Fos/抱き枕
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
【セガ】シャイニング・ヒロインズ 抱き枕カバー

カグヤローナ
KaguyaSega1.jpgKaguyaSega2.jpgRounaSega1.jpgRounaSega2.jpg
ミスティユキヒメ
MistySega1.jpgMistySega2.jpgYukihimeSega1.jpgYukihimeSega2.jpg
キリカ
KirikaSega1.jpgKirikaSega2.jpg
メーカー:セガ
発売:2015年11月
価格:9,800円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)【日本製】

カグヤ
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(10月25日締切/11月下旬発送)
ローナ
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(10月25日締切/11月下旬発送)
ミスティ
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(10月25日締切/11月下旬発送)
ユキヒメ
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(10月25日締切/11月下旬発送)
キリカ
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(10月25日締切/11月下旬発送)
アミルネリス
AmilSega1.jpgAmilSega2.jpgNerisSega1.jpgNerisSega2.jpg
アルティナローゼリンデ
AltinaSega1.jpgAltinaSega2.jpgRoselindeSega1.jpgRoselindeSega2.jpg
メーカー:セガ
発売:2016年3月
価格:9,800円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)【日本製】

アミル
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(2月28日締切/3月下旬発送)
ネリス
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(2月28日締切/3月下旬発送)
アルティナ
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(2月28日締切/3月下旬発送)
ローゼリンデ
セガSTORE 9,800円(送料込)※受注販売(2月28日締切/3月下旬発送)
裏雪姫サクヤ&シャオメイ
UraYukihimeSega1.jpgUraYukihimeSega2.jpgSakuyaXiaomeiSega1.jpgSakuyaXiaomeiSega2.jpg
メーカー:セガ
発売:2016年9月15日(東京ゲームショウ2016にて先行販売)
価格:10,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)

裏雪姫
セガSTORE 10,000円(送料込)※9月22日発売予約(2016/9/17)
サクヤ&シャオメイ
セガSTORE 10,000円(送料込)※9月22日発売予約(2016/9/17)










『そもそもエアリィの水着立ち絵はまだ存在してないっぽい?』






昨日(9月15日)から始まりました東京ゲームショウにて、シャイニング・ヒロインズの新作抱き枕カバーが登場しました。
……って、一般公開日(17~18日)までに記事にすれば良いと思ってましたが、
ビジネスデイも普通に物販ってやってるそうですねー。
それに17日からwebのほうでも予約を受け付けるそうなので(といっても在庫販売で22日から発送)、
いっそ17日に記事にすればいいかとも考えていたのですが、
知らずにイベントに行って気づかずに帰ってきてしまう人もいるかもしれないので一応事前に紹介しておきます。











UraYukihimeSega1.jpgUraYukihimeSega2.jpg


この水着立ち絵のシリーズって元はなんの絵なんだろうと思っていましたが、
どうやらフィギュアのために描き下ろされたもののようで、一部はフィギュア化に先んじて絵が発表されているものもありますが、
基本的にはフィギュア化を想定しているようです。
で、今回のこの裏雪姫は2012年1月にすでにフィギュア化されておりますが、
見事に差分絵になっているユキヒメのほうはこの夏のワンフェスでフィギュア化が発表されたばかりでございます。











SakuyaXiaomeiSega1.jpgSakuyaXiaomeiSega2.jpg


そして問題のこちらの抱き合わせ仕様ですが、
意味のないへっぽこ両面差分をやめてやっと元の形に戻ってくれたかと本来は喜ぶべきところでしょう。
ですが、じゃあなんで裏雪姫のほうは単体で従来の両面差分なのか、という疑問が残ります。
ちなみにこのシャオメイもユキヒメと同時にフィギュア化が発表され、サクヤのほうはまだ未定なのですが、
実はどちらの絵もすでにブレードアークスの店舗特典に使われておりまして、
シャオメイは等身大で布ポスター、サクヤのほうは等身大ではありませんでしたがタペストリーになっております。
つまりこの2枚はすでに完成していた絵であり、そのまま抱き枕絵にすることになんの障害もないわけですが、

問題は差分絵をどうするか。



や、差分って言っても腰布を描き足すか逆にパンツ一丁にするだけじゃん……と簡単に考えてしまいますが、

ローナのウラ面が出てくるまでに1ヶ月近くかかった事実を鑑みるに、Tonyさん的にはそんな簡単じゃない。
そもそもフィギュア的にも腰布状態とパンツ状態の両方の絵柄が必要なのだから、
まずパンツレイヤーを描いてから腰布レイヤーを描くという工程をたどることで両面の絵はすでに完成してるんじゃないの?
と考えたくなりますが、フィギュアの下絵としてはあくまで腰布状態がデフォであり、
パンツ部分に関しては別に設定絵を描いて対応しているようなので、
パンツ状態の一枚絵というのは元々は存在しないようなんです。
下描きレベルではおそらく存在するでしょうけどねー。
しかしだからといってパンツ部分を仕上げるだけで1ヶ月はかからないだろうと思われるでしょうが、
パンツを描くだけでなく腰布で隠れていた部分の肌も塗らないといけませんので、

そりゃ1ヶ月はかかるわ……。 ←マジで!



ですが面白いことに、特典絵のために用意されたサクヤの立ち絵には最初から腰布がなかったんです。
おそらく、今のところフィギュア化の予定はないしどうせまた抱き枕カバーのために差分を描かされるなら、

とりあえず楽なパンツ状態のほうを描いてしまえってことだったんじゃないかなーと。
シャオメイとやはり特典で等身大タペストリーになっていたアルティナに関してはフィギュア化の予定がすでにあったので腰布付き。
ちなみにアルティナのフィギュア化もこの夏のワンフェスで発表されました。



つまり以上のことを踏まえて推理した結果、
裏雪姫の差分はユキヒメのパンツの色を変えるだけですがサクヤとシャオメイの差分を用意する暇はなかったので、

苦肉の策としてサクヤとシャオメイの既存絵をくっつけて商品化してしまった……と。 ←おい。
ただ、シャオメイはパンツを穿いてないようにも見えるので、
実はパンツ状態というものがそもそもシャオメイには存在しないという可能性も微レ存。
太ももをぴったり合わせることで、腰布を外してもなんにも見えませんみたいなフィギュアになるのかもしれません。
だとすれば、Tonyさんの負担を減らす意味でも今後は抱き合わせ仕様で行くことにした、とも考えられるでしょう。











YukihimeSega2.jpgUraYukihimeSega2.jpgSakuyaXiaomeiSega1.jpgSakuyaXiaomeiSega2.jpg


やはりいずれも小人ですが、トリミングはまあまあ頑張っているので頭身的に我慢せざるをえないレベルと言えるでしょうか。
一番左は比較用のユキヒメ。

<2016年9月16日>


↑ページの一番上へ










『第2弾』






いまだにハーツのかな恵3人娘の中心はネリスというイメージだったのですが、
そういえばアニメでかな恵ちゃんが演じたのはアミルだったわけで、

もはやネリス&エアリィとのヒロインとしての格の差は歴然だったのですねー。



とはいえ、今回のセガSTOREさんでの商品の並び(ナンバリング)はネリスがアミルよりも前になっているわけで、
やはり私と同じようにネリス上位のイメージがいまだに拭えていないのだろうと推察します。
しかしそうなると必然的にアミル>ネリス=エアリィではなくアミル>ネリス>エアリィということになり、

エアリィは今回の抱き枕化から除外されるのでした。 ←ミカシィー!



そして今回抱き枕化されるもう2人のアルティナとローゼリンデはブレイドからの参戦ですが、
3人娘はブレイドにも出てくるんですってねー。
なんかすでに3人とも死んでいて武器にされちゃってるそうですが……。 ←何それひどい。











AmilSega1.jpgAmilSega2.jpg


アミルは浮き輪が邪魔ですが気にしなきゃ気にならないレベルなので、抱き枕絵としてはまあ成立してるんじゃないでしょうか。

かわゆす。











NerisSega1.jpgNerisSega2.jpg


一方のネリスのビーチボールはちょっと気になるレベル。
構図的には添い寝柄相当ですからボールを抱いてても構わないような気もしますが、笑顔が朗らかすぎるのは困ります。











AmilSega2.jpgNerisSega2.jpgAltinaSega2.jpgRoselindeSega2.jpg


アルティナはぎりぎりありかなって感じですが、後の3人は小人。
まあ、ローゼリンデは仕方ないでしょうが、アミルとネリスに関してはもうちょっと余白を詰めてほしかったなーと。

<2016年2月23日>


↑ページの一番上へ










『抱き枕カバーをリバーシブルタペストリーと勘違いしている感』






こちら、やっとローナのウラ面が出てきたので御紹介いたします。
といっても、この中でアニメになっているのはシャイニング・ハーツのカグヤとローナだけですので、
当ブログ的にはその二人だけをピックアップすることになります……と思いましたが、
ミスティもシャイニング・ハーツのゲームには出てますし、
ユキヒメも覚醒後(?)の状態でやはりシャイニング・ハーツのゲームのほうに出ているようなので、
当ブログ基準で言うと完全にスルーしていいのはキリカ(シャイニング・レゾナンス)だけになるでしょうか。



でもまあ、アニメを見ただけの私にとってはカグヤとローナの印象もかなり薄いんですけどねー。
こうやって抱き枕化されるということは、シリーズの中でも人気の5人なのでしょうが……。











RounaSega1.jpgRounaSega2.jpg


まずはこのウラ面が出てくるまでになんと一ヶ月近くかかったローナ。
なんでやねん……。



しかしセガさんは相変わらずですねぇ。
2010年夏コミのシャイニング・ウィンド抱き枕カバーのときも片面ずつのニコイチ仕様だったわけですが、

今度は差分にして一人ずつ売るっていう……。 ←相変わらずどころか悪化してるじゃないですか。
しかもそのとき同様、背景なしの立ち絵ですからねぇ。











KaguyaSega1.jpgKaguyaSega2.jpg


なぜかカグヤだけ大きめのサンプルが出ていますが、でもこうして見るとやはりTony絵はめちゃ可愛いですよねー。
このカグヤは抱き枕絵として考えても問題ない構図ですし、
生地は一応前回のスムースニットから2wayトリコットへとレベルアップしてますから、正直ちょっと欲しくなるレベル。











KaguyaSega2.jpgRounaSega2.jpgMistySega2.jpgYukihimeSega2.jpgKirikaSega2.jpg


ただまあ等身の高いキャラデザなので、一番頭が大きくなってるローナでさえ適正サイズには達してません。
余白ぎりぎりなユキヒメはこれで仕方ないですし、構図的にもありな絵柄ですけどねー。
しかしなんでカグヤはこんなに余白を取ってしまったのか……。

<2015年10月1日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 シャイニング  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.