Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
美少女ゲーム大賞vs.萌えゲーアワード(2016)

Getchu.com 美少女ゲーム大賞2016萌えゲーアワード2016
千恋*万花 (ゆずソフト)ワガママハイスペック(まどそふと)
まいてつ (Lose)まいてつ (Lose)
千の刃濤、桃花染の皇姫 (オーガスト)戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~(BaseSon)
アマツツミ (パープルソフトウェア)あけいろ怪奇譚(シルキーズプラスWASABI)
Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ (RASK)あきゆめくくる(すみっこソフト)
銀色、遥か (tone work’s)千恋*万花 (ゆずソフト)
BALDR HEART (戯画)シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~(Azurite)
ノラと皇女と野良猫ハート (HARUKAZE)見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS(PULLTOP)
オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)銀色、遥か (tone work’s)
10戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~(BaseSon)ハナヒメ*アブソリュート!(mirai)
11あけいろ怪奇譚(シルキーズプラスWASABI)乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque-(Navel)
12凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> (ニトロプラス)フローラル・フローラブ(SAGA PLANETS)
13炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園 (SQUEEZ)Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ (RASK)
14フローラル・フローラブ(SAGA PLANETS)オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア)
15真剣で私に恋しなさい!A (みなとそふと)ISLAND(フロントウイング)
16妻みぐい3 (ALICESOFT)聖鍵遣いの命題《プロポジション》(UnicoЯn)
17カノジョ*ステップ (SMEE)ノラと皇女と野良猫ハート (HARUKAZE)
18ワガママハイスペック(まどそふと)アマツツミ (パープルソフトウェア)
19乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque-(Navel)学校のセイイキ(feng)
20枯れない世界と終わる花 (SWEET&TEA)Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~(light)



Getchu.comの美少女ゲーム大賞でワガハイ18位は納得いかんと言ってたら萌えゲーアワードで1位だったので、

カッとなって双方のランキングをわかりやすく表にしてみました。










Getchuさんのほうは今年の1月1日から23日までの集中投票による結果。
萌えゲーさんのほうは昨年の2月2日から今年の1月31日までの累積投票数に対して、
発売月による投票期間の差を極力解消するような係数をかけたものに、
今年の2月8日から3月7日までの追加集中投票を合わせた結果であり、
両者とも1人1日(24時間)1票が原則となっております。



萌えゲーさんのほうはこの結果から更に審査員が各賞を決めていったものが正式な発表となるので、

現時点では1位のワガハイはまだユーザー支持賞止まりですが、
Getchuさんのほうは各賞も同時に投票で確定しており、こちらの結果は総合部門のランキングとなります。

とはいえ、基本的にはユーザー支持賞=大賞なので、
逆にこれでワガハイが大賞にならなかったら問題になると思いますが、
Getchuの結果も踏まえたらまいてつを大賞にするのが一番なんだよなぁ……。 ←それ踏まえちゃ駄目でしょ。



ワガハイは現時点で当ブログのエロゲオブザイヤー2016最有力候補ですが、
この萌えゲーアワードの結果に不満な人はたくさんいるようですねー。
中高生がたくさん投票したんだなんて言ってる人もいるようですが、
それが事実ならゆずやサガプラももっと上に来るような気がしますし、
そもそもエロゲやってるのはおっさんだけって話じゃなかったんか……。



ていうか、エロゲが売れる売れないはいかにしてライトユーザーを掴むかにかかっていると個人的には思っていて、
まじこいの続編を除けばこのランキングの中で唯一アニメ化されているワガハイが1位なのはむしろ当然だし、
ゲーム画面をひと目見ればわかる作品力と圧倒的な宣伝力とを有するまいてつが2位なのも当然でしょう。
両者とも話題性だけでなくちゃんと中身が伴っていますしねー。
その点、GetchuさんのほうはGetchuさん自身ももはや宣伝するのを諦めちゃった感のある知る人ぞ知る賞ですから、
どちらかと言えばヘビーユーザー寄りのランキングになっているはず。

そんな中、ワガハイという作品は良作ですが悪く言えば凡作であり特に印象に残るような作品ではないので、
1年を振り返って投票しようとなったときに選ばれないのも仕方がないのかなーと。
逆にリアルタイムで票が加算されていった萌えゲーアワードのほうでは、正当な評価がされたということ……。



まあ、そもそも発売月による投票期間の差を係数で処理するなんていうのが乱暴な話で、

これまでの結果を見ると明らかに年末発売作品が強いような気もしますが、
今年からは票を加算していくのではなく発売翌月のみの投票+ラストの追加投票という形になるようなので、
より公正なランキングになるんじゃないでしょうか。



ちなみにワガハイの1位と18位という落差もすごいですが、
Getchuのほうで3位だった千桃は萌えゲーのほうではなんと23位。

驚異的な落差ですが、なんとなく納得もいってしまうこの絶妙な感じ。 ←こら。
リアルタイムでは期待外れだったけど、振り返ってみたらこれより面白い作品はなかったなーって感じでしょうか。



それはいいのですが、
当ブログのエロゲオブザイヤー2016のワガハイの対抗馬であるワーエレがどちらもランク外(萌えゲーでは45位)なのは納得がいきません。
抱き枕化がクルルだけの現状ではおそらくワガハイには勝てないと思われますが、
それこそ中高生なんかがプレーしたら絶対面白いはずなんだけどなぁ……。
あと、もうひとつの対抗馬であるアマツツミの落差がぶっちゃけ一番の謎ですが、

やっぱあのおっぱいがヘビーユーザー向けなんだろうなぁ……。 ←ワーエレもきっとそうです!

<2017年3月18日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.