×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【娘娘】JKトラブめいん”s
『丸D×K子=DK枕(願望)』






すでに発売日前日になってしまいましたが、12月の抱き枕次第で買いますよなエロゲ1本目はこちら。

ついに来ました、丸山節。
個人的に2012年のエロゲオブザイヤーだった「追奏のオーグメント」を作られた丸山剛さんですが、
クリアレーヴに移籍してから企画だけとかライターだけとかっていうのはこれまであったものの、

企画からライティングまでの丸々丸Dはこれが初めてでしょう。 ←ディレクションも。



しかも原画がK子さんという完全なる俺得仕様……。
丸々丸Dと言いましたが実際にはサブライターさんがいまして、
おに禁のサブライターや同じくK子さんが原画で参加している今月発売の「お兄ちゃんティーチャー」ではディレクターをやられている、
8(えいと)さんが参加してます。
まあ、おそらくサブヒロインのロリ可愛い中学生(多分)のルートを担当しているということなのでしょう、適材適所。
あと、音楽も今回は丸山さんじゃないようです。
SEは多分やられているんじゃないかと思われますが……。



というわけで、このゲームを私がやらないで誰がやるという感じなのですが、
ぶっちゃけ体験版をやった限りでは丸山節はオーグメントのときと比べるといまいち。
オーグメントは冒頭からものすごい掴みだったのでギャグを好意的に受け入れやすかったのは間違いないでしょうが、
逆に今作の序盤は話が動かないために無理にギャグでテンションを上げようとしちゃっているように感じました。
やや空回り気味かなーと。
ただ、ギャグを入れすぎてテンポが悪くなっているというわけでもないので、テキストそのものは問題ないと言えるでしょう。
もちろん面白いところもありましたしねー。



なのでまあ、話が動き始めればよりキレてくるんじゃないかとは思うのですが、

とりあえず体験版段階での個人的な期待値のほとんどはK子絵に対してです。
特に前作「エロ漫画家さんと貧乏姉妹」もそうでしたがこのブランドさんのエロアニメーションの出来が素晴らしく、

美麗なK子絵が動く様はもはや奇跡。
正直、これだけでも買う価値があるってもんです。



一番最初のエッチシーンであるところのお口のシーンなんて、
最初は目を伏せてストロークしていたのが途中から上目遣いでこちらを見ながらに変わるのですが、
そのときの表情が本当に美しくてエロくてやばかったですねー。
ここのアニメーションはまばたきをしない代わりに瞳のハイライトが揺れるんですけど、あれがものすごく効果的なんです。
目に感情が宿っているような感じ。











SerizawaHisaFace.jpgShinodukaEmiFace.jpgSerizawaTomokaFace.jpg


丸山さん、眼鏡っ娘好きすぎ。



というわけで、ファーストヒロインが眼鏡っ娘という非常にチャレンジングなこの作品ですが、

さすがはK子絵、眼鏡っ娘だろうがなんだろうが構わずかわゆす。 ←あんたのそれも色眼鏡じゃね?
オーグメントにも眼鏡っ娘ヒロインはいましたが、
世間知らずのお坊っちゃまな主人公と眼鏡っ娘ヒロインという組み合わせは魔女こいにっきを彷彿とさせます。
あの眼鏡ヒロインも可愛かったですからねー。










SerizawaHisaFace.jpg瀬里沢陽砂(せりざわひさ)は主人公のクラスメイトで高校2年生。
主人公が片想いをし、そして体験版の最後でとある誤解から嫌われてしまう相手です。

ちなみに中の人はセカンドヒロインと名前が若干紛らわしい篠原ゆみさんですが、
このブランドの前作のファーストヒロインがヒマリさんだったので、

見事にものべの有島母娘繋がりになっております、素晴らしい。



これは多分偶然じゃないんやで……。 ←マジで?!










ShinodukaEmiFace.jpg篠塚恵海(しのづかえみ)は主人公のクラスメイトで専属メイドで幼馴染のお姉さん。
本当は20歳過ぎているのですが、主人公のクラスメイトとして学園に通っています。

……って、この設定はまさかゴールデンマリッジ? ←よくある設定よきっと。
まあ、丸山さんと私のエロゲの趣味が丸かぶりってわけでもないでしょうが、
貧乏設定らしい陽砂と金持ちの主人公との対比とか、ゴルマリっぽいんだよなぁ……。 ←よくあるよくある。
ゴルマリで年齢を詐称して学園に通っていた望月久美はやはり眼鏡っ娘だったので、
もし丸山さんがゴルマリをプレーしていたら攻略させろと思ったはずですが、

そういうことなのかなぁ……。 ←考えすぎでしょ。



や、待ってください?
望月久美の中の人ってClover Day'sの乃木坂紫苑さんもやられてるじゃないですか。
実は私が最初にこの恵海のメイド姿ShinodukaEmiFace2.pngを見たときに思い浮かんだのがそのクロデの紫苑さんNogisakaShionFace.pngで、
もしかすると丸山さんは紫苑さんを攻略したかったのかなーとそのときは思ったのですが、
まさか恵海の声をやられている菜々瀬そらさんって、久美や紫苑さんをやられていたひな葉月さんの双子だったりして……?
や、菜々瀬そらさんというお名前は今回が初出みたいなので全く誰だかわかりませんし、

声を聴き比べても私の耳では判別できませんが、これはもしかすると……。 ←そうだったらすげーね。



でもそうなるとSerizawaHisaFace.jpg陽砂は、同じクロデのサブキャラであるところのSaionjiMizuhoFace.jpg西園寺瑞穂ってことになるじゃないですか。
瑞穂も攻略不可でしたし、やはり丸山さんがクロデをプレーしていたとしたら攻略させろと叫んだはず……。

ていうか、丸山さんは眼鏡っ娘が出ているエロゲを全てプレーしている説。 ←マジで?!



まあ、それはさすがに考えすぎかもしれませんが、少なくとも恵海のことを時々「えみお姉ちゃん」と呼ばせるのは、

すみお姉ちゃん@ものべのへのオマージュと見て間違いありません。 ←マジで?!
恵海を和装メイドにしたのもそこから来てるんじゃないかなぁ……。



しかしメイドヒロインが年上っていうのは良い設定ですよねー。
年上の女性が仕えてくれて、
なおかつ下の世話(主に性的な)までしてくれるという……。 ←年上が下の世話というギャップ感。
それを突き詰めていくとママがしてあげるみたいな世界観になっちゃうと思いますが、

丸山さんは紫苑さんにしてもらいたかったんやろうな……。 ←うむ。



ちなみに恵海はすでに主人公に後ろの処女を上げてしまっているようですが、前は処女。
主人公も一応童貞ということになりますが、それはもはや自己主張するほどの童貞ではないような気が……。 ←難しい問題ね。










SerizawaTomokaFace.jpg瀬里沢朋香(せりざわともか)は陽砂の妹で中学生(多分)
同ブランドの前作に引き続いての貧乏姉妹ということになるでしょうか。
最初は主人公と全く接点がないのでそんな妹キャラとどういうふうに仲良くなっていくのかがすごく楽しみだったのですが、
どうやらお金持ちというところに惹かれてあざとく迫ってくる感じになるっぽいです。
そうなるとおそらくお姉ちゃんを取り立てて介さずに主人公と仲良くなっていくパターンに思われるので、
個人的にはあまり面白くないかなーと。
お姉ちゃんとの三角関係みたいな感じになるのを期待していたのですが、
そのパターンだと妹である意味はあまりないですしねー。



まあ、最初は攻略対象と考えてなかったのを急遽サブヒロインにすることにして、
ほぼ独立したシナリオとしてサブライターさんに任せようということになった感じなんじゃないでしょうか。
あるいは前作とほぼ同時並行で企画を進めていて、
前作のほうがメインヒロイン2人にサブ1人という形になったのでそこに急遽合わせたということかもしれません。
いずれにせよ、朋香ルートはメイン2人とはちょっと毛色の違う内容になるんじゃないかと推察します。










さて、このゲームはまた前作に引き続いてゲーム性のある内容となってますが、
実際にはマップ上でシナリオ(ルート)を選んでいくだけのゲームです。
マップ上でメインシナリオとサブシナリオがはっきりと明示され、メインを選べば話が進んでいき、
サブは選んでも選ばなくても構いません。
そしてマップ画面でヒロインそれぞれのプロフィール(ステータス)を見ることが出来るのですが、
更にそこで会話イベントを発生させることが出来て、その会話如何(いかん)でプロフィールの空白を埋めることが出来ます。
しかしそれはゲームの進行には関係がなくあくまでやり込み要素なので、面倒ならば放っておけばいいわけです。

それをやらないと見られないエッチシーンとかもあるかもしれませんが……。 ←駄目じゃん。



その他にもやり込み要素があるようですがまあ、とにかく面倒であればまず本筋をどんどん進めればいいわけです。
それでこのゲームにはまって面倒臭さよりも興味が勝ったのであればそういう要素にも手を出していけばいい……と。
私なんかは一瞬ガチな恋愛シミュレーションかと思ってワクワクしてしまったのですが、
中途半端にそういう要素を入れるくらいならガチなやつを作ってほしいなーと。
とにかく中途半端なゲーム性というやつに拒否反応を起こすエロゲーマーは多いので、
こういうのは百害あって一利なしなんじゃないでしょうか。



店舗特典一覧はこちら。

<2015年12月17日>


↑ページの一番上へ



パッケージ版
ダウンロード版(DMM独占)
JKトラブめいん’’s
DMM.R18 6,264円



キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.