×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【ゆずソフト】サノバウィッチ 抱き枕カバー

AyachiNeneGetchu1.jpgAyachiNeneGetchu2.jpg
InabaMeguruTrader1.jpgInabaMeguruTrader2.jpgTogakushiToukoGamers1.jpgTogakushiToukoGamers2.jpg


げっちゅ屋製作
PCゲーム「サノバウィッチ」(2015年2月27日発売)げっちゅ屋特典/販売価格9,480円(オリジナルA4アクリルパネル付)
生地:2wayトリコット
サイズ:160×50
綾地寧々
Gecthu.com 9,480円(送料:490円)


トレーダー製作
PCゲーム「サノバウィッチ」(2015年2月27日発売)トレーダー特典/販売価格9,504円(オリジナルアクリルスマホス
タンド付)
生地:ポリエステルスエード
サイズ:160×55(?)
因幡めぐる
トレーダー4号店PCゲーム館 9,504円(送料:525円)


ゲーマーズ製作
PCゲーム「サノバウィッチ」(2015年2月27日発売)ゲーマーズ特典/販売価格9,504円(オリジナルクリアファイル付)
生地:2wayトリコット(ポリエステル87%/ポリウレタン13%)【中国製】
サイズ:160×50
戸隠憧子
ゲーマーズオンラインショップ 9,504円(送料:412円)









『戸隠憧子特典抱き枕カバーぷちレビュー』







TogakushiToukoPetit1.jpg


まだ実際に抱いてないのですが、重要なことだけ御報告しておきます。
まず、特典戸隠先輩の生地は御覧のように、ポリエステル87%/ポリウレタン13%の中国製2wayでございました。

サキガケとかの従来の特典2wayと同じぺらい2way。



ただ、乾いた感じだったサキガケのやつよりはつるつるしっとりしている感じがします。
サキガケのやつは普通のファスナーでしたが、こちらはコンシール。

そして一枚生地の片側縫製でした。
げっちゅ屋綾地さんも片側縫製らしいので、ほぼ間違いなく同じ生地だと思われます。 ←珍しいので。
綾地さんのほうは品質表示タグがなく、しかももっと袋が大きいので普通なら別の生地と考えるべきでしょうが、
前作アイルノーツのときが同じだったことを思えばまあ、きっと同じ生地だろうなーと。 ←違う生地でした……。











AyachiNeneGetchu1.jpgTogakushiToukoGamers1.jpgArisakaMashiroGamers.jpgTobisawaMisaki1.jpg


そしてトリミングはこのサンプルどおりでした……。
ええ。
ぶっちゃけかなりの巨頭です。
ちなみにカバーのサイズは普通に160×50基準だと思われます。
おそらく個体差がありますが、私のやつは縦が長めでした。
あとトレーダーの因幡さんもTwitterの写真とか見る限り、
普通にサンプルどおりに160×50っぽい雰囲気なんですけど……。



しかし考えてみればフォーリズム真白も同じくらいの巨頭だったわけですが、
これさえなければこの抱き枕カバー欲しさにゲームを買っていただろうなーというくらい、めちゃ可愛い抱き枕絵でございました。
オリジナル絵師がまた抜けちゃった……とかで抱き枕的に心配になってフォーリズムは様子見してしまったのですが、
少なくともこの真白の抱き枕絵はめちゃ可愛かったです……って、そんな話はともかく。

つまり、ゲーマーズ担当に巨頭フェチ疑惑があるってことなんですよねー。
ちなみにこの綾地さんでも多少大きめ、一番右のフォーリズム鳶沢みさきでちょうど適正サイズでございます。



まあ、等身大を追求すれば自然と巨頭になるわけですが、ゆずの公式抱き枕ではちょっとありえないような失態でしょう。
とはいえ、Berry's宝交祐佳なんかも同じくらいの巨頭ですが私はちゃんと感情移入できましたし、
愛さえあれば超えられない壁ではないと思います。



ていうか今回改めて思いましたが、やはり平面の状態で見るとこれくらいの巨頭でもそんなに大きく感じないし、
むしろ適正な大きさのほうが小さく感じるくらいなんですよねー。
ゼロ距離で眺めると違いが出るのかとも思いましたが、どうもそういうことでもないようです。
ということはやはり、中身を入れることで立体感が出てより大きく感じるようになるかあるいは、
単純に中身を入れると生地が伸びるから……なのかもしれません。



ですから、実際に抱かずにタペストリーにしちゃっているような人には巨頭巨頭言う意味がわからないかもしれませんが、
これは実際に多くの抱き枕erが気になるところですので、そういうものだと思ってくださいませ……。










~追記~
一晩抱いてみましたが頭の大きさは気になりませんでした……。
まだゲームのほうは始めてないのですが、いきなりめちゃめちゃ感情移入できてしまったのでそのせいかもしれません。
私の中ではすでに、
小悪魔と見せかけて実は恥ずかしがりの純粋な女の子という設定が出来上がっちゃっていたので……。 ←勝手に。
あと、中の人の声がすごくイメージしやすかったのも良かったと思います。
何より絵が可愛すぎますしねー。



頭のサイズに関してはもしかすると、
毎日抱いていた娘から急に大きい娘に変わることで殊更大きいと感じてしまうような錯覚も考えられるかもしれません。
某ドールの巨頭論争も大部分は、サイズの違う娘を並べて飾ると違和感があるとかそういう話ですしねー。
もちろん、頭身的に違和感があるという場合もあるでしょうが……。



ちなみに抱き心地は個人的には良好。
げっちゅ屋スムースをやわらかくしたような感じかなーと。
2way生地としてはかためですが、ぺらいのでゴワゴワした感じはありません。


<2015年3月1日>


↑ページの一番上へ










『素晴らしき等身大の生活』






うへぇ。
今月はやばいっす。
先月はたしか体験版をやってみようとなったのが2つくらいしかなくて、結局抱き枕次第で買おうとなった作品はありませんでした。
戯画の「ハルキス」の妹があまりにも美し可愛かったので抱き枕絵の出来が良ければゲームも買わざるをえないでしょうが、
とりあえずはテキストがどうしても肌に合わず……。
ですが、今月はとりあえず体験版をやってみようという作品がなんと10個もありました。
しかもその中には体験版をやらずともほぼ購入確定であろうゆずソフトとminoriがいるという……。



というわけで、2月の抱き枕次第で買いますよーじゃあ買いますなエロゲ1本目はこちら、
ゆずソフトの「サノバウィッチ」でございます。



と思ったのですが、まだマスターアップしてない……? ←フライング。 ←この記事の翌日マスターアップでした。
まあ、発売延期はしないでお馴染みのゆずソフトさんですから、そこは問題ないでしょう。

ただ、ぶっちゃけ今回も体験版途中で何度も心が折れそうになりました。
今月豊作っぽいしもうスルーしちゃってもいいかなーとか……。



とはいえ、序盤はもたつくのがいつものゆずソフトクオリティですし、
むしろ個別ルートが売りのメーカーと言えるでしょうから、ここは我慢しなければいけません。
ゆずのメインライターさんは基本的には実力のある人ですから、
体験版段階でもキラリと光るシーンはありましたしねー。
ゲームで友達を作るエピソードや告白のお手伝いをするエピソードなんかは、すごく良かったと思います。
とりあえず体験版までは主人公たちが生徒のお悩みを解決していくという非常にありきたりな内容になっているのであれですが、
魔女話が本格的になっていく体験版以降はもっと面白くなっていくんじゃないでしょうか。



しかしなんか今回も某オーガストを意識したような作品になっているように感じてしまいますが、

もしかしてゆずの旬って8月?
……って、冬至にお風呂に入れますから本来の黄色いやつはその頃が旬で、青い実だと8月ぐらいが旬になるそうです。
なるほど、まだまだ自分たちはケツの青いメーカーだから、某オーガストさんを見習ってゲームを作っていこうと、

そういうことですね? ←ゆずファンに怒られるで。











AyachiNeneFace.jpgInabaMeguruFace.jpgShiibaTsumugiFace.jpgTogakushiToukoFace.jpg
KariyaWakanaFace.jpgSoumaNanaoFace.jpg


今作もメインヒロインは上段の四人、サブもルートがあるのはおそらくこの下段の二人だけでしょう。



AyachiNeneFace.jpg綾地寧々(あやちねね)は主人公と同じクラスの2年生。
主人公も属することになるオカルト研究部部長で魔女でございます。
ただこの世界の魔女というのは、
魔法を一度だけ使うために魔力(心の欠片)を収集する能力と気配を消す程度の能力しか持たないようなので、
厳密には魔女見習いと言ったほうがいいかもしれません。
そしてその力を授けてくれたアルプ(魔力を持った動物)に対して魔女自身の魔力を定期的に分け与えなければならないのですが、
綾地さんの場合はその対象が性的興奮になるので定期的に強制発情させられてしまうという、

これなんてエロゲ。 ←サノバウィッチと申します。



まあ、もしこのゲームが綾地さん完全メインの作品だったとしたら、おそらくこんなタイトルになったことでしょう。

「最近、綾地さんのようすがちょっとおかしいんだが。」 ←綾地ょ。



今だったら「新米魔女の契約者」でもいいかもしれませんが、
こっちは妹じゃないとタイトルが普通すぎるでしょうか。
内容には合ってると思いますけどねー。
でも、無理矢理妹だと言い張ってる元のタイトルよりははるかにマシでしょう。 ←なんの話だ。



実はこのサノバウィッチの体験版をプレーしているときに、
同時進行で「魔女こいにっき」と「空飛ぶ羊と真夏の花」の黒羊藍(こくようらん)ルートをプレーするという、

いわゆる魔女づくしな状態になっていたのですが、
綾地さんと中の人が一緒な黒羊藍の演技の方向性も同じような感じなんです。
穏やかな喋り方。
ですが、テンパったときにもわりと淡々としている藍に対して、綾地さんのテンパりぶりはめちゃめちゃ可愛いんですよねー。

なので思わず藍の抱き枕に綾地さんのイメージを重ねて抱いてしまいました、ごめんなさい。 ←おい。



InabaMeguruFace.jpg因幡(いなば)めぐるは1年生で、主人公のあとにオカルト研究部に入部します。
派手な見た目は高校デビューのためで、実は人付き合いが苦手。
もちろん、デビューしようと思うくらいですからマイペースなタイプではなく、
引っ込み思案な女の子なのかなーと最初は思いました。
実際、最初はぼっち描写が利いていて守ってあげたくなるような可愛さがあったのですが、
慣れてきたらわりとガンガン来るタイプでなんかあまり可愛げがない……。
つまり引っ込み思案で人付き合いが苦手なのではなく、
逆にウザがられて避けられてしまうから友達が出来ないのでは……という感じ。
まあ、それ自体は別に悪くはないと思うのですが、
ぼっち可愛いと見せかけて実はウザ体質だったという流れはあまり良くない気がします。
某羊飼いの金髪の娘は、社交的かと思ったら実はぼっち属性だったという設定が良かったのだと思うんですけどねー。



特にがっかりしたのは、前述のゲームで友達を作るエピソードのところです。

エピソード自体はすごく良くて、思わず「イイハナシダナー」という言葉が口をついて出たくらいでしたが、
そのうまく行ったあとの因幡さんの反応がすごく冷めていたんですよねー。
結局、「友達が欲しい」ではなくて「人気者になりたい」と願っている時点でやはりウザ体質なんだろうなーと。
とはいえ、変にぼっち属性をこじらせたりしてないからこそ、
主人公の気遣いを受け入れてオカルト研究部に日参するようになったのでしょうし、
そういう素直さは大いなる長所だと思います。
まあ、シリアス展開にしたくなかったから某羊飼いの金髪の娘とは逆の流れにした、と考えたほうがいいのかもしれません。



ShiibaTsumugiFace.jpg椎葉紬 (しいばつむぎ)は転校生で主人公と同じクラス。

女の子っぽい格好をすると吐いてしまうので男子の制服を着ていますが、
ちっちゃくて可愛い普通の女の子です。
劇中では少しずつ可愛くしてみようといって髪型をいじったり髪飾りをつけたりするので、

まさか立ち絵が少しずつ変わるギミック搭載か……と期待しましたが、そんなことはなかった。
オカルト研究部が彼女のサポートを先生から依頼されたことで、
彼女自身もオカルト研究部に興味を持ち体験入部することになります。
第二の魔女(多分)。



TogakushiToukoFace.jpg戸隠憧子(とがくしとうこ)は生徒会長で3年生。
人をいじるのが大好きな小悪魔お姉さんです。
前作では同じ黒髪の天霧夕音が清楚キャラを期待されて実は小悪魔系だったことに落胆した人が多かったので、

今作は最初から小悪魔全開でございます。
でもいざ自分のことになるとしどろもどろになっちゃう本当はウブな女の子……っていう、
実はある意味夕音の逆を行くヒロインなのかもしれませんがまあ、
いずれにしても今作の清楚担当は間違いなく綾地さんですし、
発情設定もむしろギャップ可愛さに繋がっていると思われるので今回は問題ないんじゃないでしょうか。
個人的には前述の告白のお手伝いをするエピソードでのパフェをあーんするシーンにきゅんきゅんしてしまったので、
体験版段階での私の一推しはこの戸隠先輩になります。



KariyaWakanaFace.jpg仮屋和奏(かりやわかな)は主人公のクラスメートで仲良し三人組の紅一点。
主人公に何か言われて普通なら頬を赤らめるようなシーンでも赤らめない、

ヒロイン力ゼロのサブヒロインでございます。
私が認識した限りでは一回だけ赤らめてましたけどねー。
なので、ルートがあるとは全く考えずに体験版をプレーしていましたが、なんとおまけのエッチシーンがありました……。
まあ、普通にちっちゃ可愛い感じの女の子ですが、どちらかといえばこの娘ともう一人の仲良しの男の子に関しては、

邪魔に感じてしまうような存在なんじゃないでしょうか。
冒頭、廊下でこの二人と延々立ち話をするシーンが、
心が折れそうになった最初のポイントでしたし……。 ←折れそうになるの早っ!



と思ったら、調べてみると意外と仮屋は人気あるっぽいですか……。
私はおまけのエッチシーンは完全にノータッチですが、
あるいは仮屋推しな人はそのおまけのエッチシーンを見たからかもしれません。
ヒロイン力ゼロであればこそ、そんな娘がヒロインに昇格したときのギャップ萌えは強烈になりますし、
そうなる過程への期待感も高まるというものでしょうからねー。



SoumaNanaoFace.jpg相馬七緒(そうまななお)は綾地さんの契約しているアルプで、正体は黒猫。
喫茶店のマスターをやっていて、仮屋も綾地さんに紹介されてそこでバイトをしています。
黒猫なのにピンク髪なのが面白いですが、
あえてフランス人と言いつつピンク髪だった因幡さんと同じ声の魔女(厳密には魔術師)に比べればまだ気持ち悪くはないでしょうか。
まあ、調べてみると金髪に赤毛が混じった髪だとピンクっぽく見えるということらしいので、
某友梨亜はそのイメージだったのかもしれません。
それはともかく、この相馬さんにおそらく生えるであろうネコミミが何色なのか気になるところではありますが、
獣人化するときは黒髪になるのかも?



ただ、攻略可能なサブが仮屋と相馬さんということになると両方とも原画がこぶいちさん担当らしいので、
もしかすると相馬さんではなく主人公の担任の先生が実はサブヒロインなのかもしれません。

仲良しの男の子の意中の相手っぽいのでそれはないと思うのですが……。 ←相手は相馬さんだったりして。
あるいはサブヒロインは仮屋一人で、サブ二人分の分量があるとかかもしれませんねー。











AyachiNeneGetchu1.jpgAyachiNeneGetchu2.jpg


さて、特典抱き枕カバーですが、この綾地さんはげっちゅ屋特典。
2wayトリコットだそうです。
げっちゅ屋の2wayはクロシェット以外では初めてでしょうか。

オモテ面はほにゃららの最中で、ウラ面はそこから更にエスカレートしてとりあえず終了したところなのでしょう。



なんとなくオモテ面の綾地さんは邪魔しちゃ悪いような気がしますが、
とろけきったウラ面に関してはぎゅっと抱きしめたい衝動に駆られますねぇ、これは。











AyachiNeneGetchu2.jpgAyachiNeneMedio1.jpg


ただ、正直言うとこっちのほうが可愛いです。

ていうか、めちゃめちゃ可愛い。



こちらはメディオ特典の射ペストリー。
とろけきったお顔もいいですが、この羞恥に染まったお顔がまためちゃ可愛いですよねー。
寄せてないお胸ももちろんいいのですが、このきゅっと体を縮こませるように寄せたお胸が絶妙です。
そして何より素晴らしいのはお顔がより正面を向いているところ。











AyachiNeneMedio2.jpg


こちらは同じくメディオ特典のB5リバーシブル下敷きの絵柄。
オモテ面に関しては正直、こっちの圧勝だと思います。
頬を上気させながらも無垢な瞳を向けてくるこの綾地さんはどうですか。

可愛いのはもちろんですが、美しいと思いませんか?
こんな美しいお顔と見つめ合いながら寝られたら最高に幸せでしょう。



この両面抱き枕カバーが欲しいわぁ……。











AyachiNeneMedio1R.jpg


そしてこれが射ペストリーの実物サンプルです。
もちろん製品には絆創膏はついておりません。
そして前髪のもにょっとしたのは何かと思ったら、すでに全身発射されておりました……。



何これエロすぎ。
射ペストリーとはいっても、立ってる女の子に対して発射する気になんかそんなにならないんじゃないかと思ってましたが、

これはむしろ発射しないと申し訳ない気持ちになりますねぇ……。

 ↑すみませんこれ、前作の夕音も同じ構成だったことに後で気づきました。
 ただ、前回はなぜかオモテ面のほうが射ペストリーの絵柄に選ばれてしまったようです。
 まあ、発射済みのウラ面のほうは夕音の髪が下ろされた状態だったので、
 誰かわからないということでオモテ面が選ばれたのかもしれません。




どうやらこれまでB2サイズの射ペにはいくつかこういうアイディアの絵柄はあったようですが、
等身大サイズのやつでこの仕様はもしかしたら初めてかもしれません。
戯画の「キスアト」のB2射ペが今見るとめちゃめちゃエロ可愛いんですけど、あれが等身大だったらなぁ……。
ていうか、やはり立っている相手だと微妙なので、床に座っている状態での等身大をデフォにしたらどうでしょう。
現在の等身大サイズは抱き枕カバーと同じ160×50ですが、
100×50くらいにして床ぎりぎりで壁に飾れば顔にも容易に発射できますし、

口を大きく開けた絵を描いてもらえば完璧。 ←何が。



なぜか部屋中の壁の低い位置に飾られたタペストリーたち……と想像すると萌えますねぇ。
そもそも部屋の中でずっと立ってられるとこちらも落ち着きませんから、座っている絵のほうが部屋に馴染むと思うんですよ。
もちろんベッド脇の壁とかに貼ればベッドの上に座っている感じになって、こちらも座ったまま向き合うことも出来るわけです。

それに発射するときは立っていてもいいかもしれませんが、発射準備は座ってしたいでしょうしねー。 ←発射準備?
まあ、今回の綾地さんみたいな絵柄であれば、
おそらく皆さんは椅子に座って綾地さんに見下ろされながら準備をするのでしょうが……。 ←目線が下に来てるしね!











AyachiNeneOtachu.jpg


と思ったら、まさに座っている絵の等身大タペストリーも特典になってました……。
残念ながら射ペストリーではなく、こちらはおたCHU.com特典の普通のタペストリー。
座り絵は斜め上から見下ろしたアングルが多いですし、実際、ほかの店舗特典はそういう感じですが、
まさにこれは等身大にふさわしいアングルと言えるでしょう。
こちらはA1サイズなので縦841mm×横594mm。
座っている絵だとなんとなく小さいのをイメージしてしまいますが、実際にはほぼ等身大になります。
ちょっと後ろにのけぞっているのが残念ですが、やはり縦の長さはもう少し余裕が欲しいでしょうか。
座っちゃうとせっかくの背景があまり入らないのがあれですが、
そこはロケーションをうまく考えていただけるとありがたいかなーと。












InabaMeguruTrader1.jpgInabaMeguruTrader2.jpg


こちらの因幡さんはトレーダー特典。
もちろんいつものようにスエード生地でしょうが、それ以前に今回は160×55というとんでもサイズ。
最近はやっとトレーダーさんも道理がわかったようで160×50で固定されていたような感じでしたが、
ここに来てなぜかまたとんでもサイズに……。
このゆずソフトのサンプルは160×50になってるんですけどねー。











InabaMeguruTrader.jpg


そしてこちらはトレーダーのサンプル。
差分としては申し分のない出来ですが、眼鏡を口にくわえているのを嫌う人は多いでしょう。
せっかく艶かしく微笑んでくれているのに、ちょっとこれはもったいない。
まあ、スエードでなおかつとんでもサイズということですから、どうしても選択肢の中では下に来ちゃうと思いますが……。



あ、でも、もしかするとサイズの表記間違いという可能性もあります。
気になる人は一応問い合わせてみたほうがいいかも。 ←2月以降の特典抱き枕のサイズ表記はみんな一緒なので、間違いではなさそうです。











TogakushiToukoGamers1.jpgTogakushiToukoGamers2.jpg


こちらの戸隠先輩はゲーマーズ特典。
ゆずソフトのサンプルが160×50になっていると言いましたが、
そういえばこのサンプルのトリミングって実際の製品そのままとは限らないのでした。
というのも、このままだと戸隠先輩の頭のサイズがかなり大きくなってしまいますし頭上余白も狭すぎるわけですが、

ゆずソフトがそんなミスを犯すはずもありません。
事実、前作アイルノーツのげっちゅ屋夕音なんかはやはりサンプルの段階ではサイズが大きすぎる感じでしたが、
実際には適正サイズになっていたようです。
もちろん、最終的にトリミングを決めるのは店側ということになるのでしょうが、
基本的には問題ないと思っていいでしょう。
トレーダーに関してはわかりませんが……。



この戸隠先輩は、まさにメディオ綾地さんのような両面構成になってますねー。











AyachiNeneMedio2.jpgTogakushiToukoGamers1.jpgTogakushiToukoGamers2.jpg


ほぼ同じといいますか……。

まあ、つまりは言うことなしということです。
しかし綾地さんはむりりんさん、戸隠先輩はこぶいちさん担当のはずなのに、
ほぼ同じような構成になるというのが面白い。
普通にどちらかが参考にして描いたということかもしれませんけどねー。



ところでこの戸隠先輩が因幡さんのウラ面のような妖艶な微笑みを浮かべることなく、
綾地さんと全く同じ表情をしているということは、

やはり小悪魔というよりは裏清楚ヒロインなのかもしれません。
まあ、戸隠先輩のおまけエッチシーンを見ればそこのところも大体わかるかもしれませんが、
私は楽しみに取っておきたいと思います。
戸隠先輩がオカルト研究部に所属するのか、しないとすれば今後どう主人公と関わっていくのか、
その辺もとても楽しみなヒロインですしねー。



ちなみに生地とサイズは未発表ですが、おそらく2wayトリコットで160×50になるでしょう。
前作アイルノーツのときの生地はげっちゅ屋と同じスムースニットだったので今回もげっちゅ屋と同じ生地になるのかなーと思いましたが、
昨年11月発売の「蒼の彼方のフォーリズム」のゲーマーズ特典有坂真白抱き枕カバーが、
従来のようなぺらい特典2way生地ではなく厚手の特典らしからぬ2way生地だったということなので、
そっちの生地になる可能性もあります。
あるいはげっちゅ屋のほうもその生地になるかも。



というわけで、今作も前作に引き続き私が購入するのはゲーマーズ経由ということになりました。
キャラへの期待感、生地への期待感も込めてのゲーマーズでございます。
もちろん射ペストリーは欲しいですし、
どうせ抱き枕カバーは公式から出るライクトロンを買うのだからここは射ペストリーを入手すべきとも思います。
前作アイルノーツも「サキガケ⇒ジェネレーション!」も射ペストリーにしておけば良かったかなとちょっと後悔してるところはありますしねー。
抱き枕絵に背景を入れるのは無理があるとわかってはいるのですが、やはり背景のある等身大絵には心惹かれるものがありまして……。



ですがまあ、今回は生地の件もありますからとりあえずゲーマーズを選択しておいて、
どうしても射ペも欲しくなったらオークションとかで入手すればいいかなーと。
正直、書きながらまだ悩んではいるのですが……。

<2015年2月12日>


↑ページの一番上へ



パッケージ版
ダウンロード版(DMM独占)
サノバウィッチ
DMM.R18 7,800円



キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.