×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【ディオメディア】悪魔のリドル 抱き枕カバー

TokakuHaruDiomedea1.jpgTokakuHaruDiomedea2.jpg


ディオメディア製作
2014年7月発売/定価10,800円
生地:スムースニット(ポリエステル100%)<フレス社>【日本製】
サイズ:160×50

ディオメディア オンラインショップ 10,800円(送料込)※完売(2014/8/1)→在庫(8/8)→完売(9/16)→在庫(9/24)→完売(2015/2/18)
あみあみ 8,620円(送料:500円)※11月発売予約(2014/9/19)










『可哀想は正義』






んー。
抱き枕化するのであれば一番需要があるのは晴でしょう。
しかし、この作品の抱き枕で晴だけというのも何か違う感じ。
やはりここは兎角も抱き枕化したいところですが、ディオメディアさん的には2種も作りたくない。
というわけで、カップリングなネタ的にもこのふたりの両面仕様にするのがベストだし、
そういうことであればもはや生地もスムースでいいだろうと。
逆にスムースにすることでこだわりのある抱き枕erは安心してスルーできるでしょ、という親切設計。



……なのかなーとは思いますが、少なくとも私は2wayだったら絶対に買う。
絵柄良すぎでしょう。
クオリティ高すぎ。



最初、

素材は抱き心地もよく、肌触りも滑らかな伸縮性が高い、吸汗速乾タイプのスムース生地を使用。

という商品説明を見てまさかのコスパスムースかと思いましたが、値段が高いしサイズが160×50……。
で、よく見比べてみたら似てるけどコスパスムースの文言とはちょっと違うっていう。

まあ、スタンダードスムースって書いてあるのでA&Jで間違いないわけですけどねー。 ←フレスでした……。
なのは&DD抱き枕と同じ生地。



A&Jのスムース生地はもうスムーストロンに切り替わるのでしょうから、
あるいはスタンダードスムースが更にお安くなっていたのかもしれません。
ていうか、せめてスムーストロンで作ってくれたら、ものの試しに買ったと思うんですけどねー。
や、もちろん多少お高くなってもAJライクラ(orライクトロン)で作っていただきたいというのが本音ですが……。











TokakuHaruDiomedea1.jpg


兎角なんて普通に考えれば抱ける気がしませんが、
この相手を睨みつけながらも頬を赤らめてきゅっと口を結んでいる感じがすごく、乙女。
しかも右手は頭の上にやっているわけですから完全に降参ポーズですし、

左手がパンツをガードしようとしているところが逆に風前の灯感を煽ってます。
そしてこの露出度……。



ここまで完璧なツン抱き枕絵はそうそうないでしょう。
晴を助けるために自分の体を差し出しているシチュエーション、とでも考えればこれはもう、余裕でペロペロできるレベル。
そして当然、「約束が違うぞ!」という兎角の悲鳴を聞きながら……。











TokakuHaruDiomedea2.jpg


裏返して晴を抱くお約束。
「兎角には手を出さないで……」
うんうん、わかってるよ……と言いながらそして何度も裏返しては抱くっていう。

まさに永久機関。 ←何それ。



やべぇ。
これほど計算された別キャラ両面抱き枕はないわ。
これまで忌み嫌われてきた別キャラ両面抱き枕ですが、ここに完成形を見たり。



そしてまた、この晴がいいんですよねー。
お顔はめちゃ可愛く描けてますし、何より傷跡最高。
アニメでも散々見せてましたから、これはやはり抱き枕でもちゃんと露出してほしいところです。

こいつぁ、癒しのペロペロがはかどるぜ……。 ←いやらしいの間違いでしょ。



まあ、アニメのシナリオはひどいものでしたが、私は可哀想でか弱い女の子が大好きでして、
しかも金元美少女ボイスのど真ん中なキャラでこのビジュアルですからもう、どうやったって好きにならずにはいられません。

個人的には正面背面絵の両面仕様で裏表満遍なく傷跡をペロペロしてあげたい……。 ←変態ここに極まれり!



パジャマ姿で片面眠りの露出なしでも余裕で買いますけどねー。 ←健全ここに極まれり!



ですがもし他のメーカーさんからそういう予定が(もちろん2way生地で)ないのであれば、
ディオメディアさんにはこちらを2wayでも販売していただきたい。
面倒でしょうが、すでに注文済みの人には生地変更の要望を確認していただく形で……。 ←ハードル高いなぁ。

<2014年7月13日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.