×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【WIT STUDIO】甲鉄城のカバネリ 抱き枕カバー

無名無名侑那
MumeiOfficial1Fos.jpgMumeiOfficial2Fos.jpgMumeiGakken1.jpgMumeiGakken2.jpgYukinaTZC921L.jpgYukinaTZC922L.jpg
メーカー:不明
発売:2016年10月(カバネリ&バッテリー展 ~三振目標で六根清浄!~にて受注)
価格:10,800円(税込)
サイズ:160cm×50cm(多分)
生地:不明
メーカー:学研プラス
発売:2016年12月
価格:16,200円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<2WAYスムース>

アニメディアショップ 16,200円(送料:500円)※限定ボイス付
あみあみ 16,200円(送料:500円)※限定ボイス付/予約開始17,280円(2016/10/28)→入荷16,200円(12/28)

メーカー:T・ZONE
発売:2017年8月11日(コミックマーケット92にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

ヲタカラー 9,720円(送料:600円~/30,000円以上で無料)※受注販売(7月31日締切/1次発送8月16日以降→2次発送9月上旬)→受注販売(8月20日締切/10月上旬発送)










『筋肉質のキャラだろうと生地は2wayであるべき(そして中身をかたくする)』






侑那(ゆきな)さんの抱き枕化とかかなり斜め上ですが、カバネリファンには結構人気あるんでしょうか。
普通に考えれば無名の次は菖蒲様となるはずですが、

主人公の嫁ではなく来栖の嫁(多分)なので慣習的に避けるべきと考えたのかなーと。
基本、我々視聴者が自己を投影するのは主人公なので、
誰の嫁でもないならまだしも主人公以外の嫁(=not ヒロイン)の抱き枕化というのは誰得と考えるのが常識でしょうからねー。



……って、え?
ゲーマーズの亜玖璃?
や、亜玖璃は最終的に主人公の嫁になるはずなので、問題ないっす。

もちろん千秋もね! ←このハーレム豚!











YukinaTZC921L.jpg


すごいクオリティの抱き枕絵ですが、
ぶっちゃけ無名をこれくらいのクオリティで描いてもらえたらめちゃ売れると思います。



髪の毛整ってて良いなぁ……。 ←そこのクオリティかよ。











YukinaTZC922L.jpg


オモテ面だけ見ると侑那さんも性欲を持て余すことがあるんだろうなーなどと妄想してしまいそうになりますが、
相手は誰でも良かった……などというわけではなく、このウラ面の雰囲気を見る限り相手は恋人なのでしょう。
つまり、好きになってしまった相手に求められて仕方なく肌を晒しているような感じ。
男勝りに見えて侑那さんもまだまだ16歳の乙女ですから、恋人に求められれば嫌とは言えないのでしょうねー。

かわゆす。



とはいえ、侑那さん以上のマッチョじゃなければ恋人にはなれないような気が……。

<2017年8月19日>


↑ページの一番上へ










『どちらでもない! 俺は無名カバー寝りだ!』 ←とか言い合う抱き枕er=カバー寝りがいたら最高。






学研さんから発売される無名抱き枕カバーですが、

いつもの着せ替え仕様でもないみたいなのに16,200円(税込)ってどゆこと?
あみあみはなぜか17,280円になってるし……。



もしかして痛すぽ?
と思いましたが、痛すぽにしたら3万円くらいするはず……。
じゃあ、抱き枕の中に仕込めるような特製のボイスユニットでも付属するのかなーと思ったら、

普通にいつものスマホダウンロード仕様だそうで、
じゃあなんなの……と首を傾げながらしばらく様子を見ていたのですがなんの追加情報もなく。



で、ぴんと来ました。
例えば前回の着せ替え仕様だった玉置亜子は160×50のベースカバーの上に63×50のセパレートカバーが付属するわけですが、
つまりは生地に換算すると通常の抱き枕カバーの約1.4倍になるので、
学研さんの通常の抱き枕カバーの価格を11,880円とすると16,632円が妥当となり、

21,600円はボッタクリではないかというのが私の一貫した意見です。
ただ、21,600円の価格が付いているときには実はセパレートカバーのほかに添い寝ボイス9種が付くのが慣例となっているのですが、

そんな全部合わせても3分にも満たないであろう音声をスマホにダウンロードできる権利なんかいらん(個人的見解)と、
当ブログでは完全に無視しておりました。
しかるに今回、添い寝ボイスだけを付けて16,200円としてきた意味というのは、

着せ替え仕様は決してボッタクリではなく半分は添い寝ボイス分の追加料金であることを強調したかったのではないでしょうか。
つまりこれまでの着せ替え仕様は大雑把に言えば1万円の上乗せ料金が発生していたわけですが、
そのうちの5千円が着せ替え仕様分でありもう5千円が添い寝ボイス分であったと……。



なるほど、おかげで着せ替え仕様はボッタクリではなかったことがわかりましたが、

添い寝ボイスがボッタクリ……。 ←30分の添い寝CDでも3千円行かないからねぇ。











MumeiGakken1.jpgMumeiGakken2.jpg


アニメキャラは寝そべると髪の毛がボサボサになるのが常ですが、この無名ちゃんはまたすごいですねぇ。

いかにも風呂に入ってなさそうな……。 ←リアルでいいじゃない。



こちらの絵柄はアニメ後に生駒と結ばれた無名……いや、穂積ちゃんでしょうか。
なかなか手を出してこない生駒に業を煮やして、

「最近お風呂入れてないから私臭いかも。生駒、ちょっと匂いかいでみてよ。脇の下とか」

などと誘いをかけるわけです。

「どう?」
「……あ、ああ、ちょっと匂うかも」
「ひどいなー。思ったとしても女の子にそんなこと言っちゃ駄目だよ」
「お、お前が自分で臭いかもって言い出したんだろうが」
「……臭い私は嫌?」
「い、嫌じゃない。俺は無名の匂い、嫌いじゃない」
「穂積」
「ほ、穂積の匂いは好きだ。臭くなんかない」
「じゃあ、もっとかいでみて?」


やがて脇の下に顔を埋めるようにして匂いをかぎだした生駒の頭を、右腕で抱え込みながら自分の胸に押し付ける穂積。

自然、生駒の意識もそのやわらかな膨らみへと……。 ←生駒城陥落。



そしてウラ面は、半纏姿(?)でくつろいでいた穂積がもはや野獣と化した生駒に襲いかかられているシーンでしょう。

「な、何?」
「穂積の匂いがかぎたくなった」
「えー! またぁ?」


……そう。
あれから生駒は穂積の体ではなく、その匂いを貪(むさぼ)る野獣と化してしまったのでした。



健全アニメ乙……。 ←相手は12歳ですし!











MumeiOfficial1Fos.jpgMumeiOfficial2Fos.jpgMumeiGakken1.jpgMumeiGakken2.jpg


まともな情報が出てこなかったので待ってるうちに結局紹介しなかった左の無名ですが、
実際に購入した人のお写真から判断するにやはり160×50で御覧のようなトリミングになると思われます。

ええ、小人。



なのでまあ、心置きなく今回の無名を買ってください。

ボッタクリですが……。 ←現実に引き戻すよね!



個人的にはやはり髪の毛がネックですかねー。
いつものおかっぱ可愛い感じでちゃんと髪の毛が収まっていれば問題なく可愛く思えたはずですが、
ここまで荒ぶっちゃうとなんか違うよなーと。
ウラ面は悪くないと思いますが……。

<2016年11月10日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.