Fos/抱き枕
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【サイバーエージェント】ガールフレンド(仮) 抱き枕カバー

【※ただし女子に限る】望月エレナ椎名心実
MochizukiErena1.jpgMochizukiErena2.jpgShiinaKokomi1.jpgShiinaKokomi2.jpg
メーカー:不明
発売:2013年12月22日(「聖櫻学園クリスマスパーティー ~ガルフレサンタが秋葉原にやってくる?!~」にて販売)
価格:9,000円(税込)
サイズ:150cm×50cm(多分)
生地:スムースニット
メーカー:VOXPOP
発売:2014年9月
価格:9,720円(税込)
サイズ:150cm×50cm
生地:2way(ポリエステル100%)【中国製】

とらのあな通信販売 9,720円(送料:420円)※在庫(2014/10/3)
famima.com 9,720円(送料:店頭受取無料)※受注販売(8月11日→9月23日締切/9月末発送)→予約終了(2014/9/13)→予約再開(9/20)→予約終了(9/21)→受注販売(11月16日締切/11月21日以降発送)→在庫(11/25)→完売(12/15)→在庫(12/26)→完売(2015/8/19)

村上文緒クロエ・ルメール
MurakamiFumioM1.jpgMurakamiFumioM2.jpgChloeLemairCS1.jpgChloeLemairCS2.jpg
メーカー:コンテンツシード
発売:2015年8月
価格:9,720円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】

famima.com 9,720円(送料:店頭受取無料)※受注販売(7月20日締切/8月下旬発送)
あみあみ 7,760円(送料:500円)※予約開始(2015/7/3)
メーカー:コンテンツシード
発売:2015年9月
価格:9,720円(税込)
サイズ:160cm×50cm
生地:スムースニット(ポリエステル100%)【日本製】

famima.com 9,720円(送料:店頭受取無料)※受注販売(8月24日締切/9月下旬発送)
あみあみ 8,240円(送料:500円)※予約開始(2015/8/12)














『ファミマさんももうやる気ないんやろな……』






はい、当然のことながらクロエも文緒ちゃんと同じスムースニット160サイズでございました。

オワタ……。










ChloeLemairCS1.jpg


しかし相変わらず、ブラウスの上からお胸の膨らみを描く天才ですな。
正直、抱き枕絵の制服姿ってあまり興味ないんですけど、

QP絵は別格。
なんでこれが2way生地じゃないの……。



この表情とポーズはもう、完全にガールフレンド(真)でしょう。

「ムネ、サワッテモイイデスヨ?」

って言ってます、完全に。
文緒ちゃんもそうでしたが、ガールフレンド(真)なクロエっていうのも意外と想像しやすいですねー。
やはり最上級生は違うぜ……。











ChloeLemairCS2.jpg


そしてそんなオモテ面以上に、このウラ面が可愛すぎ。
今回はなぜか大きなサンプルが出てきてくれたのでもう、可愛さがぐいぐい来ますねー、ありがたや。



文緒ちゃんのほうは、
部屋で試着してもらった水着姿があまりに可愛くて押し倒してしまったけど笑顔で受け入れてくれた……というようなイメージでしたが(多分)、
こちらのクロエは押し倒されて呆気にとられている感じ。
というのも、文緒ちゃんは当然恥ずかしがりながら水着姿をお披露目したはずですし、
彼氏がそれを見て興奮しているだろうことも肌で感じているからこそ押し倒されたことがそんなに意外ではなかったわけです。
ですが、クロエの場合は完全にファッション的な意味合いで水着姿をお披露目したつもりだったので特に恥ずかしさはなく、
押し倒された意味もすぐには理解できなかったんじゃないでしょうか。
なので、押し倒されてお胸を揉まれたとしても、このようにしばらくポカーンと口を開けているんじゃないかなーと。



そしてふと我に返って、「ド、ドウシマシタカ?」なんて呑気な声を出して彼氏の気勢を削ぐわけです。
そういう、頭ではエッチなこともわかっているのに心はまだ未発達で恋人間の空気が読めないような感じが、
すごくクロエっぽいなーと。











MochizukiErena2.jpgMurakamiFumioM2.jpgChloeLemairCS2.jpg


考えてみたらさくら小春さん担当の心実ちゃんだけがちょっと手を加えた差分絵で2way生地だったというだけで、

スムース生地はともかく両面で完全差分になっていることに関しては小原トメ太仕様ということになるのでしょう。
手抜きっちゃ手抜きなんですが、逆に完全差分で全く違う印象を与えるように描かれているところがすごいです。
これでせめてエレナと同じ(多分)150サイズになっていればまだ良かったのにと思うのですが……。



コンテンツシードさんはスムース生地にするならせめて他社のスムース生地に合わせて、

150サイズにしなさいよ。



ていうか2way生地にしてお願い……。 ←悲哀。

<2015年8月18日>


↑ページの一番上へ










『ライクトロンで160サイズで余白をもっとあけるのがもちろん最善』






2014年の総選挙3位だった心実ちゃんに続き、1位の文緒ちゃんがやっと出てきてくれました。
でもなるほど、アニメが終わってちょうど半年での予約開始ということは、

アニメ版権は半年で一区切りということでしょうか。
もちろん、業界の慣習かファミマさんの独自の判断かはわかりませんけどねー。
というわけで、公約どおり2位のクロエもそのうち出てくると思われます。



しかし。

確かに私はQP:flapper絵がもったいないからもっと良い生地を使ったほうがいいとは言いました。

ですが仮に印刷が改善されるのだとしても、抱き心地が劣化するのでは意味がありません。
申し訳ありませんが、スムースニットであればどんなに印刷が綺麗でも私は買いません。
160×50にサイズアップしたのは素晴らしいことですが、やはりスムースニットでは意味がない。



たまに糞2wayならスムースのほうがマシなどと発言する人がいますが、

その言葉の真意はスムースなら悩まずにスルーできるからです。
謎2wayだともしかしたら良い生地かもしれないと思って買ってしまいますが、
スムースであればどんなに良いスムースでもスルーできる。
あるいはその真意に自分でも気づかずに発言している人もいるでしょうが、何々のほうがマシなどという言い方をしてる時点で、

そういう人はどっちにしても買いません。 ←真理。



ちなみに私は、前回の心実ちゃんと同じ仕様であれば今回の文緒ちゃんも間違いなく買いました。
もちろん本音を言えばもっと良い生地にしていただきたいところですが、前回の生地なら許容範囲。
誤植でしたとばかりに今からでもしれっと仕様変更をしていただけないものかと……。










ShiinaKokomi1.jpgShiinaKokomi2.jpgMurakamiFumio1.jpgMurakamiFumio2.jpg


特にこの身長差でもわかるとおり今回の文緒ちゃんは大きすぎます。
もちろん、文緒ちゃんの設定身長は160cmジャストですからこれでほぼ等身大にはなるのですが、
そうなると2次元女の子の場合は頭が大きくなりすぎて、枕元で見つめ合ったときのリアリティが損なわれてしまいます。











ShiinaKokomi1.jpgShiinaKokomi2.jpgMurakamiFumio1.jpgMurakamiFumio2.jpg


なので、このように生地だけでなくサイズも心実ちゃんと同じ150サイズにしてしまえば、その問題も緩和されることになります。
ちなみに心実ちゃんの設定身長も文緒ちゃんと同じ160cmですが、この心実ちゃんでも実際の頭の大きさはやや大きめです。











MurakamiFumioFamima.jpg


絵の構成は心実ちゃんと全く同じですが、今回は表情と衣装だけの完全差分。
まあ、手抜きっちゃ手抜きですが、心実ちゃんの水着面のポーズは抱き枕的に意味のないものでしたから、
今回はこれで問題ないでしょう。
同じポーズでも制服面のほうは脱がされてる緊張感がありますが、水着面は逆にリラックスした雰囲気が伝わってきます。
素晴らしい。



個人的には水着姿で笑顔の心実ちゃんには違和感がありましたが、文緒ちゃんはすごくしっくり来ます。
エレナに頼まれて部屋で水着撮影をする文緒ちゃんって感じでしょうが、
恥じらいながらもふんわりとした笑顔を見せてくれるのが文緒ちゃんらしいかなーと。
もちろん興奮したエレナがそのまま覆いかぶさったりしたらさすがに笑顔じゃいられないでしょうが、

完全に受け入れちゃってこんなふうに愛おしげに文緒ちゃんが笑ってくれたら、最高やね。 ←百合厨乙。



や、対エレナだけでなく、普通にガールフレンド(真)な文緒ちゃんというのもイメージしやすいんじゃないでしょうか。
少なくともこの水着面の笑顔には、全てを受け入れてくれそうな包容力を感じます。
ある意味心実ちゃんは誰にでも親しげな笑顔を向けるのに対して、
文緒ちゃんは本当に親しい相手にしかこんな笑顔は見せないだろうと思うがゆえに、

抱いてもいいんだって気にさせられるんですよねー。



それこそ、部屋で水着を着てみせてもらったらめちゃ可愛くて、
思わず押し倒しちゃったけど笑顔で受け入れてくれる文緒ちゃん……なんてシチュエーションが成り立つほど、
慣れ親しんだ間柄だと感じさせてくれるような笑顔だと思います。

しかも心実ちゃんの水着面と違って、この文緒ちゃんはお胸のほうにも包容力をすごく感じます。
この制服面のシャツが張り詰めた感じと水着面のやわらかそうなお胸の対比も、
前述の緊張とリラックスという対比に大きく関わっているのでしょう。
完全差分でしかも非エロでここまで魅力的かつ完成された両面抱き枕絵って、ちょっと他にはないんじゃないでしょうか。



それだけに……。

<2015年6月30日>


↑ページの一番上へ










『椎名心実レビュー』






えー、心実ちゃん11月再販ということになり、
これでアニメを見てから買うべきか判断できるし急いで買わなくて良かったーなどと言いましたがすみません、

1話見て即決でした……。 ←判断早っ!



まあ、再販と言いつつ普通にとらのあな通販に在庫が潤沢に(多分)来てしまったので、買わせていただきました。
ちなみにメール便は適用されず。










ShiinaKokomiReview01.jpg


この商品、見たこともないような横長なパッケージであることはすでに知っていましたが、
初期状態はそれを更に畳んで袋に入れ、特典のシリアルが書かれたカードもそこに入っておりました。











ShiinaKokomiReview02.jpgShiinaKokomiReview03.jpg


そしてこちらが本体。
バーコードシールはサイバーエージェントのロゴ入りです。











ShiinaKokomiReview04.jpg


やー、とにかくアニメの心実ちゃんが可愛すぎました。
正直、元絵が可愛すぎるのでアニメのキャラデザは期待はずれな感じになるんじゃないかと思っていたわけですが、

ところがどっこい、もしかするとアニメのほうが可愛いかも……。











GirlfriendBeta01108.jpg


どうでしょう。 ←レオタードは卑怯です。











ShiinaKokomiReview05.jpg


この1話のレオタード姿はやばかったすよねー。
寒かったからなんでしょうけど、このレオタードにあのニーソはやばすぎ。











GirlfriendBeta01055.jpg


茶色のニーソってところがほっとするというか、心実ちゃんの人柄を表しているようで実に可愛らしいんですよねー。
とはいえ、足が滑らないようにトレンカタイプを選んでいるようなので、一応練習用に買った感じでしょうか。
更につま先だけを覆うハーフシューズを履いているようです。
へそがはっきり浮き出たレオタードは卑怯やわ……。











ShiinaKokomiReview06.jpg


制服にどんな靴下を合わせるかもキャラ付けには重要なところですが、心実ちゃんは正統派の紺ハイでございます。











ShiinaKokomiReview07.jpg


絵師の名前入りなので、うっかり忘れても安心です。 ←忘れるなし。



それよりもファスナーに御注目ください。

なんとシルバー。
これだけ大きめの金具でシルバーっていうのは初めて見るかもしれません。

ちなみにファスナー本体は普通に白でございます……。 ←何それ。











ShiinaKokomiReview09.jpg


そして数学のノートにはちゃんと名前が書いてありますので、うっかり ←忘れるなし。



うっかり……筆跡鑑定が出来ます。 ←なんでよ。











ShiinaKokomiReview08.jpg


誰の筆跡かは謎ですけどねー。 ←心実ちゃんのだと言っておくれ!











ShiinaKokomiReview11.jpg


線はわりと手描き感がありますがまあ、生地のせいで必要以上に見映えが悪くなっているというのはあるでしょう。
2way生地ではありますが、日本の高品質のものに比べるとスムース生地っぽい光沢があり、目も粗い。
ただ、肌触りは限りなくライクトロンに近いすべすべ感としっとり感がありまして、

言うなれば目の粗いライクトロンでしょうか。



目が粗いので印刷解像度は高くないし発色も悪いですが、
御覧のように髪の毛の内側の微妙な色彩もしっかり表現できております。
ただ全体の色味的には赤が強くなっちゃってる感じ。










ShiinaKokomiReview10.jpg


同じ中国製ポリエステル100%をうたっているフミカネ絵ストライクウィッチーズシリーズも触感のいい生地ですが、
あれをもう少し厚手にして高級感を出したような生地です。
150×50なので手持ちのDHR4001(AJライクラ本体)を入れて最初は抱きましたが、非常に伸縮に優れた生地なので、
カバーが浮きまくりでした。
カバーの実寸は間違いなく150×50サイズでしたが、

「あなたじゃ物足りないです」って感じ。 ←おい、心実ちゃんに言わせてるつもりかそれ。



ただ、制服面に関してはそのカバーの浮いちゃう感じがむしろ合ってるというか、

このシャツの下には確かに何かやわらかいものがあると思わせるだけのリアリティを与えてくれたと思います。
まあ、水着面はそれじゃ困るので手持ちのDHR6000(160サイズ)を入れて抱きましたが、もちろん問題なく入りました。
多少パンパンになりますが、やはり生地の伸縮性がいいのでやわらかさは変わりません。
しかしそうやってカバーが浮いちゃうのが嫌で2way生地にそれほど価値を見いだせなかった時代がそういえばあったんですよねー。
その後、プレミアムソフト、DHR6000とカバーが動きにくい側生地の本体を使っていたのですっかり忘れていましたが、
もしかするとそうでない本体を日常的に使っている人にとっては、カバーが浮くのなんて日常茶飯事なのかも?











ShiinaKokomiReview12.jpg


まあ、見映えはともかく、肌触りや抱き心地に関してはかなり優秀な生地だと思います。
やわらかくてなおかつ弾力もあるので、
この心実ちゃんのぷにぷにほっぺの再現力なんかはかなりのものでした。 ←心実ちゃんは太ってないし!
特にこの普通の茶髪と髪型にすごくリアリティがあるので、

本物のJKを抱いているような気分になってしまいました……。 ←おまわりさーん。



ていうかそもそも、アニメが心実ちゃんの視点で一日の日常風景を丹念に描いてくれているので、
第1話を見ただけで私の中の心実ちゃんという2次元美少女は、すごく確かな存在になっていたんだと思います。











GirlfriendBeta01001.jpg


朝目覚めて。











GirlfriendBeta01005.jpg


朝食を食べ。











GirlfriendBeta01016.jpg


家を出て。











GirlfriendBeta01047.jpg


朝練をして。











GirlfriendBeta01097.jpg


写真を拾い。











GirlfriendBeta01152.jpg


返しに行くも何度も逃げられ。











GirlfriendBeta01155.jpg


食べ損ねていた弁当を放課後に食べ。











GirlfriendBeta01180.jpg


やっと写真を返せてぷにぷにほっぺに感謝のチュウ。











ShiinaKokomiReview13.jpg


どうですか。
心実ちゃんという女の子のことがほぼ全てわかってしまうかのようなこの第1話。
見事すぎるでしょう。



人のためにお昼を食べることすら忘れて駆けずり回る優しさと几帳面さも素晴らしいですが、

何よりその忘れていた弁当を放課後に一人で呑気に食べる器の大きさに感銘を受けました。



素晴らしいっす。
素晴らしいおっぱいっす。 ←おっぱいの大きさじゃねぇか。











ShiinaKokomiReview14.jpg


制服面に比べるとこっちのほうがお胸が物足りないような感じがしてしまうのも事実。

制服のほうが夢が詰まっている感じがしますねー。 ←知らんがな。



や、つまりあの1話を見て、

心実ちゃんという女の子がいわゆる普通の女子高生なんだっていう感覚を強く持ってしまったわけです。
普通に女子高生として毎日を頑張っている女の子。
なので本来であれば、より露出度の多いこっちの面に笑顔という構成は受け入れてくれてる感があって大好きなのですが、
特にオモテ面の制服姿で困ったようにしている心実ちゃんを抱いたあとだと、

本当に自分なんかが心実ちゃんに受け入れてもらっちゃっていいのか?
って思ってしまうんですよねー。











ShiinaKokomiReview15.jpg


嫌がる心実ちゃんを無理矢理抱くのはいいんです。 ←ちょ。
それはいいけど、勝手に心まで抱きしめちゃって本当にいいのかっていう。
勝手に心実ちゃんが自分のことを好きになってくれたと妄想して抱くのが本当に幸せなのか、と。











ShiinaKokomiReview16.jpg


否。



私が抱きたいのはそんな心実ちゃんじゃない。
私は本物の心実ちゃんを抱きたいんです。
まだ恋愛なんかには全然興味なさそうに日々勉強と新体操を頑張り、たくさんの人たちとの友情を育んでいる心実ちゃんが、

わいは好きなんや。 ←何それ。



だから私にとって心実ちゃんは、永遠にガールフレンド(仮)なんです。
(仮)でいいんです。
ガールフレンド(真)な心実ちゃんなんて抱きたくない。 ←おお。



まあ、そんなガールフレンド(仮)な心実ちゃんを抱いている時点でもはやそれは無理矢理というか、

JKお散歩ならぬJK抱き枕? ←完全に犯罪じゃないですか。











ShiinaKokomiReview17.jpg


ファスナー幅はやや狭め。
フラッシュを焚いているのでかなり表面がキラキラしていますが、通常の環境下ではそんなに違和感はないと思います。
もちろん全体的にぼやっとした感じはありますけどねー。











ShiinaKokomiReview22.jpg


同じさくら小春(QP:flapper)さん絵の某抱き枕カバーとの比較。

こちらは私のガールフレンド(真)でございます。 ←妹だけどね!



生地は大図書館の羊飼いの原作抱き枕カバーと同じ「艶」です。











ShiinaKokomiReview23.jpg


中身を入れて並べたものの、やはり撮影しづらくて写真1枚で断念……。
とはいえ、こうやってカバーだけ並べて比較するのもすぐシワが出来たりしてなかなか面倒なんですけどねー。











ShiinaKokomiReview24.jpg


某キャラのやつは塗りの人が別ですが、心実ちゃんはおそらくさくら小春さん御自身で塗られたのでしょう。
髪の毛の内側の微妙な青い色彩はどうやら普段の心実ちゃんにはないようなので、
塗りながら不意に思いついたアレンジなのかなーと。



ちなみに印刷の見映えはもちろん艶の圧勝ですが、触感や抱き心地は心実ちゃんのほうが上回っているんじゃないでしょうか。
単純にカバーだけで表面を撫でるとやはり艶のほうが目が細かいのですべすべしてるんですけどねー。












ShiinaKokomiReview19.jpg


頭上余白は5.5cmくらいなのでこんな感じ。
中身の膨らみ具合で見映えは違ってくると思いますが。











ShiinaKokomiReview20.jpg


斜め上から見た感じ。
こんな上目遣いで笑顔な心実ちゃんと見つめ合ったらそりゃきゅんきゅんせざるをえませんが、

心実ちゃんあんたそれ、女の顔やで……。 ←そりゃ女ですし。











ShiinaKokomiReview18.jpg


このハートの位置がおへその下でなくて良かったです……。 ←何言ってんの。











ShiinaKokomiReview21.jpg


清純キャラの抱き枕に笑顔+露出は良くないなーと。

やはり笑顔+パジャマが至高でしょう。



一方、抱き枕絵に制服は正直言えば今までいいと思ったことはありませんでした。

描いてるほうからすれば制服の女の子が抱けて幸せやろって感じなんでしょうけど、
おそらくJCやJKであることはこの世界では当たり前すぎて、制服姿を抱けることにそれほど価値を感じないんじゃないかなーと。
むしろ、ベッドの上で服を着込んでいることの違和感のほうが大きい。
ただ、今回初めて制服姿がいいと思えたのは、
心実ちゃんの制服姿というのにすごくリアリティを感じてしまったからなのでしょう。
設定ではなく、本当に女子高生として生きているような存在感。
それはなかなか普通のアニメでは感じられないクオリティなんだと思います。



それを可能にしているのがアニメの見事な脚本であって、
最新2話でもダイエットをテーマに心実ちゃんの一日を丁寧に追っていました。
2話では最後に時間が飛びましたが、明らかに心実ちゃん視点で一日の学校の日常を描くというのがコンセプトになっています。
女の子だらけの日常ものというと四コマ原作のものが多いですが、
あれは四コマであるがゆえにどうしてもシーンがぶつ切りになってしまうし、シーンごとにオチをつけようとしちゃうんですよねー。
多くの人がそういうアニメに癒しを求めていますが、
私なんかはそのオチが面白いつまらないあるいはオチてないというのが気になってしまって、
なかなか心安らかに見ることが出来ません。
そういう意味では、30分で一つのテーマに沿って日常を丹念に描いているこの作品は、

私にとって最高の癒しでございます。
もう、アニメスタッフグッジョブとしか言いようがありません。



まあ、心実ちゃん以外の推しメンがいる人にとっては歯がゆい内容かもしれませんが、
下手に視点をぶらしてしまうと本当にただのキャラ紹介アニメになってしまいますから、
心実ちゃん視点に固定したのは素晴らしい判断だったと思います。
無理に面白いことをしようとしてないのもグッド。
例えば昔の世界名作劇場なんかはひたすら日常シーンを流しているだけでも目が釘付けにさせられたものですが、
あれはやはり丹念に日常を描いているからであり、なおかつその日常自体が異国情緒に溢れていたから面白かったわけです。
翻ってこのガールフレンド(仮)という作品は、もちろん現役世代には当たり前の日常なのかもしれませんが、
現役じゃない我々大人にとっては異国情緒に等しいものなんですよねー。
もちろん美少女だらけって時点で誰にとっても異国情緒かもしれませんが、
とにかく間(ま)とか空気感のあるアニメ作品っていうのは稀有だし、これを何もない作品などとは言ってほしくないものです。











GirlfriendBeta01221.jpg


ラブライブのアニメにも驚きましたが、
まさかガールフレンド(仮)までがこれほどの完成度で仕上げてくるとは思いませんでした。
急に4話くらいから視点が変わるオムニバススタイルって可能性もなくはないですが、
すでに1話だけでこれだけ引き込まれたのですからまあ、このクオリティなら視点が変わっても大丈夫かなーと。
さすがに総選挙1位の村上文緒さんと2位のクロエ・ルメールさんもめちゃ可愛いですしねー。
クロエさんはCMを見ただけだとちょっと喋り方がやりすぎかなーと思ってましたが、全く問題なかったです。



抱き枕カバーの生地は出来れば変えたほうがいいと思いますが、是非このまま続けて抱き枕化していってほしいものです。
おそらく私は全部買うでしょう……。

<2014年10月26日>


↑ページの一番上へ










『実はすでに在庫している可能性』






famima.com限定のはずが、秋葉原のコトブキヤやとらのあな通販で売られ、

しかも今度は一般販売で再販というグダグダっぷりとなった椎名心実抱き枕カバーですが、
ぶっちゃけアニメを見てから判断できるという意味でこれはありがたいグダグダっぷりですねー。

買わなくて良かった……。 ←おい。



しかしアニメが始まってしまうと原作版権グッズは出しにくくなるはずですが、
果たして総選挙1位2位の抱き枕化はいつになるのでしょうか……。

<2014年9月30日>










『クラス分けしてクラスごとにアニメ化とかだったら面白そうだけど……』






ついに来季秋アニメ化が決まったガールフレンド(仮)ですが、
聖櫻学園マドンナ選抜総選挙2014の上位3人までが抱き枕化ということで、

まず3位だった椎名心実が出てきました。



昨年末にフライングで望月エレナが抱き枕化されたわけですが、そちらはイベント限定でスムース生地でした。

しかし、今回は受注通販で一応2way生地でございます。
まあ、サイズは150×50ですし中国製ということで地雷臭がぷんぷんではございますが……。



ていうか、天下のガルフレなら抱き枕カバーくらいライクトロンでガツンと行きなさいよ。
QP:flapper絵が泣いてるぜ……。











MochizukiErena1.jpgMochizukiErena2.jpgShiinaKokomi1.jpgShiinaKokomi2.jpg


まあ、差分絵ですけどねー。
この制服と水着の差分絵がどうやら今後もデフォになるっぽいですか。
ていうか、今後も続く保証はないわけですが……。



ちなみにエレナが小原トメ太さんで心実がさくら小春さん担当になるようです。
どちらもエロく描きすぎてリテイクを喰らったそうですが、

リテイクを喰らわないガールフレンド(真)はまだですか? ←アメーバはうっさいからなぁ。



エレナは3年生で写真部。
CV原田ひとみ。
心実は2年生で新体操部。
CV佐藤聡美……だそうです。
私はしゅが美ボイスに弱いので、CMで見た中では心実に一番きゅんとしたかもしれません。



アニメ放映前の抱き枕カバーは基本、面倒なので紹介しないことにしてますが、
もちろん私自身が原作に触れている場合は別です。
残念ながらこちらのガルフレはちょっとやってみたもののソシャゲムズカシィ(片言)とすぐに投げてしまいましたが、
元々アニメ化だけに期待していた作品なのでまあいいんです。



思えばラブライブもアニメ化にすごく期待していた作品で、
アニメ化前の在庫抱き枕カバー処分イベント(意訳)のときに記事にしようか悩みましたが、

調べれば調べるほどぼったくりだということがわかったので結局やめてしまいました。
まあ、貴重な景品だったわけですから安く売るわけにはいかないっていうのはわかるんですけどねー。
瞬殺だったみたいですし……。



なので、ガルフレがラブライブのようなアニメになることを期待して今回の抱き枕カバーは入手しておきたいなーと思うわけですが、

ただのキャラ紹介アニメに終わる予感……。 ←それだけは勘弁。

<2014年7月21日>


↑ページの一番上へ






キーワード検索 ガールフレンド(仮)  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.