×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【studioぴえろ】おそ松さん 抱き枕カバー

おそ松カラ松
MatsunoOsomatsuGakken1.jpgMatsunoOsomatsuGakken2.jpgMatsunoKaramatsuGakken1.jpgMatsunoKaramatsuGakken2.jpg
チョロ松一松
MatsunoChoromatsuGakken1.jpgMatsunoChoromatsuGakken2.jpgMatsunoIchimatsuGakken1.jpgMatsunoIchimatsuGakken2.jpg
十四松トド松
MatsunoJuushimatsuGakken1.jpgMatsunoJuushimatsuGakken2.jpgMatsunoTodomatsuGakken1.jpgMatsunoTodomatsuGakken2.jpg
メーカー:学研プラス
発売:2016年3月→4月
価格:16,200円(税込)
サイズ:アンダーカバー160cm×50cm/セパレートカバー160cm?×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)【日本製】
あみあみ 16,200円(送料込)※予約開始(2015/12/21)
あみあみ 16,200円(送料込)※予約開始(2015/12/21)
あみあみ 16,200円(送料込)※予約開始(2015/12/21)
あみあみ 16,200円(送料込)※予約開始(2015/12/21)
あみあみ 16,200円(送料込)※予約開始(2015/12/21)
あみあみ 16,200円(送料込)※予約開始(2015/12/21)
おそ松養いカラ松養い
MatsunoOsomatsuMS1.jpgMatsunoOsomatsuMS2.jpgMatsunoKaramatsuMS1.jpgMatsunoKaramatsuMS2.jpg
チョロ松養い一松養い
MatsunoChoromatsuMS1.jpgMatsunoChoromatsuMS2.jpgMatsunoIchimatsuMS1.jpgMatsunoIchimatsuMS2.jpg
十四松養いトド松養い
MatsunoJuushimatsuMS1.jpgMatsunoJuushimatsuMS2.jpgMatsunoTodomatsuMS1.jpgMatsunoTodomatsuMS2.jpg
トト子&橋本にゃー
TotokoNyaaMS1.jpgTotokoNyaaMS2.jpg
メーカー:松本商事
発売:2017年1月
価格:12,960円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル100%)【日本製】
あみあみ 10,990円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 10,990円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 10,990円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 10,990円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 10,990円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 10,990円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
メーカー:松本商事
発売:2017年2月
価格:9,720円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2016/10/22)










『トト子ちゃんは童貞に厳しいしなぁ』






当ブログは以前は男も女も関係なくアニメ系抱き枕カバーを扱っておりましたが、

前回の学研おそ松さんがめちゃめちゃ話題になったことに危機感を覚えて
いち早く男抱き枕からは手を引くことにしたわけですが、
同一シリーズで女抱き枕も発売される場合は一緒に取り上げるルールなので今回もスルー不可。
しかも通常版とプレミアム版とか、面倒すぎる……。



や、両方出せばいいとか私自身もどこかで言ったので文句は言えませんし、
プレミアムver(2way生地)のほうをひと月早く発売することでなるべくそちらを買ってもらおうという作戦も見事だと思います。
エムズ(松本商事)さんとしてはこれまでどおりリスクを回避して通常ver(スムース生地)のみで行きたかったのでしょうが、
学研さんが2way生地を使っていた以上、スムースというわけにはいかない。
とはいえやはり税込12,960円じゃ高すぎると思われるかもしれないし、
プレミアムverという言い訳も通常verがあってこそ初めて意味を成すので使えない。

じゃあ、両方出せばいいじゃない。
でも同時に出したら普通に多くの人が後ろ髪を引かれながらも通常verを買うだろうから、
そんなモヤモヤした気持ちにさせるよりは、

気持ち良くプレミアムverを買わせてあげようではないか。
というのが、今回のエムズさんの作戦なのでしょう。



であればプレミアムverに関してはやはり学研さんと同じ160×50を選択するべきだったでしょうし、
そのほうがはっきりと差別化できて良かったと思いますがまあ、
何も考えずにいつもどおり絵を150×50で発注しちゃったので今更160サイズにするにはトリミング的に無理があったとか、
そんな理由かもしれません。



ちなみにエムズさんの2way生地ですが、
カバーの内側に縫い付けられたタグにすらそう書かれているのでポリエステル100%というのは間違いないようです。
一般的にトリコット編みの生地はポリウレタンなしでは一方向(1way)にしか伸縮せず、
しかも同じ1wayのスムースなんかより伸縮性は弱いらしいので2wayトリコットという表記はもしかしたら間違いかもしれませんが、
伸縮具合は紛れもなく2wayトリコットですし表面も滑らかでしっとりしております。
ただ、2wayトリコットにしては薄手なのでカバーを掛けずに本体をそのまま抱く感覚に近くなるでしょうか。
私の本体はへたってるので、ややグニャグニャして実体感がなく表面がボコボコした感じ。
エロゲ特典2wayトリコットの薄いやつに比べればしっかりしてるし伸縮性もあまりないのでまだマシですけどねー。
あと、安物2way生地やスムース生地のように表面の編み目が目立つようなことはなく、印刷具合は綺麗です。
もちろんスムース生地と比べたら比較にならないくらい良い生地。
12,960円という価格が妥当かどうかは別問題ですが……。











TotokoNyaaMS1.jpgTotokoNyaaMS2.jpg


さて、こちらが今回取り上げるべき対象ですが、

まさかトト子ちゃんがモブキャラと同列に扱われることになるとは……。



まあ、アイドル的にはむしろにゃーちゃんのほうが格上なので、
作中レベルで考えればむしろにゃーちゃんのほうが不本意でしょうけどねー。

橋本にゃーという名前、おそらく最初は橋本環にゃだったと思われますが、
さすがのおそ松さんスタッフも自重したのでしょう。
魚属性のトト子ちゃんの天敵ポジションとして猫属性を与えられておきながら結局ほとんど出番はなかったわけですが、
まさかここでトト子ちゃんに食って掛かるとは……。



ただ、この両面仕様のアイディアがエムズさんから出たのかアニメ公式のほうから出たのかはわかりませんが、

おそらくその意図はトト子ちゃんの純潔を守るためなのでしょう。
つまり永遠のアイドルであるトト子ちゃんをあくまで添い寝するだけの存在としておくために、

抱く用としてにゃーちゃんをウラ面に供したってことなんじゃないでしょうか。
実際、トト子ちゃんは横向きなので添い寝柄相当ですが、にゃーちゃんは正面向きのガチ抱き仕様。
また、トト子ちゃんのチャームポイントであるお胸が隠されているところからも、
トト子ちゃんの純潔を守ろうという意図が読み取れます。



つまり、アイドルとしては格上でも結局結婚して脱落していったにゃーちゃんというのはトト子ちゃんのアンチテーゼであり、
純潔の象徴であるトト子ちゃんのウラ面に配するのにこれほどふさわしい存在はないわけです。
だから皆さんも思う存分にゃーちゃんを抱いてください。
そのとき、裏ではトト子ちゃんがひとり寂しく横たわっていることになりますが、それによってトト子ちゃんの純潔は守られるのです。

真のアイドルとは孤独なものなのよ。 ←逆説的な話ね。










まあ実際には、
トト子ちゃんは魚臭くて抱けないので代わりににゃーちゃんを抱こうって話なんだと思いますが……。 ←こら。

<2016年11月1日>


↑ページの一番上へ










『脱がせる以外の意外な可能性』






こちら、とりあえずサンプル画像は出揃ったようで、トリミングもおそらく決定稿と思われるものが出てきましたので御紹介します。
しかしよりにもよって着せ替え仕様とは……。



なんでもありなおそ松さんですから抱き枕化自体はふさわしいチョイスだとは思いますが、

どうしたって一度に6人抱き枕化せざるをえないこの作品で高額な着せ替え仕様はありえません。
ってまあ、たまたま学研さんの抱き枕化のデフォ仕様が着せ替えだったので必然的にこうなってしまったと言いますか、

より煽りたい気持ちが湧いてきちゃったのでしょうねー。
他社だったら思いついてもやらなかったろうと思われます。



とはいえ、この着せ替え仕様の本来の価格は21,600円(税込)ですから、
それを16,200円にしてみせただけでも煽っただけの犠牲は払っていると言えるでしょう。

もちろんそれだけ売れると見越しての値下げでしょうが……。 ←余計なことは言わんでよろしい。













MatsunoTodomatsuGakkenFos1.jpgMatsunoTodomatsuGakken1.jpgMatsunoTodomatsuGakken2.jpgMatsunoTodomatsuGakkenFos2.jpg



セパレートカバーはおそらくこんな感じになると思われます。
パジャマを脱いだ松柄(非公開)のアンダーカバー160cm×50cm(上閉じ下ファスナー)の上に、
約110cm×50cmのセパレートカバー(上下開き)をかぶせるとこのサンプルの絵柄になるという構造。
F6松のほうのセパレートカバーはパジャマの部分だけですが、ノーマル松のほうはおそらく全部入り……。











MatsunoOsomatsuGakken1.jpgMatsunoOsomatsuGakken2.jpgMatsunoKaramatsuGakken1.jpgMatsunoKaramatsuGakken2.jpgMatsunoChoromatsuGakken1.jpgMatsunoChoromatsuGakken2.jpg
MatsunoIchimatsuGakken1.jpgMatsunoIchimatsuGakken2.jpgMatsunoJuushimatsuGakken1.jpgMatsunoJuushimatsuGakken2.jpgMatsunoTodomatsuGakken1.jpgMatsunoTodomatsuGakken2.jpg


6人とも、ちょうどF6松のパジャマ部分にノーマル松が収まるように配置されているのがおわかりでしょう。
こう見るとカラ松のノーマル松だけセパレートカバーに収まりきらないように見えますが、
実はトド松のパジャマ部分が一番長くなっているのでそれを基準に作るとカラ松のノーマル松もちゃんと収まるわけです。











MatsunoTodomatsuGakkenFos.jpg


ちなみに表裏を逆にしてかぶせるとこんな感じ。
こうするとイメージがわかりやすいですねー。
F6松がノーマル松のスタンドっぽくなるかなーと思いましたが、これだといまいち……。
でもまあ、このノーマルトド松をもっと下にずらせば素肌のF6トド松が出てくるはずですから、
そうなるとちょっと良い雰囲気になるんじゃないでしょうか。
あるいは他のキャラにかぶせたりとかも……って、
もし違ってたら困るのでこの辺で妄想はやめておきましょう。



とはいえ、仮にこの説が正しいとすると生地の割合で言えばセパレートカバーはアンダーカバーの7割弱になりますから、

単純に言えば通常の抱き枕カバーの1.7倍のお値段が適正価格となります。
以前、学研さんは通常仕様のやつを9,000円(税抜)で売ってましたから、その1.7倍は15,300円。
そこに消費税を足すと16,524円です。
更に言えばセパレートカバーにはファスナーが付いていないわけですから、
なるほど16,200円というのは実に適正価格と言えるんじゃないでしょうか。
つまり……。



21,600円(税込)はボッタクリということ。 ←そこ?!



ってまあ、セパレートカバーの生地の割合はその時々で違いますし、
高くなればそれだけ売れなくなるから高くなるっていう話なんですけどねー。 ←何そのインフレスパイラル。



 ↑これ、3月10日放送のニコ生で見せたサンプルはセパレートカバーもまんま160×50でした。
 完全に上から覆いかぶせる形。
 こうなるともはやセパレートカバーという名称はおかしいわけですが、

 あるいは予想以上に売れてるので生地で還元しようという話になったのかもしれません。
 それでも十分な利益が出ますよーっていう。




値段の話はともかくとしても、

肝心の抱き枕絵が巨頭&小人であることは念頭に置いておかなければならないでしょう。
まあ、ノーマル松のほうは実はそれほど巨頭ではありませんが、やはりF6松の小人っぷりはいかんともしがたく……。

<2016年3月1日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.