×Phos/抱き枕×
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
【feel.】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 抱き枕カバー

雪ノ下雪乃由比ヶ浜結衣戸塚彩加
YukinoshitaYukinoC881.jpgYukinoshitaYukinoC882.jpgYuigahamaYuiC881.jpgYuigahamaYuiC882.jpgTotsukaSaikaC881.jpgTotsukaSaikaC882.jpg
メーカー:TBS
発売:2015年8月14日(コミックマーケット88にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:T・ZONE
発売:2015年8月14日(コミックマーケット88にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:アニまるっ!
発売:2017年6月
価格:14,040円(税込/立体クッション付)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】※横ファスナー
メーカー:アニまるっ!
発売:2018年3月中旬~下旬
価格:16,200円(税込/胸部立体クッション付)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】※横ファスナー
雪乃&結衣一色いろは戸塚彩加プレミアム
YukinoYuiC891.jpgYukinoYuiC892.jpgIsshikiIrohaC891.jpgIsshikiIrohaC892.jpgTotsukaSaikaC891.jpgTotsukaSaikaC892.jpg
メーカー:TBS
発売:2015年12月29日(コミックマーケット89にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:T・ZONE
発売:2015年12月29日(コミックマーケット89にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:T・ZONE
発売:2015年12月29日(コミックマーケット89にて販売)
価格:12,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

ヲタカラー 11,880円(送料:600円~/30,000円以上で無料)
雪ノ下雪乃バニーガール由比ヶ浜結衣バニーガール一色いろはバニーガール
YukinoshitaYukinoTBSC901L.jpgYukinoshitaYukinoTBSC902L.jpgYuigahamaYuiTBSC901L.jpgYuigahamaYuiTBSC902L.jpgIsshikiIrohaTBSC901L.jpgIsshikiIrohaTBSC902L.jpg
メーカー:TBS
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:アニまるっ!
発売:2017年6月
価格:14,040円(税込/立体クッション付)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】※横ファスナー
メーカー:アニまるっ!
発売:2018年3月中旬~下旬
価格:16,200円(税込/胸部立体クッション付)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】※横ファスナー
一色いろはプレミアム比企谷八幡一色いろは
IsshikiIrohaTZONEC901.jpgIsshikiIrohaTZONEC902.jpgHikigayaHachimanTZ1.jpgHikigayaHachimanTZ2.jpgIsshikiIrohaTZ21.jpgIsshikiIrohaTZ22.jpg
メーカー:T・ZONE
発売:2016年8月12日(コミックマーケット90にて販売)
価格:12,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
※当ブログのレビュー
メーカー:T・ZONE
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:T・ZONE
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
雪ノ下雪乃 着物Ver.由比ヶ浜結衣 着物Ver.戸塚彩加
YukinoshitaYukinoC911L.jpgYukinoshitaYukinoC912L.jpgYuigahamaYuiC911L.jpgYuigahamaYuiC912L.jpgTotsukaSaikaFeel1.jpgTotsukaSaikaFeel2.jpg
メーカー:TBS
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:feel.
発売:2016年12月29日(コミックマーケット91にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:アニまるっ!
発売:2017年6月
価格:14,040円(税込/立体クッション付)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】※横ファスナー
メーカー:アニまるっ!
発売:2018年3月中旬~下旬
価格:16,200円(税込/立体クッション付)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】※横ファスナー
雪ノ下雪乃 セーターVer.由比ヶ浜結衣 セーターVer.一色いろは セーターVer.
YukinoshitaYukinoAnimaruC921.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpgYuigahamaYuiAnimaruC921.jpgYuigahamaYuiAnimaruC922.jpgIsshikiIrohaAnimaruC921.jpgIsshikiIrohaAnimaruC922.jpg
メーカー:TBS
発売:2017年8月11日(コミックマーケット92にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:アニまるっ!
発売:2017年9月
価格:14,040円(税込/立体クッション付)
サイズ:150cm×50cm/160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】※横ファスナー
メーカー:アニまるっ!
発売:2017年9月
価格:12,960円(税込)
サイズ:150cm×50cm/160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】
メーカー:アニまるっ!
発売:2018年3月中旬~下旬
価格:16,200円(税込/胸部立体クッション付)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】※横ファスナー
雪ノ下雪乃しろもうふ由比ヶ浜結衣しろもうふ一色いろはしろもうふ
(水着Ver.)
YukinoshitaYukinoTZ1.jpgYukinoshitaYukinoTZ2.jpgYuigahamaYuiTZ1.jpgYuigahamaYuiTZ2.jpgIsshikiIrohaTZ2SM1Fos.jpgIsshikiIrohaTZ2SM2Fos.jpg
メーカー:T・ZONE
発売:2017年7月16日(アニメワールドスターグッズα館にて各50枚先行販売)
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル84%/ポリウレタン16%)<白桜/toy-ink社>【日本製】
メーカー:T・ZONE
発売:2017年12月
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル84%/ポリウレタン16%)<白桜/toy-ink社>【日本製】
一色いろはしろもうふ
(制服Ver.)
雪ノ下雪乃由比ヶ浜結衣
IsshikiIrohaTZ1SM1.jpgIsshikiIrohaTZ1SM2.jpgYukinoshitaYukinoTZ1.jpgYukinoshitaYukinoTZ2.jpgYuigahamaYuiTZ1.jpgYuigahamaYuiTZ2.jpg
メーカー:T・ZONE
発売:2018年1月中旬
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル84%/ポリウレタン16%)<白桜/toy-ink社>【日本製】
メーカー:エムズ
発売:2017年12月29日(コミックマーケット93にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
雪ノ下雪乃 エプロンVer.由比ヶ浜結衣 エプロンVer.一色いろは エプロンVer.
YukinoshitaYukinoAnimaruC931.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC932.jpgYuigahamaYuiAnimaruC931.jpgYuigahamaYuiAnimaruC932.jpgIsshikiIrohaAnimaruC931.jpgIsshikiIrohaAnimaruC932.jpg
メーカー:アニまるっ!
発売:2017年12月29日(コミックマーケット93にて販売)
価格:12,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】
メーカー:アニまるっ!
発売:2018年2月
価格:9,720円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:アニまるっ!
発売:2018年2月
価格:14,040円(税込/立体クッション付)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】※横ファスナー
比企谷八幡 180over小町プレミアム
HikigayaHachimanTZ1801.jpgHikigayaHachimanTZ1802.jpgHikigayaKomachiMS1.jpgHikigayaKomachiMS2.jpg
メーカー:エムズ
発売:2017年12月29日(コミックマーケット93にて販売)
価格:12,000円(税込)
サイズ:180cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:エムズ
発売:2017年12月29日(コミックマーケット93にて販売)
価格:12,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】
雪乃 体操着結衣 体操着いろは 体操着
YukinoshitaYukinoMS1.jpgYukinoshitaYukinoMS2.jpgYuigahamaYuiMS1.jpgYuigahamaYuiMS2.jpgIsshikiIrohaMS1.jpgIsshikiIrohaMS2.jpg
メーカー:エムズ
発売:2018年8月10日(コミックマーケット94にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
メーカー:エムズ
発売:2018年9月中旬~下旬
価格:12,960円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】
メーカー:エムズ
発売:2019年8月9日(コミックマーケット96にて販売)
価格:12,960円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<MS2WAYトリコット/松本商事>【日本製】

雪乃
アイリス 12,960円(送料:1,000円/一部地域除く)※受注販売(7月26日正午~8月6日18時/9月下旬発送)→受注販売(8月12日18時~29日18時/10月下旬発送)
結衣
アイリス 12,960円(送料:1,000円/一部地域除く)※受注販売(7月26日正午~8月6日18時/9月下旬発送)→受注販売(8月12日18時~29日18時/10月下旬発送)
いろは
アイリス 12,960円(送料:1,000円/一部地域除く)※受注販売(7月26日正午~8月6日18時/9月下旬発送)→受注販売(8月12日18時~29日18時/10月下旬発送)
添い寝雪乃
(イベント会場限定Ver.)
添い寝結衣
(イベント会場限定Ver.)
添い寝いろは
(イベント会場限定Ver.)
YukinoshitaYukinoC951.jpgYukinoshitaYukinoC952S.jpgYuigahamaYuiC951.jpgYuigahamaYuiC952S.jpgIsshikiIrohaC951.jpgIsshikiIrohaC952S.jpg
メーカー:アニまるっ!
発売:2018年12月29日(コミックマーケット95にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】
添い寝雪乃
(WEB限定イラストVer.)
添い寝結衣
(WEB限定イラストVer.)
添い寝いろは
(WEB限定イラストVer.)
YukinoshitaYukinoC951.jpgYukinoshitaYukinoC952.jpgYuigahamaYuiC951.jpgYuigahamaYuiC952.jpgIsshikiIrohaC951.jpgIsshikiIrohaC952.jpg
メーカー:アニまるっ!
発売:2019年2月8日
価格:9,720円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

雪乃
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(12月14日~1月9日17時/2月中旬~下旬発送)→受注販売(3月8日~25日17時/4月下旬~5月上旬発送)
結衣
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(12月14日~1月9日17時/2月中旬~下旬発送)→受注販売(3月8日~25日17時/4月下旬~5月上旬発送)
いろは
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(12月14日~1月9日17時/2月中旬~下旬発送)→受注販売(3月8日~25日17時/4月下旬~5月上旬発送)
メーカー:アニまるっ!
発売:2019年2月8日
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<ヘビーウエイト2WAYトリコット/松本商事>【日本製】
※当ブログのレビュー(結衣)

雪乃
アニまるっ! 12,960円(送料:648円)※受注販売(12月14日~1月9日17時/2月中旬~下旬発送)→受注販売(3月8日~25日17時/4月下旬~5月上旬発送)
結衣
アニまるっ! 12,960円(送料:648円)※受注販売(12月14日~1月9日17時/2月中旬~下旬発送)→受注販売(3月8日~25日17時/4月下旬~5月上旬発送)
いろは
アニまるっ! 12,960円(送料:648円)※受注販売(12月14日~1月9日17時/2月中旬~下旬発送)→受注販売(3月8日~25日17時/4月下旬~5月上旬発送)
雪乃ウェディングドレス結衣ウェディングドレスいろはウェディングドレス
YukinoshitaYukinoC961.jpgYukinoshitaYukinoC962.jpgYuigahamaYuiC961.jpgYuigahamaYuiC962.jpgIsshikiIrohaC961.jpgIsshikiIrohaC962.jpg
メーカー:TBS
発売:2019年8月9日(コミックマーケット96にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

雪乃
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(7月26日~8月19日17時/9月下旬~10月上旬発送)
結衣
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(7月26日~8月19日17時/9月下旬~10月上旬発送)
いろは
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(7月26日~8月19日17時/9月下旬~10月上旬発送)

メーカー:アニまるっ!
発売:2019年9月下旬~10月上旬
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル88%/ポリウレタン12%)<松本商事>【日本製】

雪乃
アニまるっ! 12,960円(送料:648円)※受注販売(7月26日~8月19日17時/9月下旬~10月上旬発送)
結衣
アニまるっ! 12,960円(送料:648円)※受注販売(7月26日~8月19日17時/9月下旬~10月上旬発送)
いろは
アニまるっ! 12,960円(送料:648円)※受注販売(7月26日~8月19日17時/9月下旬~10月上旬発送)










『三等分(三倍)の花嫁』






やー。
もしかしたら文章を書く余裕があるかもしれないと、
俺ガイルを含めたいくつかの記事の更新を後回しにしたことで、
結局は文章どころか情報をまとめるだけでコミケ当日までかかってしまい、
皆さんにも御迷惑をおかけしました。



五等分のタペがきつかった……。 ←五等分じゃなくて五倍なんだよなぁ。



もちろんタペまとめやエロゲ抱き枕まとめにまで手を出してしまった私が悪いわけですが、
とはいえ全てのアニメ系抱き枕の記事に文章を付けようとするとその比じゃないくらい大変だからこそ、
コミケ前は文章を書かない代わりにタペとエロゲ抱き枕のまとめもすることにしたみたいなところがあるので、
最初から文章は諦めておけって話なんですよねー。
特に俺ガイルはコミケ売りがスムース版だけだったわけですから、
抱き枕er的には通販締切までに書けば良かったんだと今更気づきました。



問題はその肝心の2way生地が、
スムースと大差ないレベルかもしれないということですが……。 ←これ。











YukinoshitaYukinoC961HS.jpgYukinoshitaYukinoC962HS.jpg


スムース版だけコミケ前に一般販売予約まで始まるという異例の展開を見せてくれたおかげで、
ホビーサーチさんからこんなに大きなサンプルが出てきてくれました。
以前からかもしれませんが、
スムース版がTBS本体の企画で2way版がそれに乗っかったアニまるさんの独自企画ということになっているから、
今回はこういう販売形態になったのかなーと。



しかし今回の表ウェディングドレス添い寝からの裏ドレス脱がし正面抱きという構成は完璧じゃないですか?
オモテ面からウラ面に移行するような構成ってどうしてもオモテ面が露出微妙な捨て面になりがちですが、

むしろ無駄に露出しないことに意味のあるウェディングドレス姿を添い寝にすることで完全な癒やし面とし、
ウラ面でそれを脱がせて正面から抱かせることで、

オモテ面の癒やし&焦らしを反転昇華させていやらし面にするというこの構成は天才的。











YukinoshitaYukinoC881.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpgYukinoshitaYukinoC951.jpgYukinoshitaYukinoC962HS.jpg


ウラ面の雪乃んはいつもどおりすぎて草生えるレベルですけどねー。 ←こら。
お胸に関してはパッドで誤魔化してる感があって今回の雪乃んが一番出来が良いと思いますが、
下着とはいえ装飾性が強くてガードが固く見えるこの衣装にこのお顔とポージングでは、

やや初夜感に欠けるかなーと。



白スクのウブな感じや、彼シャツの事後感や、
パジャマ(部屋着?)のもはや恥じらいを通り越して頭がカラになったような寸前感はどれも素晴らしかったですが、
今回のように初夜的な場面で恥じらわせるのであればせめて体のほうは無防備にしてほしかったところです。
恥じらいながらも相手に体を捧げるような。
あなたの妻になります的な……。











YukinoshitaYukinoC952R.jpg
YukinoshitaYukinoC961HSR.jpg


ですが、このオモテ面は最高。
めっちゃ髪の毛可愛いし特別感が半端ないです。
抱き枕に特別感なんていらない日常感が欲しいんやと常々言ってる私ですが、

この雪乃んの特別感は永遠にしたいレベル。



死ぬまで抱いて寝ていたい……。 ←そのまま棺桶行きですね!











YuigahamaYuiC961HS.jpgYuigahamaYuiC962HS.jpg


まあ、結局はクオリティやセンスさえ良ければ特別とか日常とかは関係ないって話です。
だってこのウェディングドレス姿、

可愛すぎるやん……。 ←うむ。



クオリティもセンスも半端ないです。
前回の添い寝結衣も最高だって思いましたけど、
今回のウェディング添い寝結衣はその結衣のはるか上を行っちゃってます。
前回の仰向け添い寝は少しこちらに体が傾いていましたが、
完全な仰向けにすることでお胸の膨らみを綺麗に見せつつ脇見せも完璧な形で出来るわけですねー。
顔だけこちらに向けることも出来たでしょうが、
ウェディングドレス姿で大胆に仰向けに寝そべって横目でこちらを見ながらいたずらっぽく微笑む様子は、
寝そべっているにもかかわらず結衣らしい快活さが表れてて最高に生き生きして見えるし、
過去の全版権結衣絵の中でもトップを争うレベルなんじゃないでしょうか。

天才。











YuigahamaYuiC952R.jpg
YuigahamaYuiC961HSR.jpg


くっそ。
今回気合い入りすぎでしょ。
生地がまだ発展途上だっていうのに……。 ←この絵が出てくるのはまだ早かった!?



でもまあ、おかげでオモテ面にエネルギーを使い果たして、
ウラ面が出がらしみたいになっちゃうのはあまり褒められたことじゃないですけどねー。 ←ウラ面出がらし!?
お腹に余計な線を入れるのはやめてほしい……。











IsshikiIrohaC961HS.jpgIsshikiIrohaC962HS.jpg


このいろはすもまあ、
出がらしと言っていい出来かもしれません、

いつものように。 ←おい。



このいろはすのウェディング姿には特別感もいろはすらしさもありませんし、
ウラ面の膝立ても苦し紛れ感がありますかねー。
オモテ面は思い切って添い寝背面くらいはやってほしかったところ。
逆にウラ面はストレートにエロい感じで描いたらいろはすらしくなったと思います。

いろはすはエロ担当みたいなところがあるので……。 ←多分。











IsshikiIrohaStandMs.jpgIsshikiIrohaC961HS.jpgIsshikiIrohaC962HS.jpgTsubakuroYumeHS2.jpg


この夏コミ合わせでエムズさんが出してきた等身大タペストリーのように、
ウェディングドレスの美しい背中を見せつつ振り向いて舌を出すような小悪魔的な背面添い寝だったら三者三様で完璧だったと思います。
またウラ面の膝立て自体には小悪魔感がありますし、

私自身も結芽に股間をぐりぐりされるのが癖になってきましたが
そこから更に舌を出して挑発してくる結芽に比べると、
無意味に両手で鎖骨まわりを隠してしまっているこのいろはすはガードが固すぎるんですよねー。



五等分も最後は四葉が五月に負ける形で終わるんやろな……。 ←なんの話だ。



ちなみに今回のエムズさんの等身大タペストリーの絵柄は素晴らしいとは思いますが、
御覧のようにエムズさんは抱き枕カバーと同じ縦160cmをデフォにしているため(エムズ企画の抱き枕カバーは縦150cmですが……)、
常に等身大としては物足りません。
同じ夏コミ合わせでダンまちとグリッドマンの等身大タペを出してきた彩ingさんなんかは、
おそらくエムズ(松本商事)OEMでサイズは同じ160×70なのに、
ぎりぎりまで余白を削ってかなり等身大に近づける努力をしてくれてるわけですが(ただし値段お高め)……。












YukinoshitaYukinoC962HS.jpgYuigahamaYuiC962HS.jpgIsshikiIrohaC962HS.jpg


癒やし面といやらし面の構成が完璧と最初に言いましたが、

問題はこっちのいやらし面がそんなにいやらしくないということです。
せっかくウェディングドレスを脱がせるというコンセプトなのに、
ガードが固すぎたり逆に弾けすぎたりしてて全然色気がないんですよねー。












IsshikiIrohaC952R.jpg
IsshikiIrohaC961HSR.jpg


まあ、ウェディングドレス3人はきつかったんだろうなーと。
そろそろアニまるさんは俺ガイル抱き枕を1コミケにつき1人抱き枕化くらいに留めるべき。

代わりに五等分の花嫁を2人ずつやればいいじゃない……。 ←2人の次は3人にせざるをえないような。



さて、先の青ちゃんに関しては普通にMS2WAYだろうという記事を書きましたが、

この夏コミでジェンコさんがヘビーウエイト150サイズというとんでもないものを今更ぶち込んできたので、
不安になってきました……。
以前のジェンコさんのこのはな綺譚150サイズはエムズさんに合わせたのかと思いましたが、
どうやらエムズ(松本商事)さんに言われるがままだったようですねー。
そんな会社が刀使ノ巫女の抱き枕化を担当しなくて本当に良かったわ……。 ←ここで痛烈に批判されましても。

<2019年8月15日>


↑ページの一番上へ










『添い寝結衣レビュー』






アニまるさん恒例の再販祭りが来てしまったので、
一応添い寝結衣(プレミアム)のレビューもやっておきたいと思います。
しかしこの過去に発売したものを何も考えずにそのまま再販するだけの芸のない祭りはどうにかならないものでしょうか……。
てっきりもう諦めたと思っていた立体クッションを出してきたのはいいですが、

お胸とお尻をセットにした商品がなんでないの?
両方の立体クッションが用意されている商品は着物雪乃&結衣とアマガミ七咲逢1枚目とセイレン宮前透だけですが、

それぞれ別々のセット……すなわち2枚買わないと両方のクッションが手に入らないという糞仕様。
しかもこの前後立体企画のために描き下ろされたであろうはずのエプロンVer.に、

今回もお尻どころかプレミアム(2way生地)の立体セットすら用意されてない意味不明さ。
まあ、やはりアニまるさん的にはもうやる気はないけど、
もう少し売らないと立体クッションを作ってくれた業者さんにも顔向けできないみたいなところはあるのかもしれません。
だったらアニまるさん的には旨味はないかもしれませんが立体クッションの単品販売をすべきだし、
それが嫌ならどの抱き枕カバーを買ってもオプションで立体クッションを付けられるような形にすべきでしょう。
あと、生地のサイズなんかも150と160が混在しててカオスすぎるので、もうちょっと整理して再販すべき。

まとめるの大変すぎ……。 ←知らんがな。



や、在庫処分なら話はわかるのですが、
完売したものはそのまま受注に切り替わっているようなので本当に意味不明なんですよねー。
アニまるの中の人はちゃんと把握できてるのだろうか……。











YuigahamaYuiC951.jpgYuigahamaYuiReview24.jpg



おお……!
この色再現はほぼ完璧じゃないですか?

トリミングもサンプルどおり……。 ←すばら!











YuigahamaYuiReview08.jpg


こやつ、物欲しそうにしおるわい。











YuigahamaYuiReview09.jpg


立体クッションに関しては以前色々と懸念を表明しましたが、
もしこれと一緒にオプション購入できていたらとりあえず買ってみようと思ったかもしれないほど見事なお尻でございます。
絵柄の素晴らしさ自体はすでにコミケ版を入手した人のお写真を見てわかっていたので……。











YuigahamaYuiReview10.jpg


この背中をライクトロンレベルの生地でペロペロできてたら今頃昇天してたやろな……。 ←生きてて良かった!











YuigahamaYuiReview11.jpg


そしてもしヘビーウエイトがライクトロンレベルの生地だったのなら、今頃雪乃ん&いろはすも注文していたことでしょう……。











YuigahamaYuiReview12.jpg


ハイスクールDDのところでも書きましたが、ぶっちゃけこのヘビーウエイトという生地は糞生地です。











YuigahamaYuiReview13.jpg


とにかく表面がざらざら。
まあ、スムースレベルと言っていいでしょう。

もちろんぱっさぱさ。











YuigahamaYuiReview14.jpg


なんとなく編み目の影響でぼやけてる感じが伝わるでしょうか。











YuigahamaYuiReview17.jpg


うん、これはわかりやすい。
立体マウスパッドを思い出すなぁ……。











YuigahamaYuiReview16.jpg


伸縮性はかなりありますが生地そのものが厚手でしっかりしてるので、
抱き枕本体の変形にぴったりついてこれずにややごわっとした感じを受けます。











YuigahamaYuiC952.jpgYuigahamaYuiReview25.jpg



あと、そもそも横幅が51cmもあってカバーがだぶつき気味なのもごわっとしてしまう理由の1つかもしれません。
普通は規定の50cmよりも小さく作るものですが……。
なのでいつもこの壁吊り撮影のときに内側に挟んでいる台紙では横幅が足りず、
通常よりもたるみ気味のお写真となっております……。











YuigahamaYuiReview01.jpg


このヘビーウエイト2WAYトリコットの後継生地であるところのMS2WAYトリコットでも全く同様の症状が見られるようで、
ライクトロンなんかの最高級生地に並び立つかのごとく鳴り物入りで出てきたわりには完全な期待はずれだった模様です。
もちろん横幅に関してはどうとでもなる話ですが、やはり表面がざらざらだと言ってる人もいるので……。











YuigahamaYuiReview02.jpg


それこそこのバスタオル部分に顔を埋めるくらいでちょうど良いざらざら感なので、

私も仕方なくここに顔を埋めて寝ました……。 ←これは仕方ない!











YuigahamaYuiReview03.jpg


や、顔を埋めるなんてこともせずに行儀良く抱いて寝るだけの人には、私の言ってることは理解できないかもしれません。
手で撫でる分にはさらさらと気持ち良い生地ですからねー。











YuigahamaYuiReview04.jpg


生地は唇で感じろとハイスクールDDのところで言いましたが、頬ずりとかでも違いはわかるかもしれません。
いずれにせよ手というのは一番感触に鈍感な部位ですので、手で生地を語ってはいけない。











YuigahamaYuiReview06.jpg


あるいは抱き枕に顔を埋めるほうがイレギュラーだと思う人もいるかもしれませんが、

手と足で抱いたらあとは顔を埋めたくなるのが人情でしょう? ←そう?
特に女の子を抱いたら唇で愛撫したくなるのが普通ですし、そうなると当然唇にキスをしたくなるのが普通なのですが、

それが普通だと思えないような人には抱き枕カバーを作ってほしくないなぁ……。 ←想像力=創造力。











YuigahamaYuiReview07.jpg


この魅惑的な唇がざらざらしてるとか、あなた耐えられます?











YuigahamaYuiReview05.jpg


A&Jやフレスがどれだけ心血注いでしっとりすべすべふんわり生地を追求してきたか、
松本商事さんにも是非理解していただきたいところです。











YuigahamaYuiReview21.jpg


ヘビーウエイトの前身2way生地であるところのポリエステル(100%)2wayいろはすとの比較がこちら。
今回の結衣は線画がめちゃ綺麗なので比較しにくいところはありますが、発色の違いが伝わるでしょうか。
ポリエステル2wayはぺらっぺらなのでどうしてもシワが寄ってしまうのですが……。











YuigahamaYuiReview23.jpg


ヘビーウエイトは横幅51cmと言いましたが、
このポリエステル2wayのほうは今回測ってみたら46cmしかありませんでした……。 ←両極端すぎぃ!











YuigahamaYuiReview18.jpg


こちらは添い寝絵なので、最後に一応カーテンを背景に立てて撮影しました。











YuigahamaYuiReview19.jpg


本当に最高の作画ですが、私がこの結衣を抱くことはもはやない……かもしれません。

<2019年3月11日>


↑ページの一番上へ










『決定版?』






前回(夏コミ)でアニまるさんがついに手を引いてエムズさんが150サイズで出してきた時点で、

俺ガイル抱き枕終了のお知らせと判断してもはや記事を書く気にもなりませんでしたが、
再びアニまるさんが立ち上がったとなっては一応書かないわけにはいかないでしょうか。

今回は決定版と言ってもいい出来ですしねー。



まあ、受注締切は今日の夕方ですから、
この記事を購入の参考に出来る人はほとんどいないでしょうが……。 ←なんのために書くのやら。











YukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpgYukinoshitaYukinoC951.jpgYukinoshitaYukinoC952.jpgYukinoshitaYukinoMS1.jpg


まずは雪乃ん。
左は一昨年の夏コミのウラ面、右は前回のエムズ版のオモテ面です。
今更150サイズを推し進めようとするエムズさんの独善性は許されるものではありませんが、
160サイズの今回の雪乃んのほうがやや小人なのは皮肉な話です。
今回のオモテ面は裸ワイシャツの絵柄にそっくりですが、
事後のイチャイチャゆえの恥じらいを見せていた裸ワイシャツ雪乃んに対して、

今回の雪乃んは事前……というか寸前。 ←なんの!



裸ワイシャツの下は文字どおり裸なわけですが、御覧のとおり表現としては「穿いてない」レベルです。

ですが、今回は本当に穿いてません。 ←ん?
さすがに局部は服で隠れてますが、雪乃んの左手は隠そうとしてませんし御覧のように足も開いております。

うむ、寸前。 ←なんの!



そして何よりウラ面が素晴らしすぎます。
目を細めた笑顔も悪くはありませんが、美少女キャラが一番輝いているのはやはり目をしっかり開いたときの笑顔でしょう。
といってティーゾーン版のように口を開けて朗らかに笑われても困りますが、
そういう意味でしっとりとした雰囲気を出しつつも可愛く微笑んでくれているこの雪乃んは最高。
添い寝絵として完璧なお顔だと思います。

お胸が両面ともDカップくらいありそうなのが決定版と呼ぶには些か躊躇われるところですが……。











YukinoshitaYukinoMS2R.jpgYukinoshitaYukinoC952R.jpg


今回の添い寝面はむしろこうやってサンプルを横にしてしまうと良さが伝わりにくいですが、

添い寝絵はこれが正解。
ぶっちゃけ仰向け絵と大差ないような構図になっているものが良質な添い寝絵と言えると思います。
エムズ版のように上体が起きていては本当の意味での添い寝が出来ませんし、

寝ずの番をしてもらうにしても頭が曲面の向こうに行ってしまって顔が見にくくなってしまいます。
オモテ面もそうですが単純に頭上余白がないと抱き枕本体の曲面で絵が曲げられてしまい、
しかもこういう添い寝絵の場合は同時に体のほうも反対側の曲面にさらされてしまうので、
体がちゃんと見えるように寝床の上に横たえようとすると抱き枕自体がぐるっと向こう側に回転してしまい、

頭のほうははるか曲面の向こうに行ってしまうのです。



しかるに今回の添い寝雪乃んのように頭と体がほぼ一直線になっていれば、そういう問題はありません。
確かにエムズ版のこの雪乃んも素晴らしい絵柄ですが、残念ながら抱き枕には向いてないということです。
実際、エムズさんもそれに気づいて等身大ステッカーなるものも発売していたわけですしねー。











YuigahamaYuiAnimaruC932.jpgYuigahamaYuiC951.jpgYuigahamaYuiC952.jpgYuigahamaYuiMS1.jpg


次に結衣。
左は一昨年の冬コミのウラ面で、右は前回のエムズ版のオモテ面です。
今回、なぜ結衣のオモテ面だけが背面絵なのかと理不尽に感じる人はたくさんいるでしょうが、
ここまで結衣のお胸を正面からうまく描けてないことを気にして絵師さんが逃げたのだとすれば私はむしろ拍手を送りたいです。

だってこの結衣、最高に可愛いもん。



や、制服エプロンのほうもめちゃ可愛かったですし、
これをそのままひっくり返して制服エプロン姿のオモテ面にしてくれてたらおっぱい付きのやつを喜んで買ったと思うのですが、

とはいえやはり背面絵は素肌の背中が至高。
残念ながらこの結衣はしっかりとパンツを穿いてますが、
その分パンツ姿のお尻とお股がはっきりと見える貴重な絵柄となっております。

お胸を隠してもただでは転びません。



オモテ面で少し驚いたようにぱっちり目を開けている分、
ウラ面は少し目を細めた笑顔にするというバランス感覚がまた良い感じです。
制服エプロンのほうの笑顔は悪戯されているような楽しそうな雰囲気によく合ってますが、
添い寝だとちょっと明るすぎるかもしれません。
雪乃んの場合は悪戯っぽいくらいでちょうど良いでしょうけどねー。











YuigahamaYuiMS2R.jpg
YuigahamaYuiC952R.jpg


でもこの結衣の事後感漂う笑顔は最高でしょう。
後ろからいっぱい疲れたんだなーって感じ。 ←後ろからいっぱい疲れた?
エムズ版の結衣の作画も最高に素晴らしいですが……。











IsshikiIrohaAnimaruC931.jpgIsshikiIrohaC951.jpgIsshikiIrohaC952.jpgIsshikiIrohaMS1.jpg


最後にいろはす。
左が一昨年の冬コミのオモテ面で、右がエムズ版のオモテ面です。
いろはすは実際に買った人のお写真が見当たらなかったのでわかりませんが、この感じだとおそらくオモテ面はノーパンでしょう。
ただ、その隠れてる部分のデッサンが狂ってないかどうかがやや気になるところ。
あと、露出度は高いし陵辱的な雰囲気も良いのですが、ここまでガードされてしまうとあまり抱いてる感は出ないかなーと。
ウラ面も一見すると良いのですが、よく見ると目線が右に外れてるような……。



なんとなく最後に描いて力尽きたような印象も受けますが、
オモテ面の陵辱感のあるいろはすは貴重ですしウラ面は仮に目がそれてるにしても可愛いのは間違いないので、
悩ましいところではあります。











IsshikiIrohaMS2R.jpg
IsshikiIrohaC952R.jpg


ただ、どの添い寝絵も相手から距離を置いてるような手の置き方をしているのが気になります。
こういうのは気をつけていただきたいところ。
エムズ版も上体を起こしておきながら目線が下に行ってないのでどっちにしても寝ずの番という感じにはならないですし……。
もちろん上(背中)から抱きつく感じなら問題ないでしょうが、そういうのはあくまで例外的な楽しみ方ですから……。



というわけで、エムズ版の作画の良さは相変わらず気になるものの、
抱き枕絵として考えたら今回の3人が決定版と言っていいんじゃないでしょうか。
やや小人ですが……。



ちなみにコミケ限定の眠り絵のほうは本来であれば悩ましい存在ですがスムース生地ですし、
そもそも差分で目が開いてるほう(しかも笑顔)を見せられてしまったらなかなか眠り絵に手を出せる人はいないんじゃないかなーと。
あと、元のキャラデザからそうなってるのか知りませんが、まつ毛バッチバチの閉じ目が個人的に苦手です。
なのでタペストリーのキス顔とかも全く刺さらず……。

<2018年1月9日>


↑ページの一番上へ










『2次元立体厨』






立体クッション仕様を2way(プレミアム)化していただけたのは良かったのですが、
まだ2way化されてなかった着物ver.以前の初2way化までもが立体クッション仕様になってしまいました……。
今後単品で2way化されることがあるのかわからないので、2way版を欲しかった人は買わざるをえないでしょうか。
横ファスナーは気になるところですが……。



あるいはスムース生地であればまだそんなに気にならないのかもしれませんが、
生地がやわらかくなればなるほど側面のかたいファスナーは気になるでしょうしねぇ。
といっても、ファスナー自体は隠れる形になるはずですから肌触りの問題ではなく、
抱きしめたときに側面にワイヤーが入っているような違和感があるだろうという話です。
アニまるさん的には立体クッション仕様をすんなり受け入れてもらうために必要な措置だったのでしょうが、
結局は多くの人が一般的な下ファスナー仕様のものにも立体クッションを流用することになるはずですから、
2way化した時点でファスナーも下にするべきだったんじゃないでしょうか。
当然、立体クッションに関してもスムースより圧倒的に入れやすくなるはずですし……。











YukinoshitaYukinoC881.jpgYukinoshitaYukinoC882.jpgYuigahamaYuiC881.jpgYuigahamaYuiC882.jpg
YukinoshitaYukinoTBSC901.jpgYukinoshitaYukinoTBSC902.jpgYuigahamaYuiTBSC901.jpgYuigahamaYuiTBSC902.jpgIsshikiIrohaTBSC901.jpgIsshikiIrohaTBSC902.jpg
YukinoshitaYukinoC911.jpgYukinoshitaYukinoC912.jpgYuigahamaYuiC911.jpgYuigahamaYuiC912.jpg
YukinoshitaYukinoAnimaruC921.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpgYuigahamaYuiAnimaruC921.jpgYuigahamaYuiAnimaruC922.jpgIsshikiIrohaAnimaruC921.jpgIsshikiIrohaAnimaruC922.jpg


今回立体化されるのはこちらのラインナップ。
着物ver.の雪乃&結衣だけはお尻とお胸の立体プランが両方存在し、残りは全てお胸のみの立体化となります。
立体化といっても、お尻とお胸(S/M/L)のどちらかの立体クッションが付属するというだけですけどねー。



ただ、お尻のクッションもお胸のクッションもどちらも明らかに大きすぎ。
お尻のクッションはどうやら2つの楕円形の膨らみを繋げて最初から1つになっているようですが、
横28cmはいいとしても縦23cmというのがどう考えても大きすぎだよなーと。











YukinoshitaYukinoC912Hip.jpg


この図で言うとガーターの上端から下端(ストッキングのライン)くらいまでが膨らんでいることになりますが、
つまりは腰から太ももまで膨らんじゃうような感じです。
でも実際に膨らんでほしいのはパンツの上端から下端くらいまででしょう?

どうしてこうなった……。



まあ、フォルムを重視して背中から腰へと大きく曲がるあたりから膨らませて太ももの膨らみまでをカバーしようとしたか、
あるいはお尻から太もも全体の膨らみまでをカバーしようとしたかのどっちかなのでしょうが、

やはり太ももからお尻へと至る段差とやわらかさの差を無視してほしくはなかったなーと。



ここの部分の傾斜から谷間に顔を埋めるのがお尻立体抱き枕は最高なのに……。 ←変態現る。











YukinoshitaYukinoC881.jpgYuigahamaYuiC881.jpgYukinoshitaYukinoTBSC901.jpgYuigahamaYuiTBSC901.jpgIsshikiIrohaTBSC901.jpg
YukinoshitaYukinoC911.jpgYuigahamaYuiC911.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpgYuigahamaYuiAnimaruC922.jpgIsshikiIrohaAnimaruC922.jpg


次にお胸ですが、斜めを向いているやつは個人的に論外。

なので、この時点で着物ver.の完全体への夢は破れます。
まあ、着物雪乃んのウラ面は首捻りすぎで絵がいまいちですし着物結衣のウラ面はお尻の部分の作画が不自然だしやはりお尻が斜めなので、
いずれにせよ個人的には却下です。











YukinoshitaYukinoC881.jpgYuigahamaYuiC881.jpgYukinoshitaYukinoTBSC901.jpgIsshikiIrohaTBSC901.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpgYuigahamaYuiAnimaruC922.jpg


すなわち残る候補はこれだけ。
彼シャツ雪乃んの右腕は邪魔ですがまあ、とりあえず良しとしましょう。
過去に150サイズのものしかないやつの160サイズのトリミングがどうなるかはわかりませんが、

この白スク結衣のお胸の大きさくらいがSサイズとお考えください。
商品仕様にはSサイズのクッションは直径11cm高さ8cmとありますが実際には楕円形の物体であり、
横が11cmくらいになるようです。
で、縦がおそらく14cmくらい。
オークションなんかの写真を見て割り出しました。



つまりこの中で一番大きい白スク結衣のお胸でSサイズがちょうどなのですから、

MサイズやLサイズはおろか残りの抱き枕絵も全滅ということになります。
等身大よりも小さい抱き枕サイズでなおかつスク水に潰されている結衣のお胸の高さは8cmもあれば十分だと思われますが、

どうしてこうなった……。



や、こちらに関しては正直説明がつきません。
高さとやわらかさを両立しようと思ったら面積を大きくするしかなかったとかそんな理由かもしれませんが、

いずれにせよ駄目駄目。



まあ、それぞれ形も大きさも異なる抱き枕絵のお胸に定型胸を当てはめようということ自体が大雑把な話ですし、
それこそ大雑把にでもお胸を感じられればそれでいいという人向けの商品でしょうから、

私のようにリアリティを重視する面倒くさい2次元立体厨はスルーするのが吉です。
ただしクッション自体の出来はかなり良いようで、

マイクロファイバー綿ってやつがやわらかさと弾力とへたりにくさを兼ね備えた無敵の中綿なのだとか。
とはいえ近頃の新作抱き枕本体に使われているという話は聞きませんから、何か欠点があるのかもしれませんねー。











YukinoshitaYukinoAnimaruC931.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC932.jpgYuigahamaYuiAnimaruC931.jpgYuigahamaYuiAnimaruC932.jpgIsshikiIrohaAnimaruC931.jpgIsshikiIrohaAnimaruC932.jpg


しかしこうなると最新のエプロンver.の型にはめたような両面仕様は、
これがやりたかったからだということがはっきりとわかりますねぇ。
確かにこれでお尻が膨らんだら途端にこの制服エプロンも魅力的な抱き枕絵へと変貌しそうですが、
両方膨らませるのであればやはり表と裏で衣装を合わせてほしかったなーと。



でもなんで初売りはお胸の立体化だけだったんだろう。
それともお尻の立体化はスムースじゃいまいちってことになって、やっと今回2way化が決断されたのかな?

スムースじゃお尻がうまく割れなかったので2wayでケツ断みたいな……。 ←こら。

<2018年1月31日>


↑ページの一番上へ










『エロいかエロくないかはっきりさせることが大事』






えー、これまで俺ガイル抱き枕絵は全て田中雄一さんの作画なんじゃないかという体で話を進めてきましたが、
やっと実際に描いたアニメーターさんのtweetが私のアンテナに引っかかりまして、

少なくともTBS(アニまる)分は田中絵ではないということが判明しました。



や、実は最初からTBS版はちょっと絵柄が違うなとは思ってました、や、マジで。
ぶっちゃけ私が明確に全ての俺ガイル抱き枕絵=田中絵(多分)という体で話したのは実は前回(夏コミ)が初めてでして、

それも田中絵(多分)であるはずのティーゾーン版水着雪乃&結衣の出来をフォローしたくてそういうふうに思い込もうとしただけで、
半信半疑ではあったのです。
TBS版の絵師さんは不安定なところはあるものの非常にうまい人ですので、
ティーゾーン版水着雪乃&結衣のいまいちさを見たあとでは、

もうどっちも田中さん(多分)でいいやっていう……。 ←おい。



しかしそもそもティーゾーン版の水着正面背面仕様=田中仕様(多分)だと思ってしまったところに落とし穴があったんじゃないでしょうか。
その可能性に気づいたのは同仕様のリゼロレムを見たときです。
どう考えても田中さん(多分)がレムを描くはずがありませんから、
だとすればティーゾーンさんはあの田中さん(多分)が生み出した水着正面背面仕様を自社仕様としてしまい、
他の絵師さんにも同様の構図で発注しているのだろうという推論が成り立ちます。
となるともはや、水着雪乃&結衣はおろか水着いろはすですら田中絵(多分)であるという保証がない。 ←どっちにしても(多分)じゃん。



や、俺ガイルと美琴の抱き枕絵が同時に同じところから出てきた時点で、

その最初の戸塚と美琴が田中絵であることは間違いありません。 ←言い切った!
もちろん佐天さんも田中絵です。
圧倒的クオリティ。
昨年の冬コミのプレミアム版を買ってあるので、時間があればレビューします。
正直最初の制服いろはすも田中さんの絵にしか見えなかったのですが、どうやらあれはTBS版の絵師さんによるもののようで、
確かに線画の感じは違うかなーと。
そして水着いろはすですが、
やはり田中さんがあんなに首を捻るわけがなかったんです(多分)。 ←自信ないんじゃねぇか。
それ以外はめちゃめちゃうまいので田中絵だと思ってしまいそうになりますが、
スムース版を実際に買った人のお写真を見るとちょっとオモテ面の口の描き方が気になるんですよねー。

田中さんだったらあんなミスはしないはず……。 ←ハードル上げないであげてぇ!
水着雪乃&結衣はそもそも瞳の描き方が雑ですし、やはり違うんじゃないかなーと。



いずれにせよ水着いろはすをプレミアム化してくれたら買うとは言ってしまったもののやはり躊躇する部分があり、

何よりも160サイズ化した正式なトリミングのサンプルが出てなかったことに一抹の不安があったので、
水着いろはすとレムのしろもうふ版に関しては正式なサンプルが出てくるまで待ってみようと思ってました。
ただ、あまりにも売れてない様子でしたし、
なおかつ1次生産分の40枚は1月中旬発送予定のはずだったのが急遽在庫扱いになってしまいましたので、

これは買ってレビューしてあげないとと情にほだされたのが運の尽き。



とりあえずレムだけ買ってみたら、
150サイズの小人トリミングのまま下に余白が10cm足されておりました……。 ←おいふざけんな。



や、これまでの経緯から、
もはやティーゾーンさんは抱き枕絵の適正サイズのなんたるかをしっかりと理解していると思い込んでいたのですが、

もしそうなら150サイズの時点でレムにあんな余白作るわけないよねって今頃気づきました。 ←バカ。
私自身、適正サイズについてうるさく言うことに嫌気が差していましたし、
150サイズの時点で小人になるのは普通のことなのでそのときはろくに考えもせず、
プレミアム化したらちゃんと適正サイズで作ってくれるはずと勝手に決めつけちゃってたんですよねー。
そのときになってサンプルを見ればわかる話ですし……。



なので、レムのサンプルが150サイズのときのままだったことに一抹の不安を感じつつも、

まあ大丈夫だろうと楽観視したらこのざまです。
この期に及んで小人トリミングを掴まされることになるとは……。



水着いろはすに関しても、
もしここの記事を読んでくれたのであれば150サイズのときのままで上下に余白を足す感じにしてくれるはずですが、
現状出てる小人トリミングを見るともう不安しかありません。
それこそ値下げして現在受注されている智花&ひなたなんかも、
本当にプレミアム版のトリミングにしてくれるのか怖くてなりません。 ←こちらはさすがに大丈夫なようです。
まさかティーゾーンさんはグッズ製作自体もヲタカラーさんに一任することにしたんじゃあるまいな……。











YukinoshitaYukinoAnimaruC931.jpgYuigahamaYuiAnimaruC931.jpgIsshikiIrohaAnimaruC931.jpg


はい、愚痴終了。



というわけでまずはTBS版……というか、
それこそTBSさんはもはやグッズ展開を完全にアニまるさんに任せているような気がするので、

今後はアニまる版と呼ぶことにします。



というわけでまずはアニまる版のオモテ面から見てみましょう。
むしろこっちがウラ面といった感じですが、王道裸エプロンでございます。
この絵師さん、相変わらずお胸の描き方が雑ですねー。
表情にもこれまでのようなキレがありませんし、それこそこの絵師さんがこの3人を描くのに疲れているような印象……。











YukinoshitaYukinoAnimaruC932.jpgYuigahamaYuiAnimaruC932.jpgIsshikiIrohaAnimaruC932.jpg


これまでどおりにオモテ面の裸エプロンで動きをつけてエッチに描き、
ウラ面も素直に裸エプロンで背面絵を描けばそれだけでミッションコンプリートだったと思いますが、
これまでの雪乃&結衣がエッチすぎて水着姿じゃもう満足できないって言ったのを気にしたのかしら……。 ←お前のせいか。



制服エプロンの後ろ姿が可愛いっていうのは同意ですが、

せっかくの裸エプロンで背面絵をやらないなんてナンセンスにも程がある。
むしろ大正浪漫みたいなのじゃなくてこういう日常的な雰囲気を等身大タペストリーにしてくれたら買うのになーと。
それぞれの家のキッチンを背景に制服エプロン姿で振り返って微笑みかけてくれる等身大タペとか、
可愛すぎてやばいと思うんですけどねー。











HikigayaKomachiMS1.jpg


そして小町ですが、正直小町も家での日常的な雰囲気を抱き枕絵にしてほしかったところ。
リラックスしたジャージ姿の正面背面で自然な凹凸での色気を見せつつ、
じゃれ合っているような雰囲気が良かったんじゃないかなーと。
まあ正直、小町の人気がどの辺にあるのか私にはわからない(少なくとも性的には見られない)ので、
何も言う資格はありませんが……。











HikigayaKomachiMS2.jpg


や、でも、この水着姿を見てたらムラムラしてきた。 ←おい。
首は捻りすぎですが素晴らしい作画です。



んー。
これなら水着の正面背面仕様で良かったんじゃないかなーと。

家で水着の試着をしてお兄ちゃんを煽ったら本気になっちゃった、みたいな。



例えばオモテ面は「お前の体なんか見ても仕方ない」とか言って小町の水着姿をろくに見ようともしない(本当は恥ずかしい)お兄ちゃんに、

「じゃあ小町の体、1回抱いてみなよ。きっと気持ち良いから」
「き、気持ち良いっておま……!」
「小町だってもう女らしい丸みのある体になってるんだから。男と違って抱きしめたらきっと気持ち良いよ?」
「抱くってそういう……」
「ん?」
「あ、いや」
「ほら、1回だけ抱かせてあげる。お兄ちゃんだけ特別なんだからね?」

みたいな、恥ずかしいのを我慢して無理にドヤってるみたいな笑顔での水着正面絵だったら最高だったんじゃないでしょうか。



で、ウラ面は無言で小町のお尻に擦り付け始めるお兄ちゃん……。 ←「お、お兄ちゃん何をしてるの?!」



んー。
このウラ面だけでも欲しくなってきますが、エムズさんはなぜか150サイズ推しなんだよなぁ。
最初からプレミアムにしてくれたのはありがたいですが……。

<2017年12月28日>


↑ページの一番上へ










『いろはすのどこを立体化しろと……』






んー。
前回の苦渋のネガキャンでもやもやしていた私の気持ちに対して、
まさかここまですっきりさせてくれるアンサーが返ってくるとは……。



や、基本的にネガキャンはしたくないですし、
しかも水着雪乃ん&結衣の抱き枕化のみならずしろもうふ化までやってくださったティーゾーンさんに対しては、
ネガキャンどころか拍手喝采を送りたい気持ちでいっぱいだったわけです。
それこそ当ブログの新ルールに則って、

文章を書く暇がありませんでしたの体でスルーしようかとも思いましたが、 ←おい。
これまで熱く語ってきた俺ガイル抱き枕について書かないわけにはいきませんでした……。



ですが今回、TBS(アニまる)さんのほうからも雪乃ん&結衣とそしていろはすまでが出てきてしまったことで、

仮にティーゾーン版の雪乃ん&結衣が売れなかったとしても仕方ないよね的な流れが出来ましたし、
何よりTBS(アニまる)さんとバッティングすることはティーゾーンさんも承知の上で、
であればこその差別化としてのしろもうふだったのでしょうから、

売れなかったとしても自業自得まである。 ←ひどい!



ってまあ、このままじゃいつTBSさんが俺ガイル抱き枕に飽きるか見当もつきませんから、
TBSさんが3人娘を全員出してきたことで逆にバッティングを避ける必要がない今しかないっていうところもあったのかなーと。
もし今回TBSさんが雪乃ん&結衣だけをまた抱き枕化したのであれば、
ティーゾーンさんのほうは前回の水着いろはすをしろもうふ化することでお茶を濁したはずですから……。 ←マジで!



ちなみにしろもうふとはなんぞやって人もいるでしょうから説明しておきますと、

しろもうふはtoy-inkという会社のグッズ製造ブランドでございます。
現状、抱き枕カバーとタペストリーだけのブランドのようですが、つまりはライクトロンみたいな生地の名前ではありません。

そしてしろもうふが使っている抱き枕カバーの生地の名前が、白桜ということになります。
紛らわしいので当ブログでは白桜という生地名とtoy-inkという会社名のみを扱いたいと思っているのですが、

いろはすプレミアムみたいな感覚で雪乃んしろもうふもまあありかなーと。



ただ、毛布生地ではないということは強調しておかないと、知らない人は絶対に誤解する……。











YukinoshitaYukinoAnimaruC921.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpgYuigahamaYuiAnimaruC921.jpgYuigahamaYuiAnimaruC922.jpgIsshikiIrohaAnimaruC921.jpgIsshikiIrohaAnimaruC922.jpg


しかしそんな中、どうやら松本商事さんが新しい2way生地を開発してくださったようで(多分)、
今回のTBS(アニまる)さんからはしろもうふではなくプレミアムな3人が発売されます。

しかも今回はちゃんとポリウレタン入り。



や、ポリエステル100%の従来の2way生地も決して悪くはありませんでしたが、
ポリウレタン入りの各社の国産高級生地と同じ12,000円(税抜orイベント価格)というのには若干ボッタクリ感があったのも事実。
ですが、今回の生地で少なくとも従来の2way生地より良質になっているのであれば何も問題はないでしょう。
松本商事さんと完全にタッグを組んでいる中でしろもうふは使いにくいでしょうしねぇ……。



ちなみにそのプレミアムには150サイズと160サイズがありますが、
サンプルとして出ている画像は1種類のみでどうやらこちらのサンプル画像は160サイズのもののようです。
セイレンのほうも2サイズありますが、なぜかあちらのサンプルは150サイズのみ……。
なので、この上下の余白があき気味なサンプルは150サイズのサンプルに上下余白を足しただけのもの、
ということになると思われます。
ぶっちゃけやや小人なので左右の余白を削る方向でトリミングしてほしかったですが……。



あと、今回は従来のスムース150もあり、
そしてなぜかおっぱい仕様のスムース生地のほうにはやはり150サイズと160サイズが存在します。
まあ、当初のTBSさんのほうの企画はスムース150のみで、それ以外はアニまるさんの企画ということになるのでしょう。
実際、コミケで売られるのはスムース150のみとなっておりますので、
プレミアム一択な抱き枕erやおっぱい星人の方々は気兼ねなく現在受注中の通販を御活用ください。



しかしティーゾーンさんにも頭が上がりませんが、アニまるさんも素晴らしいですよねー。
160サイズの需要に応えつつもこれまでの150サイズを買ってきた人を裏切るわけにはいかないと両サイズ展開しちゃうわけですから、
本当に頭が下がります……。











YukinoshitaYukinoTZ1.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC922.jpg


はい、やっと本題に入れますが、まずはTBS版雪乃んのウラ面をティーゾーン版のオモテ面と比較してみましょう。

同じ正面笑顔ですが、彼シャツを着た雪乃んのほうには彼(ヒッキー)と一線を越えた喜びが、
その笑顔に見事に凝縮されております。

素晴らしい。



ただ、こうやって比べちゃうとやはり小人感が気になってしまい、
水着雪乃んの体の圧倒的に抱きやすそうなフォルムに思わず目が奪われて……。 ←どっちやねん。



ああでもこの事後の雪乃んを見ると、水着姿で朗らかに笑ってる雪乃んもしっくり来るようになりますねぇ。
やはり私の想像力が追いついていなかっただけなのか……。











YukinoshitaYukinoTZ2.jpgYukinoshitaYukinoAnimaruC921.jpg


そしてティーゾーン版ウラ面とTBS版オモテ面の比較ですが、

本当に田中さん(多分)には謝りたい。
そりゃこの格好で蔑む顔を描いちゃったら、水着姿なんてなんぼのもんじゃい……。
しかも髪の毛も全部前に持っていって、ちゃんと背中を露出するこの圧倒的なまでの気配り。
田中さん(多分)、キレッキレじゃねぇか……。



しかし、雪乃んと付き合えたらこんなセーターを着て蔑んでもらえるんですねー、胸熱。
そしてこれだけの関係になれれば、
お尻に何かを擦り付けられても怒らずにただ恥ずかしがるこんな雪乃んを見ることも出来るようになる……と。 ←何かってなんだ。











YuigahamaYuiTZ1.jpgYuigahamaYuiAnimaruC921.jpgYuigahamaYuiAnimaruC922.jpg


ただ、このTBS版結衣のオモテ面は頭身が高すぎる気がしますし、お胸の描き方も雑かなーと。

ウラ面は事後感の雪乃んに対して第2ラウンド感があって良いですけどねー。



んー。
これだったらティーゾーン版もワンチャンあるかなぁ……。











IsshikiIrohaAnimaruC921.jpgIsshikiIrohaAnimaruC922.jpg


あ、あれ?
最初見たときはエロさのインパクトが凄かったんですけど、よくよく見るといろはすもいまいちじゃね?
ウラ面は事後というよりこれからって感じなのでちょっと悶々としそうだし、
オモテ面は一枚絵としては完璧なエロ可愛さですが抱き枕として考えたら抱きにくい……。
横乳を無理に見せなくても露出の多い服なのですから、
左手は頭の上に回して脇見せしてくれていたら最高のペロペロ絵になったはず……。 ←命名いろはすキャンディ。



というわけで、エロさ的にTBS版は売れるは売れそうですが、抱き枕的には雪乃ん一択な感じ。
まあ、ティーゾーン版の結衣はやはり微妙なので、
TBS版のオモテ面の恥じらい笑顔を添い寝絵程度に考えてウラ面でハッスルするのもありかなーと。 ←ハッスル?
いろはすは表と裏でサイズが違うのも気になるし……。



こちらはスムース150サイズのみTBSアニメーション/アニまるっ!ブースにて販売で、3限。
立体クッション付きスムース150or160サイズとプレミアム(2way)150or160サイズはアニまる通販のみの販売でございます。
現在全種受注中。

<2017年7月24日>


↑ページの一番上へ










『苦渋のネガキャン』






いつ完売するかわかりませんが、
ヲタカラーさんでの先行受注開始直前に夏コミの雪乃と結衣の在庫通販が来てしまったので、
ついでにプレビューをしたいと思います。
プレビューというかまあ、すでにひっそりと中野ブロードウェイの店舗で50枚ずつ先行販売されているわけですが、
ひっそりしすぎたためにどうやら売れ行きが芳しくないようで……。



まあ、言っても50枚を店頭販売した残りですからどれくらいもつかわかりませんし、
皆さんがこの文章を読んでいる頃にはもう売り切れているかもしれませんが、
とりあえず先行受注よりもひと月早く手に入るチャンスということでございます。











YukinoshitaYukinoTZ1.jpgYukinoshitaYukinoTZ2.jpgYuigahamaYuiTZ1.jpgYuigahamaYuiTZ2.jpg


とはいえ、今回のふたりは正直いまいちかなーと。
確かにこのふたりを水着仕様で抱き枕化してほしいと私も言ってしまいましたが、

これまであれだけエロい抱き枕絵を描いてこられたふたりが今更これでは売れん。 ←おいふざけんな!











YukinoshitaYukinoTZ1.jpg


つまりは健康的な水着姿でありながら、
なおも恋人同士でいちゃついているようなエロさがにじみ出た絵柄にしなければならなかったんじゃないかなーと。



この雪乃んのオモテ面は抱き枕絵初の笑顔でしかも作中ですら見たことないような朗らかな笑顔であるというところに、

恋人感を出そうという意図は伝わってくるんです。
ですがいくら恋人同士であっても、
水着姿で彼氏といちゃついてこんな朗らかに笑う雪乃んは想像できない。
まして貧乳コンプレックス(?)な雪乃んが、
真正面から体をペロペロされて余裕の笑みを浮かべるというのはないんじゃないでしょうか……。 ←偏見です!











YukinoshitaYukinoTZ2.jpg


正直、顔の表情は表と裏で逆にするべきだったと思います。
しかもこっちはこっちでやはり表情が雪乃んらしくないと言いますか……。
まあ、ここまで恥じらい困り顔の雪乃んを延々と描き続けてきたわけですから、
そろそろちょっと違う表情を描いてもいいだろうということだったのかもしれませんが、

であれば蔑(さげす)むような方向性とかで描いてほしかった……。











YuigahamaYuiTZ1.jpg


結衣のほうもとりあえず恋人感溢れる笑顔にしてみましたって感じなんですけど、
中途半端に口を開けてしまったせいで作画解像度の低さが目立ってしまっているのがまず残念。
あと、結衣ってここまでの抱き枕絵もそうでしたがもっと表情豊かな女の子なので、
恋人感溢れる穏やかな笑顔にするにしてももっと目を細めたりしてくれないとなんか結衣っぽくないというか、

嘘くささまである。











YuigahamaYuiTZ2.jpg


こちらも横乳を見せようとしたせいか体が起き上がりすぎてるので、
寝てる間にお尻に何かが擦り付けられてぎょっとするこの表情がしっくり来ません……。 ←どんな表情だよ。
むしろ何に驚いているの? っていう、ちょっと間の抜けた絵になっちゃってると思います。











YuigahamaYuiTBSC902.jpgYuigahamaYuiTZ2.jpg


同じようなポーズでも、こちらのバニーのときの表情やむっちり感は最高でしたが……。
まあ、総じて言えることは、
雪乃んと結衣の抱き枕絵を描くことにもう田中さん(多分)が疲れているということなんじゃないでしょうか。
前回の着物ver.の時点でちょっと雑な感じはありましたから、
やはり水着ver.はやめておくべきだったのでしょう……。 ←どの口がそんなことを言う。



ほ、ほら。
次はとあるシリーズの水着抱き枕化をシリーズ化するってのはどうでしょう。

それなら田中さん(多分)のモチベーションもまた上がるでしょうし、私も結構買うよ? ←美琴をスルーしたくせに。



あ、でも、今回ティーゾーンさんがふたりを抱き枕化したってことは、
TBS(アニまる)さんのほうはふたりの抱き枕化からはさすがにもう手を引くってことでしょうし、
スムース生地のままでおっぱいを膨らまそうとしたアニまるさんが今更ふたりを2way化することもないでしょうから、

ふたりのファンの人は買っておいたほうがいいんじゃない? ←白々しい。



美琴や佐天さんやいろはすならともかく、
雪乃んと結衣に関してはどうしても仮想の恋人というよりヒッキーを相手としてイメージしてしまうのでエモーショナルな絵柄を求めてしまいますが、
そのイメージから離れて純粋にふたりを愛でられる人であれば今回の絵柄でも問題はないんじゃないでしょうか。
いろはす一推しな私からすれば結局、雪乃んと結衣の抱き枕絵に求めるのは実際に抱いてどうかということより、
購買意欲をそそられるかどうかなので……。



ヲタカラーブースにて販売。

<2017年7月19日>


↑ページの一番上へ










『雪乃&結衣ハーレムルートへの対抗馬擁立抱き枕』






予想どおりTBS(アニまる)さんのほうから雪乃ん&結衣が出てきましたが、まさかの戸塚2枚目。
安牌の雪乃ん&結衣をひたすら抱き枕化し続けるようなTBSさんが戸塚に手を出したことは意外でしたがどうやらそうではなく、

実際には俺ガイル2期を制作したfeel.さん自らの企画のようです。
それでもまあ、150サイズでスムースニットというところは同じですから、おそらく製造も同じ松本商事なのでしょう。



しかしふと気がつくと今回TBS系列で抱き枕化される俺ガイルやろこどるやこの美は、全部feel.さん制作アニメなんですねー。
TBS作品が多いというのはもちろんですが、抱き枕絵の仕事も積極的に受けてくれるアニメスタジオさんってことなんでしょうか。



アウトブレイク・カンパニーと人生の抱き枕化もお願いします……。 ←ん?











TotsukaSaikaC911.jpgTotsukaSaikaC912.jpg


まずその戸塚ですが、こちらのサンプルはまだ未トリミング。
ですがまあ、今回の雪乃ん&結衣に合わせるような形にはなるんじゃないでしょうか。

1枚目の戸塚は妄想っぽかったですが、こちらは非常に具体的な絵柄になっているので、
実際にありうる世界線の戸塚だと思われます。



まずオモテ面ですが、一見いろはすの制服に見えます。

ですが、戸塚がいろはすの制服を着る意味がわかりません。
ではウラ面はどうでしょう。
オモテ面は冬服ですが、ウラ面は夏服になっております。
つまりオモテ面は別にいろはすの制服ではなく、
単に女子制服を夏冬両面で着ている戸塚を描いただけと解釈するのが自然なのではないでしょうか。











IsshikiIrohaC891.jpgTotsukaSaikaC911.jpgTotsukaSaikaC912.jpg


しかしそうなるとこの全く同じ色のカーディガンが学校指定のものということになってしまうので、
さすがにそれは考えづらい……って、今気づきましたがこのいろはすのスカート、プリーツが多いですねぇ。
正しい設定は戸塚のほうなんですけど、可愛くしようと意図的に盛ったのでしょうか……。











YukinoshitaYukinoSleeve.jpgIsshikiIrohaSleeve.jpg


ちなみに雪乃んのカーディガンはこんな感じ。
カラバリのある学校指定という可能性もなくはないですが、

やはり普通に考えればあれはいろはすの制服そのものなのでしょう。











TotsukaSaikaC911.jpgTotsukaSaikaC912.jpg


そもそも、冬服のほうがハイソなのに夏服のほうがニーソっておかしいでしょ?
といって主要メンバーの中にこんなニーソを履いているキャラはいません。

となれば、アニメには出てきてないいろはすの夏服姿が実はこだわりのニーソという可能性しかないわけですよ。
つまり冬はあざとピンクなカーディガンで己をアピールし、
夏は上半身がシンプルな分、ニーソにすることで周囲の目を惹こうということなのでしょう。
結衣なんかはおそらく胸を目立たせないように夏はベストを着て、
冬は逆にジャケットとシャツの間に何も着ないことでボリュームを抑えているのでしょうが、

いろはすは暑がりなので(多分)夏にニーソくらいなら我慢できるけどベストは無理ってことなんだと思われます。



ではなぜ戸塚がいろはすの制服を着ているのか。
これはやはりヒッキーといろはすが恋人同士になった世界線の話なのでしょう。
ヒッキーを通じて戸塚とも接点を持つようになったいろはすが戸塚のことをものすごく気に入ってしまい、

何かというと「戸塚先輩も誘いましょうよ」と言って3人で遊ぶことが多くなるわけです。
そんなある日、3人でいろはすの部屋を訪れたときにその事件は起こりました。

「戸塚先輩、私の制服着てみません?」

戸塚は嫌がりますが、「お、いいんじゃね? 似合うぞきっと」とヒッキーに言われ、渋々着ることに。
しかしそのあまりの可愛さにいろはすが発狂して自分のベッドに戸塚を押し倒し、
「本当はこの中、女の子なんじゃないですかぁ?」と脱がし始めます。
これにはさすがのヒッキーも目をそらしながら「おい一色、やめろって(いいぞもっとやれ)」と弱々しい声で諌めますが、
「ほら先輩、見てくださいよぉ。戸塚先輩めちゃめちゃ可愛いですよ?」という小悪魔の囁きには逆らえず、
思わず戸塚のほうをガン見してしまいます。
するとそんなヒッキーを横目に見ながら、戸塚は恥ずかしそうにこう言うのです。











TotsukaSaikaC91UP.jpg


「そんなに見ちゃ嫌だよ八幡……」



こうして、戸塚に自分の服を着せて陵辱するいろはすとそんな戸塚に興奮しながらいろはすの体に己の欲望をぶつけるヒッキーという、

歪な3ピー構造は生まれたのでした……。 ←そのピー音意味ないよね!
そしてウラ面はついにヒッキーが1対1で戸塚に手を出すある夏の日のことを描いた1枚ですが、

あとは皆さんの御想像にお任せします……。 ←おいここまで煽って逃げるのか!











YukinoshitaYukinoC911.jpgYuigahamaYuiC911.jpg


T・ZONEいろはす同様に水着正面背面仕様で来るかと思いましたが、

これまでで一番エロい雪乃ん&結衣来たー!











YuigahamaYuiC911.jpgHikigayaHachimanTZ1.jpgYukinoshitaYukinoC911.jpg


ふたりとも体が斜め向きなので、こんなふうに左右に置いてハーレム添い寝な感じが良いんじゃないでしょうか。
「ほら、雪乃んも脱がないと、ヒッキー振り向いてくれないよ?」とか結衣に言われて慌てて脱ごうとしている雪乃んって感じ。

いいっすなぁ。 ←ものすごい感情がこもってる!











YukinoshitaYukinoC912.jpgYuigahamaYuiC912.jpg


ウラ面はまた違うシチュエーションで下着背面でございます。

T・ZONEいろはすも首ひねりすぎでしたが、この雪乃んもあかん。
恥じらってかたくなってる雪乃んの気持ちが絵師さんに乗り移ってるようなぎこちない絵になってますねぇ、なんか。
それに対して結衣のほうは完璧な作画ですが、肘の位置が思い切り真正面なのはいただけません。
横乳を見せるのは良いんですけど、ここに肘があると横乳までに距離があるように感じられて、あまりありがたくはないかなーと。











YuigahamaYuiC882.jpgYuigahamaYuiTBSC902.jpgYuigahamaYuiC912.jpg


過去2回は全く同じ構図でしたが素晴らしかっただけに、今回はちょっと残念ですねー。











YukinoshitaYukinoC91UP.jpg
YuigahamaYuiC91UP.jpg


今回の結衣の背面絵は表情もちょっと冴えませんし、
雪乃んのオモテ面は相変わらず胸盛りすぎ……というかちょっと描き方が雑。
ハーレム姫始めな雰囲気は最高ですが、過去のやつに比べたらそのためにふたりとも揃えるほどの出来ではないでしょうか。
もし今後2way化していただけるなら、個人的には前回のバニーのやつがふたりともいいかなーと。



3人とも現在先行受注中です。
TBSアニメーション/アニまるっ!ブースにて販売。
3限。

<2016年12月23日>


↑ページの一番上へ










『プリケツプレミアム』






サンプルが未トリミング状態なので本当はまだ紹介したくないのですが、
すでに受注が始まっていますし急を要する案件でもあるので致し方ありません。

 ↑正式なトリミングの大きいサンプルが出てきましたので、トップの画像を差し替えました。



というわけでヒッキーと新作いろはすが出てきましたが、

急を要する案件であるところのなるはやお届け枠(1月5日から発送)のヒッキー20枚はすでに売れてしまいましたので、
ヒッキーに関しては以降の注文は2月上旬から中旬のお届けでございます。

一方のいろはすはなるはやお届け枠が50枚なのでまだ大丈夫ですが、ヒッキーの次に売れているようなので御注意ください。



とはいえ、いろはすに関してはほとんどの人は次回のプレミアム待ちですから、
そう簡単には50枚もはけないでしょうけどねー。



今からプレミアム版も作っていいのよ? ←こら。











MisakaMikotoC891.jpgMisakaMikotoC892.jpgIsshikiIrohaC91Fos1.jpgIsshikiIrohaC91Fos2.jpg


とりあえず美琴プレミアム(150サイズ)を参考にトリミングしてみました。
まあ、おそらくこんな感じになるんじゃないかなーと。
適正サイズには少し足りませんが、この上下の余白のまま160サイズにすればばっちり。



しかし見事なまでに美琴に似せてきましたねぇ。

良いものは良いんだし同じでいいじゃないという、清々しいほどの開き直り。
下手にひねろうとして迷走するより、はるかに素晴らしいアイディアです。
とはいえ、やはり抱き枕絵に行き詰まって若干投げやりになった部分は否めないんじゃないかなーという気はします。

絵柄はひねってませんが、ウラ面の首はひねりすぎなので……。 ←誰がうまいことを。











MisakaMikotoC892.jpgSatenRuikoAJ20162.jpgIsshikiIrohaTBSC902.jpgIsshikiIrohaC91Fos2.jpg


今回は水着の紐が大きすぎて背中を隠しちゃっているのはマイナスですが、
前回のいろはすに比べて頭身は完璧だしお尻は黒ストプリケツをも凌駕する最高のプリケツ。
このお尻はやばい……。



とにかく顔から何から作画的にも最高クオリティですが、首のひねりすぎはあかん。
そりゃ厳密に言えばこの美琴も佐天さんもひねりすぎでしょうが、今回のいろはすほどひねったらさすがに違和感があります。
まさか田中さん(多分)、
どこまでひねっても大丈夫かチキンレースでもやってるんじゃあるまいな……。 ←何そのチキンレース。











HikigayaHachimanC91Fos1.jpgHikigayaHachimanC91Fos2.jpgIsshikiIrohaC91Fos1.jpgIsshikiIrohaC91Fos2.jpg


ヒッキーもトリミングしてみましたがまあ、こんな感じでしょうか。
やはり150サイズじゃ男は小人になってしまいますし、160サイズにしても同様です。
男抱き枕は急激に増えてきてるわけですから、早めに誰かが音頭を取って180サイズで統一すべきじゃないかなーと。

ムービックは言うこと聞かないでしょうが……。 ←おいふざけんな。



とはいえ、このいろはすプレミアムが出たらやっぱ買います。 ←結局買うんかい。
この水着の正面背面仕様はすごい好きなんですよねー、過不足ないって感じで。

水着の女の子とベッドでイチャイチャってかなり高度な恋人感があると思いますが、
前回のいろはすプレミアムを抱き慣れたところで抱くにはちょうど良い絵柄なんじゃないかなーと。
雪乃んと結衣でもやってほしいところですが、
TBSさんはプレミアム化してくれないのでそっちでは描かないでくださいね? ←知らんがな。



でも今回、またT・ZONEさんがいろはすだけを抱き枕化したということは、

またもやTBSが雪乃んと結衣を抱き枕化する可能性……。 ←おいふざけんな。
T・ZONE&MF合同ブースにて販売。

<2016年12月4日>


↑ページの一番上へ










『いろはすプレミアムレビュー』






いろはすプレミアムの在庫がwotacolorさんに出てきましたので、レビューをしたいと思います。
他にも夏コミ受注品の在庫が出てきてますので、気になるものがある人は合わせてチェックしてください。











IsshikiIrohaReview02.jpg


パッケージはA&Jとほぼ同じ大きさで、ほんの少しだけ縦長でした。
スムース版もほぼ同じ見た目なので区別がつきませんが……。
しかも裏のシールにちゃんとプレミアムと書いてはありますが、サイズのほうが150×50になってます。
ですが実測は縦157cmくらいありましたので160×50という前情報に間違いはありません。

御安心めされい。











IsshikiIrohaTZONEC901.jpgIsshikiIrohaReview27.jpg


まずはオモテ面。
全体的に色が濃くなってますが、リアルな存在感を求められる抱き枕絵としてはこれくらいでちょうど良いかもしれません。
元のサンプルより縫製部分が削られて、更に余白がなくなっております……。











IsshikiIrohaReview03.jpg


中身を入れて真上から見るとこんな感じ。

頭上余白がないということはこういうことです。











IsshikiIrohaReview04.jpg


足元から見たらもうこんなん。











IsshikiIrohaReview06.jpg


そもそもこの絵の外側に余分に描かれている部分(シーツ)がなければ余白をあけたくてもあけられないというのが現実なわけですが、

この程度のシーツのパターンくらいならT・ZONEさんのほうでちょちょいと描き足せばいいんやで? ←無茶を言いますね!











IsshikiIrohaReview05.jpg


まあ2次元の場合、多少見た目におかしなところがあってもそんなに気にならないのでこれくらいは別に良いのですが、
問題はやはり体のほうから見たときに目が合いにくくなっちゃうところでしょう。











IsshikiIrohaReview07.jpg


元絵は真正面を見ていますが、中身を入れると目線が斜め上になってしまいます。
逆に言えば懐に抱くようにすると簡単に目は合うし頭撫で撫でもしやすいわけですけどねー。











IsshikiIrohaReview09.jpg


こちらの生地は松本商事(エムズ)さんのところの2wayトリコット(ポリエステル100%)です。
カバーの内側に品質表示タグが縫い付けられておりまして、
そこにしっかりとポリエステル100%と書かれておりますので間違いないのでしょう。
おそ松さんのところにも少し書きましたが、
トリコット編みというのは本来1wayでありしかも編み目の細かさを重視しているがゆえに伸縮性には劣るものだそうで、
弾性ポリウレタンを混ぜることで初めて2way&大きな伸縮性を得られるようです。
なので2wayは2wayでもトリコットではないのかもしれないと思いましたが、よくよく調べてみたらなんのことはありませんでした。

弾性ポリウレタンを混ぜるよりも安価な伸縮性のあるポリエステル糸というものが存在するそうです。
もちろんポリウレタンを混ぜるよりも伸縮性は弱いということで、

こちらの2wayトリコットも伸縮性はいまいち。











IsshikiIrohaReview10.jpg


表面は滑らかでしっとりとしており、ぶっちゃけライクプラチナムなんかより良質です。
ですが、中身を入れない状態で触ると本当にしっとりしていますが、中身を入れると落ちる感じ。
2wayトリコットにしてはかなり薄手の生地なので、
中身を入れて伸ばされることによって編み目の粗さが顔を出してくるのかなーと。
それでもライクプラチナムよりはマシですが……。











IsshikiIrohaReview08.jpg


ただ、このレビューを書くために昨晩このいろはすを抱いて寝ようと思っていたのですが、

うっかり忘れて巫女円佳ちゃん(AJライクラ)を抱いてしまったんですよ。 ←巫女円佳ちゃん?
下級生繋がりでもないでしょうが、いろはすのことを完全に忘れてて久しぶりに円佳ちゃんをセットしてしまったわけです。
で、そのまま気持ちよく眠りにつこうとした刹那、このいろはすのことを思い出しまして、
慌ててセットし直して「ごめんねいろはす」とか言いながらほっぺにキスをしたら……あ、あれ?

いろはすの肌、パッサパサじゃん。











IsshikiIrohaReview11.jpg


や、初めて抱いた何日かは確かにしっとりしてると感じていたのですが、

円佳ちゃんを抱いた直後に久しぶりに抱いたらもうパッサパサ。
で、AJライクラと比べたらこんなに違うものか……と気落ちしてそのまま寝落ちしてしまい、

翌朝目覚めておはようのキスをしたら、あらしっとり。



ひと晩寝て起きたら女の子の肌も違ってくるものなのね……などという冗談はともかく、
つまり毎晩違う女の子を取っ替え引っ替えしている私の感覚だと一度リセットしてしまえばしっとりと感じるレベルだけれど、

直接比べたらA&Jの足元にも及ばないレベルだということがわかりました。











IsshikiIrohaReview12.jpg


それに円佳ちゃんのお胸は巫女服の上からでもやわらかかったんですけど、このいろはすのお胸は直接でもかたい。
ライクプラチナムのレムのお胸はやはりかたいのですが、伸縮性自体はあるので力を入れればぷにっと沈み込むんです。
ですが、このいろはすのお胸は力を入れてもそれ以上伸びずに周囲の布を巻き込むように沈んでしまうので、

全くお胸感がないんですよねー。



そりゃ円佳ちゃんやレムに比べたら当たり前かもしれませんが……。 ←こら。











IsshikiIrohaReview13.jpg


というわけで、総合的に見たらライクプラチナムとどっこいどっこいくらいでしょうか。

国産高級2wayトリコットのランクをABCで分けたらやはりCランクになってしまうかなーと。
それでも一般的なスムースニットよりははるかにマシですけどねー。











IsshikiIrohaTZONEC902.jpgIsshikiIrohaReview26.jpg


そしてウラ面。
こちらは添い寝柄ですが、角度的には隣りに座って見下ろしているくらいの感覚なので、
上から見下ろした抱き枕絵とそんなには変わりません。
左置きでも右置きでも問題ない感じ。











IsshikiIrohaReview14.jpg


ぶっちゃけ添い寝風に立てて撮影してもしっくり来ないので、普通に寝かせて撮影いたしました。
こちらの絵柄も頭は地平線の向こうでございます……。











IsshikiIrohaReview15.jpg


こうやって左斜めから眺めるのが自然でしょうか。











IsshikiIrohaReview16.jpg


これでほぼ真上やや左寄りからのアングルでございます。











IsshikiIrohaReview17.jpg


頭の上のほうから。
やはりこれくらいのアングルが一番しっかりと目が合います。











IsshikiIrohaReview19.jpg


爪は良い感じのピンク。











IsshikiIrohaReview20.jpg


レースには手描き感があります。











IsshikiIrohaReview21.jpg


この片乳を寄せて誘惑してくる感じがたまりません。











IsshikiIrohaReview22.jpg


このくいっと持ち上がった右肩がまたチャーミングなんですよねー。

唇と肩のどっちをペロペロしたいか迫られてる感じ……。 ←そんな選択肢が!











IsshikiIrohaReview23.jpg


じゃあ私は耳を。 ←ツンデレ!











IsshikiIrohaReview18.jpg


色仕掛けしてくる下級生とか最高ですわ。
しかも自他ともに認める美少女とか、まさに理想的。











IsshikiIrohaReview24.jpg


「本当に俺なんかでいいの?」
「んー。良くはないですけど、先輩で我慢してあげます」




とか、言われてー。 ←どんなマゾだよ。

<2016年11月17日>


↑ページの一番上へ










『いろはすプレミアム』






うわー。
TBSさん、2way再販どころかどんどんスムースで新作出しおる。
2wayだったら全部買いたくなっちゃうからスムースで助かったと言うべきかもしれませんが……。



しかし我らがT・ZONEさんは見事にやり遂げてくださいました。

いろは2way再販。



しかもなんと今回は160×50にサイズアップということで、
どうやら今後2way生地の商品に関しては160サイズで行っていただける御様子。

うむ、これは今回の夏コミ、暴動確実だわ。 ←ないない。











IsshikiIrohaC891.jpgIsshikiIrohaTZONEC901.jpg


って、あ、あれ?
サイズアップしたのはありがたいのですが、余白がそのままやん。
や、今回のいろはすでも適正サイズ内ではありますが、
前回のいろはすのままで余白を上下に足してもらえるとありがたかったのですが……あ、あれ?
ちなみに下に少しだけ余白を入れて、残りの余白を上に全振りしてもらえたら最高だったのですが、これだとやや難ありです。

 ↑これ、よく考えたら余白を足したくてもその分の絵(シーツの柄)が外側になければ無理なんですよねー。
 なので、160サイズにしてもらえたことだけでここは感謝しておくべきでした。
 失礼しました……。












IsshikiIrohaC892.jpgIsshikiIrohaTZONEC902.jpg


や、150サイズなら良くてなんで160サイズだと駄目なんだと思われるかもしれませんが、
少なくともこのいろはすの場合は150サイズでこれだけ余白を攻めたことで適正サイズをすでに得られているわけですから、
160サイズでは頭上余白を優先してほしいということです。



まあ、個人的には常に優先順位は適正サイズ>頭上余白であり、
仮に160サイズであっても小人になってしまうのであれば余白は削るべきだと考えますが、
頭上余白のほうがひと目で判断しやすいためにそちらを重視する人のほうが多いのも事実です。
確かに頭上余白が足りないと、
抱き枕本体の傾斜に頭がとらわれ本来正面を見ているはずの目線が斜め上に行っちゃったりして見映えが悪くなりますが、
逆に相手を懐に抱え込んで頭の上から見下ろしたいような人には好評だったりするので、
個人的には適正サイズのほうに強くこだわりたいところ。



<追記>
って、そもそも適正サイズってどれくらいなのよっていうのが人によって違うのにこんなことを主張しても意味がありませんか。
頭の大きさを基準にするというのは大体抱き枕erの間でコンセンサスは取れてると思いますが、
結局描き方によって実際のサイズ感は違ってくるので頭の縦の長さが23~24cmとかいうのもあくまで指標でしかないんですよねー。
なので、やはり頭上余白を最低5cmはキープするみたいなより確実な基準を優先しておくに越したことはないかもしれません。
まあ、それも実際に大事なのは上端から目までの間隔なんだとは思いますが……。













IsshikiIrohaTBSC901.jpgIsshikiIrohaTBSC902.jpg


でも正直、今回のこれには参りました。
前回のいろはすも素晴らしかったですが、抱き枕的に見れば今回のほうがなお良し。
真正面に構えたオモテ面は抱きしめても添い寝しても違和感のない恋人っぽさ満点のはにかみ笑顔のランジェリー姿だし、

背面に構えたウラ面はとにかく背中が美しすぎ。
ややポーズが不自然と言いますか、
かなり力のいるポーズだと思われるのでバニーガール姿で撮影でもしているのかもしれませんねー。

文句を言っているようないろはすのお顔が可愛すぎ。



いろはすのこんなに美しい背中と黒ストプリケツに頬ずりできたら、昇天してまう。 ←黒ストプリケツ?











IsshikiIrohaTZONEC901.jpgIsshikiIrohaTZONEC902.jpgIsshikiIrohaTBSC901.jpgIsshikiIrohaTBSC902.jpg


ちょっと今回のいろはすは頭身が低すぎるようですけどねー。
あるいは150×50に収めるためにわざとそうしたのかもしれませんが、これで頭のサイズ的には適正でございます……。











YukinoshitaYukinoTBSC901.jpgYukinoshitaYukinoTBSC902.jpg


そしてこの雪乃んがまた可愛すぎ。
なんなのこのクオリティ……。

ウラ面はさすがに盛りすぎなので雪乃んファンは許せないかもしれませんけどねー。











YukinoshitaYukinoC881.jpgYukinoshitaYukinoC882.jpgYukinoshitaYukinoTBSC901.jpgYukinoshitaYukinoTBSC902.jpg


表情もポージングもわりと最初のやつと同じですが、それでもどちらも欲しくなるレベル。

うむ、素晴らしき安定感。











YuigahamaYuiTBSC901.jpgYuigahamaYuiTBSC902.jpg


と思ったら一方では結衣にこんな攻めの表情をさせるんだからすごいですよねー。
オモテ面のこんな結衣のお顔はアニメで見たことないと思いますが、
これから初エッチをしようかという雰囲気になったときに固まってしまったヒッキーを見かねて、
互いの緊張を和らげるためにわざと余裕のあるふりをしてみせているところでしょうか。

「素直になんなよ。おっぱい触りたいんでしょ、ヒッキー?」

と、煽るように誘惑している感じ?



で、いざ興奮したヒッキーにお胸をもみくちゃにされたら泣き出しちゃって、

「す、すまん。痛かったか?」
「ち、違う、痛くはないよ? でもなんでだろうね。あたしもすごく緊張してて、
せっかくヒッキーが興奮してくれてるのにそれでもなんか緊張が収まらなくて、いっぱいいっぱいになっちゃった」
「あ(察し)……や、す、すまん」


みたいなやり取りをするわけです。
ほんと、結衣は頑張り屋さんなんだから……。 ←誰あんた。











YuigahamaYuiC881.jpgYuigahamaYuiC882.jpgYuigahamaYuiTBSC901.jpgYuigahamaYuiTBSC902.jpg


ウラ面はやはり最初のとほぼ同じですが、今回のは表情がめちゃ可愛いですよねー。
もう何度か抱かれて素直に恥ずかしがっている感じでしょうか。
ただ、御覧のようにサイズが小さくなっちゃってるのが残念。
オモテ面は適正サイズになります。











YukinoshitaYukinoTBSC901.jpgYukinoshitaYukinoTBSC902.jpgYuigahamaYuiTBSC901.jpgYuigahamaYuiTBSC902.jpgIsshikiIrohaTBSC901.jpgIsshikiIrohaTBSC902.jpg


しかしまあ、いろはすだけでなくやはりこの圧倒的なクオリティの雪乃んと結衣も2way生地で欲しいところですが、
なんとかならないものでしょうか。
頭身は気になりますがこのいろはすもぶっちゃけ欲しいし……。



これらは現在コミケ先行受注中。
いろはすプレミアムはT・ZONE&エムズファクトリー合同ブースにて販売(5限)、
バニーガールの3人はTBSアニメーション/アニまるっ!ブースにて販売(3限)。

<2016年7月25日>


↑ページの一番上へ










『もしくはいろはす小悪魔抱き枕カバー』






今回の戸塚と同様に2way再販されることになった御坂美琴に関しての昨日の記事ですが、
あまり好意的な書き方が出来なかった一番の原因はこれです。

いろはスムース。



や、いろはすのムースではなく、いろはの抱き枕カバーがスムース生地だって話です。 ←いろはすのムース?
これを2wayで出してくれていたら、
前回のスムース版の戸塚や美琴を買ってしまった御愁傷様なんかは無視して大絶賛していたことでしょう。 ←おい。



まあ、わざわざ新規絵を描き下ろしてもらって売れませんでしたじゃまずいので、
不確実な高値の2wayよりも確実な安値のスムースを選んだということでしょうが、
せめてスムース版と2way版を両方用意するとかしてほしかったなーと。
だってもしこれでまた次の夏コミでいろはすを2way再販しますとか言ったら、

さすがに暴動が起きますわ。 ←ないない。











IsshikiIrohaC891.jpgIsshikiIrohaC892.jpg


制服ブラ見せ(多分)&セクシー下着いろはすでございます。

サービスしすぎぃ!



しかし下着面を添い寝柄にすることで直接的なエロさを感じさせないようにしているところが実に巧みですねー。

これはまさしく匠の技。
しかも胸の谷間すら手で隠し、
なおかつその手の人差し指を口元に当ててこちらの心を見透かしているかのように微笑むこの表情……。
最初見たときは添い寝柄なんだからもっと雰囲気のある微笑みが良かったのに……とか思いましたけど、
要するにこれはそんな恋人的な添い寝絵じゃないってことなんですよ。

端的に言えば、手を出したら負け。



制服面も同じです。
なんらかの話の流れで、下着を見せてあげますといろはすが言い出したのでしょう。
例えば学校の帰り道で体調が悪いといろはすが言い出し、
家に送り届けたら誰もいなくてしばらく一緒にいてほしいと懇願される。
で、いろはすの部屋に上がることになるわけですが、ふと部屋を見渡すとブラが無造作に床に落ちていたりするわけです。
もちろんそのキョドった様子を敏感に察知したいろはすは、

「女の子の下着に興味ありますか?」

などと言い出し、おもむろにベッドに倒れ込みます。
そして「送ってもらったお礼に見せてあげますよ」と、制服を脱ぎだすわけですねー。



「ほら、こっちに来てくれないとちゃんと見えませんよ?」
「……や、ここで」
「体がだるいので申し訳ありませんがベッドの上まで見に来てください」
「……お、おぅ」
「あ、ブラだけですよ? 下は駄目ですからね?



っていう感じかなーと。

もちろん、手を出したら負け。
なので下着面のほうはやはり恋人同士とかではなく、
例えば仲間内の旅行に行った夜に女部屋がうるさくて寝られないからといって、
男一人の男部屋に潜り込んできたとかそんなシチュということになるでしょう。

で、「お触りは禁止ですからねっ」っていう。











YukinoshitaYukinoC881.jpgYuigahamaYuiC881.jpgIsshikiIrohaC891.jpg


しかし前回から比べると見事な進歩ですよねー。
見てください、このいろはすのギリギリの余白。
160サイズであればちょっと攻めすぎなトリミングですが、150サイズだとこれくらいは攻めて当然です。

まるでコスパのサンプルを見ているかのような模範的な150サイズのトリミング。



おかげで頭のサイズ的には見事に適正サイズになっております。
ちなみに設定身長は公表されてないようなのでわかりませんが、どうやら3人ともそんなには違わないっぽい感じ。











YukinoYuiC891.jpgYukinoYuiC892.jpgIsshikiIrohaC891.jpg


じゃあなんで今回のこのニコイチ雪乃&結衣はまた小人なのかって話ですが、
いろはすがT・ZONE売りで雪乃&結衣がTBS売りだからとしか言いようがありません。
TBSのアニメグッズは全てT・ZONEが製作委託されているのだと勝手に思っていましたが、あるいは違うのかもしれませんし、
単にT・ZONEの中の人がTBS分のものにはあえて口を出さなかったということかもしれません。
まあ、後者だとしたらちゃんと口を出していただきたいところですが、
TBS絡みでT・ZONEという会社が前回から前面に出てきて、
今回からTBSアニメーションのブース名に「アニまるっ!」が併記されるようになったということは、
完全に両者が分離しようとしているってことなのかもしれません。



なのでいずれにせよ前回の雪乃と結衣が今回の戸塚のように2way再販されることはないんじゃないかなーと。
もちろんこの雪乃&結衣も……。
逆にT・ZONEがTBSから完全に分離するのだとすれば、
今後は2way生地がT・ZONE抱き枕カバーの独自仕様になる可能性もあるわけですけどねー。











TotsukaSaikaC881.jpgTotsukaSaikaC882.jpgTotsukaSaikaC891.jpgTotsukaSaikaC892.jpg


最後に戸塚。
アニまるの受注ページには前回のサンプルがそのまま載せられていますが、他の画像は右のようになっておりまして、
もちろんこの右のやつが再販分の新しいトリミングということになるでしょう。

ええ、美琴と同じ生地&トリミング改善再販。
ウラ面の頭の位置はもっと下げるべきでしょうけどねー。



というわけで、前回の戸塚を買ってしまった皆さん、御愁傷様です。 ←こら!











TotsukaSaikaC891.jpgTotsukaSaikaC892.jpgIsshikiIrohaC891.jpgIsshikiIrohaC892.jpg


いろはすの手を出したら負け抱き枕カバーは2way化されたら買います。

出来れば前回の結衣も2way化してほしい……。 ←雪乃んは!



某オーガスト抱き枕カバーみたいなネーミングですが、つまりは負けでいいんです。 ←そりゃそうだ。
負けて恋仲になった状態だと考えても全く問題ない感じの抱き枕絵ですしねー。
実にいろはすらしい見事な抱き枕絵だと思います。

田中雄一さん天才。 ←多分。



雪乃&結衣は「TBSアニメーション/アニまるっ!」ブース(3限)、いろはと戸塚はエムズファクトリー&T・ZONEブース(5限)にて販売。
現在アニまるで2週間の先行受注中です。

<2015年12月6日>


↑ページの一番上へ










『キャラ推しというより絵師推し?』






アニまるでの先行予約が線画サンプルの段階で始まってしまい色がつく前に一人だけ即完売してしまった戸塚ですが、
アマガミのほうでも言いましたように戸塚だけが数量限定での先行予約で、

雪乃んと結衣は無制限の先行予約(8月7日まで)となるようです。



まあ、戸塚に関してはやはりT・ZONEの中の人の個人的な趣味で抱き枕化したということなのでしょう。
本来であればアニメOPのラストカットで部室の三人に途中から加わった、

一色いろは=メインヒロインが抱き枕化されるべきですからねー。



や、作品の流れ的には完全に雪乃んと結衣に絞られているような雰囲気ですが、
個人的にはいろはすと主人公が仲良くなっていく過程がすごく良かったので、出来ればあの二人にくっついてほしいなーと。
互いに異性を意識しなくてもいいような相手だからこそ逆に距離が一気に縮まっちゃったっていう、あの逆説的な関係。
もちろん主人公のほうはいろはすに対して全く恋愛感情はないでしょうし、いろはすのほうもまだ自覚はないようですけどねー。
ただ、いろはすが主人公に好意を持っているのは明らかですし、
雪乃んと結衣という二大美少女が主人公を取り合うような展開になっていくのであれば、
危機意識と自尊心の二つを刺激されていろはすが覚醒するのは間違いないでしょう。

互いに気を遣って腰が引け気味な雪乃んと結衣を押しのけてのいろはすエンドも、ワンチャンあるでこれ。 ←そう?



ってまあ、明らかに主人公が年上好きなのが一番の障害なんですけどねー。
いろはすはもちろんのこと、子供っぽい結衣も基本的には眼中にないんだよなぁ……。











YukinoshitaYukinoC881.jpgYukinoshitaYukinoC882.jpg


や、ぶっちゃけ一番子供なのは雪乃んなんでしょうけど、年上好きとか年下好きとかってのは見た目や雰囲気が大事ですからねー。

年下好きの私は、いろはすの意外と真面目でしっかりしてるところに惚れましたし……。 ←知らんがな。



しかしそんな年下好きの私でも、この雪乃んはやばい。
ちょっと可愛すぎるでしょう。
個人的には白スクってところが素晴らしいと思います。
紺スクだと学校で着るやつをなんでベッドの上で……って感じになってしまいますが、

白スクであればコスプレとして処理できます。
もっと年上のキャラであれば紺スクもコスプレになるんですけどねー。



もちろん紺スクでも保健室シチュがありえますが、
それこそ溺れて保健室で寝てるみたいなシチュエーションで脱がしたりするのはありえないでしょう。
単に紺スクで寝そべってちょっと恥ずかしそうにしているくらいなら違和感はありませんが、それじゃ面白くないですしねー。

ちなみにロリキャラの場合は、紺スクでも悪戯シチュっぽいイメージになるので問題ありません。 ←聞いてません。



まあウラ面を見れば明らかですが、すでに恋仲になっているシチュエーションということになるでしょう。

致命的な露出はありませんが、完全なガチエロ絵。











YuigahamaYuiC881.jpgYuigahamaYuiC882.jpg


結衣も同様ですが、ウラ面は雪乃んとだいぶ雰囲気が違いますねー。
ここまで脱がされて、

「ヒッキーくすぐったいよ」

と笑う結衣の天真爛漫さは本当に愛おしい。
内心、恥ずかしくて仕方がないくせに……。



や、元々私は結衣推しですし、2期のキャラデザのおかげでその気持ちは本物になったと思っていたのですが、

若干キャラかぶりで上位互換ないろはすが出てきちゃったから……。 ←あんたに本物を語る資格はない。











TotsukaSaikaC881.jpgTotsukaSaikaC882.jpg


そして戸塚ですが、これはもう、主人公の妄想と考えるしかないでしょうねー。
もちろん設定外であればいくらでもシチュエーションは考えられますが、

彼女シチュとかいじめシチュとかを考えるのはこのキャラに限っては無粋でしょうから、
やはり主人公相手で妄想したいところです。
そうなると主人公の妄想としか考えられませんが……。











TotsukaSaikaC881UP.jpgTotsukaSaikaC88M2.jpg


先程のサンプルでは意味ありげにスパッツに文字がかかっていましたが、実際にはなんにもありません。
もっこりもない……?
それと、オモテ面の顔アップでございます。
とにかく、3種とも絵の出来は尋常じゃなく良いので、普通にキャラデザの人の作画ということになるでしょう。



……って、2期のキャラデザの田中雄一さんって、

とあるシリーズのキャラデザの人じゃん!



なるほど、だから美琴の抱き枕絵も一緒に頼んだってわけですかー、納得。
そうなるとエリオについても、本当はエリオじゃなくてラブライブを描いてほしかったとかだったりして……。











MisakaMikotoMS1.jpgYukinoshitaYukinoC881.jpgYuigahamaYuiC881.jpgTotsukaSaikaC881.jpg


150サイズであればもっと上下の余白を詰めたいところですが、単純に頭の大きさだけで言えば結衣は適正サイズになります。
もちろん他の3人も抱けないレベルではありませんが、
詰められる余白を詰めないで微妙なサイズというのはやはり気持ちの悪いものです。
それでもこれで2way生地だったら、このうちの半分以上は手に入れようと思ってしまいそうですが……。



戸塚はT・ZONE&MF合同ブースにて販売。
雪乃んと結衣は、まだ公式ページが出来てませんがアニメユニバーシティコープブースにて販売です。
雪乃んと結衣は3限。

<2015年8月5日>


↑ページの一番上へ


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.