×Pos/抱き枕×
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
正式運用から6年半で幕
明けましておめでとうございます。
突然ではありますが、アニメ系抱き枕カバーに関する更新は旧年をもって終了とさせていただくことにしました。
理由はいくつもありますが、
とりあえずアニメ美少女へのアプローチに関して初心に帰りたいというのが一番でしょうか。










そもそも抱き枕カバーに私が求めていたのは夜伽相手ではなく、キャラ愛をより深めて持続させるためのツールでした。
そしてそのキャラ愛というのはあくまで作品愛の一部であり、
そもそも作品が好きでなければキャラを好きになることはないというストイックなものだったのです。
しかもその作品愛自体も年間トップ3に入るくらいの作品が対象というハードルの高さでしたが、
そこまでではないけどそれなりに好きな作品の中にも美少女はたくさんいるわけで、
そんな女の子たちの可愛い抱き枕カバーが発売されるのを見ていくうちに私の中のハードルはぐいぐい下がっていきました。
一方で、エロゲを本格的にやるようになったのもやはり抱き枕カバーがきっかけだった気がしますが、
今思えばそれは欲しいアニメ抱き枕カバーがあまりないという状態への飢餓感ゆえだったのかもしれません。
いずれにせよ、ハードルを下げて素直な心でアニメ美少女を抱く楽しさと、
感情移入し放題なエロゲ美少女を抱く喜びを覚えてしまった私は、

ハーレム抱き枕erの道を歩き始めることとなったのです。



しかるにその道は言わずもがな、破綻の道でございます。
買えば買うほどひとりの娘を満足に抱けなくなり、

もはや霞(かすみ)を抱いているのと同じ。
そんなものに意味なんかありません。
ただただ、抱いているそのときが幸せなだけです。 ←十分すぎるでしょ。



んー。
十分と言えば十分なのですが、最初に申しましたように私が求めているのは快楽ではなく、なのです。
もちろん全ての美少女に分け隔てなく愛を注げるのがハーレム王ですし、私もこれまでそうしてきたつもりです。
でもその愛って全体としては大きいかもしれませんけど、ひとりひとりに対しては薄いでしょ?
1000万円を先着1万人で山分けみたいな無意味な1000万円の使い方ではなく、
抽選で10人に配ってその10人にちゃんと幸せになってほしいわけです。

わかります? ←でもその10人って抱き枕カバーじゃん。



抱き枕カバーを幸せにして何が悪い……。 ←や、悪くはないけどさ。



そういうわけで、
エロゲ抱き枕に関してはエロゲそのものをプレーするモチベーションにもなっているので多少の無駄買いは仕方ありませんが、
アニメ抱き枕に関しては初心に帰って年間トップ3クラスの作品のキャラを買うだけにしようと心に誓いました。
昨年2016年のアニメで言えば1.リゼロ2.グリムガル3.サンシャインでしょうか。

そして心を鬼にする……すなわち好きを諦めるためには、
全てのアニメ抱き枕を紹介するようなブログをやっていては無理だし、そんな私にこんなブログを続ける資格もありません。
実際にはアニメ抱き枕だけだったらそんなに追い詰められるほど数が増えることはなかったかもしれませんが、
少なくとも美少女を愛でるということに関してはアニメよりエロゲのほうがはるかに楽しいので、
それこそエロゲから足を洗うときは同時に抱き枕から足を洗うときになるでしょう。



なので、エロゲに関しては今後もブログの更新を続けていきたいと思いますが、
同様の理由でエロゲ抱き枕を全部紹介するようなことは出来ないので、更新ネタは今のところほとんどありません。

何か考えようとは思ってますが、完全にノープラン。
エロゲをプレーする量をこれ以上増やせるとも思えませんしねー。
でもまあ、エロゲ記事に関してはそれほど需要はないでしょうから、細々とやって行くしかないかなーと。



ちなみに今回の決断に至った直接の理由は、

先日の冬コミアニメ系抱き枕カバーの紹介記事が開催までに全部間に合わなかったことに対する引責でございます。
アニメ抱き枕の繁栄を願って続けてきたブログではありますが、
その願いどおり数が増えたことで紹介しきれなくなってしまうという皮肉な結果となってしまいました……。
もちろん余計な文章を書かずにただ記事化するだけなら問題ないレベルですが、
ただまとめるだけの作業なんてやりたくないというのが正直なところ。



そしてもうひとつの直接的な理由は、
直近の秋アニメの美少女ランキングをアイドルメモリーズが上位独占してしまったことに対する引責でございます。
おそらく不快とまでは行かなくとも鼻白んでいた人は多いんじゃないでしょうか。
以前の私であれば嘘でももっと大衆に迎合したランキングにしていたところですが、 ←こら。
好きを諦めるためには本当に自分が抱き枕化してほしいキャラを選ばなければ意味がないと考え、
あのような結果となってしまったわけです。
つまり、大衆に迎合できなくなっている時点でやはり全てのアニメ系抱き枕カバーを紹介する資格なんてありませんし、
まさしくあのアイドルメモリーズ上位独占という現象こそ、
私が更新をやめなければならない何よりの根拠と言えるかもしれません。



……などと書いて、言いがかりにも程がある! と面白おかしくつっこむつもりだったのですが、
最終的にはここにゃ(心桜)一推しになったことで他のふたりへの感情移入はやや目減りし、
1.早川心桜(アイドルメモリーズ)2.黄前久美子(響け!ユーフォニアム2)3.雁淵ひかり(ブレイブウィッチーズ)という結果になりましたので、
責任を感じるほどの結果ではないかなーと。

つまらん……。 ←なんでよ。



とはいえ、久美子やひかりにそれほど感情移入してないのは事実で、ある程度の客観性を加味した上でのランキングとなります。
ユーフォニアムは本当に良い作品ですし自分の気持ちに素直になって泣き笑いするようになった久美子は本当に魅力的だったのですが、

ポニーテールがデフォだったら文句なしだった……。 ←ほんこれ。
ブレパンは雑な脚本ながらも最後は良い終わり方だったので、

雁淵姉妹を抱きたいという気持ちが強くなってとりあえずひかりを3位。
ていうか、フミカネ絵の雁淵姉妹を抱きたい……。



いずれにせよ、アイドルメモリーズの件や冬コミのバタバタを見て、

Fos/抱き枕ももう駄目かもしれんねと思った人はきっとひとりはいるはず。
そして私自身もそう感じたのでアニメ系抱き枕の更新を終了することにしたのです。
実際、冬コミの更新を始める前までそんなことは全く考えてもいませんでしたし、
アイドルメモリーズの件についてもわざわざ記事を立ち上げて言い訳をしつつ、
今後も美少女ランキングの詳細についてそこに書いていこうと思っていたわけですから、私自身も全くの寝耳に水。



どうしてこうなった……。 ←知らんがな。



まあ、いつ線路に飛び込んでもおかしくないくらい更新作業にストレスを感じていたということでしょう。
というわけでアニメファンの皆様、突然のお別れとなりましたが御容赦ください。
これまでの御愛顧に感謝いたします。
どちらかと言えば作り手側の参考やモチベーションになるようにと意識して書いていたブログですが、
もし傷つけてしまった作り手側の人がおられたらお詫びいたします。
お騒がせしました。

<2017年1月3日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.