×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【ディオメディア】ガーリッシュ ナンバー 抱き枕カバー

烏丸千歳千歳&百花
KarasumaChitoseC911.jpgKarasumaChitoseC912.jpgChitoseMomokaC911.jpgChitoseMomokaC912.jpg
メーカー:TBS
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(1月10日17時締切/2月中旬~下旬発送)
メーカー:アイオウプラス
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:10,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット<KNBマイルド/関西美術印刷社>

ANIME UNIVERSITY COOP オンラインショップ 10,800円(送料:540円)※受注販売(12月22日17時→19時半締切/1月下旬発送)










『抱き枕営業はメタ視点』






はい、こちらも千歳&百花のほうが先行受注締切当日となってしまいましたが、淡々と紹介いたします。
TBS(アニまる)さんのほうの千歳はわかりますが、
ぶっちゃけこっちのアイオウプラス(アニメユニバーシティコープ)さんのほうは意味不明ですからねぇ。
アイオウプラスさん的には片面ずつ別キャラ仕様というのが今回のテーマなのでこれで構わないと思ったのでしょうが、

や、そこはせめて千歳以外で行こうよ。



もちろん千歳以外は売れないと考えても仕方ないとは思いますが、だったらQP絵にしようよ。
それとも製作委員会のメンバーであってもQPさんに描いてもらうことは出来ないのですか?

何様QP様。



だからアニメのキャラ原案はもうきのこのみにしとけって言ったんや……。 ←ペア縛りとかあるのか。











ChitoseMomokaC911.jpgChitoseMomokaC912.jpg


とはいえ、アイオウプラス版は殻を破るために覚悟を決めて枕……抱き枕営業を受け入れた百花ちゃんと、
その気はなかったのに勘違いされてずるずると体を許してしまうことになる千歳との対比を見事に描いており、

その点では秀逸。 ←マジで!











ChitoseMomokaC91UP.jpg


人気作品のヒロイン役をゲットするため……ゴホン。

作品を盛り上げるために自ら抱き枕化を望み、恥じらいながらも肌を晒す百花ちゃん。
温室育ちのサラブレッドというレッテルを自らぶち破るために、あえて汚れたやり方で役を取る……ゴホン。

汚れたやり方で人気を得ようとしているわけです。
必要に迫られているわけではなく、あくまで自意識の問題。
自分の力で築き上げたわけではない(と感じている)自分の価値を、一度リセットすることで本当の自分として歩き出すための、
これは通過儀礼みたいなものなのでしょう。
それまで常に他人事のような余裕に包まれていた百花ちゃんが、ここで初めてその余裕を脱ぎ捨て本当の姿を晒すのです。
こんな青春のひと幕に立ち会えたこと、そしてその当事者となってそれをぶち破れることの、

なんと幸せなことか。



正直、アニメを見てて百花ちゃんのことを可愛いと思ったことはほとんどありませんが、

覚悟を決めて肌を晒しながらもやっぱ胸は恥ずかしいという素の乙女心に溢れたこの百花ちゃんの等身大な可愛さは、
本当に見事だと思います。
この抱き枕営業は成功と言えるんじゃないでしょうか。



オラも盛り上がってきたぞ。 ←どこが!











ChitoseMomokaC911.jpgKarasumaChitoseC911.jpgKarasumaChitoseC912.jpg


一方の千歳はおそらく軽い接待程度のつもりでPと一緒に飲んでサービスしすぎて誤解され、
酔っ払った挙句にホテルに連れ込まれたってところでしょうか。
最初は抵抗しますが、「顔がちょっと可愛いだけの声優なんてこうでもしなきゃ生き残れないよ?」とか言われて落ち込み、

そのまま酔いに任せてPとピー。



抱き枕営業要員にされてしまうのでした……。 ←じゃあピーの部分はなんなの!



なので、TBS版はその後の千歳を描いたものになるのでしょう。
オモテ面はイヤホンをしているようですから、イベント前夜の歌覚え中なのかなーと。
「歌聞いてていいよ? あまり邪魔にならないようにするからさ」とか言われて足を丹念にペロペロされ、
なぜか切なそうに呼吸を荒げながらお股に手をやる千歳……。
ウラ面は作中にも出てた水着姿になりますが、
おそらく自分でブラを外してパンツのファスナーも下ろしてみせたのに、
それには目もくれずに足をペロペロされているところなんじゃないでしょうか。

つまりこのPは足フェチ。
そう考えると、最初の千歳が靴下を履いたままだったのは逆に後の楽しみに取ってあったのだということがわかります。











KarasumaChitoseC91UP.jpg


あ、ちなみにPっていうのはもちろん皆さんのことですよ?
アイマスとかのPと一緒。
今妄想したシチュエーションは、実際に皆さんがそのシチュを妄想して抱くことを想定しているわけです。
なので千歳のPになれる人、すなわち千歳の抱き枕カバーを買っていいのは足フェチの人だけということになります。

千歳といいリンネちゃんといい、足フェチはもっと自重してもらわんとなぁ……。 ←お前がなー。



千歳&百花はNBCユニバーサル・エンターテイメントブースにて販売。
アフター千歳はTBSアニメーション/アニまるっ!ブースにて販売。
どちらも3限。
そしてどちらも現在先行受注中です……。

<2016年12月22日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.