×Pos/抱き枕×
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【アドワークス】東京レイヴンズ 抱き枕カバー

TsuchimikadoNatsume1M.jpgTsuchimikadoNatsume2M.jpgKon1M.jpgKon2M.jpg


アドワークス製作
2014年6月発売/定価9,720円
生地:スムースニット
サイズ:150×50

土御門夏目コン
キャラモノon-line 9,720円(送料:500円)※ボイスキーホルダー付/先行予約(5月11日締切/6月中旬発送)→完売(2015/3/4)キャラモノon-line 4,320円(送料:500円)※先行予約9,720円(5月11日締切/6月中旬発送)→4,320円(2016/5/17)









『破綻』






んー。
ついに追い詰められてしまいましたか……。



や、最近商品の紹介が遅れ気味だとかアニメ美少女ランキングが去年の夏から更新されてないとか、
全体的にこのブログに対する私のやる気が萎えているように多くの人には見えていたかもしれませんが、

全ては2013年の秋アニメが悪いのん。 ←なんでよ。



どこかで言ったかもしれませんが、去年の秋アニメは美少女多すぎ。
そんなこと全然世間では話題になってなかったような気もしますが、少なくとも私の中では近年稀に見る豊作の秋だったのです。
例えば今季春アニメで私が美少女的に見ざるをえないと判断した作品は3本しかありませんし、
昨季冬アニメに至っては2本しかなく、そのうち1本は途中で脱落しました。
ええ、普段はこんなもんです。
豊作で5本、不作なら1本くらいが私の中の美少女アニメ枠。



それが、2013年の秋アニメはその美少女枠がなんと10本もあったのです。
もちろん、厳選した上で10本です。
当初はもっと候補がありました……。



ちなみにその10本の内訳はこう。

ホワルバ2、ワルロマ、IS2、のうコメ、ストブラ、東レ、OBC、凪あす、ガリドン、のんのん。

マジやばいラインナップです。
皆さんは全部見ましたか?
私はまだ、ちゃんと見終えたのはこのうち四つだけです。 ←何やってんの。
だって2クールものが三つもあるし……。



まあ、美少女枠のアニメはちゃんとキャプりながらじっくり見ようということにしたせいもあるのですが、
それにしても多すぎ。
こっちはエロゲもやらなあかんいうのに……。 ←知らんがな。



というわけで色々と更新が滞るようになってしまったというわけです。
私が全てのアニメを見ているように感じていた人もいるかもしれませんがもちろんそんなことはなく、
見てないアニメの抱き枕が出てきた場合は記事を書くために……というか、それをモチベに作品を一気に見ていたわけです。
エロゲも抱き枕モチベでプレーしているわけですが、アニメに関してもほぼそんな感じ。

じゃないと、数が多すぎて嫌になるので。



まあ、こんな内情は隠したまま、
常にスタイリッシュにあたかも全てのアニメを軽々と網羅しているかのようにブログを更新していきたかったわけですが、
ついに限界が来てしまいました。
ええ。
この東京レイヴンズという作品は全24話ありますが、私が見たのはまだ道半ばの、

7話までですから。 ←序盤じゃねぇか。



んー。
もう、とりあえず新作来たら紹介ページ作って、
まだアニメ見てなくて記事書けない場合はその旨を書いて後日改めて追記ってやり方にしたほうがいいかなぁ。
新作情報はこのブログに頼りっきり、なんて人はいないと思いたいのだけれど……。











TsuchimikadoNatsume1.jpgTsuchimikadoNatsume2.jpg


こちら、一般販売をするということだったので、
メーカーサイトさんでの先行予約期間が終わる前に一般予約が始まるんじゃないかと淡い期待をしていました。

一般予約が始まってしまえばまあ、発売日までに記事を書けばよかろうなのだ、かなーと。 ←完全に俺ルールですね!



しかしちょっと見落としていたのですが、

こちらの夏目抱き枕カバーにだけ予約特典として録り下ろしのボイスキーホルダーなるものが付くそうな。
予約特典ですから、この先行予約期間を逃すともう手に入らないかもしれません。

ちなみに内容は、まどろむ夏目の可愛いボイス、だそうです。



まあ、音質はお察しでしょうし、
アニメから夏目の喘ぎ声っぽいのを拾ってきてプレーヤーに入れたほうが余程捗るような気もしますが、
とりあえずはお宝っぽい特典なのでこれをスルーしたらまずいかなーと。

すでに締切まで1日しかありませんが……。 ←完全に体裁だけの記事ですね!











TsuchimikadoNatsume1.jpg


オモテ面は女子制服。
劇中で着ることはなかったようですねー。
原作4巻の表紙でも着ていますが、やはり実際に着ることはないようです。











TsuchimikadoNatsume1UP.jpg


目線は外れてる感じ。
可愛いですが、ちょっとアニメの印象とは違いますねぇ。
顔の輪郭がシャープすぎるし目尻は上がりすぎだし下まつ毛もすっきりしすぎ……ってところでしょうか。
クールな印象。











TsuchimikadoNatsume2.jpg


こちらは設定にはないセクシー巫女服。
より女の子っぽさを出そうとして両面とも変化球で来たのでしょうが、
ファンからするとちょっとやりすぎに感じるかもしれません。
基本的には、劇中のままのキャラを抱きたいというのがファン心理ですからねぇ……。











TsuchimikadoNatsume2UP.jpg


こちらの顔も別人に見えます。
あるいは原作絵により近づけた、ということなのかもしれませんが、夏目にはもう少し子供っぽさが欲しいかなーと。

7話まで見た印象ですが。 ←弱気。











Kon1.jpg


こちらは本来下に着てる青い着物がない状態。
コンはまあ、普通に可愛いですけど、そもそもあまり性別を感じない可愛さですからねぇ。 ←7話までは。
とはいえ、そういうキャラをペロペロしちゃうっていうのもなかなか背徳感があって抱き枕的にはいいかもしれません。











Kon1UP.jpg


なんでコンのボイスキーホルダーはないんだろう……。











Kon2.jpg


トリミング的にはちゃんとコンが小さくていい感じですねー。
適正サイズだと思われます。
こちらは下乳まで見えてますし表情も絶妙。
どう見ても、思わず手近な式神で性欲を処理しちゃいました的な素晴らしいロリ絵だと思います。
これで生地がライクトロンだったら……。



生地はスムースニットですが、仕様を見ると明らかにコスパスムース。
コスパOEMということになるのかなーと。
値段もコスパスムースと同じになってますが、あくまでアドワークス社の販売という形で一般販売することになるのでしょう。
ただまあ、今後も抱き枕カバーを作られるのであれば、やはりちゃんと2wayトリコットで作ってほしいなーと。



なんなら一般販売分から2wayに変えてもいいのよ? ←怒られる怒られる。
や、実際にはアニメ抱き枕の購買層で生地を気にする人は少数派な気もしますが……。

<2014年5月10日>


↑ページの一番上へ


キーワード検索

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.