Fos/抱き枕
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
【minori】トリノライン

抱き枕カバー
紬木沙羅
TsumugiSaraSofmap1.jpgTsumugiSaraSofmap2.jpg
メーカー:ソフマップ
発売:2017年3月31日(PCゲーム「トリノライン」豪華版ソフマップ特典)
価格:10,454円(税込)
サイズ:160cm×50cm(多分)
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【中国製】

アキバ☆ソフマップドットコム 10,454円(送料込)
七波シロネ七波シロネ
NanamiShironeGetchu1.jpgNanamiShironeGetchu2.jpgNanamiShironeTrader1.jpgNanamiShironeTrader2.jpg
メーカー:げっちゅ屋
発売:2016年4月28日(PCゲーム「トリノライン」豪華版/シンプル版げっちゅ屋特典)
価格:豪華版10,580円(税込)/シンプル版8,424円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル84%/ポリウレタン16%)【台湾製】

豪華版
Getchu.com 10,580円(送料:490円)
シンプル版
Getchu.com 8,424円(送料:490円)
メーカー:トレーダー
発売:2016年4月28日(PCゲーム「トリノライン」豪華版/シンプル版トレーダー特典)
価格:豪華版9,580円(税込)/シンプル版7,980円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル87%/ポリウレタン13%)【中国製】

豪華版
トレーダー オンラインショップ 9,580円(送料:525円)
シンプル版
トレーダー オンラインショップ 7,980円(送料:525円)


タペストリー(等身大相当)
宮風夕梨
MiyakazeYuuriMelonB2.jpg
メーカー:メロンブックス
発売:2017年3月
価格:2,700円(税込)
サイズ:72.8cm×51.5cm(完成品)
生地:ポリエステルスエード<Wスエード/A&J社>【日本製】

メロンブックス 2,700円(送料:540円/一部地域除く/10,800円以上で無料)※受注販売(2月27日10時締切/3月24日発送)










『トリオライン』







NanamiShironeFace.jpgMiyakazeYuuriFace.jpgTsumugiSaraFace.jpg


3月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。
これまでは発売月になってから体験版チェックをしておりましたが、今後は早め早めにチェックしていきたいと思っております。

3月はヤバいですしねー。 ←ブランド買いしたくなるエロゲばかりで俺の未来がヤバい。



というわけでまずはminoriさんの新作ですが、いざ体験版をプレーしてみたらまさかのSF。
もちろん12の月のイヴなんかもSF要素はありましたしそれ以前にもSF的な作品はありましたが、
ファンタジー要素を入れつつも等身大の少年少女を描くことにこだわっていたようなここ最近の傾向の中で、

ヒロインのひとりがアンドロイドというのには驚かされました。



占い師の話かと思ったのに……。 ←千矢がアンドロイドの可能性もワンチャン。



まさかの銀髪ヒロインですもんねぇ。
まあ、だからこそminoriイメージの真逆にいるようなきのこのみさんを原画に起用したということかもしれませんし、
それこそ過去作の銀髪ヒロインを意識したところもあるのかもしれません。
しかしきのこのみさんのエロゲデビュー作がバトルものだったことも驚きでしたが、
minoriの原画をやる未来なんて全く想像も出来ませんでした。
もはや、きのこのみさんがminoriの原画をやってること自体がSFと言っても過言じゃないレベル……。 ←科学要素はどこに。



でもminoriさんのことだから、
きのこのみのそれぞれkinoさんとkonomiさんという名前の字面だけで縁を感じていたとかそんな理由かもしれません。
どうやらジブリよろしくタイトルに必ず「の」を入れるという方向性も片仮名で行くことに方針が決まったようですし、

いっそのことminoriで原画をやるときはきのこのみさんもキノコノミにしたらどうでしょう。



きのこのみのアンドロイド……みたいな設定で。 ←それくらいminori原画に違和感があるという話。











NanamiShirone009.jpg


や、その事実だけを聞けば違和感はありますが、

実際のminori feat. きのこのみには全く違和感がありません。
クオリティの高い塗りには相性問題など存在しないということか……。



まあ、このkinoさん担当のシロネの正面絵に関しては目頭側の白目がなさすぎてやや違和感がありますが、
それ以外の絵は素晴らしいです。











NanamiShirone015.jpg


七波(ななみ)シロネは幼い頃に命を落とした主人公のひとつ年下の妹をモデルにして作られたアンドロイド。
生前にバックアップを取られていた妹の記憶が埋め込まれており、主人公の家で妹として暮らすことになります。
主人公と同じ学園の1年生。
アンドロイドなので寝ることも食べることも必要ありませんがスリープ機能は付いており、
必要はないが擬似的に食べることは出来るみたいな適当な作品が多い中、擬似的にすら食べないのは評価したいところです。

今後絶対に食べないとは言い切れませんが……。 ←複数ライターなので。



CV要しおり。











NanamiShirone007.jpg


中の人は前作の部長の声の人で素性は全く知られておりませんが、

個人的にはすでにエロゲ声優オブザイヤー2017に認定したいレベル。
kino絵も素晴らしいのですが、シロネの圧倒的な可愛さの半分以上は中の人の功績だと思います。











NanamiShirone001.jpg


んー。
多分ですけどこの要しおりさんって、日高里菜ちゃんじゃね? ←ないない。



だってやばいですもん、声の可愛さ。

敬語妹がしっくり来すぎ。



まあ、現在放映中のスクストアニメを最初見たときに、
日高里菜ちゃんと小倉唯ちゃんのキャラが逆だと思ったくらいの耳しか私は持ってないわけですが、

ということは小倉唯ちゃんの可能性も……。 ←もっとないわ。











NanamiShirone003.jpg


こちらはminori恒例の歩行シーン。
目パチ口パクはminoriゲーにおいてはデフォルト仕様ですが、
そんな立ち絵をただ上下に揺らしてそれっぽく見せているだけではなく、ちゃんと髪の毛も揺れております。











NanamiShirone011.jpg


最近やっとフォトカノkissを始めたのですが、
おかげでこの画像を見るとフォトカノの歩行シーンの音楽が頭の中を流れ始めます……。
もちろん、実際のゲーム中はトリノラインのほうの音楽が流れているので大丈夫でしたけどねー。











NanamiShirone005.jpg


歩行シーンの横向き絵は、このように通常立ち絵として使われることもあります。
日差しの演出が素敵。











NanamiShirone017.jpg


そして立ち絵に限らずこのような顔のアップを多用してくるところがminoriゲーの素晴らしさ。
一般的なエロゲはやや引き気味の構図の立ち絵でほとんどの時間を進行してしまいますが、
こうやって顔のアップを入れることで文字どおりヒロインと我々との距離が近づくわけです。
minoriゲーのヒロインが簡単に我々の心を掴んでしまう理由は、こんなところにもあるのでしょう。
美少女を売りにしたアニメなんかだと、顔アップを入れるのは当たり前のことなんですけどねー。











NanamiShirone013.jpg


そしてこの至高の事後絵。
こちらはイベント絵の右側だけをトリミングしたものですが、
圧倒的な絵の可愛さはもちろんのこと、
寝る前の暗い状態と目覚めたときの明るい状態を両方見せてくれているところが素晴らしすぎます。
暗い中でもめちゃ可愛かったシロネが明るい中では更に可愛く見えるわけですからもう、

ありがとうとしか言いようがない。 ←お日様に感謝してるん?



しかもシロネは寝ないのでひと晩中主人公の寝顔を見ていたっていうんですからヤバすぎます。

この自分のためだけに存在してくれている感、最高すぎでしょ。
幸せすぎる。

まさしく抱き枕になるべく生まれてきたヒロイン。 ←知らんがな。











NanamiShironeGetchu1.jpgNanamiShironeGetchu2.jpg


って、あ、あれ?
朝目覚めたら横で微笑んでくれているシロネ抱き枕カバーはどこかな? ←公式を信じて待つしかないんやで。



というわけで、こちらはげっちゅ屋特典の抱き枕カバー。
安定感はありますが、やはり差分だとちょっと面白くないかなーと。
とはいえ、ウラ面の余計なブラ残りさえちゃんと取っ払っていたら、それだけで印象はかなり違ったような気がします……。











NanamiShironeTrader1.jpgNanamiShironeTrader2.jpg


そしてこちらはトレーダー特典の抱き枕カバー。
げっちゅ屋さんがシロネを選択するのはわかるとして、なぜトレーダーさんまでシロネにしちゃったのかは謎ですねー。

どうせスエード生地でしょうから、シロネファンはみんなげっちゅ屋で買うはず……。 ←遠回しの脅迫。



でもまあ、生地が同じだとしてもちょっとこっちのシロネは色気がなさすぎるかなーと。
脱ぎっぷりは素晴らしいですが……。











NanamiShironeTrader1UP.jpgNanamiShironeTrader1.jpg


ウラ面の顔アップも早く出してほしいところですねー。
オモテ面のより大きなアップはこちら。












NanamiShironeGetchu1.jpgNanamiShironeTrader1.jpg


しかしなんでどちらも制服……。
まあ、いずれにしてもトレーダーさんが生地についてだんまりな以上はげっちゅ屋さんしか選択肢はありません。
minoriさんが微笑み事後抱き枕カバーを作ってくれる保証も当然ありませんので、
とりあえずおっぱい感だけは味わえるげっちゅ屋の2way生地で抱けるだけでもありがたいと思いましょう。











MiyakazeYuuri005.jpg


宮風夕梨(みやかぜゆうり)は主人公のひとつ年下の幼馴染で、
シロネのクラスメイトになります。
明るい元気な女の子ですが、実は難病を患っているのでやや適当に生きているようなところがあります。
あと、主人公のことが好きなのは間違いないようですが、やはり難病を患っているせいか消極的。
個別ルートもその辺をテーマにした恋愛物語になるのでしょう。



CV八ッ橋しなもん。











MiyakazeYuuri021.jpg


主人公の死んだ妹である白音とももちろん幼馴染だったのでシロネのことを初めは受け入れられなかったのに、
一度揉めてからはすぐにすんなり受け入れてしまっていたのは、
自分がアンドロイドになる未来(実際には別人)を考え始めたからという可能性も……。











MiyakazeYuuri017.jpg


minori作品にはもちろん後ろ姿もありますし、このように前後でフォーカスを変えるような手法も使われます。
このシーンでは一度シロネが主人公のほうを振り向きますが、
フォーカスは夕梨に合ったままだったのでシロネの顔がボケております。
普通は振り向いたときに何かを喋るので一度はフォーカスがシロネに来て夕梨のほうがボケるのですが、
このシーンのシロネは何も喋らずにまた夕梨のほうを見るので最後までボケたままだったという、ちょっと面白いシーンでした。











MiyakazeYuuri008.jpg


そして今回驚いたのがこのアニメーション。
ソニコミのそに子ちゃんもいきなりこんなふうにジャンプしてお胸を震わせたりするのですが、

そのオマージュかってくらいの唐突さ。











MiyakazeYuuri010.jpg


めちゃめちゃ可愛いですけどねー。











MiyakazeYuuri012.jpg


そして最後に正面立ち絵として使われているポーズに収まっておっぱいを震わせるのですが……って、あ、あれ?

minoriさん、もしかして次作はE-moteですか?











NanamiShirone019.jpg


もしかして3D……。 ←ないない。











MiyakazeYuuri014.jpg


シロネも振り返りのアニメーションはありましたが、夕梨ほど気合いの入ったものではありませんでした。
次に紹介する沙羅にはやはりおっぱいの揺れるアニメーションがありましたが、
夕梨ほどダイナミックな可愛い動きではありませんでしたし、何より体験版では顔が映ってませんでした……。



ちなみに夕梨はこの正面立ち絵のバリエーションも多かったりするのですが、

あるいはシナリオ的にシロネと沙羅のトリノラインから外れているヒロインなので、
ビジュアル面で盛り上げようという意図もあるのかもしれません。
今作では公式のマスコット的にも扱われていますしねー。











MiyakazeYuuri016.jpg


表情も豊か。











MiyakazeYuuri001.jpg


そして歩行シーン。
背景の描き込みがすごいですが、さすがにある程度歩くとまた同じ背景にループするようになっております。











MiyakazeYuuri003.jpg


次作は3Dとか言いましたが、
フォトカノにはこんな背景はありませんしソニコミにだってこんなちゃんとした背景はありませんでしたから、

もはや3Dゲーを超えた歩行シーンと言っていいでしょう。



他の3Dゲーは知らん……。











MiyakazeYuuri019.jpg


この歩行立ち絵には手前と真横以外にも顔が画面の奥を向いている差分も存在します。











MiyakazeYuuriMelonB2.jpg


こちらは昨日受注締切のメロンブックス専売タペストリー。 ←こら。
間に合わせるつもりでしたが間に合いませんでした……。
B2とB1とB0の3サイズから選べるという企画ですが、
等身大的に言うとB2ですでに頭の大きさがリアル女の子サイズ以上等身大未満でお股は大きすぎ。

B1以上になるとどこもかしこも大きすぎ。



というわけでB2しか選択肢はないという誰得企画ですがまあ、B2でもはっきり言って微妙でしょう。

以前やはりメロンブックス専売で誰とは言わずに発売された夕梨のB1タペストリーも、
等身大的には大きすぎでございました。
そして一方の店舗特典のB2タペストリーも、等身大的には全滅……。











TsumugiSara012.jpg


紬木沙羅(つむぎさら)は主人公と同い年の幼馴染でシロネを作った天才科学者。
元々は人工知能が専門だったようですが、
現在は海外に行ってしまった主人公の父親の代わりにアンドロイド開発の主任を務めています。
主人公が妹を亡くしてふさぎ込んでから疎遠になり、学園にも通わずにアンドロイドの研究に没頭していましたが、
シロネの完成とともに学園に戻ってきて主人公のクラスメイトになります。



CVくすはらゆい。











TsumugiSara007.jpg


妹を亡くしてふさぎ込んでしまった好きな人のために何年も会わずに研究に没頭してその妹のアンドロイドを作り上げたのに、
肝心のその人はアンドロイドを妹だとは思えずに普通に異性として見てしまい、
しかも母親がアンドロイドの妹を受け入れられずにノイローゼになってしまったから妹とふたりだけで暮らせる家を用意してあげたのに、
それがあだとなってその人とアンドロイドが結ばれてしまうとか、

このヒロイン可哀想すぎなんですけど!











TsumugiSara009.jpg


やー、良いプロットです。
実にお見事。
しかも体験版部分は実際のテキストのほうも驚くくらいSF設定をちゃんと把握した上で書かれてましたし、
セリフ回しにもそれぞれのキャラクターの心情にちゃんと寄り添えていることが見て取れましたので、

体験版のライターさんのお仕事はほぼ完璧と言っていいんじゃないでしょうか。











TsumugiSara001.jpg


ただ、やや拙速で描写不足な部分が見られたので、そこでシナリオが破綻していると感じた人もいるでしょう。
特に最後のシロネのヒステリーに関しては、
シロネが混乱している様子をもうちょっと事前に描いておけばあんなに斜め上なシーンにはならなかったんじゃないでしょうか。
アンドロイドと人間との恋愛を否定されたわけではなく、あくまでシロネの場合は駄目だという話だったわけですから、
一般論のようにアンドロイドと人間との恋愛について葛藤するシロネの描写は完全に斜め上なんですよねー。
とはいえ、シロネだから駄目、みたいな有無を言わさない状況に対して、
自分を納得させるために無意味な一般論でも持ち出してこずにはいられない心理状態というのも理解は出来ますので、
あのシーン自体は破綻はしてないでしょうがもうちょっと斜め上に見えない工夫は必要だったと思います。











TsumugiSara003.jpg


夕梨がシロネを受け入れたことについても、
この記事を書いて初めて夕梨がシロネに自分の未来を重ねた可能性に思いが至りましたが、
それまではみんながシロネを受け入れているなら自分も受け入れたほうが楽というふうに心変わりしたのだろうと単純に理解してました。
実際、白音の死をなかったことにしてシロネを受け入れたほうが幸せなのは間違いないですからねー。
とはいえ、夕梨の心の動きに関しては体験版では全く語られてませんでしたから、
そんなふうに勝手に理解せずに違和感を持ち続ける人がいたとしてもそれは当然だと思います。











TsumugiSara005jpg


やはりこれまでのminori作品同様、体験版(共通ルート)でのサブヒロイン(夕梨&沙羅)の描き込みが弱く、
無駄に存在するサブキャラたちが日常シーンを賑やかしていたわけですが、

サブキャラなんて出さずにその尺でサブヒロインを描き込んでちゃんとメインヒロイン扱いするべきだったんじゃないでしょうか。
それこそ今作に関しては体験版(共通ルート)で無理にシロネのエッチシーンを入れる必要もなかったと思いますし、

なんといってもきのこのみVS.柚子奈ひよというエロゲ史上でも類を見ない至高の複数原画バトルが売りなわけですから、
3ヒロインが完全に並列するような形でやってほしかったなーと。

文字どおりのトリオラインで。 ←文字どおりではない。



体験版の途中まではさすがにこの展開じゃもうエッチシーンはないだろうと安心してプレーしていましたが、

あれよあれよとわけのわからない流れが生み出されて気づいたらエッチしてたみたいな展開でしたからねー。
単に恋心までで留めておいてもカタルシスは十分だったと思いますし、
何よりそうしておけばあんなに主人公がかっこ悪くなることもなかったはず。
正直、あの体験版の最後の駄目主人公のままじゃ個別ルートは相当ストレスの溜まる展開になりそうで今から心配なのですが、
でもそもそもそういう駄目主人公がminoriさんは好きなんだろうなぁ……。











NanamiKaoru001


無駄なサブキャラとは言いましたが、原画は無駄に豪華でございます。
中でも前作ではサブヒロイン担当だったsataりすくさん担当のこの主人公のお母さんが、無闇に可愛いんですよねー。
正直、やっぱこの人はサブ原画に甘んじてていいような人じゃないわと思いましたが、

シナリオによってヒロインとしては見事に抹殺。
さすがの私も攻略させろとは思わなくなりました……。



おそらくこのお母さんのヒステリーに関してもシナリオがまずいと感じた人は多いと思われますが、
でもこれもシナリオ上の破綻はありません。
主人公と同様に白音のことをいつまでも吹っ切れずにいた中で夫からシロネのことを頼まれ、
もちろん反発する気持ちはあったでしょうがだからこそ夫のためにむしろ前のめりになることでネガティブな気持ちを押さえ込もうとしていたけれども、

やはり無理がたたってストレス大爆発。
という構図です。



嫌だからこそ無理にテンションを上げて前のめりに受け入れようとしてストレスを溜め込むというのは現実にもよくある話ですから、
この流れ自体は非常にリアルだと個人的には感じましたが、
もうちょっと丁寧にお母さんの心理を描いたほうが良かったかもしれません。
個人的には心理描写は不足なくらいが好みですが、
なるべく読者がストレスを感じないようにする描写というのもまあ必要なのかなーと。











TsumugiSaraSofmapL1.jpg


……と、忘れるところでしたが、最後にこちらがソフマップ特典の抱き枕カバー。
制服姿で誘惑してくるオモテ面と私服姿でトロトロになっているウラ面との対比が素晴らしいです。
オモテ面のブラは邪魔ですが……。



まあ、とりあえず体験版段階ではシロネが可愛すぎて沙羅の抱き枕カバーにはあまり興味がないというのが本音ですが、
そこは柚子奈ひよ絵ですから個別ルートをプレーしたらめちゃかわえーってなってるはず。
なので公式から抱き枕化されるかがわからない以上、この抱き枕カバーもマストアイテムになるでしょう。

2way生地であれば……。 ←結局これ。



店舗特典一覧はとりあえずエロゲーム特典.comさんで。

<2017年2月28日>


↑ページの一番上へ











キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.