Fos/抱き枕
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
【キャラアニ】咲-Saki-全国編 神代小蒔 抱き枕カバー

JindaiKomakiCA1.jpgJindaiKomakiCA2.jpg


キャラアニ製作
2014年7月発売/定価11,880円
生地:2wayトリコット【日本製】
サイズ:160×50

キャラアニ.com 11,880円(送料:500円)※ピクチャーカード付/予約終了(2014/6/28)
あみあみ 8,290円(送料:500円)※予約開始8,180円(2014/6/3)










『片面眠そうでも(寝てても)良かったかなー』






なんとキャラアニさん、ついに生地を2wayトリコット一本に絞ってきました。

しかもそれで一般販売ですからこれは割引きありがたい。
なるほど、もしかすると前回のクライムエッジ祝ちゃんの時点ですでにキャラアニ専売は売れないからやめようという話になり、
とりあえずそれまでどおり一般販売が確定していたスムースニット版のみ発売した、と。
で、今回満を持して2way版を一般販売に回してきたということなのかもしれません。



しかもこれまでのキャラアニ専売よりも当然生産数は多くなるでしょうから、
コミケで先行販売するときだけ使われていたと思われるA&Jを通常使用してくるかもしれません!
や、もちろん事情通の人であれば一般販売の2way生地ってストパンの台湾製なんじゃないの? と思うかもしれませんが、
アニメの公式ブログに日本製って書いてありましたし値段的にも従来の日本製で間違いありません。

まさにこれはいいことづくし……かもしれません! ←何それ。










JindaiKomakiCA1.jpgJindaiKomakiCA2.jpg


阿知賀のときの園城寺怜に続いて神代小蒔ちゃんを選んでくるとはさすがキャラアニさん、正統派路線。
すぐにロリを選びたがるムービックとは大違いです。
キャラアニさんはおっぱいが好きなだけですが……! ←何それ。
怜もお胸増し増しでしたしねー。



ただ、はっちゃんと同じくこの姫様も、隠しているようで隠れてないけどなんにもないというひどいおっぱい作画。
隠すならちゃんと隠れているように描いていただかないと萎えますわ。
はいてないみたいなことをおっぱいでもやろうということなのかもしれませんが、

それじゃついてないになっちゃう。



せめて上のほうに塗られているてかり表現をもっと下に描いてくれれば……。 ←乳輪じゃねぇか。
まあ、今度は乳首ついてないになっちゃいますけどねー。











JindaiKomakiCAUP.jpg


顔もいまいちキレがないんすよねー。
ぶっちゃけ前髪の描き方が良くないと思います。
両面とも寝そべってることを意識して少し動きを出したのでしょうけど、可愛くなくては意味がない(と何度言わせれば)。
オモテ面は前髪がまばらすぎ(持ち上がりすぎ)だし、ウラ面に至っては中央の毛束を左右に割っちゃってるじゃないですか。

割っちゃいけないとは言いませんし、実際に劇中でも割れてるカットはあったようですが、これは割りすぎ。



こんなおでこ広いみたいなイメージの女の子じゃなかったと思いますが……。











JindaiKomakiCA1.jpgJindaiKomakiCA2.jpg


これだけ露出して両面とも笑顔っていうのは個人的には姫様らしくて悪くないと思いますが、
霞さんとの対比を考えると恥じらい顔のほうがベターだったかもしれません。
まあ、意外と霞さんのほうがいざというときは恥ずかしがる、みたいなギャップがあったほうが可愛いでしょうけどねー。
霞さんの抱き枕化はないでしょうけど……。



本当はムービックのはっちゃんと並べて比較したかったのですが、あちらはトリミングがまだ不確かなのでやめておきます。
いずれにしてもはっちゃんよりははるかに線画は綺麗なようですから、びびっと来たら買ってよろしいでしょう。
まあ、私もなんだかんだ言って、
見慣れてきたら絵に対する不満よりも姫様抱きたいって気持ちのほうが強くなってきました。
真正面で構えてしっかり上半身露出してるっていうのは非常にありがたいことですしねー。
正直、怜のほうはもっと絵に陵辱感がないと抱ける気がしませんでしたが、
姫様は本当にこのままの笑顔で受け入れてくれそうな気がするのですごく抱きやすそう……。



ちなみに頭はちょい大きめです。
許容範囲を少し逸脱する感じでしょうか。

<2014年6月29日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索 咲-Saki-  

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.