×Pos/抱き枕×
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
【キネマシトラス/EMTスクエアード】くまみこ 抱き枕カバー

雨宿まちクマ井ナツ
AmayadoriMachiCD1.jpgAmayadoriMachiCD2.jpgNatsuCD1.jpgNatsuCD2.jpg
メーカー:カーテン魂
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】

カーテン魂 9,720円(送料:650円/一部地域除く/10,000円以上で無料)※受注販売(7月31日締切/8月下旬~10月下旬発送)→受注販売(8月15日締切/9月~11月下旬発送)→月末締め毎月受注(2016/9/2)
メーカー:カーテン魂
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:マイクロファイバー(ポリエステル100%)【日本製】

カーテン魂 9,720円(送料:650円/一部地域除く/10,000円以上で無料)※受注販売(7月31日締切/8月下旬~10月下旬発送)→受注販売(8月15日締切/9月~11月下旬発送)→月末締め毎月受注(2016/9/2)
雨宿まち
AmayadoriMachiMovic1.jpgAmayadoriMachiMovic2.jpg
メーカー:ムービック
発売:2016年12月
価格:10,800円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】

あみあみ 9,690円(送料:500円)※予約開始(2016/11/4)→入荷(12/21)











『ナツと強姦魔』






どうやら担当の人が忘れているようでいつもの大きなサンプルが出てきませんが、もう紹介してしまいましょう。
カーテン魂に続いてムービックさんからもまち抱き枕化でございます。

ええ、スムース地獄。



とはいえ、松本商事OEMと思われるカーテン魂さんがその松本商事に引っ張られる形でついに2way生地を導入してきましたから、

同じ松本商事OEMの可能性が高いと思われるムービックさんもそろそろいいんじゃないかな?
サイズも160×50にアップでお願いします……。











AmayadoriMachiCD2.jpgAmayadoriMachiMovic1M.jpg


今回のオモテ面はカーテン魂版ウラ面の正面絵となっておりますので、
同様にアイドル的グラビア撮影シチュと考えるべきでしょうか……って、やべ。

シーツの上が毛だらけだわ……。 ←先にナツに抱かれちゃってる?!



いやいや。
肝心のまちの体には全く毛はついていませんから、多分これから。
まちの姿についに辛抱たまらなくなったナツが、自分の布団にお持ち帰りしちゃったのでしょう。
まさかナツが発情しているなどとは思いもしないまちは特に危機感もなく、
ナツの布団に押し倒されたことには微妙に恥じらいを感じながら、

「もー、なんなのナツ」などと文句を言っているわけです。



一見、今回のまちはかなり小人に見えますが頭のサイズで言えばカーテン魂版はやや大きく、
むしろ今回のまちのほうが適正サイズで頭身的にもカーテン魂版と大差ないと思われます。
まあ、比べては可哀想なくらいに絵柄には差がありますが、
この衣装で禁断のナツ発情ネタをやってくるその心意気は評価しなければならないでしょう。
どうぞ皆さんもナツになりきってまちをペロペロしちゃってください。
多少腰を振ってもまちはその意味に気づかないでしょうから……。 ←発情しすぎぃ!



しかしシーツの上に毛を描き足すだけでここまで世界観に沿った抱きやすい絵柄に仕上げてくるというのは、

ちょっと考えられないレベル。
すごいわ……。











AmayadoriMachiMovic2M.jpg


そして一方のウラ面ですが、こちらはまたレア度が異常。
アニメヒロインのロリ期なんて作中で描かれることはあっても抱き枕化されることなんてほぼありえないわけですが、
おそらくナツを一緒に抱き枕絵に収めたいと考えたときに出てきたアイディアがこれだったのでしょう。

まさしく奇跡の1枚。



しかも普通ならふたりでじゃれ合ってるような絵柄にしてしまうところを、
ちゃんとロリまちの抱き枕絵として成立させに来てるところがまた常軌を逸してるし、

もはや神の1枚と言っていいレベル。



小さなまちがひとりでお留守番をしているときに、知らない男が急に家の中に入ってきてまちに迫ったのでしょう。
当然、パニックになったまちは大声を上げようとしますが手で口を塞がれてしまいます。
逃れようと必死に暴れるまちを男はドスの利いた声でおとなしくさせようとしますがまちのパニックは止まらず、
業を煮やした男はまちのお腹を殴りつけます。
一瞬息が止まって声の出なくなったまちに再度男は脅し文句をつぶやくと、まちを軽々と担ぎ上げて2階へ。
「まちちゃんのおへや」という札がかけられた部屋の戸を開け、
押し入れから布団を出して優しい声をかけながらまちをそこへ寝かせます。
すると寝ているクマのぬいぐるみかと思っていたものが突然動き出したので男はぎょっとしますが、
まだ子グマで動きもよたよたしていることに安堵し、痛みと恐怖に涙するまちのスカートに手をかけ ←ストップ!



やべ。
この抱き枕絵はやばいやつだわ……。 ←あんたがやばくしてるんじゃん!











AmayadoriMachiMovic1.jpgAmayadoriMachiMovic2.jpg


まあ、正史としてはその直後にナツが獣の本能に目覚めて男に噛みついて難を逃れ、

まちとナツのハートフルなエピソードがまたひとつ生まれることになるわけです。 ←全然ハートフルじゃない!
そしてそのときのトラウマから、
まちはパニックになると腹パンチをするようになったわけですねー。 ←そんなトラウマが!
とはいえあくまでそれは正史ですから、

皆さんの精子は好きにしたらいいじゃない。 ←下品です!



というわけで、キャラデザ総作監の作画なので絵のクオリティ自体は素晴らしいものの全く抱く気にならなかったカーテン魂版に対して、

多少絵のクオリティは落ちたとしてもまちを抱ける絵柄を追求したこのムービック版というのは、
あまりにも見事な仕事と言えるでしょう。
正直、まちの抱き枕絵という難題に対してここまで完璧な解答が出てくるとは思いませんでした。

天才。

<2016年11月20日>


↑ページの一番上へ










『エロくないキャラほどエロい絵じゃないと抱けない(真理)』






はい、抱き枕魂さんから更に夏コミ合わせの新作が出てきました。
前季春アニメの中で瞬間風速的にはおそらく一番の話題作だったくまみこを、
真っ先に抱き枕化してくるとはさすが抱き枕魂さんですねー。

ていうか抱き枕魂さん、抱き枕カバー作りすぎぃ! ←抱き枕魂ですから!



って、あ、あれ?
カーテン魂とかいうメーカーも前にあったような……。 ←ちゃんとくまみこのカーテンも作ってるし!



……さて。
このアニメですが、個人的には前半までなら過去最高の日常アニメでした。
ただ、キャラも世界観も魅力的でアニメそのもののクオリティも素晴らしかったわりに田舎コンプレックスのネタ部分だけが強調されていたので、
ネタ切れしたらどうなるのかという一抹の不安は当初からありました。
でもまあ、何よりまちが可愛かったですし、
竹達大久保ボイスとくすはら……石原ボイスの間を取ったような日岡なつみちゃんの絶妙な声質が可愛すぎたので、
何はなくとも大丈夫だろうと思っていたのですが、お店に行ってみようシリーズが終わってからの失速感は想像以上で……。
最初が面白すぎたせいもあるでしょうが、やはりまちとナツ以外のキャラに魅力がないのが問題なのでしょう。

原作はどうやってテコ入れしてるんだろう……。 ←CMに出てた雌くま?











AmayadoriMachiCD1.jpgAmayadoriMachiCD2.jpg


キャラデザ総作監の作画ということで、アニメそのままのまちが描かれていて実に素晴らしいこの抱き枕絵ですが、
残念ながらちょっとこの絵では抱く気にはならないかなーと。



まずオモテ面ですが、寝転がってお菓子を食べながらマンガを読んでいて、
眠くなってきたのでマンガをお腹の上に置いたまま目を閉じたら不意に誰かに呼ばれて目を開けた、みたいな感じでしょうか。
完全に脱力してはいないし寝ぼけまなこでもないので、それくらいのシチュエーションじゃないかと。

そしてウラ面は、一見すると連れ去りのようなシチュエーションを期待(?)してしまいますが、
全然テンパってる感じではないのでせいぜいよしおに言われてアイドル的な写真でも撮られているところなのでしょう。
まあ、どちらも抱かれるようなシチュエーションではありません。











IsshikiIrohaTBSC902.jpgAmayadoriMachiCD2.jpg


このいろはすのウラ面も撮影シチュだろうと言いましたがそれは厳密に言えばという話であり、
背中から抱きついたとしても十分に成立するような雰囲気なのでこれは問題ありません。

ですが、まちの場合は背中から抱きつかれてこんな表情で済むわけがない。



や、もちろんいろはすだって、恋人になっていることを前提に考えて初めてこの表情でも良いとなるわけですが、
少なくともこの中学生のまちに恋人が出来て何度もエッチをしていたとしても、こんなに表情に余裕があるはずがありません。
何度エッチしても常に顔真っ赤、というのがまちのイメージじゃないでしょうか。
まあそもそも、いろはすと違って恋人がいることを前提に考えられるようなキャラではないですしねー。











AmayadoriMachiCD1.jpgAmayadoriMachiCD2.jpg


つまりまちの抱き枕絵というものを考える場合、
その設定相手をナツか強姦魔のどちらかに決めなければならないということです。 ←強姦魔って。



や、もちろんエロいシチュでなくても良いです。
相手がナツであればそうはならないでしょうしねー。
例えばオモテ面は泣き顔で両手を前に差し出しているようなポーズにすると良いでしょう。
ナツがいなくなっちゃう夢を見て泣きながら目覚めた、というようなシチュエーションです。
で、何事かとナツが歩み寄ると、

「ナツぅ、どっか行っちゃ嫌だよぉ! 私をひとりにしないでぇ!」
「まち、どうしたの? 僕はどこにも行かないよ。まちをひとりにしてどこか行くわけないじゃないか」
「本当? 本当に? どこにも行かない?」
「行かないよ行かないよ。絶対に僕はどこにも行かない」
「ナツぅー!!」
「まちぃー!!」


ってな感じでまちが甘えるように両腕を伸ばし、ナツが抱え上げるようにまちを抱きしめるというようなニュアンスの絵柄。



とはいえ、自分がナツになりきって抱くというのもなかなか難易度は高いでしょうから、やはり強姦魔のほうが……。 ←こら。











NatsuCD1.jpgNatsuCD2.jpg


そしてナツですが、生地をマイクロファイバーにするというアイディアは良いとして、やはり抱き枕カバーはないなーと。
もふもふするにしても抱き枕では小さすぎてナツ感は出ないでしょう。











NatsuMachiCDFos.jpg


こんなふうに抱き枕同士を重ねたところで雰囲気は出ませんしねー。
せめてまちの抱き枕絵の背景をナツの体毛の色にして、
ナツを抱き枕カバーではなくブランケットとかにすれば需要はあると思いますが……。
その際、腕の部分だけぬいぐるみ状のものを縫い付けて立体化なんか出来たら、
冬場にそのブランケットをベッドに敷いてその上でナツの腕に抱えられるような感じで寝ることで、
自分自身がナツに抱かれて眠るような感覚を得ることも出来るんじゃないでしょうか。

もちろんそのまま床に敷いたり壁に掛けたりすればナツの剥製感も味わえ ←こら。



あるいは単にナツをもふもふしたいということであれば、マイクロファイバーの掛布団カバーなんかが良かったかもしれません。
下に布団を重ねることでもふもふ感と実体感はある程度出るでしょうし、
それこそ下の布団ごと丸めて抱き枕状にすれば巨大抱き枕の完成です。
もちろん普通に掛布団として使ってもナツの毛皮に包まれているような感覚を味わえ ←こらこら。











AmayadoriMachiCD1.jpgAmayadoriMachiCD2.jpg


しかしまあ、ただの添い寝であってもナツ以外に対してはめちゃめちゃ恥じらうのがまちでしょうから、
やはり赤面恥じらい顔をデフォにすべきなのは間違いのないところです。
例えばこの両面をそのまま活かすのであればオモテ面は完全に寝てる絵にすべきでしたし、
ウラ面はもっと強烈に恥じらってさえいれば十分抱き枕絵として成立したんじゃないでしょうか。



こちらは夏コミで販売され、現在は4日半の先行受注中でございます。
カーテン魂ブースにて販売。

<2016年7月29日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.