×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【KADOKAWA】ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? アコ 抱き枕カバー

TamakiAkoDengekiC901.jpgTamakiAkoDengekiC902.jpg
メーカー:KADOKAWA
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて先行販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<ライクプラチナム/セーレン社>【日本製】

電撃屋 11,000円(送料:500円)※受注販売(9月13日締切/10月下旬発送)→在庫(2016/11/10)→完売(11/10)










『アニメ絵に負けたくなかったら大きなサンプルを出しなさい』






んー。
アニメ絵はともかく表現の細かい原作絵は画像の大きさでかなり印象が違ってくるので、
もっと大きなサンプル画像を出していただきたいなーと。



というわけで原作版アコ抱き枕カバーですが、正直このサンプルで見る限りでは微妙。

ていうか、原作版のアコってこんなだっけ?











Netogeyome1.jpgNetogeyome2.jpgNetogeyome3.jpgNetogeyome4.jpg
TamakiAkoDengekiC901.jpgTamakiAkoDengekiC902.jpgNetogeyome5.jpg
Netogeyome11.jpgNetogeyome6.jpg
Netogeyome10.jpgNetogeyome9.jpgNetogeyome8.jpgNetogeyome7.jpg


左上から時計回りにぐるりと原作1巻から11巻までの表紙で今回の抱き枕絵を取り囲んでみましたが、

ああやっぱこんなだわ。 ←おい。
でもなんか最初の頃の瞳のキラキラ感が徐々になくなっていって、今回の抱き枕絵が一番渋いような……。



まあ、もっと大きな画像で見れば問題なく可愛いのかもしれません。
とりあえずオモテ面は目線を外して恥じらっている感じ?
アコであれば笑顔にしたくなるところですが、さすがのアコも慣れないうちはこんなもんだと思います。
ウラ面はゲームの衣装なので夢とか妄想ということになるでしょうか。
仮にコスプレしたとして、こんなビリビリにはしないでしょうしねー。
Hisasi絵ということで期待してしまう人は多いかもしれませんが、

お胸はせいぜい絆創膏でしょう……。 ←魔法の杖だったりして。 ←破けた衣装でした。











Netogeyome5.jpgNetogeyome2.jpg


個人的にはこんな感じの両面だったら即購入決定だったかもしれません。
オモテ面は制服エプロンで朝食を作って寝床まで声を掛けに来てくれたところを布団の中に引きずり込み、

背中から抱きついて豊満なお尻に男の朝をこすりつけて甘えるシチュ。 ←男の朝?
ウラ面はもちろん夢シチュで構いませんが、抱き枕絵のウラ面よりもこっちのアコのほうが切迫感があって良いですよねー。
体の描き方も素晴らしい……。
片目つぶりは基本的に好きではありませんが、この表情はすごく良いと思います。
行為中っぽいエロ絵になるとどうしても喘いでいる感じに描いてしまう人が多いのですが、
こんなふうにぐっとこらえているほうが個人的には好きだし、
ぶっちゃけ無声の抱き枕的にはこういう絵のほうが合ってるんじゃないかと。



で、目が覚めたら夢精してたってオチ……。 ←夢シチュだからね!
KADOKAWAブースにて先行販売。

<2016年7月17日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.