Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【ムービック】食戟のソーマ 抱き枕カバー

薙切えりな水戸郁魅
NakiriErinaMovic1.jpgNakiriErinaMovic2.jpgMitoIkumiMovic1.jpgMitoIkumiMovic2.jpg
メーカー:ムービック
発売:2015年10月
価格:10,800円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
あみあみ 8,610円(送料:500円)※予約開始9,180円(2015/8/4)
あみあみ 9,180円(送料:500円)※予約開始(2015/8/4)
幸平創真タクミ・アルディーニ
YukihiraSoumaMovic1.jpgYukihiraSoumaMovic2.jpgTakumiAldiniMovic1.jpgTakumiAldiniMovic2.jpg
メーカー:ムービック
発売:2015年10月
価格:10,800円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
あみあみ 9,180円(送料:500円)※予約開始(2015/8/21)
あみあみ 3,840円(送料:500円)※予約開始9,180円(2015/8/21)
四宮小次郎
ShinomiyaKojirou1.jpgShinomiyaKojirou2.jpg
メーカー:ムービック
発売:2015年10月
価格:10,800円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】
あみあみ 3,840円(送料:500円)※予約開始9,180円(2015/8/21)










『おあがりよ!』






えりな&肉魅に続いて男キャラが3人も来てしまったわけですが、
田所ちゃんをスルーして男キャラを3人抱き枕化するということはつまりムービックさんにとっては、

男>巨乳>貧乳ということなのでしょうか。



これは奇っ怪な……。 ←おっぱいの大きさだけで考えたらな!



まあ、なんのかんの言ってあまり積極的に男抱き枕カバーを出してないムービックさんですから、
こういうバランスがあってもいいのかなーと。
でもこれ、おそらくキャラデザの人に全部描いてもらったのでしょうが、
最初から男含めて5人も描いてもらうつもりだったから片面ずつになっちゃったのでしょうか。
そこまでこだわってキャラデザの人に描いてもらおうなんて熱意が、

ムービックさんにあるとも思えませんが……。 ←偏見。











YukihiraSoumaMovic1.jpg


しかしこれは素晴らしい作画ですねー。
本当にアニメそのままの創真。



創真って色恋沙汰には全く興味がなさそうですが、いざ告白されたらすんなり受けちゃいそうな気もします。
でも付き合い始めても全く何もしてこないし創真の部屋に行っても料理の話ばかり。
ついには相手がいじけて怒り出したのを見て、困ったように頭を掻いた創真は不意にベッドの上に倒れ込むと、
料理のときとは違う優しい声でこう言うのでした。



「おあがりよ」

と……。











YukihiraSoumaMovic2.jpg


ただ、残念ながら実際の線画レベルはしょっぱい感じになりますので御了承ください。
どんなに絵がうまくても、作画解像度が低ければどうしようもありません。
それなのにこのウラ面はオモテ面よりも更に拡大されちゃうわけですから、アニメーターさんもつらいところでしょう。











TakumiAldiniMovic1.jpg


このタクミ、シーツを掴んでなければまだ、うつ伏せに寝そべっていた状態から顔を起こしただけと解釈することが出来ますが、
これだともう完全に「おあがりよ」のポーズ……。
だってもう、ベルトをカチャカチャとやられてパンツごとズボンをずるっと下ろされる光景が、

目に浮かびますもん。 ←アッー!











TakumiAldiniMovic2.jpg


余裕しゃくしゃくな笑みを浮かべながらも、シーツを掴んだ左手に緊張感が見て取れるんですよねー。

初めては怖いんだろうなぁ……。 ←なんの話ぃ!











ShinomiyaKojirou1.jpg


そんなタクミの絵を見ちゃうと、

この四宮先輩が「次は俺の番か」って言って身を起こしているようにしか見えなくなっちゃう……。 ←最初は誰ぇ!



でも真面目な話をすると、こういうシーツから体が離れちゃってる抱き枕絵はちょっとなーと。
平面の抱き枕に対して上半身が起きてる絵ですから、上半身のほうに抱きついても違和感があります。
なので抱くとしたら下半身でしょうが、
それでも身を起こしているように見える上半身が実際には平面で寝そべったままになっちゃうわけですから、
上半身の部分が少し起きるように下に何かを入れたり壁に立てかけたりしなくちゃいけない。
まあ、上半身部分をベッドの頭の上の壁に立てかけるようにして下半身を抱いて寝れば、雰囲気は出るかもしれません。
幸いちゃんと服を着ているので、抱き枕を折り曲げたときのシワもあまり気にならないかもしれませんし……。
とはいえ、やはり四宮先輩ファンであればお顔をちゃんと近くで見ながら眠りたいでしょうけどねー。











ShinomiyaKojirou2.jpg


でもまあ、ネックレスの作画とかもひどいことになってるので、
お顔の部分は少し離れてタペストリーのように眺めたほうが良いのかもしれません。
下半身のズボン部分はスエード生地の風合いにマッチするでしょうから、
ここを抱いて寝るのはなかなか良いプランなんじゃないでしょうか……って、あ、あれ?

今回の男抱き枕カバーって、スムース生地なの?



あちゃー。
ムービックスエードのごわごわ感はちょうどいいと思ったのに。

ムービックさんは相変わらず使えんなぁ……。 ←ひどい言いがかりですね!











NakiriErinaMovic1.jpgMitoIkumiMovic1.jpgYukihiraSoumaMovic1.jpgTakumiAldiniMovic1.jpgShinomiyaKojirou1.jpg


そして何よりこれです。
男キャラは身長が高いからただでさえ小人になるというのに、女キャラよりも余白をあけちゃってるという現実。
この創真と四宮先輩のポーズじゃこれ以上余白を詰めるわけには行かなかったのでしょうが、
なぜ女キャラのほうはバランス良く描けてるのに男キャラはこんなに自由なのか……。



まあ、それだけ男キャラの抱き枕絵というのがイメージしにくいということなんでしょうけどねー。

タクミだけはノリノリだけど……。 ←抱き枕は受け専ですから。



ああなるほど、タクミって受け専だったんですねー。

尻……知りませんでした。 ←こら。



ちなみにウラ面は逆に大きすぎます。
ウラ面のタクミの手の大きさなんかはちょうどリアル人間サイズになりますが、

お尻は残念ながら見切れております……。 ←別に残念じゃないです。

<2015年8月27日>


↑ページの一番上へ










『お粗末!』






んー。
ユリ熊嵐から一人だけ抱き枕化するのにるるを選ぶのはまだ理解できますが、
食戟のソーマから二人抱き枕化するのにえりなと田所ちゃんではなくえりなと肉魅を選ぶってムービックさんそれ、

おっぱい好きにも程があるわ。



さすがに田所ちゃんを外すのはないでしょう。
ありえない。
ていうかそれ以前に片面ずつしか描いてもらえないとわかった時点で、二人で一枚にしなさいよ。
実質片面でそれぞれ満額取るとかありえないでしょう。



おっぱい好きに悪い人はいないと思っていたのに……。 ←んなこたぁない。











NakiriErinaMovic1.jpg


そしてその行き過ぎたおっぱい好きが、あるいはこのような皮肉な結果を招いてしまったのかもしれません。
ええ。
アニメーターさんから上がってきた絵がなんと背面絵。
もちろん一切意見の言えない体質のムービックさんは、この悲劇をただ受け入れるしかありません……。











MitoIkumiMovic1.jpg


もう一枚のオファーが田所ちゃんであったのなら、
無理にでもえりなのお胸を正面で見せる努力をこのアニメーターさんはしてくれたかもしれません。
どう考えてもえりなより肉魅のほうが自然にお胸を見せられますからねー。











MitoIkumiMovic2.jpg


作画自体は非常にレベル高いです。
おそらく普通にキャラデザの人の作画でしょう。
人生の抱き枕カバーもよろしくお願いします……。 ←なんの話だ。











NakiriErinaMovic2.jpg


背面絵でさりげなくお胸を強調しようとした結果、逆に背中の露出が出来なくなってしまったと見ることが出来ると思いますが、
個人的には背面絵の場合は背中の露出優先でやっていただきたいなーと。
お胸にしっかりとシャツを引っ掛けた状態で肩甲骨あたりまでブラ紐とともに露出するのがこの場合はベストだったでしょう。

ノーブラにしてお胸の先端にシャツを引っ掛けたようなこの表現自体は見事ですけどねー。



アニ☆マルシェ有明出張所ブースにて先行販売。

<2015年8月9日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.