Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【動画工房】緋弾のアリアAA 抱き枕カバー

島麒麟間宮あかり
ShimaKirinMF1.jpgShimaKirinMF2.jpgMamiyaAkariMovic1.jpgMamiyaAkariMovic2.jpg
メーカー:KADOKAWA(メディアファクトリー)
発売:2016年3月
価格:12,960円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<ライクプラチナム/セーレン社>【日本製】
メーカー:動画工房
発売:2016年4月
価格:14,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】
あみあみ 10,990円(送料:500円)※予約開始(2016/2/5)

あみあみ 11,900円(送料:500円)※予約開始(2016/2/5)











『あかりちゃんのアンクルソックス姿(多分)が見たかった……』







ShimaKirinMF1.jpgMamiyaAkariMovic1.jpgShimaKirinMF2.jpgMamiyaAkariMovic2.jpg


麒麟ちゃんがアニメジャパンでちょっとだけ先行で販売されることになりましたが、
そういえば結構前に麒麟ちゃんの正式トリミングのサンプルが出ていたことを忘れていたので一緒に紹介します。
前回想定したトリミングだと若干あかりちゃんよりもキャラサイズが小さい感じでしたが、
正式なトリミングだとちょうど良いかあかりちゃんよりも少し大きいくらいでしょうか。
まあ、適正サイズ。



しかしこう並べてみると、やはりあかりちゃんの制服姿を抱けないのが残念ですねー。
あかりちゃんのお胸が一番魅惑的なのは制服姿だし、あのスカートから伸びる健康的な素足がまた可愛いわけで……。
もちろんこのスク水跡のアイディアは素晴らしいのですが、出来ればアニメそのままの設定を使ってほしかったなーと。
それこそウラ面はあの子供っぽいサロペット姿の私服だったら最高でした。
咲のロリキャラ枠を彷彿とさせるような片側だけ落ちた肩紐の表現がめちゃ可愛かったわけですが、

あれじゃ露出がなさすぎて心配だということなら裸にサロペットで良かったはず。 ←もはや完全に咲キャラですね!



や、あかりちゃんはお胸があるので、もし裸サロペットだったら咲超えでしたがな。
残念……。

<2016年3月18日>










『作品ごとにページを分けるちょうど良い機会』






なんか面白いことになってますねぇ。
あかりちゃんと麒麟ちゃんがほぼ同時に出てきたわけですが、どうやらあかりちゃんは動画工房さん自らの製作で、
麒麟ちゃんはKADOKAWAさんの製作になるようです。
ただ、あかりちゃんのほうはムービックさんに販売委託をして、
つまりは発売元:動画工房/販売元:ムービックのような形で一般流通に乗ることになったようですが、

その分定価が14,000円(税込)にまで跳ね上がってしまいました……。



まあ、一般販売ということで各店こぞって値下げをしてくれてますのでそれほど問題はないわけですけどねー。
そしてそんな法外な価格になる生地&印刷というのは当然、

A&Jのフラッグシップモデルことライクトロンなわけですが、
一方のKADOKAWAさんも本来のライクトロン価格である定価12,960円(税込)で、

セーレンのフラッグシップモデルことライクプラチナムを選択してきてるという、まさにガチバトル状態。



……と思ったら、なぜかライクプラチナム麒麟ちゃんのほうは150サイズっていう。
一方のライクトロンあかりちゃんがムービック名義でありながらちゃんと160サイズになっているというのに、

なんでKADOKAWAが150サイズ……。 ←もはやカオス。











MamiyaAkariMovic1.jpgMamiyaAkariMovic2.jpgShimaKirinKadokawa1.jpgShimaKirinKadokawa2.jpg


まあ、麒麟ちゃんを適正サイズで抱き枕化するとあまりにも余白が出来すぎてもったいないし、

そもそも小さいキャラはカバーも小さいサイズにすべきじゃね? ってことなのでしょう。
確かにアニメ抱き枕カバーを買う人は150サイズのほうがむしろ主戦場ですから、
小さいキャラであればこういう選択もありっちゃありでしょうか。



しかしそういう意味でも、私はあまり麒麟ちゃんというキャラに興味がないんですよ。
だって「あかりちゃんちっちゃくて可愛い!」って言ってるそばからノコノコとこの娘が出てきちゃうと、

あかりちゃんの価値が薄れるじゃないですか。 ←知らんがな。



別に麒麟ちゃんが百合っ娘だから興味がないわけじゃないですよ?
だって下手したらあかりちゃんよりもちなつちゃんのほうが私は好きなくらいですから。 ←なんの話ぃ!
それこそ麒麟ちゃんがあかりちゃんを練習台にするようなエピソードがあったら、

一気に好きになっちゃうんだけどなぁ……。 ←なんの練習台ぃ!











ShimaKirinKadokawa1.jpgShimaKirinKadokawa2Fos.jpg


麒麟ちゃんのオモテ面のサンプルはほぼ150×50になってますがウラ面はなぜか縦長になっておりますので、
おそらく実際には下を切り落としてこんな感じにするんじゃないかなーと。
ちなみにウラ面は6話でライカが「麒麟は俺の嫁!」宣言をしたときに着ていた花嫁(?)衣装です。



オモテ面は横向きの添い寝柄相当ですが、もうちょっと表情にデレ感が欲しかったなーと。
あるいは何か企んでいるような小悪魔的な表情とか。

ウラ面は片カモーン手ですが、あまり視界に入らない位置に伸ばしているので無問題。
大口開けた笑顔も本来であればNGなところですが、導かれるままにこの悩ましげなお胸に顔を埋めてみれば、
その嬉しそうな笑顔がとてもしっくり来るんじゃないでしょうか。











MamiyaAkariMovic1.jpgMamiyaAkariMovic2.jpg


あかりちゃんのオモテ面も同様に、お胸メインで攻めるしかないでしょう。
ただまあ、いくら天然なあかりちゃんでもお胸を攻められれば恥ずかしそうにするはずで、
それは相手が志乃だとしてもそうでしょう。
つまりそれ以上の関係、すなわち恋人同士ですでにもっとすごいことをやってる関係でないと、
スク水姿のお胸に悪戯されてこんな無邪気な笑顔を見せるはずがありません。



しかしそれでもこの表情に持っていくまでにはいくらか過程が必要でしょう。
おそらくホテルのプールに張り込むという任務で数日宿泊しているそのホテルの部屋の中、
というのがこの抱き枕絵のシチュエーションです。
で、初日にまずいくつか持ってきた水着の中からどれを着ようかという話になり、スク水を勧めるわけです。
そしたらスク水あかりちゃんがあまりにも似合いすぎてて可愛かったので押し倒し、
最初は抵抗されますがスク水越しのおっぱいの弾力が気持ち良いとか言ってぷにぷにしているうちに、

笑い出したあかりちゃんがこのオモテ面。 ←うむ。



そして2日目、見事にスク水跡が付いてしまったあかりちゃんに今度はビキニを勧め、
当然のことながら「これ駄目だよ、目立っちゃう」と拒否されますが、
むしろスク水跡があったほうが普通の子供っぽくて怪しまれないと言いくるめます。
もちろん本当はそのスク水跡が可愛すぎて今すぐ押し倒したかったわけですが、
子供じゃないもんとむくれるあかりちゃんをとりあえずなだめなければいけません。
やがてあかりちゃんはぶつぶつ文句を言いながらベッドの上で銃の準備を始めます。
(チャンスは今しかない……!)
そう思った瞬間、体は動いていました。
手にした弾をばら撒きながらシーツの上に倒れこむあかりちゃん。
可愛い悲鳴を咄嗟に唇で塞ぎ……って、あ、あれ?

この弾、薬莢じゃね? ←すでにあかりちゃんに撃たれてるじゃないですかー!



……んー。
ということは、犯人にバレて恋人がいない隙に部屋を急襲されたということでしょうか。

まさかの寝取られ絵?



銃で応酬したものの全く当たらずに弾切れになって焦るあかりちゃんをベッドの上に押し倒し、
飛び散ってまだ熱い薬莢をわざわざ拾い集めてその周りに落とし、
絶対に勝てないという恐怖心を植え付けようとしているって感じでしょうかねー。

で、薬莢が冷めた頃を見計らって抱く、と……。 ←シチュが特殊すぎんよ。



まあ、特殊な銃弾を仕込むために薬莢を持ってたとかそんなことかもしれません。

BB弾とか。 ←一気にマイルドなシチュに。











MamiyaAkariMovic1.jpgMamiyaAkariMovic2.jpgShimaKirinKadokawa1.jpgShimaKirinKadokawa2Fos.jpg


今度は麒麟ちゃんのウラ面の比率を合わせたものを並べてみました。
これなら頭のサイズ的にはどれも適正サイズです。
うむ、素晴らしす。



正直あかりちゃんのオモテ面はもうちょっとどうにかしてほしかったところですが、
ウラ面の仕込みとしてのスク水柄でどういう絵を描いたらいいのかっていうのは確かに難しいところ。
いっそシーツじゃなくて砂浜の上で寝てる絵とかでも良かったかなーとは思いますが……。
でもまあ、ウラ面をビキニにしたことで逆にお胸が目立たなくなってしまっているので、
このオモテ面にも十分存在価値はあるでしょう。
何より、ウラ面の日焼けコンセプトはお見事としか言いようがありません。

あかりちゃんかわゆす。

<2016年2月10日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.