典型的なおどおど下級生キャラです。

あまりにも典型的すぎてさすがの私でも一推しするのをためらうレベル。
や、そういう女の子はいっそ主人公に依存するくらいまで行けば可愛げがあるのですが、
体験版の段階ではそこまで行かなかったのであまり感情移入は出来ませんでした。
まあ、そこは美玲衣と同様、個別ルートに入ってからが勝負のヒロインなのかなーと。


CVよもぎすふれ











KyoukoHana001.jpg


こちらは登校時の鏡子&花。
このように2人で歩く場合もあります。











OrihimeHana001.jpg


そしてこちらは登校時の織女&花。
このように手前と奥で表示されることもあります。











NakamuraMatsuri003.jpg


仲邑茉理(なかむらまつり)は3年生。
有望なヴァイオリニストの卵でしたが手が動かなくなって現在療養中です。

二つ名はヴィオラの君。



CV卯衣











NakamuraMatsuri001.jpg


こちらは体操着。
や、体験版での登場はほとんどなかったですし、
おそらく共通ルート全体でもほとんど出番はないと思われるのでそれこそ個別ルートで勝負するタイプのヒロインなのでしょうが、

個人的にはキャラデザも微妙に見えますし、正直なところヒロインの座を他のキャラに譲ってあげてほしい……。 ←こら。











AyameSumire001.jpg


迫水(さこみず)あやめ&すみれは密と同じ寮に住む双子で、左のあやめは1年生、右のすみれは2年生。
なんで双子で学年が違うのかとずっと不思議なまま体験版を最後までプレーしましたが答えは得られず、
今回プロフィールを見て初めて理解しました。

つまり、すみれは4月1日生まれ、あやめは4月2日生まれだったのです。
ちょうど日を跨ぐ時間にこの双子は生まれたということですが、
4月1日までは前の学年に含まれてしまうという日本の慣習からこういう奇妙な事態も同時に生まれたわけです。
まあ、あえてテキストでこういうことを説明しない遊び心は面白いと思いますが、
作中で密が不思議に思わなかったのは問題があるなーと。



すみれは奉仕会(生徒会)会長で二つ名は(すみれ)の上。
あやめも奉仕会に所属していて、二人とも孤児です。
奨学制度を利用して寮に入っていると言ってましたが、実際には元社長令嬢で遺された財産があるようです。
この双子はセットで1ルートかなーと思いますがどうでしょうか。



すみれはCV白月かなめ、あやめはCV逢真井もこ











YabuuchiAsuka001.jpg


藪内明日香(やぶうちあすか)は水泳部の3年生。
全国大会に出られるレベルのスイマーですが、
お嬢様学院のぬるいプールの中でひたすら自分と闘い続けるだけの欲のない修行僧のような女の子です。

ぶっちゃけ私の真の一推し。



CV北大路ゆき



立ち絵はなぜか1パターンしかありませんが……って、あ、あれ?

もしかして明日香ちゃんって、ヒロインじゃない? ←わざとらしいですよー。











HanaWakaba001.jpg


そしてこちらが私の真の二推しと三推しです。
まあ、真の二推しはさすがに花ちゃんに譲るとしても、

真の三推しはこちらの右におられる野木若葉(のぎわかば)ちゃんで確定でございます。



立ち絵はなぜか1パターンしかありませんが……って、あ、あれ?

もしかして若葉ちゃんって ヒロインじゃない? ←おい。



ていうか、明日香ちゃんと若葉ちゃんのボディが同じことに今気づいて愕然としてるんですけど……。 ←涙。










というわけで、
明日香ちゃんか若葉ちゃんが抱き枕化されたらゲームも買います。 ←買わないって言ってるのと同じです!



明日香ちゃんと若葉ちゃんの両面差分でもいいからさ……。 ←顔すげ替え差分とか怖っ!



まあ、これまでの流れから言ったら密がまず抱き枕化されるのは間違いないでしょうし、
次があるとしても残りの二人のエルダーから選ばれて終わりでしょうからやっぱこのゲーム、

私は買わないような気がする……。 ←なんのためにこの記事書いたんだよ。



ちなみに電気外の密と店舗特典のタペストリーは全て等身大未満でございます……。

<2018年2月13日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.