×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【天ノ葉】1分の2恋ゴコロ
『この中に2人、引きこもりがいる!』







AmakazeHinaFace.jpgAmakazeRunaFace.jpgHarusameMinoriFace.jpgYamaseKoyukiFace.jpg


8月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。
天ノ葉さんという新ブランドの処女作となりますが、
同じく新ブランドの処女作で1stヒロインが藤森ゆき奈ボイスと共通点の多かったLevoLさんの「11月のアルカディア」と、

当初の発売予定日も同じ2015年3月27日だったという1年5ヶ月遅れの重役出勤ゲーでございます。



LevoLさんはすでに退職してしまいましたが……。 ←まだわからないよ!



そんなわけなので、正直私が製品版を入手してプレーする機会は永遠に訪れない可能性が大ですが、
抱き枕化に一縷の望みをかけつつゲームのほうを紹介したいと思います。
さて、8月発売のこの作品ですが、1stヒロインの声が藤森ゆき奈さんということからもわかるように、

作品イメージはでございます。 ←だったら雪都さお梨さんのほうがいいんじゃね?



や、もちろん雪都さお梨さんが第1候補だったのですが、残念ながらそのお名前は2014年までということだったので、

藤森ゆき奈さんにさせていただきました、あしからず……。 ←マジで!



なので私は密かに泣きゲーなんじゃないかと思っているのですが、
そう感じてしまうくらい非常に懐かしい雰囲気のゲームでございます。

ぶっちゃけ画面が4:3じゃないのが不思議なくらい。 ←褒めてるのか貶してるのか。



主人公は3年前に両親を事故で亡くして以来、
中学を中退して高校にも通わずに喫茶店のバイトで双子の妹たちを養いながら貧乏なアパート暮らしをしています。
双子の妹たちは自分が通っていた中高一貫の私立中学に通わせているようなので、
両親が遺したものは基本、妹たちのために取ってあるということでしょう。
ただ、兄妹3人の間には全くネガティブな雰囲気はなく、
主人公が同年代の人たちに対して多少の引け目を感じているくらいなので、
とりあえず体験版段階では全く重たい作品ではありません。

あるいは最後まで重たい作品ではないのかもしれません。 ←おい。











AmakazeHina001.jpg


天風陽凪(あまかぜひな)は主人公の双子の妹の姉のほうで、勉強より運動が得意なおっとり天然中学生



……以上。 ←それだけ?!











AmakazeHina003.jpg


……あ、あと、同じ制服姿でも髪飾りが付いたり付かなかったりするところが面白いなーと。

そして、会話中に一瞬で髪飾りやベストが消えてなくなったりするのも面白いなーと。 ←デバッグ前なの許してあげて!



立ち位置が微妙にずれるのも味わいがある……。











AmakazeRuna001.jpg


天風月凪(あまかぜるな)は主人公の双子の妹の妹のほうで、運動より勉強が得意な生意気引きこもり中学生
主人公が己を犠牲にして通わせてくれている学校にたまにしか登校せずに、
ジャージ姿でいつもゴロゴロして口を開けば悪態をつくろくでもない妹ですが、

普通に考えれば何かしら内職でお金を稼いでいるパティーン。
パソコンは持ってなさそうですがスマホ(双子は携帯と呼ぶ……)はあるようなので、

スマホでアプリ開発とか? ←ワガママなあれの妹で見たパティーン!



援交だったら評価するんだけどなぁ……。 JCお散歩くらいにしてあげてぇ!











AmakazeSisters001.jpg


JC抱き枕ならなお良し……って、私が欲しいのはもちろんJCの抱き枕カバーですが、
JCに抱き枕カバーをかぶせて抱いたら直接のお触りはないわけですから、

もしかして合法になるのでは……。 ←や、服の上から触っても違法なんだからさ。



こちらはふたりともベストなしで髪飾りをしてますが、陽凪は先程とはまた違う髪飾りでございます。











AmakazeSisters003.jpg


こちらは私服姿。











AmakazeSisters005.jpg


こちらは寝間着姿。











HarusameMinori003.jpg


春雨(はるさめ)みのりは中学時代の主人公の部活の後輩で現在は高校生
中学入学時に運命的な出会い方をしたことで主人公に惚れたものの主人公が中退してからは出会う機会はなく、
3年経った今になって不意に主人公の目の前に現れて同じバイト先の喫茶店で働き始めます。
もはや主人公に惚れていることは誰の目からも明らかですが、

この主人公は全く恋愛脳を持たない人物なのでそこは御容赦ください……。











HarusameMinori001.jpg


こちらは仕事着。
常にお胸をアピールした立ち絵となっております……。 ←好きな人の前なんだから仕方ないよね!











YamaseKoyuki001.jpg


山瀬小雪(やませこゆき)は主人公のアパートのお隣りさんで京都弁を話すロシアンクォーター。
その厄介な出自のせいで対人恐怖症になってしまい、
主人公と同じくらいの歳ですがアパートの大家である祖母とふたり暮らしをしながら引きこもっています。

仮性の月凪とは違い、真性引きこもり。



なぜか主人公の家に料理のお裾分けをしてくれる気の良い引きこもりですが……。 ←気の良い引きこもり。











AmakazeSisters007.jpg


こちらはいつものお裾分けのお礼に双子が小雪を夕食に招待したシーンですが、
料理をするときはふたりとも髪の毛をひとつに結ぶようです。



……というように、立ち絵差分がひとつの売りになっているこの作品ですが、
体験版ではみのりがテキスト上は私服になっているのに制服を着ていたりするのでお気をつけください。
あと、テキストとは全く違う音声が流れてきたり難しい漢字が未登録で空欄になっていたりするので、
やはり神経質な人は心してプレーなされますよう……。
個人的に一番気になったのはAmakazeHinaFace.jpg陽凪の正面立ち絵表情差分で、
差分なのになぜか左目の位置が内寄りに移動しちゃう表情がものすごく違和感があったので、
出来ればあの差分は使わないほうが良いだろうなーと。
今更言っても仕方ありませんが……。



まあ、体験版部分をプレーした限りでは絵が可愛い以外のセールスポイントはないように感じましたが、
落ち着いた雰囲気とテンポの良いテキストはそんな美少女たちを愛でるのに全く邪魔になることなく、
主人公になりきって純粋に彼女たちとの生活を楽しむことが出来るようになっていると思います。
わりとつっこみどころの多いヒロインたちに対してあまり疑問を持たない主人公はやや歯がゆくはあるものの、
いずれわかるだろうとゆったりした気持ちでプレーできる作品なんじゃないかなーと。



何より、そんな地に足の着いた設定の中でひとりだけデフォルメ感が強く、
名前的にもこの作品の真のメインと思われるYamaseKoyukiFace.jpg小雪の存在はやはり大きいでしょう。
引きこもりヒロインの心をほぐしていく……というだけでひとつのドラマになりえますが、
鬱屈したタイプではなく単純に対人恐怖症でおどおどしているだけの女の子なので非常に庇護欲をそそられますし、

そのおどおどっぷりがめちゃ可愛い。
定番の敬語キャラでおどおどされると必要以上に距離を感じたりもするものですが、
喋り方自体は京都弁で親しげな感じなのでその按配がちょうど良いんだと思います。



あと特に話すことのなかったAmakazeHinaFace.jpg陽凪についてですが、
この子供っぽいピュアな妹とエッチな関係になることへの期待感もかなり強いということは付け加えておきましょう。
やっぱ藤森ゆき奈ボイスは可愛いわ……。



特典のB2タペストリー勢は残念ながらどれも等身大相当に達してないのでスルー。
店舗特典一覧はこちら。

<2016年8月16日>


↑ページの一番上へ











キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.