Fos/抱き枕
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
【SILVER LINK./CONNECT】アンジュ・ヴィエルジュ 抱き枕カバー

蒼月紗夜彩城天音
SougetsuSayaMs1.jpgSougetsuSayaMs2.jpgAyashiroAmaneMs1.jpgAyashiroAmaneMs2.jpg
メーカー:エムズ
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
wotacolor 9,720円(送料:600円)※受注販売(12月31日20時締切/2月上旬~中旬発送/但し5枚のみ1月5日以降発送)wotacolor 9,720円(送料:600円)※受注販売(12月31日20時締切/2月上旬~中旬発送/但し5枚のみ1月5日以降発送)
エルエル
ElelC911.jpgElelC912.jpg
メーカー:オーテック
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:10,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット【日本製】

O'TEC SHOP 10,741円(送料込)※受注販売(12月25日締切/1月10日以降発送)










『小天使エルエル』






なんとアンジュ・ヴィエルジュのアニメ版抱き枕……抱きまくらカバーがまたもや出てきました。

危うく見落とすところでしたが、抱きまくらカバーという名称は検索避けかな? ←なんのために……。
そして原作版が出ている作品ほどアニメ版も出てきてしまう不思議……。



や、絵柄のばらばらな原作絵をひとつの絵柄に統一して魅力的に仕上げたアニメのキャラデザは素晴らしいと思いますし、
絵のクオリティさえ確保していただけるなら抱き枕カバーは原作版よりもアニメ版で揃えたいくらいアニメのキャラデザは好きです。
特に今回抱き枕化されるエルエルちゃんは、
アニメのキャラデザの基準になったキャラなんじゃないかってくらい原作絵に忠実で安定感のある可愛さでしたので、
このすばなんかもこのスタッフが作ってくれていたらなぁと思ったものです。



もしかしたら9話神回のお風呂シーンが毎話見られたかも……。 ←んなこたぁない。











RamielKadokawaG1.jpgRamielKadokawaG2.jpgElelC911.jpgElelC912.jpg


とはいえ、逆に言えばエルエルちゃんの場合は原作絵に忠実だからこそ原作絵の神々しさというのが余計に感じられてしまうわけで、
正直このふたりは原作絵とアニメ絵を逆にしてほしい……。



エルエルちゃんも原作絵はわりと頭身が高い感じですが、
さすがにこのレミエルちゃんほどアニメとのギャップはないですからねぇ。
うまくいかないものです……。











SougetsuSayaMs1.jpgAyashiroAmaneMs1.jpgElelC911.jpgElelC912.jpg


ただ、このエルエルちゃんは160サイズでありながら150サイズの沙夜や天音よりも縮尺が小さくなっているので、

ぶっちゃけ小人……小天使。
実は沙夜もこのエルエルちゃんより少しマシなくらいの小人ですが、天音のほうはほぼ適正サイズです。
この抱き枕絵だと沙夜と天音の身長が同じくらいになってますが、実際は沙夜のほうが6cmくらい高いと思われるので……。



見た感じ、このエルエルちゃんも沙夜&天音と同じ絵師さんだと思われますが、やはり作画が安定しているように見えますねー。
サンプルが小さすぎてあれですが、お顔も可愛く描けてると思われます。
水着を避けた理由はわかりませんが、これこそこのアニメの抱き枕カバーに期待される絵柄に近いものなんじゃないでしょうか。



オモテ面はお風呂に行く前に部屋で服を脱いでいるところなのでしょう。
ベッドに寝転んで靴下を脱いでいるところで突然レミエルちゃんが部屋に入ってきたって感じでしょうか。
そしてふたりでお風呂に行ったあと、またタオル一丁で部屋に戻るエルエルちゃん。
天使たちは羽が邪魔で大きなバスタオルを体に巻き付けることが出来ないので小さめのタオルで前だけを隠すわけですが、
エルエルちゃんのやり方はちょっと違っていてこのウラ面のようにタオルを胸に巻いて下を羽で隠すのです。
といってもぴたりとお股に貼り付けられるほど羽が柔軟に曲がるわけではないので、
片羽のレミエルちゃんがそれをやると羽のないほうの隙間から大事なところが見えてしまいます。
なのにエルエルちゃんはお風呂のときはいつもこれ見よがしにわざわざ部屋で服を脱いでからタオルと羽で前を隠し、
大手を振って部屋の外を歩き回るのでレミエルちゃんは面白くありません。

ぐぎぎぎぎ……。 ←そんなわだかまりが!



こちらは当初、コミケ限定50枚というトンデモ設定でございましたが、
嘆願してくださった人たちがいたようで受注もされることになりました。

今からトリミングも見直してください! ←それは通らないわ。



なので、コミケで買おうという人はお気をつけください。
ていうか、12月25日締切の1月10日以降発送という恐るべきスケジューリングなので、
普通に受注を利用したほうが良いんじゃないかなーと。
O'TEC SHOPブースにて販売。

<2016年12月10日>


↑ページの一番上へ










『手で隠すよりは水着のほうが良い』






冬コミのT・ZONE/MF(エムズファクトリー)合同ブースで販売される抱き枕カバーですが、

ここからはエムズ(松本商事)さん企画の抱き枕カバーの紹介となります。 ←多分。
なので2way160サイズ好きな抱き枕erは新作を全部スルーしていいと言いましたがそれはあくまでT・ZONEさん企画の話ですから、

ここからは駄目かも。
ちなみにエムズファクトリーと言ったりエムズと言ったり松本商事と言ったりもうめちゃくちゃですが、
松本商事のグッズ部門がエムズファクトリーでその略称としてエムズと表記されることがある、という感じだと思われます。
ただ、MFという略し方はさすがに紛らわしいのでやめたほうがいいでしょう……。

 ↑すみません、適当書きました。
 エムズという会社が松本商事から分離した形ですでにあって、
 そこのアニメグッズ部門を特にエムズファクトリーと呼んでいるようです。
 なので抱き枕カバーの企画や発売元としてはエムズ、製造元は松本商事と使い分けるべきなのでしょう。




さて、原作版のレミエルとマユカ&アゲハの紹介をしたときにアニメ版抱き枕カバーは出てこないかもとか言いましたが、

速攻で出てきましたねー。
ただ、原作版のほうで日向先輩とユーフィリアもすでに抱き枕化されていたことを後で知りまして、
とりあえず原作版のほうのページに情報を書き足しておきましたので、知らなかったという人は見ておいてください。

もし今回の沙夜と天音が本当に原作版であったなら一緒に紹介できたのですが……。











SougetsuSayaMs1.jpgSougetsuSayaMs2.jpgAyashiroAmaneMs1.jpgAyashiroAmaneMs2.jpg


や、ヲタカラーさんの受注ページにこのふたりがそれぞれ涼香さんとササギコウシさんの描き下ろしだと書かれていて、
まさか見慣れた涼香絵がアニメ塗りになっただけでこんなに劣化するの? と一瞬我が目を疑いました。

ですがもちろん、んなこたぁない。
わざわざ原作絵師に描いてもらってアニメ塗りにする意味もわかりませんし、

そもそもこのふたりを描いたのってどう見ても同じ人やん。



どうしてこんな勘違いが発生したのかはわかりませんが、
とりあえずこの記述があるのはヲタカラーさんの受注ページだけなので今のところ問題にはなってないようです。

もしかしたら気づいているのは私だけなのかも……。 ←さすがにそんなことはないでしょ。



ふたりとも1月5日発送のなるはやお届け枠がたったの5枚しかないので、
沙夜のほうはすでに全部売れて現在受注停止状態になっておりますが、
まさかその5枚の中に涼香絵だと思って買った人はいない……と信じたい。
今日は日曜日でヲタカラーさんもお休みのようなので沙夜の受注はまだ再開されておりませんが、
再開されたら以降は2月上旬から中旬の発送となります。
天音はまだ5枚売れず……。











SougetsuSayaMs1.jpg


劣化とは言いましたが、絵としておぼつかないところは多々あれど可愛くは描けてると思います。











SougetsuSayaMs2.jpg


そして私の大好きな水着での正面背面構成……。
まあ、全裸で大事なところだけうまいこと隠して正面背面構成というのが一番この作品に望まれた絵柄ではありますが、

全裸が駄目なら水着でお風呂は定番ですからねー。
髪飾りを花にしたのもめちゃめちゃ可愛いですし、これはプレミアム化が待たれるところ。











AyashiroAmaneMs1.jpg


ただ、天音のほうは絵のおぼつかなさがやばいレベルになっております……。











AyashiroAmaneMs2.jpg


やばい……。











SougetsuSayaMs1.jpgSougetsuSayaMs2.jpgAyashiroAmaneMs1.jpgAyashiroAmaneMs2.jpg


まあ、アンジュ・ヴィエルジュは原作版が頑張ってくれるようですし、プレミアム化はしなくてもいいかな? ←おい。
T・ZONE&MF合同ブースにて販売。

<2016年12月4日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 アンジュ・ヴィエルジュ  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.