×Pos/抱き枕×
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【ツクルノモリ】新妹魔王の契約者 抱き枕カバー
成瀬澪成瀬万理亜
NaruseMioTora.jpgNaruseMariaTora.jpg
メーカー:ツクルノモリ
発売:2015年5月
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<PMC-L/プレイフルマインドカンパニー社>【日本製】

とらのあな通信販売 12,960円(送料:420円)※受注販売(3月31日締切/5月上旬発送)→受注販売(2015年1月31日締切/4月発送)
メーカー:ツクルノモリ
発売:2015年5月
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<PMC-L/プレイフルマインドカンパニー社>【日本製】

とらのあな通信販売 12,960円(送料:420円)※受注販売(3月31日締切/5月上旬発送)→受注販売(2015年1月31日締切/4月発送)
野中柚希成瀬澪Ver.2
NonakaYudukiTora.jpgNaruseMioTora21.jpgNaruseMioTora22.jpg
メーカー:ツクルノモリ
発売:2015年5月
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<PMC-L/プレイフルマインドカンパニー社>【日本製】

とらのあな通信販売 12,960円(送料:420円)※受注販売(3月31日締切/5月上旬発送)→受注販売(2015年1月31日締切/4月発送)
メーカー:ツクルノモリ
発売:2016年4月→6月
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<PMC-L/プレイフルマインドカンパニー社>【日本製】

とらのあな通信販売 12,960円(送料:420円)※受注販売(1月31日締切/4月上旬→6月上旬発送)→在庫→完売(2016/6/16)
長谷川千里ゼスト
HasegawaChisatoTora1.jpgHasegawaChisatoTora2.jpgZestTora1.jpgZestTora2.jpg
メーカー:ツクルノモリ
発売:2016年4月→6月
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<PMC-L/プレイフルマインドカンパニー社>【日本製】

とらのあな通信販売 12,960円(送料:420円)※受注販売(1月31日締切/4月上旬→6月上旬発送)
メーカー:ツクルノモリ
発売:2016年4月→6月
価格:12,960円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:2wayトリコット(ポリエステル83%/ポリウレタン17%)<PMC-L/プレイフルマインドカンパニー社>【日本製】

とらのあな通信販売 12,960円(送料:420円)※受注販売(1月31日締切/4月上旬→6月上旬発送)→在庫→完売(2016/6/16)









『リカバー』






えー、こちらの新妹魔王抱き枕カバー第2弾ですが、
2期の放送が始まった直後の昨年の10月10日にまだ全く絵のない状態で受注が始まり、
今年の1月31日受注締切の4月発売というとんでもない長期プランの中、
絵の完成を待ってから紹介しようと断続的にチェックを入れていたわけですが、

正月を越えたあたりで私の集中力がぷつっと途切れ
ふと気づいた頃には受注は締め切られていて絵も完成しておりました……。



というわけで、ごめんなさい。
発売予定日を過ぎたら在庫が出てくるだろうと思い、
やはり発売予定の4月上旬くらいからほぼ毎日チェックを入れていたのですがいつの間にか発売日は未定となり、
結局今月(6月)の上旬くらいに注文者に発送されたようなのですがやはり私の集中力は5月が終わったあたりで途切れ、

6月も半分が経過した今ふと気づいてチェックしたら在庫が来ていたというわけです……。 ←使えない集中力さんね。



なので、現在唯一完売してしまっている長谷川先生ももしかしたら数日は在庫があったかもしれませんが、

長谷川先生は別にいいよね? ←よくないが。











HasegawaChisatoTora1.jpgHasegawaChisatoTora2.jpg


だってこの人、アニメ2期まではまだモブだったし……。 ←おっぱいの大きなモブですね!



なんかWikipediaによればヒロインのひとりだそうですが、
2期の時点でヒロインに昇格するとツクルノモリさんは見ていたのでしょうか。
胡桃……。











ZestTora1.jpgZestTora2.jpg


ゼストもなんか唐突に仲間になったって感じで全く感情移乳……感情移入できないし。

澪と万理亜と胡桃だけじゃ駄目なんでしょうか……。 ←さり気なく柚希をハブるのやめようか。











NaruseMioToraFos1.jpgNaruseMioToraFos2.jpgNaruseMioTora21.jpgNaruseMioTora22.jpg


しかしせっかくの澪Ver.2ですが、残念ながら誰これ感のある作画となっております。
ゼストは全く問題ないように見えますが、長谷川先生とこの澪はちょっと絵がくどく見えますねー。
エロいながらもライトな作画ってところが売りなのに、こんなむっちりに描かれましても……。

<2016年6月15日>


↑ページの一番上へ










『新妹魔王って言いたいならせめて学年を下にしてほしかった感』






ツクルノモリさんが製作委員会に参加しているこちらの作品ですが、今回はとらくじをやらないのか、
すぱっと抱き枕カバーを商品化してきてくださいました。
早い展開ですねー。
発売は3ヶ月後ですが……。 ←もっと早く!



しかも今回は澪の作画がキャラデザ総作監のわたなべよしひろ(渡邊義弘)さんで、
万理亜と柚希の作画がやはり総作監の沈宏(しんほん)さんということですから、
これ以上は望めないクオリティということになると思います。











NaruseMioTora.jpg


しかしこのオモテ面の膝立ては納得いかないっすねぇ。

パンツを見せたくないならスカートをめくらなくてもいいのよ?



膝を立てて抵抗するほどの危機的状況を演出したかったのかもしれませんが、
そのわりには自分で胸元をはだけているように見えますし、

何より頭の上にやっている右手が完全に無抵抗を意味しているように見えます。



心を決めて無抵抗を装いながらも恥ずかしくて思わず膝を立てて下半身を隠してしまう……という状況もありえなくはないでしょうが、
それならもうちょっと内ももをすり合わせるように隠してくれないと雰囲気は出ないかなーと。

ぶっちゃけ上半身と下半身がちぐはぐ。











NymphTora1.jpgNymphTora2.jpgNaruseMioToraFos2.jpg


一方、ウラ面はクリスマスの時期に描かれたものなのでしょうか……。
バニーが渡邊義弘さんのマイブームなんですかねぇ。
背中も横乳も見えていて悪くないと思いますが、なんか澪のイメージとこの衣装が結びつかないんですよねー。











ShinmaiMaou02070.jpg


露出度的に考えれば、お尻は見えないかもしれませんがこの部屋着で良かったんじゃないでしょうか。

個人的にはバニーのお尻よりもショートパンツのお尻のほうが好みです。 ←知りません。











NaruseMariaTora.jpg


万理亜のオモテ面も膝立てではありますが、澪ほど身も蓋もない立て方ではありませんし、

何より舌を出しているところにお預け感が出ているのでまあ、悪くはないでしょう。
むしろロリサキュバスに膝で弄ばれていると考えたら新しい世界が開けそう……。



一方のウラ面のお預け感も半端ないです。

劇中ではフェイクだった裸エプロンが本物であることを見せつけるように横を向き、
更にそのエプロンの腰の紐まで解いて誘惑してきているわけですが、
実際には抱きづらい非常に中途半端なポーズですし、キスもNGという……。

まあ、オモテ面は下半身に膝を押し付けられながらベロチュウしまくりですけどねー。 ←変態ここに極まれり。



とはいえ、裸エプロンにおいて一番重要な横乳と脇の下はしっかりと見せてくれていますから、
ここをペロペロするだけでも抱き枕的には十分なんじゃないでしょうか。

キスは駄目よと言いつつ片側半分はしっかり唇を見せてるところもエロス。



ロリサキュバス恐るべし……。











NonakaYudukiTora.jpg


それに比べて、この柚希のオモテ面はなってないっすねぇ。

これ以上ないってくらいの完全ガード。
目線まで外れてるという……。



まあ、このオモテ面からのエロいウラ面というところにやはり演出意図があるのかもしれませんが、

抱き枕に捨て面なし。

あからさまに抱きようがない面を作っちゃうというのは感心できません。
抱き枕カバーにはたった2枚の絵しか入れられないのですから、
演出を入れるにしてもちゃんと単体で抱ける絵柄にしていただかないと困ります。



ていうかこれ、ウラ面バニーだし、沈宏さんじゃなくて渡邊義弘さん作画じゃね?
……と思いましたが、バニーのデザインが違いますし、シーツのシワの描き方とかを見るとやはり沈宏さん作画なのでしょう。

まあ、穿った見方をしなければ、
万理亜のオモテ面も普通に変身時の格好で寝そべっているだけということになるでしょうから、
ウラ面で勝負というプランはどちらも同じかもしれません。
で、柚希のウラ面のイメージは特に思い浮かばなかったので澪のウラ面に追従した……と。











NaruseMioToraFos1.jpgNaruseMioToraFos2.jpg
NaruseMariaToraFos1.jpgNaruseMariaToraFos2.jpgNonakaYudukiToraFos1.jpgNonakaYudukiToraFos2.jpg


というわけで個人的には万理亜一択な感じですが、問題はトリミングでございます。
こちらは元のサンプルから縦をそのままに左右を切り取って比率を合わせてみたのですが、
どうしても手足が切れてしまうところがあります。
なので、もしかするともっと余白をあけたトリミングになる可能性もありますが、
今までのツクルノモリさんのパターンであればおそらくこんな感じで商品化されるんじゃないかなーと。



このサイズであれば澪と柚希の頭の大きさはちょうどいいくらいですが、万理亜は大きめ。
残念ながら実際に抱いていてもロリ感はあまりないかもしれません。
まあ、リアルロリなキャラじゃないのでそんなには気にならないでしょうか。
ですが、実はこの万理亜にはもう一つ大きな問題があります……。











ShinmaiMaou01084.jpg


オモテ面の耳が尖ってない……。 ←あちゃー。



ところで今季同じ冬アニメである「純潔のマリア」にもサキュバスが登場しますが、
あちらは主人の魔女のほうがマリアという名前でお付きのサキュバスのほうはアルテミスなんですよねー。
全くの偶然だとは思いますが、魔王とか魔女のお付きにあえてサキュバスってところは結構珍しいと思いますし、

実はコラボなんじゃないかと思ってしまいます。



まあ、純潔のマリアのほうはとりあえず、
2015年の初めの一ヶ月を終えた時点でFos的マンガ原作アニメオブザイヤー2015の筆頭候補ではありますが、

こちらは……。 ←女の子が可愛ければそれでいいのよ。

<2015年2月2日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 新妹魔王の契約者  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.