Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【T・ZONE】ロウきゅーぶ!SS 抱き枕カバー

湊智花袴田ひなた
MinatoTomokaAJ20161.jpgMinatoTomokaAJ20162.jpgHakamadaHinataAJ20161.jpgHakamadaHinataAJ20162.jpg
メーカー:T・ZONE
発売:2016年3月26日(AnimeJapan2016にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

湊智花
wotacolor 9,720円(送料:600円)※受注販売(3月23日締切/4月下旬~5月下旬発送)→受注販売(4月22日締切/5月中旬~下旬発送)→在庫→受注販売(8月8日締切/9月下旬~10月上旬発送)→受注販売(8月29日締切/10月中旬~下旬発送)→在庫(2016/11/16)
袴田ひなた
wotacolor 9,720円(送料:600円)※受注販売(3月23日締切/4月下旬~5月下旬発送)→受注販売(4月22日締切/5月中旬~下旬発送)→在庫→受注販売(8月8日締切/9月下旬~10月上旬発送)→受注販売(8月29日締切/10月中旬~下旬発送)→在庫(2016/11/16)
プレミアム
MinatoTomokaTZC911.jpgMinatoTomokaTZC912.jpgHakamadaHinataC911.jpgHakamadaHinataC912.jpg
メーカー:T・ZONE
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:12,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

湊智花
wotacolor 12,960円(送料:600円)※受注販売(12月31日20時締切/2月上旬~中旬発送/但し30枚のみ1月5日以降発送)→在庫(2017/1/20)
袴田ひなた
wotacolor 12,960円(送料:600円)※受注販売(12月31日20時締切/2月上旬~中旬発送/但し10枚のみ1月5日以降発送)→在庫(2017/1/20)










『真のロリ智花降臨』






はい、カーテン……抱き枕魂さんに続いて、T・ZONEさんからも怒涛のコミケ抱き枕攻勢来ました。
厳密にはエムズさん企画のものも含まれているようですが、一括して版権申請しているのでしょう、おそらく。
ですがこちらは間違いなくT・ZONEさん企画。

怒涛の生地&サイズ&トリミング改善再販でございます。



……なのですが現在、ヲタカラーさんの受注ページのサンプルはスムース版のときのままで、
ヲタカラーさんのTwitterのほうでは智花だけが2way版サンプルになっていたので、
とりあえず今回は智花だけを紹介してひなたの2way版サンプルが出てきたらまた紹介するという形を取りたいと思います。











MinatoTomokaAJ20161.jpgMinatoTomokaTZC911.jpgHakamadaHinataAJ20161.jpg


巨大化の魔法かなんかが解けて元に戻っていく効果音が聞こえてきそうな見事な縮み方ですが、
前回のひなたのオモテ面と比べたら全く違和感はありません。
ですがなるほど、前回のひなたのオモテ面と今回の智花の頭の大きさはほぼ同じで身長もほぼ同じくらいに見えますが、
実際にはひなたのほうが頭が小さいイメージがありますのでややひなたのほうが縮尺が大きいということになるのかもしれません。
設定身長は智花が142cmでひなたが131cmです。



まあ、前回の智花でほぼ等身大だったのが、今回のトリミング変更で120cm弱くらいの身長になってしまいましたので、
おいふざけんなと思う人もいるかもしれません。

ですが、抱き枕絵においてはこれが正解なのです。











MinatoTomokaAJ20161.jpgShibasakiRokaTora1.jpgMinatoTomokaTZC911.jpg


中の人繋がり……花繋がりで検証してみましょう。



中央はディーふらぐの柴崎芦花(身長143cm)ですが、
この芦花は(頭の大きさが)適正サイズでありながらほぼ等身大という稀有な例でございます。
そして事実、前回の智花とほぼ同じ身長ですが、

これを見ればいかに智花のキャラデザが頭でっかちであるかがおわかりかと思います。
実際にはこの芦花の頭の大きさでもリアルよりはやや大きめで成人男性の平均くらいになりますが、
この芦花の頭が自分の頭だと思ってこの左の智花にキスするところを想像してごらんなさい。

超ウケルー。 ←こら。



その点、この芦花とほぼ同じ頭の大きさの右の智花だったらどうです?

かーわーいーい。 ←うるさい。











MinatoTomokaTZC911.jpgMinatoTomokaTZC912.jpg


ということです。
ロリキャラですから本当ならもっと小さくしたほうが良いくらいですが、
この頭でっかちなキャラデザだとさすがに小さくなりすぎてしまいますから、これくらいがベストの選択だと思います。
逆に大人キャラでこんな頭でっかちなキャラデザだとしたら、もうちょっと大きくしたほうが良いかもしれませんけどねー。



あとこういう場合、上下に大きく出来た余白は下に全振り(上は適度に)するのが抱き枕のルールですが、
元絵の余白(シーツ)が大きく下に続いていなければそういうトリミングは出来ませんので、

そこは御容赦ください……。 ←多分。



こちらは現在受注中ですが、
智花は30枚限定、ひなたは10枚限定で「なるはやお届け」ということで1月5日から順次発送となり、
それ以降は2月上旬から中旬の発送となりますので、コミケに行かないのが確定している人は急いで注文してください。
ただ、どちらの発送になるかはおそらく注文してみないとわからない(注文してもわからない?)ので、
すでに限定数は終わっているかもしれません。
もしかしたら終了時のアナウンスくらいはしてくれるかもしれませんが……。

 ↑限定数完売で一度受注ストップ、再開後に限定数完売の記述ありな仕様でございました。



T・ZONE&MF合同ブースにて販売。

<2016年12月1日>


↑ページの一番上へ










『手のひら返し』






ムービック、カーテン魂、T・ZONEと、
たった4ヶ月の間に智花&ひなたの抱き枕カバーが3種も発売されるこの不自然な流れは一体……。



カーテン魂と松本商事(エムズ)の繋がりは前々からわかっていましたが、
おそらくカーテン魂の商品は全て松本商事に製造委託しているものなんじゃないかなーと。
そしてムービックに関しても元々はTBSの商品を任されていたわけですから、
ムービックが製造委託をしていた松本商事にTBSが直接(最初はT・ZONEを通して)製造委託するようになったと考えるのが妥当でしょう。
というわけで、そもそも3種とも同じ製造元という可能性が高い気がします。



つまり実際に版権申請をしたのは松本商事で、
それにT・ZONEとカーテン魂とムービックが乗っかる形で今回のような不自然な流れが生まれたというふうに考えざるをえないのですが、

そんなことってあるの?



まあ、真相はどうでもいいんですけど、要は4社結託して智花&ひなたを抱き枕化しまくったということになるわけですから、

頭の悪いロリコンたちですね! ←激おこ。











MinatoTomokaAJ20161.jpgMinatoTomokaAJ20162.jpg


ただ、このオモテ面の智花に関しては過去最高の出来と言っていいでしょう。
本来の智花のキャラデザと比較すると白目の部分が多すぎてロリ感が足りませんが、
この陵辱感溢れる構図はロリ抱き枕としては至高。

智花を抱くってことはこういうことです。



セクシー下着もめちゃ可愛く描けてますし、中途半端に脱がさずに露出を確保しているところが素晴らしい。

一方、中途半端にはだけてしまっているウラ面ですがまあ、事後ということになるでしょうか。
こちらは一層白目がちになっちゃっててあれですが、
大人になってしまった智花と考えれば悪くはないかもしれません。 ←んなこたぁない。
ただ、この構図だったらもっと右膝を立ててパンツを脱がし、上も完全に脱いで手でお胸を隠すべきだったでしょう。
靴下履いただけの裸だったらさぞ事後感が出て大人びた笑顔にも説得力があったでしょうに……。











MinatoTomokaSSMovic21.jpgMinatoTomokaSSMovic22.jpgMinatoTomokaCD1.jpgMinatoTomokaCD2.jpgMinatoTomokaAJ20161.jpgMinatoTomokaAJ20162.jpg


左から直近のムービック版、カーテン魂版、そしてT・ZONE版です。

今回は残念ながら巨頭ですが、限りなく等身大に近いとは言えます。
白目がちとはいえ、作画的にも本来の智花に一番近いでしょう。











HakamadaHinataAJ20161.jpgHakamadaHinataAJ20162.jpg


ひなたのほうは表と裏でキャラサイズが違っちゃってますが……。
これ、オモテ面のほうが本来絵師さんが考えたキャラサイズで、
ウラ面と智花の両面はT・ZONEさんのほうでトリミングし直したってことなんじゃないかなーと。
その証拠にオモテ面の頭の大きさはちゃんと適正サイズになっております……。



まあ、等身大に近づけるのもひとつの正解ではあるのでしょうが、

抱き枕erの多数決を取ったらやはり巨頭はNGでしょう。
T・ZONEさん的には良かれと思って等身大に近づけたのでしょうが、
頭のサイズを基準に考えるのが2次元抱き枕の常識なので今後は気をつけていただきたいところです。
特にロリキャラは頭が大きいと肝心のロリ感が出ませんからねー。
ちなみにこのひなたのオモテ面に関しては、
これ以上余白を詰めると右肘や左手を切り落とさなきゃいけなくなるので出来なかったということでしょう。
普通は切り落としてでもウラ面に揃えるか、仕方なくオモテ面に合わせてウラ面もそのままのサイズに留めるところですが、

葛藤した結果こうなってしまったのかなーと……。



この絵師さん、ひなたもやはり白目がちすぎてロリ感が足りませんが、オモテ面の驚いた表情は良いと思います。
押し倒されペロペロされることの意味がわかっていて恥じらう智花のオモテ面と、

わからずに驚いているひなたのオモテ面の対比は完璧。
やはり抱き枕絵としては過去最高の出来だと思います。



一方、ウラ面の事後はさすがに大人になりすぎ。
初めてだったのに気持ち良かったということかもしれませんが、

いずれにせよ初めてのあとのひなたは眠くなるはず。 ←イメージ。
「これでもうお兄ちゃんはひなのもの……」みたいなこんな顔はしないでしょう。



まあ、あるいは事後ではなく、
オモテ面とは別のシチュエーションですでに何度か経験したあとでの誘惑シチュということならこれでも悪くありません。
つまり完全に大人になってエッチの意味も知ってしまったひなたが、
前をはだけてお胸をチラ見せしながら上目遣いで添い寝してくるっていう。

セリフはもちろん、「お兄ちゃん、エッチしよ?」











HakamadaHinataSSMovic21.jpgHakamadaHinataSSMovic22.jpgHakamadaHinataCD1.jpgHakamadaHinataCD2.jpgHakamadaHinataAJ20161.jpgHakamadaHinataAJ20162.jpg


今回のオモテ面はムービック版とキャラサイズがほぼ同じになってますねー。

T・ZONEさん、余計なことを……。 ←多分。
ムービック版のひなたはめちゃ可愛かったですが、純真無垢なロリの場合は基本、笑顔だとただ抱きしめることしか出来ません。

なので、ひなたをペロペロして大人の世界をわからせてあげたいって人には、
今回のT・ZONE版をお勧めします。



……って、そうか。
T・ZONEさんだったらプレミアム化の可能性があるってことじゃないですか。
しかもトリミングも見直してくれるかもしれない……。



んー。
智花&ひなた3連発に腹が立って記事を書く気にならずに先行受注締切ギリギリになってしまいましたが、
これってもしかして智花&ひなたをまともな絵柄かつ2way生地でゲットできる最大のチャンスが巡ってきてるってことじゃない?



やべ、T・ZONE神キタコレ? ←テノヒラクルー!










頭の悪いロリコンなんて言ってごめんなさい……。 ←謝る前にその文を消せばいいんじゃないかな。



こちらはアニメジャパンでの販売になります。
イベントの詳細はこちら。
5限。

<2016年3月20日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 ロウきゅーぶ!  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.