×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【TBS】アマガミSS+ plus 抱き枕カバー

七咲逢
NanasakiAiC871.jpgNanasakiAiC872.jpg
メーカー:TBS
発売:2014年12月28日(コミックマーケット87にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

アニまるっ! 9,000円(送料:480円)※受注販売(1月26日正午締切/2月下旬~3月上旬発送)→受注販売(5月18日正午締切/6月中旬~下旬発送)
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(2017年4月3日17時締切/5月上旬~下旬発送)
アニまるっ! 14,040円(送料:648円)※立体クッション付/受注販売(2017年5月8日17時締切)
メーカー:TBS
発売:2016年2月13日(アニまるっ!フェス!!にて販売)
価格:12,960円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2wayトリコット

アニまるっ! 12,960円(送料:480円)※受注販売(3月28日17時締切/4月下旬~5月上旬発送)


七咲逢(浴衣&制服)棚町薫
NanasakiAiC881.jpgNanasakiAiC882.jpgTanamachiKaoruC881.jpgTanamachiKaoruC882.jpg
メーカー:TBS
発売:2015年8月14日(コミックマーケット88にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

アニまるっ! 9,720円(送料:480円)※コミケ先行受注(8月7日正午締切/9月中旬~下旬発送)→受注販売(9月7日正午締切/10月上旬~下旬発送)
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(2017年5月8日17時締切/5月下旬~6月上旬発送)
アニまるっ! 14,040円(送料:648円)※立体クッション付/受注販売(2017年5月8日17時締切)
あみあみ 7,750円(送料:500円)※予約開始(2015/8/22)
メーカー:エムズ
発売:2015年8月14日(コミックマーケット88にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<松本商事>【日本製】

wotacolor 9,720円(送料:600円)※在庫(2016/5/27)
アニまるっ! 9,720円(送料:480円)※コミケ先行受注(9月中旬~下旬発送)→受注販売(9月7日正午締切/10月上旬~下旬発送)
アニまるっ! 9,720円(送料:648円)※受注販売(2017年4月3日17時締切/5月上旬~下旬発送)
コトブキヤオンラインショップ 9,720円(送料込)※10月発売予約(2015/8/16)










『地下逢ちゃん』







NanasakiAiC871.jpgNanasakiAiC872.jpg


一昨年の冬コミで流川ガールズと一緒に売られたこの逢ちゃんですが、

今回も一緒にプレミアム(2way)化されることになりました。
明後日13日から28日までアニメイト秋葉原店の地下1階イベントスペースにて開催される「アニまるっ!フェス!!」での限定販売という、
まさにプレミアムな商品となるわけですが、余ればアニまるでも後日通販されるはず。 ←受注で出てきました。
そんなに数は作らない気がしますが……。 ←最終日に完売したようです。



イベントの詳細はこちら。

<2016年2月11日>


↑ページの一番上へ










『サトリナ推し?』






んー。
アニまるの先行予約で薫はすぐに予約完売したのにそれに比べて逢ちゃんは随分準備数が多いんだなーと思ってましたが、
予約完売している抱き枕カバーたちの商品ページには書かれている、
※先行販売分は数量に限りがあります。
という文言が逢ちゃんのほうにはないんですねー。

つまり、8月7日正午までの完全受注ということでしょう。



なるほど、同様に文言のない俺ガイル雪ノ下&由比ヶ浜と逢ちゃんだけが厳密にはTBS(アニまる)製作で、
それ以外の数量限定だったやつがT・ZONEさんの製作ということになるのでしょう。
つまり、企画自体は全てT・ZONEさんだけれども、完全受注のやつはTBSからお金が出ていて、
それ以外はT・ZONEさんが自腹を切っているから少ししか作れない……と、そんな感じでしょうか。
で、ダンまちのやつだけはエムズさんが自らお金を出していて、商品の製造自体は全てエムズ(松本商事)。
だとすると、この夏コミ合わせでエムズさんから8種抱き枕化という言い方をしましたが、
あまりエムズさんの名前を強調すべきではないかもしれません。
まあ、あくまで想像でしか言えないのであれですが、
とりあえずTBS≒T・ZONEだと考えればダンまち以外のメーカーは全てTBSとしておいたほうがいいのかも。 ←どうでもいいです。



とはいえ、別にそれでも全種T・ZONE&MF(エムズファクトリー)合同ブースで売って問題ないと思うのですが、
なぜか俺ガイル2種と逢ちゃんはそれぞれ別のブースで売られるという……。
今回はTBS自身がコミケに出ないからそういうややこしいことになっているわけですが、
なぜか逢ちゃんはアニメイトグループのブース(アニ☆マルシェ有明出張所)で売られることになってます。
なんでムービックで作ったわけでもない抱き枕カバーをそんなところで売るのかって感じですが、

実はムービックの抱き枕カバーは松本商事OEMだったりして……。 ←どうでもいいです。











NanasakiAiC881.jpgNanasakiAiC882.jpg


しかしなんでまた逢ちゃんなんでしょうかねぇ。
ここまでの異常な逢ちゃん推しは、やはりT・ZONEの中の人の熱い想いから来ているのでしょうか……。
ていうかそもそも、ここまでアマガミに執着するのがすごい。
TBSアニメなんて他にもたくさんあるのに……。











NanasakiAiC871.jpgNanasakiAiC872.jpgNanasakiAiC881.jpgNanasakiAiC882.jpg


しかも今回は小人でございます。
絵柄的にも特に想像力を刺激されない平凡な感じかなーと。











TanamachiKaoruC881.jpgTanamachiKaoruC882.jpg


そしてもう一人が薫という選択肢がまたすごいですよねー。
アマガミヒロイン全抱き枕化を目指すことにしたのだとして、
この前のREDさんのライクトロン絢辻さんと森島先輩を意識して残りのヒロインから選んだのかもしれませんが、
それでも普通は薫が一番には出てこないはず……と思ったら、なんか薫って実はかなり人気あるほうみたいですねー、

びっくり。 ←おい薫に謝れ。



や、でもこの抱き枕絵はめちゃめちゃ可愛いです。
表情が両面とも同じなのはもったいないですが、受けに回ると弱そうなところが薫らしいような気がします。
ただお尻のトレーは、気持ちはわかりますが抱くこと前提の絵でこれは駄目でしょう。
上半身だけ脱がされているとかであれば、下半身だけは守ろうという感じになって逆にエロいと思いますが……。












AyatsujiTsukasaRed1.jpgMorishimaHarukaRed2.jpgNanasakiAiC882.jpgTanamachiKaoruC882.jpg


しかしいずれにしても薫も残念ながら小人ですから、いかんともしがたいです。
お腹の感触はスムース生地じゃ得られませんしねぇ……。



棚町薫はT・ZONE&MF合同ブースにて販売。
七咲逢は前述のとおりアニ☆マルシェ有明出張所ブースですが、そちらの公式ページにはこの商品は記載されないかもしれません。
レイアウト的にアニメイトグループ企業の商品以外載せる余地がなさそうなので……。

<2015年8月4日>


↑ページの一番上へ










『うん、そりゃお股のほうが恥ずかしいよね』






ついにアマガミ初の抱き枕化ですよー!
2013年の夏コミでは150×50の抱き枕寸法でありながらなぜか七咲逢ちゃんの膝下までしか収まってなかった、
片面仕様のすりすりロングクッションカバーなるものを販売したTBSさんでしたが、

今回こそはマジもん。



なんでここまで逢ちゃんにだけ固執するのかは謎ですが、この調子でフォトカノ抱き枕カバーもお願いしたいところですねー。

もちろん原作絵で。 ←もはやTBSが作る意味が。











NanasakiAiC872.jpg


ナイスサンプル。

や、ここまで大きくなくていいんですけど、ろこどるのほうもお願いしたいところ。



しかしこの背面絵は凝ってますねー。
もっと背中を露出してよと言いたいところですが、なんと背中の水着のラインが透けて見えてます。
まあ、スムース生地でどれくらい綺麗に見えるかはわかりませんが……。



そして何よりこのポーズが最高でしょう。
変に体を捻ったりせず完全にうつ伏せになった状態で両手はシーツをぎゅっと掴み、
顔は不安げに後ろを振り向いているっていう……。
ええ。
どう見てもこの絵のテーマはお尻。
逢ちゃんの意識は完全にお尻に行っております。

これは間違いなく、純一さんに尻枕をしてほしいと言われたのでしょう。 ←「先輩……ど、どうぞ」



是非TBSさんは速やかにこの絵をキャラアニさんに渡して、お尻立体抱き枕カバーを作ってもらってください。
あるいはアサヒ・インターナショナルさんに相談していただければなおよしです。

この絵はそういう絵ですから。 ←断言。











NanasakiAiC871.jpg


しかしそんな攻撃的なウラ面に比べて、こちらのオモテ面はぱっとしないっすねー。

これ、もちろん裸Yシャツとかではなく、ウラ面の前段階でしょう。
やはり水着がわずかに透けて見えております。
正面からだと水着のラインが出るのが肩紐と胸元だけなので、
コンセプト的に胸元すらはだけることが出来なかったのでしょうが、

それならなぜお股をはだけなかったのかと。



ウラ面の尻枕に繋げるためにはまずここで股枕をしなきゃ駄目なんです。 ←そうなんだ。
や、実際にM字開脚までしなくてもいいんですよ?
とりあえずお股を見せて、

「また股枕しますか?」

って誘ってるような絵にすればいいんです。
出来れば小悪魔的な笑顔が理想ですがまあ、表情はこのままでもいいでしょう。
この左手を上に持ち上げてくれるだけで良かったんです。



すると純一さんは「またまたー。逢ちゃんったら」とか笑って誤魔化そうとしますが、
逢ちゃんはじっと純一さんを見つめて逃がさない。
進退極まった純一さん、そこで妙案を思いつきます。

「今日は尻枕の気分かな?」



さすがにお尻は恥ずかしいだろうと踏んだ純一さんでしたが、逢ちゃんはいそいそとうつ伏せになり、
恥ずかしそうに言うのでした。

「先輩……ど、どうぞ」










TBSアニメーションブースにて販売。
3限。
3日分をそれぞれ分けずに初日から売り切る方式らしいので、下手すると2日目以降はないかもしれません……というのは、
ろこどると一緒です。 ←ろこどる共々初日完売しました。
まあ、そうなったら普通に受注通販するでしょうし、そうならなくてもおそらくするでしょう……というのもろこどると一緒。

<2014年12月11日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 アマガミSS+  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.