×Pos/抱き枕×
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【コーエーテクモゲームス】エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ 抱き枕カバー

EschaMalierKT1.jpgEschaMalierKT2.jpgLucilleErnellaKT1.jpgLucilleErnellaKT2.jpg


コーエーテクモゲームス製作
2014年9月発売/定価10,000円
生地:ポリエステルスエード
サイズ:150×50

エスカルシル
あみあみ 6,980円(送料:500円)※予約開始9,000円(2014/8/29)

あみあみ 2,270円(送料:500円)※予約開始9,000円(2014/8/29)










『元凶はテクモ因子』






エスカとルシルちゃん来ました。

ルシルちゃんは正直無理があると思いますが、といってほかに抱き枕化するにふさわしい人というと、
ウィルベルさんくらいしかいませんかねー。
大体総じてみんな空気でしたから……。 ←ロジーさんもね!



個人的には毎回コンスタントに出ていたフラメウちゃんがいいと思うのですが……。 ←それEDです!
それこそ本編に関してもほぼ最後だけの登場でしたけど、めちゃ可愛かったじゃないですか。
正直、フラメウちゃんだけは原作絵よりも可愛いんじゃないかってレベル。



アニメオリジナルで「フラメウのアトリエ」を作ってくれてもいいのよ? ←バッドエンド確定です!











LucilleErnellaC86.jpg


まずはルシルちゃんから。
このウラ面はばっちり可愛く描けてますねー。
水着姿を真横から描いておいて、お胸とお尻をそれぞれ腕とパレオで隠すという謎仕様ですが……。



オモテ面は片目閉じではありますがまあ、眠そうなので悪くはないでしょう。

それならパジャマを着ていてもらいたいものですが……。 ←文句ばっかり!











EschaMalierC86.jpg


エスカのウラ面のお顔はいまいちですねぇ。
悪くはないのですが、前髪は少し持ち上がり気味だしせっかくのツインテも横にどけてしまっているので、
ちょっと顔が見た目さっぱりしすぎちゃってると思います。











EschaMalierC86L1.jpg


エスカのほうは大きな全身サンプルが出ておりました。
ルシルちゃんのオモテ面は片目閉じでも眠そうだからまだ良かったのですが、こちらは意味不明。
完全に水辺で水しぶきをかけられたときの雰囲気だと思いますが、ここは砂浜……?











EschaMalierC86L2.jpg


や、だったらそのポーズはこっちでやろうよっていう。
まあ、実際には抱き枕絵でそんなポーズをされても困ってしまうので、
露出の多いこっちの水着姿でそれをやられなかっただけマシだと思わなければいけないでしょう。
おかげでこちらのウラ面は全体的に悪くないと思います。











EschaMalierTowelC86.jpg


ただ、正直言えばこれくらい可愛いお顔にしてほしかったなーと。
まあ、驚きの表情で静止しているので抱き枕向きではありませんが、
それでもこれをそのまま抱き枕カバーにされていたら、私なんかは心がぐらついたと思います。
それくらい、このエスカは魅力的。
アニメ絵エスカとしては最高ランクの作画でしょう。



等身大タオルと言えばなぜか原作のほうでも、
ガストショップ等身大タオル「黄昏総選挙」なるものをまさに昨日(7月31日)までやっておりまして、
上位5人までが等身大タオル化されるそうです。
なんで今時抱き枕カバーでやらないんだよって感じではありますがまあ、
両面描かないといけないというのがネックだったのでしょう。
あと、1位だけが左さんの描き下ろしとなっているので、
残り4人はあるいは解像度の低い設定用の立ち絵がそのまま使われるとかそんな話なのかもしれません。

つまり左さんのリソースは、等身大絵一枚が限界……ということなのでしょう。



というわけで、原作絵での抱き枕化などは夢のまた夢って感じなのですが、
個人的にはエスカ一人だけでいいので左さんに両面描いていただきたいなーと。

それが無理ならガストのグラフィッカーさんでもいいし、なんならポリゴンエスカでも。 ←や、それはどうだろう。
アニメ絵は不安定だからなぁ……。



ただ、もし公式から原作絵で抱き枕化されることがあったとしても、

残念ながら今回と同じく150サイズのスエード生地になる可能性が大なんですよねー。
というのも、つい先日ガストがコーエーテクモゲームスに吸収合併されることが決まったわけですが(元々系列会社)、
このコーエーテクモゲームス製作の抱き枕の仕様っていうのが実は150サイズのスエード生地なのです。
DOAとか。
なので、美少女満載のガストというブランドにはもう、抱き枕の未来はないと言っていいでしょう……。











IonRed.jpg


しかし、ここに救世主現る。
こちらはガストさん制作のゲームシリーズ「サージュ・コンチェルト」のヒロイン、イオンちゃんでございます。
この度、REDさんから抱き枕化されることになり、現在受注中。

受注ページはこちら。 ←宣伝乙。



や、つまり、REDさんのお力によって原作版エスカがライクトロンで降臨なんてこともありえなくはないってことです。
ただまあ残念なのは、
こちらのイオンちゃんはキャラデザのntnyさんの作画でもなければガストの中の人の作画でもないっぽいってこと。
「ガスト監修」という文言はどうやらREDの中の人が描いたものをガストが監修したという意味のようなんですよねー。

なので正式にはこちら、公式同人抱き枕カバーという呼び方が正しいのですがまあ、
それこそゲームの版権絵の場合はキャラデザの人以外が描くのはわりとあることで、

極論すればキャラデザの人が描くのでなければ誰が描いても同じってことになります。
メーカーが公式だと言えば公式。
ですから、ntny絵じゃなきゃ嫌だっていう人以外は、それほどこだわるところではないでしょう。



仮にこのシリーズがアニメ化されてアニメ絵で抱き枕化されたとしてももちろん、このイオンちゃんには遠く及ばないでしょうし、
同人でエロいイオンちゃんが抱き枕化されるとしたって、ここまでクオリティの高いイオンちゃんはそうそう出てこないと思います。
微妙に違うといっても原作絵の雰囲気は十分出てますし、何よりめちゃ可愛いですからねー。



といっても私個人はゲームのほうには全く触れておらず、
1作目のシェルノサージュで初めてイオンちゃんを見たときに「Vitaごと買わな(使命感)!」と思いながら、

オンライン要素が面倒くさそうで結局スルーしてしまった程度のにわかイオナーでございます。
ですが今度、シェルノサージュofflineというまさしくそれのオフライン版というか、
完全版みたいなのが10月2日に発売されることになったので、
この抱き枕を契機に今度こそVitaごと買いたいなーと思っております。

それくらい、イオンちゃんきゃわわ。 ←知らんがな。



まあ、ちょうどラブライブもありますし、評判が良ければ先にラブライブのゲームごと買うことになるでしょう。

フォトカノ……はもういいか。 ←おい。











IonRed.jpg


左が1作目のシェルノサージュ、右が2作目のアルノサージュのイオンちゃんということになります。
明らかに頭身が違いますが、右で16歳の肉体年齢だそうで、左はそれより2歳くらい(?)若いっぽい感じになるようです。
かなり頭のサイズが違って見えますが、実際にはどちらもうまく適正サイズに収まっております。











IonBeforeAfter.jpg


ちなみにこちらがポリゴンイオンちゃんです。
左がシェルノサージュ(Vita)で右がアルノサージュ(PS3)。

ぶっちゃけアルノのイオンちゃん、あんま可愛くないっす。 ←おい。



というか、ディテールを入れすぎて元絵のやわらかさを殺しているような感じ。
今回の抱き枕絵はシェルノのポリゴンとntnyさんの元絵の中間くらいなイメージでしょうか。











IonMadoromi.jpg


そしてこちらが抱き枕のオモテ面に描かれているシェルノイオンちゃんのベッド。
今回の抱き枕カバーを買えば、
現実にこのイオンちゃんといっしょに寝ることが出来るというわけです。 ←それは現実なんだろうか。



私は普段、抱き枕を抱くときは右向きで寝ていますが、

イオンちゃんのためなら左向きも辞さない覚悟です。 ←大した覚悟ね。











IonRed.jpg


というわけで、このイオンちゃんは買い。



……って、あ、あれ?

ここはイオンちゃん抱き枕の紹介ページですか? ←違います。



ってまあ、確かに今回のイオンちゃんはほぼ同人かもしれませんが、ネプテューヌの例もありますように、
場合によってはキャラデザの人が直々に描いてくださることもありうるわけです。
ですから是非、REDさんには今後も頑張っていただいて、左絵のエスカを実現してほしいなーという話。



そして本題のエスカとルシルちゃんのほうは夏コミで先行販売となってますので、
コーエーテクモゲームスの運営するGAMECITYオンラインショッピングで後日売られるということでしょう。
ガスト&ネオロマンスブースにて販売。
イベント価格10,000円。

<2014年8月1日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.