×Phos/抱き枕×
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
【SILVER LINK./CONNECT】ストライク・ザ・ブラッド 抱き枕カバー

姫柊雪菜雪菜デラックス紗矢華デラックス
HimeragiYukinaC851.jpgHimeragiYukinaC852.jpgHimeragiYukinaGakkenPhos1.jpgHimeragiYukinaGakkenPhos2.jpgKirasakaSayakaGakkenPhos1.jpgKirasakaSayakaGakkenPhos2.jpg
メーカー:アスキー・メディアワークス
発売:2013年12月29日(コミックマーケット85にて販売)
価格:10,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<パールロイカ/セーレン社>【日本製】
メーカー:学研パブリッシング
発売:2014年8月
価格:21,600円(税込)
サイズ:160cm×50cm(アンダーカバー)/28cm×50cm(セパレートカバーA)/22cm×50cm(セパレートカバーB)
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)【日本製】
メーカー:KADOKAWA
発売:2016年11月3日(アキバボーイズフェスティバル2016にて販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<ライクプラチナム/セーレン社>【日本製】

電撃屋 11,000円(送料:500円)※在庫(2017/4/10)
姫柊雪菜藍羽浅葱煌坂紗矢華姫柊雪菜 夏の誘惑
HimeragiYukinaMovic1.jpgHimeragiYukinaMovic2.jpgAibaAsagiMovic1.jpgAibaAsagiMovic2.jpgKirasakaSayakaMovic1.jpgKirasakaSayakaMovic2.jpgHimeragiYukinaDengeki21.jpgHimeragiYukinaDengeki22.jpg
メーカー:ムービック
発売:2014年10月12日(ストライク・ザ・ブラッド スペシャルイベントにて販売)
価格:10,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
メーカー:アスキー・メディアワークス
発売:2015年8月14日(コミックマーケット88にて先行販売)
価格:10,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<パールロイカ/セーレン社>【日本製】
メーカー:KADOKAWA
発売:2016年11月3日(アキバボーイズフェスティバル2016にて販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<ライクプラチナム/セーレン社>【日本製】

電撃屋 11,000円(送料:500円)※在庫(2017/4/10)
姫柊雪菜姫柊雪菜ラ・フォリア・リハヴァイン姫柊雪菜
真夏の夜の夢
HimeragiYukinaMovic21.jpgHimeragiYukinaMovic22.jpgHimeragiYukinaMovic31.jpgHimeragiYukinaMovic32.jpgLaFoliaRihaveinMovic1.jpgLaFoliaRihaveinMovic2.jpgHimeragiYukinaDengekiC901.jpgHimeragiYukinaDengekiC902.jpg
メーカー:ムービック
発売:2015年12月
価格:10,800円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
メーカー:ムービック
発売:2016年4月10日(ストライク・ザ・ブラッド スペシャルイベントにて販売)
価格:10,800円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
メーカー:KADOKAWA
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて先行販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<ライクプラチナム/セーレン社>【日本製】

電撃屋 11,000円(送料:500円)※受注販売(9月13日締切/10月下旬発送)→在庫(2016/11/10)
紗矢華
KirasakaSayakaCD1.jpgKirasakaSayakaCD2.jpg
メーカー:カーテン魂
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】

カーテン魂 9,720円(送料:650円/一部地域除く/15,000円以上で無料)※受注販売(11月30日締切/1月下旬~2月末発送)→受注販売(1月3日締切/2月下旬~3月末発送)→毎月受注
メーカー:カーテン魂
発売:2018年8月10日(コミックマーケット94にて販売)
価格:12,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット

カーテン魂 12,960円(送料:650円/一部地域除く/15,000円以上で無料)※受注販売(7月1日締切/9月発送)












『煌坂3枚目』






実質2期であるところのOVAシリーズ第1巻が本日発売ということで、
カーテン……抱き枕魂さんからも煌坂の抱き枕カバーが出てきたわけですが、
ということは前作OVAのラ・フォリアみたいに2期は煌坂の出番が多いってことなんかな……?



ところでこれまでストブラのページはひとつにまとめてませんでしたが、
今回抱き枕魂さんからの初の抱き枕化は煌坂ひとりということで見た目が寂しいのでいっそまとめちゃおうかと思ったのですが、
電撃・ムービック・学研と全てをまとめようとするとやはり記事数が多すぎてしまうので、

まあいいよね? ←よくないが。











KirasakaSayakaCD1.jpgKirasakaSayakaCD2.jpg


学研が出し渋った正面&背面の下着姿をあっさりと晒した素晴らしい抱き枕絵となっておりますが、顔が……。
相変わらず安定感のない作画ですが、これもきっとキャラデザ総作監の作画なんやろな……。











KirasakaSayakaGakken.jpgKirasakaSayakaMovic.jpgKirasakaSayakaCD1.jpgKirasakaSayakaCD2.jpg


ムービック煌坂(中央)のレベルで2way生地で出してもらえたら絶対に買うんですけどねぇ。
そろそろ姫柊の決定版も欲しいし……。



こちらは現在先行受注中でございます。
カーテン魂ブースにて販売。

<2016年11月23日>


↑ページの一番上へ










『電撃の中の人は一度冷静になるべき』






第2期OVAが決まったということで、またもや電撃さんから姫柊抱き枕化でございます。

ムービック3枚、学研1枚、そして今回のやつで電撃3枚となり、合わせて姫柊7枚目。
湊智花、御坂美琴に続いて、

電撃抱き枕の三本柱……電撃三本抱き枕に仕立て上げようということでしょうか。
まあ、現時点ではまだひなたのほうが上ですけどねー。











HimeragiYukinaC851.jpgHimeragiYukinaGakkenFos1.jpgHimeragiYukinaMovic1.jpgHimeragiYukinaDengeki21.jpgHimeragiYukinaMovic31.jpgHimeragiYukinaDengekiC901.jpg


制服姫柊を左から時系列に並べてみました。
3番目のムービックのへっぽこサンプルのせいで画像が小さくなっておりますが……。
小人小人言われて頭に来たのか今回は見事に適正サイズになってますねー。

担当者がキレて足まで切れてますが……。 ←どういうキレ方だよ。



頭上余白はまだ余ってるのになんでこんな……。











HimeragiYukinaDengekiC901.jpgHimeragiYukinaDengekiC902.jpg


ウラ面はウラ面で余白なさすぎだし……。 ←おい担当者出てこい。
ちなみになんでこんなにウラ面が窮屈なのかと申せば、
単純にウラ面のほうがキャラサイズが大きく描かれちゃってるからでございます。











HimeragiYukinaDengekiC901.jpgHimeragiYukinaDengekiC902.jpg


ちゃんとサイズを合わせるとこんな感じ。
トリミングしなおしてよマジで……。











HimeragiYukinaDengeki21.jpgHimeragiYukinaDengekiC901.jpg


オモテ面に関しては昨年の姫柊の完成度が高く、顔の可愛さやお胸の質感では今回は負けています。
ですが、今回の姫柊のお顔は昨年よりも本来のキャラデザに近いですし、
お胸を露出している状態での恥じらい方という意味でも本来の姫柊らしさが出ており、

何よりキャラサイズの点で圧勝。
確かに見た目はあまり色気のないお胸になってしまってますが、
しっかり露出してくれてるのでそこはライクプラチナムと妄想で補完できるんじゃないかなーと。
元々作画の雑な作品ですから、絵のクオリティにあまり期待してはいけません……。



ところでこれ、サンプルの大きさをきっちり合わせてませんが、
これくらいのわずかな差を合わせるために縮小しちゃうとものすごい画像が劣化するのでやめておきました。
あるいはブラウザによって見え方が違うかもしれませんが、
トップにサイズを合わせて貼ってあるサンプルの過去2つがボケて見えているとしたらそのせいでございます……。











StrikeTheBlood14003.jpgHimeragiYukinaDengekiC902.jpg



そしてウラ面ですが、どうやら姫柊は同じパジャマを色違いで持っている御様子。
この左の姫柊はアニメ14話のものですが、今回の抱き枕絵のウラ面よりもパジャマの丈が長いようなので、
おそらくお店で抱き枕絵のピンクのほうが気に入ったのだけれどもサイズが小さいのしかなく、
どうしても諦めきれずにサイズが合ってるほうの色違いと一緒に買ってしまったのでしょう。
でも胸もきつきつで結局普段はベージュのほうしか着てなかったのだけれど、
むしろ先輩が喜ぶかと思って先輩が部屋に泊まる日にわざわざピンクのほうを着てみせた……と。



うむ、姫柊可愛すぎ。



トリミングしなおしてくれたら絶対に買う……。 ←買わないって言ってるようなもんだよね、それ。
KADOKAWAブースにて先行販売。

<2016年7月15日>


↑ページの一番上へ










『サカサマのラ・フォリア』






ムービックさん、また性懲りもなくイベント限定抱き枕カバーを出してきました。 ←多分。

しかもまたストブライベントですが、今回はお値段10,800円でございます。
前回のダンまちでは行列を気にして11,000円にしたわけですが、当てが外れたのでもう10,800円でいいやってことでしょうか。
まあ、前回のストブライベントは盛況だったようですが、
さすがに今回はテレビ放送から時間が経ってるということでそんなには需要はないと判断したのでしょう。
でも逆にそう判断して生産数を絞っていたりすると阿鼻叫喚なんてことも考えられるわけで、
余って通販に出てくるかはなんとも言えないところ。

ていうか、普通にイベント売り10,000円、一般販売10,800円で売りなさいよ。











HimeragiYukinaMovic31.jpgHimeragiYukinaMovic32.jpgLaFoliaRihaveinMovic1.jpgLaFoliaRihaveinMovic2.jpg


今回は新作OVAがラ・フォリア回だったということもあり、ラ・フォリアが初の抱き枕化となりました。

姫柊のオモテ面はまた制服ですが、スカートの位置が謎。
穿いてめくっているのではなく、完全に脱いだものをわざわざお腹の上に置いて膝に引っ掛け、
一瞬めくれているように見える状態を作り出しております。

この人、何がしたいの……。 ←お腹を隠してるんじゃね?



ああ、姫柊は太りやすい体質ですから(多分)、脱いだスカートでお腹を隠し、
誘惑するように膝を立てたときに恥ずかしくてなんとなくそのスカートを引っ掛けたような感じでしょうか。



古城「姫柊、何してるんだ?」
姫柊「別になんでもないです」
古城「でもなんでわざわざスカートをお腹に」
姫柊「いいじゃないですか! それより……早くしてください」
 ←と、片膝を立てる。



面白いシチュだとは思いますが、おかげで上半身がほとんど隠れちゃってるのは問題です。
一方のウラ面は事後感がありますが、
行為のあとに大事なところを隠すにしてもこんなタオルがベッドの上にあることは普通はないでしょう。
ということは、やはりシャワーを浴びてからの仕切り直しシチュということになります。
ここでもお胸を隠すと見せかけてお腹を隠しているところが印象的ですねー。



まあ、横乳は非常に魅惑的ですから、事後の全裸添い寝柄と考えてイチャイチャするのが最適でしょう。
でもそれだったらなんでラ・フォリアのウラ面みたいにちゃんとした添い寝柄にしなかったんだろう……。

そして、なんでラ・フォリアのオモテ面はちゃんとしてないんだろう。 ←つっこみたくてうずうずしてた人。










HimeragiYukinaMovic31.jpgHimeragiYukinaMovic32.jpgLaFoliaRihaveinMovic1R.jpgLaFoliaRihaveinMovic1.jpgLaFoliaRihaveinMovic2.jpg


あ、なるほど。
完全に頭のほうから見た構図になってるんですねー。
枕元に立ってる感じの。
まあ、枕元というか、大きなベッドに逆さまに寝ていたラ・フォリアにベッドの足元側から近づいて話しかける古城、
みたいなシチュになるでしょうか。
窮屈な王女という立場から解き放たれたいという欲求が、思いつきでこんな格好をさせてしまったみたいな。
で、古城の目の前でそのまま脱ぎ始めて古城が慌てるっていう、実際に作中にありそうなシチュ。
せっかくのお色気シーンなのに逆さまだから見づらくて視聴者をもやもやさせる系の。
それこそOVAにあるシーンなのであればこの抱き枕絵は許されても良いかもしれませんが、

なかったら許さん。 ←ばっさり。



でもまあ、頭の適正サイズを保ちつつ体を枠に収めるために工夫したらこうなったということなのでしょう。
それこそウラ面は添い寝柄にすることで前後の奥行きを使って体をうまいこと枠に収めてますし、頭のサイズもばっちり適正です。
そしてオモテ面は上下で奥行きを出すことで枠に収めようとしたのでしょうが、
足元からの構図では頭の適正サイズは確保できない(あるいは下半身が大きくなりすぎてしまう)ので頭のほうからの構図を選び、
なおかつ我々が抱き枕を眺める自然な角度を考慮して頭を足元側に持ってきたのでしょう。
ちなみにオモテ面の頭のサイズは適正よりやや大きいくらいです。
姫柊のオモテ面は適正よりやや小さく、ウラ面は適正。



つまりオモテ面は完全に眺める用(でももやもやする)であり、
でなければ逆さの状態でキスをしたり逆さの状態で跨ったりするような大人なプレイを楽しむ用ということになるでしょう。
そして残念ながら、足ペロペロプレイは遠近感がつきすぎているので出来ません……。
もちろんお顔を堪能できれば多少の違和感は気にしないって人は頭を上にして抱けばいいですし(ただしファスナーは上)、

裏返せばすぐにウラ面のお御足に出会えるわけですから足フェチには意外と親切設計かもしれません。



……なるほど。 ←納得しちゃった!



でもまあ、文字どおり完全に斜め上な絵柄ですわ。
これはあかん。
しかもアニメではいまいち顔が可愛くなかったラ・フォリアですが、

このオモテ面はめちゃめちゃ可愛く描けているような気がする。



もったいないですねー。
枠に収めたいのであれば通常よりももっと両膝を立ててお股を開けばいいだけだと思うのですが、

なんでそれが出来ないかなぁ……。 ←簡単に言うよね!



こちらは明後日4月10日の「ストライク・ザ・ブラッド スペシャルイベント」にて物販されます。
イベントの詳細はこちら。
5限。

<2016年4月8日>


↑ページの一番上へ










『ウェディングドレス=チュー学生?』






今回のムービックさんの電撃アニメ抱き枕カバー6種発売のうち、2種が夏コミのT・ZONEさんとかぶってると言いましたが、
考えてみればこの姫柊も夏コミの電撃さんとかぶってるんですよねー。
ムービックさんの商売下手っぷりには驚異的なものがありますが、そもそも新規に姫柊を作る暇があったら、

イベント限定の三人を再販しなさいよ。



ムービックさんが抱き枕カバーをイベント限定で売るなんて後にも先にもないんじゃないんじゃないかと思いますが、
あれには驚きました。
まあ、厳密にはイベントを主催した他の企業(ワーナー?)がムービックに依頼して作ってもらったということだったのかもしれませんが、
それにしてもこれまでのストブラ抱き枕カバーの中で一番絵の出来が良かったと思われるあの3種がイベント限定で、

そしてまた一般販売で小人姫柊が出てくるこの使えなさたるや……。











HimeragiYukinaC851.jpgHimeragiYukinaGakkenFos1.jpgHimeragiYukinaDengeki21.jpgHimeragiYukinaMovic.jpgHimeragiYukinaMovic21.jpgHimeragiYukinaMovic22.jpg


左3枚はそれぞれ2013年冬コミの電撃、学研デラックス、2015年夏コミの電撃のオモテ面で、
右4枚はムービックの前回と今回のやつの両面です。
横に並べきれなかったので左3枚はオモテ面だけ貼りました。
今回、ついに制服姿が描かれなかったわけですが……。











HimeragiYukinaMovic21L.jpg


ウェディングドレス……?
またラブホにでも置いてありそうなチープなエロウェディングドレスですが、なぜにベージュのニーソ……。











HimeragiYukinaMovic22L.jpg


そしてこちらは浴衣……?
表情から察するに、浴衣で寝て起きたら全部はだけてた、みたいな感じでしょうか。
唐突感はありますが、こちらはなんとなく姫柊らしいというか、この隙のある感じが中学生らしくて可愛いなーと。
すでに恋人同士で旅館にでも泊まっている設定でしょうから、まだ寝ぼけている姫柊をペロペロしたとしても、
「先輩なんですか朝っぱらから……私まだ眠いんですけど」くらいの反応で許容してくれることでしょう。
で、しばらしくしてはっと気づいて、「ちょ、ちょっと。なんで人が寝ている間に脱がすんですか!」って一度は怒り出すわけですが、
「俺が起きたときにはすでに自分で脱いでたぞ」と冷静に指摘されて落ち込むっていう。

かわゆす。











HimeragiYukinaMovic21.jpgHimeragiYukinaMovic22.jpg


これでオモテ面がちゃんとその浴衣を着込んで笑顔な姫柊だったら完璧だったんですけどねー、寝る前と後って感じで。
正直このウェディング姿のオモテ面はシチュエーションも絵もちょっと雑すぎますがまあ、お顔は可愛く描けてるので、
そこだけでも十分価値はあるでしょう。
やはりウェディングドレスと言えば誓いの口付けですから、とにかく寝るときは新婚気分で見つめ合ってキスをして眠り、
朝起きたら裏返して無防備な姫柊を愛でたらよろしいかと。

<2015年10月18日>


↑ページの一番上へ










『獅子王機関に中学校はないかもしれないけど……』







HimeragiYukinaDengeki21.jpgHimeragiYukinaDengeki22.jpg


こちら、OVA企画が進行しているということで、またもや電撃さんから姫柊抱き枕化でございます。
しかし今回も微妙ですねぇ……。



前回のオモテ面は誘うような余裕の笑顔に違和感がありましたが、
今回はちゃんと恥じらいがあるのですでに恋仲になった姫柊と考えれば問題はないでしょう。
非常に可愛く描けてると思います。
ただ、やはり小人なのが残念。



一方、ウラ面はかなり作画に違和感があります。
現在姫柊は中学3年生ですが、実は中学に上がったくらいまではぽっちゃりしてたんです的な中1の夏といった風情……。
だとすると、中1の時点で身長は止まってしまった感じですかねー。
ちなみに姫柊の設定身長は156cmなので、早熟ということになるでしょうか。
まあ、オモテ面から察するに中学生の時点ですでに古城帝国の礎となる子作りを開始しているのでしょうから、
早熟なのは間違いありません。
零菜の歳の頃にはお母さん、もう頑張ってたんやで……。 ←おいやめろ。



こちらは夏コミで先行販売、のち電撃屋で受注ということになりそうです。
KADOKAWAブースにて先行販売。

<2015年7月11日>


↑ページの一番上へ










『モグワイのぬいぐるみ?』







StrikeTheBloodSE.jpg


つい先日の電撃イベントのホライゾン原作版抱き枕カバーは、
イベントはまだ先だろうと勝手に思い込んでスルーしてしまいましたが、 ←おい。
こちらは忘れずに紹介しましょう。



ってまあ、サンプルが小さすぎて何も言えることはないんですけどねー。
それこそホライゾンのほうも実物サンプル写真は出ていましたが通常のサンプルがやはり小さく、
生地も不明でしたのでちょっと紹介しにくかったっていうのはありました。
あと、先行販売と明記されていたのも油断に繋がったと思いますが、
とはいえ今回のやつも先行販売と考えて間違いないでしょう。

なのはじゃあるまいし限定で3種も出すとは思えませんし、
仕様を見るにムービック製でしょう、おそらく。 ←確定しました(10/12追記)。
それこそイベントの二日後くらいに一般販売予約が始まるとかそういうレベルじゃないかなーと。



イベント物販の詳細はこちら。

<2014年10月10日>


↑ページの一番上へ










『姫柊雪菜は攻略済みヒロイン?』






このカバーの仕様(生地&サイズ)を書くときに面倒だから前回のリトバスの記事からコピペしようと思って、

オペロンオペロンと呪文を唱えながらリトバスのページを開いたらなんと、
ライクラウォータリングって書いてあるじゃん……。



うわぁ……やっちゃった。
オペロンって思ってたはずなのに、
どうやら着せ替えのイメージだけでライクラウォータリングを使っていたエロゲの着せ替え抱き枕のページをコピペしちゃっていたようです。
や、もちろん公式に生地がオペロンテックスライクラだとアナウンスされているわけでもないんですけど、

少なくともライクラウォータリングだなどとはどこにも書いてないのに、嘘情報流しちゃった! ←すでに修正済み。



ごめんなさいごめんなさい。
許してくださいごめんなさい。
誰も騙されて買ってませんように……ガクガクブルブル。 ←びびりすぎ。



ちなみに私がオペロンだと確信しているのには何か具体的な理由があったような気がするのですが忘れました。 ←おい。
でもまあ、間違いないんじゃないかなーと。
あるいは同じメーカーの別生地って可能性もなくはないですが……。











HimeragiYukinaGakkenFos1.jpgHimeragiYukinaGakkenFos2.jpgKirasakaSayakaGakkenFos1.jpgKirasakaSayakaGakkenFos2.jpg


公開されているサンプルはトリミング前のものですが、おそらく縦はそのままで横を切り落とす形になるんじゃないかなーと。
というわけで、程良い感じに切ってみました。
こちらは着せ替えカバーをかぶせた状態の絵ですから、実際には……というかベースになる160×50のカバーには、
下着姿のふたりが描かれているはずです。
姫柊のオモテ面以外はブラ紐が見えてませんが、おそらくどれもぎりぎりお胸にひっかかっている状態なのでしょう。











HimeragiYukinaC851.jpgHimeragiYukinaC852.jpgHimeragiYukinaGakkenFos1.jpgHimeragiYukinaGakkenFos2.jpg


今回の姫柊は適正サイズ。
電撃版のオモテ面のように今回の学研版は両面とも笑顔ですが、
意味合いは全然違うと思います。 ←すみません、私の目には笑顔に見えましたが、実際には両面とも普通に恥じらっている表情でした……。
学研版はこの着せ替えカバーを外そうと外すまいとすでに完全に行為中の絵柄ですが、
電撃オモテ面はあたかも自分で前をはだけて笑顔で誘っているように見えるので、

こんなの姫柊じゃないと思うわけです。
まあ、そういう意味では電撃ウラ面は別に悪くはないのですが、作画が全体的にいまいちなのと、
さすがにここまで乱れた感じを出されちゃうと姫柊が不憫で……。
清楚ヒロインだからエッチなのは駄目、なんてことはもちろん言いませんが、せめて綺麗な絵面ではあってほしいなーと。











HimeragiYukinaGakken.jpg


今回のは脱がされながらも(あるいは脱がされても)笑顔ですから、もう完全に受け入れちゃった状態でしょう。

すでに処女ではないと思われます。
ここまで脱がされても嬉しそうにしてるわけですから、すでにもうエッチにはまっている状態。



ぶっちゃけ賛否両論ある絵柄だと思いますが、このほうが抱きやすいのは間違いないでしょう。
すでに深い仲になっていると思えば、色々と言い訳を考えなくても抱きやすいですからねー。
笑顔……というか微笑みにはそういう、相手が受け入れてくれてるとこちらに思わせてくれるような効果があります。
もちろん顔をこわばらせているほうが姫柊っぽいでしょうが、
なんか相手が姫柊だと無理矢理抱くようなのは罪悪感がある気がします。
基本、無理矢理とかそういうシチュエーションは嫌いじゃないのですが、
それだけ姫柊の清楚っぷりに心を打たれちゃっているのかなーと。



まあ、すでにアニメで古城と姫柊との仲は既成事実になってしまいましたから、
こういう絵柄でもそれほど違和感はないんじゃないでしょうか。
中学生のうちに完全に落としてしまったと考えるとかなり刺激的ですしねー。



 ↑ごめんなさい……。











KirasakaSayakaGakken.jpg


一方の煌坂ですが、オモテ面は完全に誘っているように見えます。
自分で胸元をはだけてスカートの裾を持ち上げ、

「ほ、ほら。したいんでしょ?」

って言ってる感じ。
で、顔を横にそらして、「……いいよ」っていう流れ。



非常にいい表情ですし、誘っている感じも煌坂らしいと思います。
浅葱が誘うのであればおそらく恥ずかしすぎて逆に一気に服を脱いで下着姿になっちゃうでしょうが、
煌坂だとそこまでは思い切れないので意図せずこういうエロい誘い方になるんじゃないかなーと。



じゃあこれが、服を脱いだ状態だとどういう絵になるか。
おそらくですが、服を着ている時点では自分からスカートを持ち上げていた右手が、
逆にずり下ろされそうになっているパンツを押さえつけている感じになるんじゃないかと。
左手も同様に、外されかけているブラを押さえている状態。

「こ、これ以上は駄目よ……」

っていう。



つまり、この服を着ているときは自分から誘っている絵だったのに、
服を脱がせたときには逆に最後の抵抗を試みている絵に変わるという、差分トリック。 ←おお!











HimeragiYukinaGakkenFos1.jpgHimeragiYukinaGakkenFos2.jpgKirasakaSayakaGakkenFos1.jpgKirasakaSayakaGakkenFos2.jpg


ウラ面の右手も同様の感じになるんじゃないかと思われますが、ちょっとこちらは表情が中途半端ですねー。
若干、誰これ感がありますし。
あと、体の中心線から頭の位置がかなり右にずれてますので、
もしこのようにトリミングすると頭が側面の傾斜にかかってしまって見映えが悪くなるでしょう。
顔をもっと中央に持ってこようとすると今度は体がサイドに行ってしまいますし、
左肘も切れてしまうのでおそらくこういうトリミングになると思われますが……。

というわけで、残念ながらこの煌坂のウラ面は微妙。



姫柊の作画はアニメではかなり不安定でしたが、この姫柊は合格。
両面とも可愛く描けていると思います。
作画的に全く問題が見当たりません。
あとは主線のクオリティと下着のクオリティによりますけど、おそらく買って実際に下着姿の姫柊を見たときには、

高かったけど買って良かったと思うんじゃないでしょうか。











RiasDXB.jpg


一応、また同じ画像を貼っておきますが、
着せ替えカバー(セパレートカバー)は首からお腹までとお腹から膝までの2枚になります。
本来であればこの企画、トップとボトムの服の境界線のところで上下ふたつに分けることで、
自然な脱げ感と表情差分まで得られるというものですが、
こちらの商品はただ闇雲に上半身と下半身部分の服を脱がすだけの仕様となっております。
分割線も三つも出来てしまい、恐ろしく見映えも悪い。
そしてそれなのにカバー2枚分のお値段ですからこれはもう完全にぼったくり。



どうせすぐに鬱陶しくなって服のカバーは外して抱くようになるでしょう。
つまり、実質的には下着姿の抱き枕カバー1枚に21,600円払うという構図になりますがまあ、
本当に好きなキャラであれば実質片面の抱き枕カバーに1万払わなければいけないこともままありますので、
それと同じと考えればよろしいのではないかと。
煌坂のほうは実質片面で2万ですからちょっと厳しいかもしれませんが……。

<2014年7月16日>


↑ページの一番上へ










『抱き枕である前にひとりの女の子なのだと心に留めよ』







HimeragiYukinaC851.jpgHimeragiYukinaC852.jpg


んー。
姫柊ほど清楚なイメージの女の子ってそうそういないと思うのですが、何これ。
小人だし……。



大きな画像はこちらでどうぞ。
オモテ面の笑顔の意味がわかりません。
これ、本当は凪沙なんじゃないの? ←いまいち顔の区別が出来ない人。
ウラ面は似てないし……。
電撃家ブースにて販売。

<2013年12月28日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.