×Pos/抱き枕×
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
【HARUKAZE】ノラと皇女と野良猫ハート

抱き枕カバー
パトリシア皇女様パトリシア・オブ・エンド夕莉シャチ
PatriciaOfEnd1.jpgPatriciaOfEnd2.jpgPatriciaOfEndSofmap1.jpgPatriciaOfEndSofmap2.jpgYuuriShachiGetchu1.jpgYuuriShachiGetchu2.jpg
メーカー:HARUKAZE
発売:2015年12月29日(コミックマーケット89にて販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

HARUKAZEオフィシャル通販 12,291円(送料:650円)
メーカー:ソフマップ
発売:2016年2月26日(PCゲーム「ノラと皇女と野良猫ハート」ソフマップ特典)
価格:10,238円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット

アキバ☆ソフマップドットコム 10,238円(送料込)
メーカー:げっちゅ屋
発売:2016年2月26日(PCゲーム「ノラと皇女と野良猫ハート」げっちゅ屋特典)
価格:10,584円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル87%/ポリウレタン13%)【中国製】

Getchu.com 10,584円(送料:490円)
夕莉シャチ黒木未知黒木未知
YuuriShachiHarukaze1.jpgYuuriShachiHarukaze2.jpgKurokiMichiEbten1Fos.jpgKurokiMichiEbten2Fos.jpgKurokiMichi1.jpgKurokiMichi2.jpg
メーカー:HARUKAZE
発売:2016年5月1日(character1 2016にて販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

HARUKAZEオフィシャル通販 12,291円(送料:650円)※5月中旬発送予約(2016/5/2)
メーカー:エンターブレイン
発売:2016年6月下旬
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

TG Goods Project 11,000円(送料込)※受注販売(5月9日締切/6月下旬発送)
メーカー:HARUKAZE
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

HARUKAZEオフィシャル通販 12,291円(送料:650円)
明日原ユウキノエル・ザ・ネクストシーズンアイリス・ディセンバー・アンクライ
AsuharaYuuki1.jpgAsuharaYuuki2.jpgNoelTheNextseasonHarukaze1.jpgNoelTheNextseasonHarukaze2.jpgIrisDecemberUncrySofmap1.jpgIrisDecemberUncrySofmap2.jpg
メーカー:HARUKAZE
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

HARUKAZEオフィシャル通販 12,291円(送料:650円)
メーカー:HARUKAZE
発売:2017年4月30日(character1 2017にて販売)
価格:11,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル85%/ポリウレタン15%)<ライクトロン/A&J社>【日本製】

HARUKAZEオフィシャル通販 12,291円(送料:650円)
メーカー:ソフマップ
発売:2017年10月27日(PCゲーム「ノラと皇女と野良猫ハート2 -Nora, Princess, and Crying Cat.-」ソフマップ特典)
価格:10,454円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:不明

ノラと皇女と野良猫ハート2 -Nora, Princess, and Crying Cat.-
アキバ☆ソフマップドットコム 10,454円(送料込)
ノラと皇女と野良猫ハート 1+2パック
アキバ☆ソフマップドットコム 16,718円(送料込)
ノエル・ザ・ネクストシーズン
NoelTheNextseasonGetchu1.jpgNoelTheNextseasonGetchu2.jpg
メーカー:げっちゅ屋
発売:2017年10月27日(PCゲーム「ノラと皇女と野良猫ハート2 -Nora, Princess, and Crying Cat.-」げっちゅ屋特典)
価格:10,584円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット

ノラと皇女と野良猫ハート2 -Nora, Princess, and Crying Cat.-
Getchu.com 10,584円(送料:490円)
ノラと皇女と野良猫ハート 1+2パック
Getchu.com 16,580円(送料:490円)


タペストリー(等身大相当)
夕莉シャチ黒木未知
YuuriShachiB2C89.pngKurokiMichiAmazon.jpg
メーカー:HARUKAZE
発売:2015年12月29日(コミックマーケット89にて販売)
価格:3,000円(税込)
サイズ:72.8cm×51.5cm
生地:ダブルスエード

HARUKAZEオフィシャル通販 4,320円(送料:650円)
メーカー:Amazon
発売:2016年2月26日(PCゲーム「ノラと皇女と野良猫ハート」Amazon特典)
価格:10,584円(税込)
サイズ:72.8cm×51.5cm
生地:ポリエステルスエード











『キャラは本当に魅力的なのであとは抱き枕』






明日原ユウキ抱き枕カバーが通販に出てきましたので明日原ルートをプレーしてきました。
他の3人はすでにクリア済みでしたので、これでめでたくコンプ。
出来れば全部のルートの感想を書きたいところですが、
ぶっちゃけクリアした直後ですらどんな内容だったかはっきりと思い出せないようなとっちらかったシナリオでしたので、

クリアして結構時間が経ってしまった今や不可能。
2周3周したらより楽しいタイプの作品なんだとは思いますけどねー。



というわけで明日原ルートだけちょろっと感想を書いておきますが、このルートはそんなにとっちらかってませんでした。
その分、ぶっ飛んだシーンはあまりなかった印象ですし、
エッチシーンもわりと普通だったので人によっては不満かもしれませんが、非常に完成度の高いシナリオだったと思います。
安易な胸糞シリアスからの勧善懲悪ハッピーエンドで冷めてしまった人もいるでしょうが、
そこまでの猫を中心に据えたシナリオ運びは実に見事だったなーと。











AsuharaYuuki1.jpgAsuharaYuuki2.jpg


とはいえ、私個人はキャラデザの時点で明日原をあまり可愛いとは思えておらず、それは結局最後まで変わりませんでした。
ビッチっぽいキャラとしては完璧な造形ですし私個人も2次元のビッチは好きなんですけど、

見た目がビッチじゃないビッチが好きなんだよなぁ……。 ←クズの本懐とか。



まあ、そもそも明日原は実際にはビッチじゃないわけですが、

それでもエッチの最中にえんこーとか言わせてたところを見ると、
ライターさんは時代が許せば本物のビッチを描きたかったんじゃないかと感じました。
実際、私が唯一明日原のエッチシーンに前のめりになったのもその言葉が出てきたときですし……。 ←知らんがな。



前回の黒木の抱き枕絵はあまりにもひどい出来だったので思わずスルーしてしまいましたが、
今回の明日原もやはりいまいち。
オモテ面はおっぱいを吸われて嬉しそうにしている明日原でしょうが、
これだけ大口を開けられちゃうと真正面から見つめ合うには向かないので、
それこそおっぱいに顔を埋めるしかなくなってしまいます。
まあ、それでも悪くはありませんがウラ面はウラ面でなぜか解いたヘアリボンを口に咥えて目線が下に行っているので、

こちらもおっぱい重視。



オモテ面は口を真一文字に閉じるだけで吸われたり逆に焦らされたりして切なそうにしているような表情になりますし、
ウラ面は逆に軽く口を開けて喘いでいる感じにすれば行為中の雰囲気がもっと出ると思うんですけどねー。
んー。

<2017年1月27日>


↑ページの一番上へ










『最強萌エロ』






テックジャイアンさんのほうの黒木未知抱き枕カバーの受注締切まで残り2日を切りましたので、
御紹介いたします。
結局、共通ルートではどのヒロインにも感情移入できなかったので個別ルートを始めたのですが、
何せすでにパトが発売されててなおかつシャチと未知が新作で出てきていたので、

思い切って3ルート同時プレーをやることにしました。



しかし、仕方なく体験版部分は完全にスキップしてから始めたものの、

合計プレー時間19時間38分が経過してもまだどのルートも終わらず……。
そろそろ終わりそうに見えたパトルートはまだあと4時間くらいはかかりそうな気がするし、
シャチルートはまだ初エッチのシーンまでしか見てないし、
未知ルートに至ってはまだ初エッチも見えてこないという……。 ←どんだけー。



まあ、色々なプレースタイルの人がいるのであれですが、普通にのんびりオートでプレーしたらこんなもんです。
地の文の少ないテキストですし主人公以外はほとんど(全員?)音声ありですから、
オートでプレーしたらみんなほぼ同じくらいのプレー時間になるはず。



さて、ここまでプレーした段階での感想ですが、正直付き合い始めるまではどのルートも面白くなかったです。
キャラたちは魅力的なので飽きることはないんですけど、あまりにもどうでもいいシーンが続きすぎて疲れる……。
本当に何もないシナリオでどうでもいい日常シーンが続くならまだ良いんですけど、
ある程度描くべきものが決まっている中でなかなかそこに踏み込まずに周囲をぐるぐる回っているようなシナリオなので、

時間稼ぎ感が半端ない。



特に付き合い始めるあたりから急激に可愛くなっていくヒロインたちを見ていたら、
ここまでのシナリオはなんだったんだと言いたくもなります……。
このライターさん、その独特の感性が売りなんだと思ってましたが、前作の体験版時点でのエリカを見て気づくべきでした。

何よりも萌えの感性が最強だということに。



ここまで衝撃を受けたのは初めてです。
少なくとも私がこれまで出会った中では最強の萌えライター。
そしてエロい。
エロに関しても最強と言っていいかもしれません。
変態的な方向でエロいのではなく、どうやったらよりエロくなってよりヒロインが可愛くなるかっていうのを突き詰めたエロさ。
普段のシーンではむしろ突き詰めないことで詩的な捉えどころのない作風を目指している感じですが、

こと萌えとエロに関しては全て計算し尽くされてるんじゃないかと思うほど圧倒的なわかってる感。



お胸でしてもらいながら、
なんで唇同士のキスが出来ると思ったのかはわかりませんが……。 ←やっぱ感性だけの人なのかなぁ。



まあ、このライターさんなりにキャラに感情移入するまでの時間が必要だったのかもしれませんが、
前作のエリカみたいに共通ルート段階からもっと萌えを見せてくれていたらなーと。
パトはともかく他のメインヒロインたちは全員主人公を好きだったはずなのに、
付き合い始める直前まで頑なにそこは見せないように描いてましたもんねぇ。
この人の書く萌えハーレムエロゲをプレーしてみたい……。











KurokiMichiEbten1Fos.jpgKurokiMichiEbten2Fos.jpg


公式のほうのパトとシャチの抱き枕カバーに関してはいつでも買える感じになるでしょうから、
本来であれば未知ルートを優先してプレーすべきでした。
ですがこの抱き枕絵は微妙ですし、
であればこそ公式からも抱き枕化されるかなーと思ってしまいクリアを急がなかったというわけです。



でもこの未知に関して、
HARUKAZEさんとテックジャイアンさんの間でどういう話し合いがされたのかっていうのは興味がありますねー。
かなり手を加えてはいるものの基本的には特典レベルの差分絵ですから、本来であればライクトロンには値しないわけで……。
普通に考えれば、自分のところで抱き枕化するつもりだからと一度はやんわりお断りしたものの、
差分でもいいからとテックジャイアンさんにゴリ押しされて渋々仕事を受けたって感じになるでしょうか。



上のサンプル画像ですが、商品ページのサンプル画像とはトリミングが違います。
商品ページのほうのサンプルは小人すぎて発狂した人も多いと思いますが、
実際には上の画像のようなトリミングになるようです。
HARUKAZEさん自らつぶやいていた雑誌に載っていたと思われるサンプルはこういうトリミングでしたし、
テックジャイアンさんのほうから出してきた実物サンプルの写真もこういうトリミングになっております。



まあ、このことを見てもどれだけテックジャイアンさんが適当……というかこだわりがないかがわかると思います。
最近グッズ展開に力を入れてるのも上から言われて予算だけが急にがばっと入ってきて、
差分絵でもなんでもいいからとにかく商品化するのがノルマなのでしょう……。











PatriciaOfEnd1.jpgYuuriShachi1KO.jpgKurokiMichiEbten1FosKO.jpg


これでもまだ余白が大きいですが、御覧のように他の公式絵と遜色ありません。

ちなみに設定身長は左から165cm、168cm、164cmとなっております……。 ←マジで?!



んー。
前回記事を書いたときはあまりサイズを気にしてませんでしたが、

ぶっちゃけ全体的にやや小さめがデフォになっているようです。
小人とまでは行かないけれど、もうちょっと大きくしてくれるとありがたいかなーというレベル。
実際、この抱き枕絵自体は元の立ち絵なんかよりも頭身が低く描かれてるようですので、そこまで小人というわけではありません。
感覚的には設定身長のマイナス10cmくらいに考えるべきでしょう。











YuuriShachi1KO.jpgYuuriShachi2KO.jpg


ウラ面の脇見せ添い寝柄は素晴らしいですが、やはり添い寝柄であれば笑顔にしてほしかったところです。
シャチの母性はどう考えても笑顔に還元されるべき。
オモテ面も悪くはありませんが結局ウラ面と似たような構図になっているので、
こちらはやはりちゃんと真正面を向かせてほしかったなーと。

<2016年5月8日>


↑ページの一番上へ










『つまりこの作品の本当のメインヒロインはユウだということ』






2月の抱き枕次第で買いますよじゃあ買いますなエロゲ1本目はこちら。
その独特の感性は他の追随を許さないHARUKAZEさんの第2作目でございます。
1作目の恋愛皇帝はB級感満載で、ぶっちゃけ感性だけの作品というような印象がありましたが、
今作はその感性に圧倒的なクオリティがプラスされております。

もはやテキスト以外の絵や演出や音楽などの部分は大作レベルと言っていいでしょう。



しかしそれもそのはず、なんとこちらはすでにテレビアニメ化が決定しております。

ショートアニメですが……。 ←おい。



や、30分1クールではどんなに原作が良くてもまともなアニメに仕上がる可能性は低いと言わざるをえませんから、
宣伝と割り切ればショートアニメという選択は賢いと思います。
むしろ原作付きのアニメは全部ショートアニメにすればいいんじゃないでしょうか。 ←極論すぎぃ!



まあ、ショートアニメだと最初から眼中に入らない人もいるでしょうから、個人的にはアニサン劇場方式がおすすめ。
それこそエロゲ業界でお金を出し合って30分枠をキープし、
1クールで4作品を3話ずつ放送するような形にすればかなり宣伝効果はあるんじゃないかなーと。
だってもし「今際の国のアリス」と「姉ログ」と「ノゾ×キミ」がエロゲ原作だったら、

そのエロゲ買いますもん。 ←本田さんのエロゲはいらないですかそうですか。











PatriciaOfEndFace.jpgKurokiMichiFace.jpgYuuriShachiFace.jpgAsuharaYuukiFace.jpg
EuraciaOfEndFace.jpgLuciaOfEndFace.jpg


どうやらエッチシーンがあるのはこの6人。
上段がメインヒロインで下段がサブヒロインです。










PatriciaOfEndFace.jpgパトリシア・オブ・エンドは冥界の皇女で三姉妹の次女。
人間が死を忘れていっている影響で冥界が滅びそうだということで、人間に死を与えるために地上に遣わされます。
ですが主人公を含めた色々と物珍しい地上のものに心惹かれていくうちに、ずるずると人間界に馴染んでいってしまいます。

冒頭こそ粗相をしてしまいますがとても上品で生真面目な女の子。
純粋で疑うことを知らず、好奇心が何にも勝るようです。
猫が好きで主人公を自分の眷属として無意識に猫にしてしまいますが、
果たしてその好奇心は主人公を殺すことになるのでしょうか……。











PatriciaOfEnd1.jpgPatriciaOfEnd2.jpg


こちらは公式から冬コミで販売された抱き枕カバー。
現在公式通販で入手可でございます。
もちろん体験版プレー時点でパトリシアにはまっていればすでに入手してレビューしてしまうところですが、
現状まだあまり感情移入できてないので保留。



オモテ面は困り顔で目線が下に行っているので、見つめ合うというより完全に体重視の絵柄になります。

「そ、そんなところも舐めるのね」っていう感じ。
もちろんお胸のところに顔を埋めて寝れば十分幸せになれるでしょう。
一方、ウラ面は横向きなので添い寝柄相当。

切なげに時折「ねえ」と声を掛けられながらもそのまま無視して添い寝放置っていう。










PatriciaOfEndSofmap1.jpgPatriciaOfEndSofmap2.jpg


こちらはソフマップ特典の抱き枕カバー。
最近の傾向からすればおそらくスムースニットでしょう。
オモテ面は貴重な笑顔ですが、やはり目線は下?
ウラ面は差分で微妙にお股を開かせたのはグッジョブですが、ブラの扱い方がちょっと斜め上かなーと。
お股を開かせるのであれば普通に両手を頭の上にやって喘いでいる感じで良かったんじゃないでしょうか。










KurokiMichiFace.jpg黒木未知(くろきみち)は主人公のクラスメイトで幼馴染。
やはり生真面目で成績優秀で風紀委員だったりしますが、
主人公には甘いですし親に反感を持っていたりするわりと普通の女の子です。
パトリシアも未知も母親に言われるまま導かれるままに進んでいますが、
おそらく主人公によってその道を踏み外すことになりいずれは母親と対峙することになるのでしょう。
果たして未知が踏み外したその先は黒き道となるのでしょうか……。











KurokiMichiAmazon.jpg


こちらはなんとAmazon特典のB2タペストリー。
Amazonさんもついに大物特典を付けるようになったんですねー、胸熱。
しかも等身大相当の特典B2タペストリーは今回こちらだけ。



ただ、非常に良い絵柄ですがやはり目線が下に行ってるんですよねー。
こうなるとどうしても欲しいって感じにはならないかなーと。










YuuriShachiFace.jpg夕莉(ゆうり)シャチは幼い頃に主人公の家に拾われて今はクラスメイトでもある雰囲気メイドな女の子。
浮遊する機械の羽を使って演算をしたり本人も怪力だったりします。
おそらくまあ、地球を滅ぼすために宇宙人によって送り込まれた有機アンドロイド……みたいな設定になるんじゃないでしょうか。
メイドのように主人公に対して一線を引いているようなところがありますが、
その一方でナチュラルに誘惑してくる困ったちゃん。











YuuriShachiGetchu1.jpgYuuriShachiGetchu2.jpg


こちらはげっちゅ屋特典の抱き枕カバー。
生地は2wayかスムースのどちらかですが、明言してないということはスムースでしょうか。
それとも、もしかするとげっちゅ屋さんは2wayがデフォになったのかな?
実物サンプルはこちら。



ソフマップパトリシアと違って良い感じの差分になっております。
恥じらい顔でお胸だけを露出させているオモテ面に対して、
全部露出して積極的にお胸を寄せながら微笑むウラ面という構成は、
主人公に対するシャチの揺れ動く心情を見事に表現しているんじゃないでしょうか。 ←多分。











YuuriShachiB2C89.png


こちらは公式から冬コミで販売されたB2タペストリー。
やはり現在公式通販で入手可でございます。
申し分のない絵柄ですが、シャチにもまだ感情移入できてないので保留……。










AsuharaYuukiFace.jpg明日原(あすはら)ユウキは主人公より学年はひとつ下の1年生になりますが、
歳は一緒という複雑な過去を持つ女の子。

お調子者で誤解されやすいですが、処女(多分)。










EuraciaOfEndFace.jpgユウラシア・オブ・エンドはパトリシアの妹。
小さいながらも生意気な性格ですが、ものすごく素直なところもあるその天真爛漫さが魅力な女の子です。

ぶっちゃけ本命。 ←このロリコン!



LuciaOfEndFace.jpgルーシア・オブ・エンドはパトリシアの姉。
典型的な武人タイプのお姉さんで、パトリシアを溺愛しているようです。

ぶっちゃけ興味ない……。 ←このロリコン!










さて、テキスト以外のクオリティは高いと言いましたが、肝心のテキスト部分はやはり独特のものがありまして、
正直体験版の途中まではEuraciaOfEndFace.jpgユウが抱き枕化されたらゲーム買おう(望み薄)ってレベルでした。
ですが途中から会話中心のシナリオに動きが出始めまして、
そうなると滑り気味の面白会話も影を潜めることになりますので純粋にシナリオの独特な面白さにぐいぐい引き込まれていきました。
このブランドの代表でもあるライターさんがおそらく演出も担当しているだろうこともあって、
シナリオのイメージが見事に絵と音になって紡がれていくんですよねー。



まあ、癖のあるライターさんは往々にして動きのない日常シーンで暴走しがちですが、
動きのあるシーンにおいてはこの作品は十分楽しめる内容になっているんじゃないでしょうか。
あと、前作から地の文はなるべく入れない方向で書かれていたと思いますが、
今作はそれをもっと突き詰めて台本みたいなセリフ主体のテキストになっているのでテンポは良いです。
そしてどうしても説明が必要な部分はナレーションに語らせるというスタイルなのでしょうが、
そのナレーションシステムを導入したことで全体が童話のような空気感で満たされ、
結果的にテキストも前作ほどには暴走せずによりドラマチックに仕上がっているように感じます。



って、私はずっと気になりながらも結局前作をプレーしてないので偉そうなことは言えませんが、
とにかく体験版に関しては時折キラリと光る魅力に惹かれながらもどうしても滑り気味の面白会話がストレスで、
前作はスルーせざるをえませんでした。
しかし今作はとにかく全体の雰囲気が素晴らしいので、

多少滑っても苦笑程度で済ませられます。 ←フォローになってません!



や、でも本当に独特の才能を持ったライターさんなので、
その独創性をドラマの展開にだけ活かして会話であまり笑わせようとしなければ、
もっと多くの支持を得ることが出来るようになると思います。
特に今作も声優さんそのものが素晴らしいのは確かですが、
より感情を載せて面白く喋らせる言葉のチョイスがまた非常にうまいんですよねー。



そういう意味で、前作の鳳エリカというヒロインは体験版の時点でも圧倒的な輝きを放っていました。
今作はぶっちゃけ体験版時点ではそこまで惹かれたヒロインはいないのですが、
とにかくまずビジュアルはEuraciaOfEndFace.jpgユウ鉄板。 ←わかったわかった。
この絵師さんはもっとロリを描くべき……。



そして体験版では一番輝いていたKurokiMichiFace.jpg未知ですが、やはり遥そらさんの敬語キャラは鉄板です。
「反田(はんだ)くん!」と主人公を呼ぶ声がすごく好きで印象に残ってますが、
時々「キミ」という呼び方をするのもツボなんですよねー。
そして前作のエリカのキレを残したままお調子者っぽい雰囲気に仕立てあげてきた桐谷華さん演ずるAsuharaYuukiFace.jpgユウキですが、
この2人がサノバウィッチのAyachiNeneFace.jpgInabaMeguruFace.jpgこの2人の声を入れ替えたみたいな感じになってて面白いなーと。

やはり遥そら&桐谷華コンビの鉄板っぷりは異常。











OniaiA3.jpg


そしてPatriciaOfEndFace.jpgパトリシアとYuuriShachiFace.jpgシャチの元ネタ(?)はやはりこれなのでしょうか。
もちろんそうだとするとKurokiMichiFace.jpg未知とAsuharaYuukiFace.jpgユウキのキャラデザもここから来ていることになりますが、
明日原ユウキという名前の苗字は那須原さんから来てるのかなーと。

あと結城明日奈? ←作品違います!
でもEuraciaOfEndFace.jpgユウラシア(妹)の髪飾りは確信犯でしょうねー。
ちなみに前作の主人公の名前は吉高秋人で、おにあいの主人公の名前は姫小路秋人ですが、
さすがにそれは関係ないでしょうか。



店舗特典一覧はこちら。

<2016年2月8日>


↑ページの一番上へ








パッケージ版
ダウンロード版(DMM独占)
ノラと皇女と野良猫ハート -Nora,Princess,and Stray Cat.-
DMM.R18 7,800円



キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.